ファイル が インポート され てい ない 可能 性 が あります。 PDFが開かない状況について

フォトアプリで「問題が発生しました。ファイルがインポートされていない可能性があります。」の成功率の高い対処

ファイル が インポート され てい ない 可能 性 が あります

Access for Microsoft 365 Access 2019 Access 2016 Access 2013 Access 2010 Access 2007 テキスト ファイルから Access にデータを取り込むには 2 つの方法があります。 データのコピーを Access 内で編集できるようにする場合は、テキスト インポート ウィザードを使って新規または既存のテーブルにファイルをインポートします。 豊富なクエリやレポートのために Access で最新のソース データを表示するだけの場合は、テキスト リンク ウィザードを使ってデータベースにテキスト ファイルへのリンクを作成します。 この記事では、これらのウィザードを使ってテキスト ファイルをインポートまたはテキスト ファイルにリンクする方法について説明します。 この記事の内容 テキスト ファイルとサポートされる形式について テキスト ファイルには、文字や数字などの書式設定されていない読み取り可能な文字と、タブ、改行、復帰などの特殊文字が含まれています。 Access がサポートするファイル名拡張子は、. txt、. csv、. asc、. tab です。 インポートまたはリンクのソース ファイルとしてテキスト ファイルを使用するには、インポート ウィザードおよびリンク ウィザードが内容をレコード 行 のセットに分割し、各レコードをフィールド 列 のコレクションに分割できるように、ファイルの内容が編成されている必要があります。 適切に編成されたテキスト ファイルは、次の 2 種類のいずれかです。 区切りファイル 区切りファイルでは、各レコードは個別の行で表され、フィールドは区切り記号と呼ばれる 1 つの文字で区切られます。 区切り記号には、タブ、セミコロン、コンマ、スペースなど、フィールド値に含まれない任意の文字を使うことができます。 次に、コンマ区切りテキストの例を示します。 1,Company A,Anna,Bedecs,Owner 2,Company C,Thomas,Axen,Purchasing Rep 3,Company D,Christina,Lee,Purchasing Mgr. 6,Company G,Ming-Yang,Xie,Owner 7,Company H,Elizabeth,Andersen,Purchasing Rep 8,Company I,Sven,Mortensen,Purchasing Mgr. 9,Company J,Roland,Wacker,Purchasing Mgr. 10,Company K,Peter,Krschne,Purchasing Mgr. 11,Company L,John,Edwards,Purchasing Mgr. 12,Company M,Andre,Ludo,Purchasing Rep 13,Company N,Carlos,Grilo,Purchasing Rep• 固定幅ファイル 固定幅ファイルでは、各レコードは個別の行で表され、各フィールドの幅は、すべてのレコードに渡って一定に維持されています。 たとえば、各レコードの最初のフィールドの長さは常に 5 文字であり、2 番目のフィールドの長さは常に 12 文字などとなっています。 あるフィールドの値の実際の長さがレコードによって異なる場合、必要な幅より短い値の末尾にはスペース文字を埋め込む必要があります。 次に、固定幅テキストの例を示します。 1 Company A Anna Bedecs Owner 2 Company C Thomas Axen Purchasing Rep 3 Company D Christina Lee Purchasing Mgr. 6 Company G Ming-Yang Xie Owner 7 Company H Elizabeth Andersen Purchasing Rep 8 Company I Sven Mortensen Purchasing Mgr. 9 Company J Roland Wacker Purchasing Mgr. 10 Company K Peter Krschne Purchasing Mgr. 11 Company L John Edwards Purchasing Mgr. 12 Company M Andre Ludo Purchasing Rep 13 Company N Carlos Grilo Purchasing Rep テキスト ファイルからデータをインポートする テキスト ファイルに含まれるデータの一部または全部を Access データベースに格納する場合は、新しいテーブルにファイルの内容をインポートするか、既存のテーブルにデータを追加する必要があります。 インポートしたデータは表示および編集でき、データに対して行った変更はソース テキスト ファイルに反映されません。 インポート操作では、ソース ファイルの編成方法と、新しいテーブルを作成するか、または既存のテーブルにデータを追加するかを指定できます。 ヒント: テーブルまたはデータベースの構造に慣れていない場合は、「」または「」の記事をご覧ください。 インポート操作の最後に、インポート操作の詳細を定義として保存することができます。 インポート定義を使うと、後で操作を繰り返すことができ、毎回テキスト インポート ウィザードの手順を実行する必要はありません。 テキスト ファイルを Access にインポートする一般的なシナリオ 通常は、次のような理由で Access にテキスト データをインポートします。 データの一部が Access で認識できない形式になっていて、そのデータをデータベースの 1 つで使いたい場合。 最初にソース データをテキスト ファイルとしてエクスポートした後、テキスト ファイルの内容を Access のテーブルにインポートできます。 データ管理に Access を使っているが、別のプログラムのユーザーからテキスト形式のデータを定期的に受け取って インポートするので、インポート プロセスを合理化することで、時間を短縮し、作業を軽減したい場合。 注: インポート操作でインポートできるテキスト ファイルは 1 つだけです。 複数のファイルをインポートするには、ファイルごとにインポート操作を繰り返します。 ソース テキスト ファイルの内容を確認し、次の表で説明するアクションを実行します。 要素 説明 区切りファイルまたは固定幅ファイル ファイルがいずれかの形式に一貫して従っていることを確認します。 ファイルが区切り形式の場合は、区切り文字を確認します。 ファイルが固定幅フィールドの場合は、すべてのレコードで各フィールドが同じ幅であることを確認します。 テキスト区切り記号 区切りファイルでは、次のように、単一引用符または二重引用符で囲まれたフィールド値が含まれることがあります。 "早川 諭",27,2018,"大阪府" フィールド値を囲む文字は、テキスト区切り記号と呼ばれます。 テキスト区切り記号は必須ではありませんが、次のいずれかの場合は必要です。 フィールド区切り記号がフィールド値の一部として使用されている場合。 たとえば、フィールド区切り記号にコンマが使用され、 東京都, 大阪府 が有効なフィールド値である場合、 "東京都, 大阪府" のように 1 組のテキスト区切り記号で値を囲む必要があります。 0452934 や 0034539 などのテキスト以外の値が Access でテキスト値として扱われ、テキスト フィールドに格納されるようにする場合。 インポート操作では、ファイルでテキスト区切り記号が使われているかどうかを指定でき、使われている場合はその文字を指定できます。 ファイル全体で同じテキスト区切り記号が使われていて、テキスト値のみがテキスト区切り記号のペアで含まれていることを確認します。 フィールドの数 ソース フィールドの数は 255 以内にする必要があります。 Access はフィールドが 255 個を超えるテーブルをサポートできません。 レコードと値のスキップ テキスト ファイルの一部のみが必要な場合は、インポート操作を始める前にソース ファイルを編集します。 インポート操作中にレコードをスキップすることはできません。 新しいテーブルにデータを追加する場合は特定のフィールドをスキップできますが、既存のテーブルに内容を追加する場合はできません。 既存のテーブルにデータを追加するときは、ソース データの構造が追加先のテーブルの構造と一致している必要があります。 つまり、ソース データと追加先のテーブルで、列の数とデータ型が一致していなければなりません。 空白の行とフィールド ファイルから、すべての不要な空白行を削除します。 空白のフィールドがある場合は、不足しているデータを追加するようにしてください。 既存のテーブルにレコードを追加する場合は、テーブルの対応するフィールドが Null 値を許容することを確認します。 フィールドの " 値要求" フィールド プロパティが " いいえ" に設定され、" 入力規則" プロパティが Null 値を許可する設定になっている場合は、Null 値が許容されます。 不要な文字 不要なタブ、改行、復帰などが残っていないかを調べ、見つかったら削除します。 データ型 インポート時のエラーを防ぐため、すべての行で各ソース フィールドに同じ型のデータが含まれることを確認します。 Access は、ファイルの最初の 25 行をスキャンして、テーブルのフィールドのデータ型を決定します。 ソースの最初の 25 行については、どのフィールドにも異なるデータ型を混在させないようにすることを強くお勧めします。 また、テキスト値として扱う必要のある非テキスト値を、単一引用符または二重引用符で囲みます。 ソース ファイルの 25 行目より後に異なるデータ型の値が混在する場合、インポート操作でスキップされたり不適切に変換されたりする可能性があります。 トラブルシューティングについては、この記事で後述する「」セクションをご覧ください。 フィールド名 区切りテキスト ファイルでは、ファイルにフィールドの名前が含まれていない場合、1 行目にフィールド名を配置することをお勧めします。 インポート時に、1 行目の値をフィールド名として扱うように指定できます。 固定幅テキスト ファイルをインポートするときは、1 行目の値をフィールド名として使用するオプションはありません。 注: 既存のテーブルに区切りテキスト ファイルを追加する場合は、各列の名前が対応するフィールドの名前と正確に一致していることを確認します。 列名がテーブル内の対応するフィールドの名前と異なる場合は、インポート操作が失敗します。 フィールドの名前を確認するには、追加先のテーブルをデザイン ビューで開きます。 ソース ファイルが開いている場合は、それを閉じます。 ソース ファイルを開いたままにしておくと、インポート操作中にデータ変換エラーが発生する可能性があります。 Access でインポート プロセスを開始する• インポートしたデータを格納する Access データベースを開きます。 既存のデータベースにデータを格納しない場合は、空のデータベースを作成します。 インポート操作を開始する前に、データを新規と既存のいずれのテーブルに格納するかを決定します。 新しいテーブルを作成する データを新しいテーブルに格納する場合は、テーブルが作成されて、インポートしたデータがそこに追加されます。 指定した名前のテーブルが既に存在する場合は、テーブルの内容がインポートしたデータで上書きされます。 既存のテーブルに追加する 既存のテーブルにデータを追加する場合は、指定したテーブルにデータが追加されます。 続行する場合、追加操作中のほとんどの失敗の原因は、ソース データがインポート先のテーブルの構造とフィールド設定に一致しないことです。 これを避けるには、テーブルをデザイン ビューで開いて、次の項目を確認してください。 最初の行 ソース テキスト ファイルの最初の行にフィールド名が含まれていない場合、各列の位置とデータ型がテーブルの対応するフィールドと一致していることを確認します。 区切りテキスト ファイルでは、1 行目に列見出しが含まれている場合は、列とフィールドの順序が一致している必要はありませんが、各列の名前とデータ型は、対応するフィールドと完全に一致する必要があります。 固定幅テキスト ファイルをインポートするときは、1 行目の値をフィールド名として使用するオプションはありません。 存在しないフィールドまたは余分なフィールド インポート先テーブルに存在しないフィールドがある場合は、インポート操作を始める前に、それらのフィールドを追加します。 ただし、インポート先テーブルに、ソース ファイルに存在しないフィールドが含まれる場合、それらのフィールドで Null 値が許容されるときは、フィールドをテーブルから削除する必要はありません。 ヒント: フィールドの " 値要求" フィールド プロパティが " いいえ" に設定され、" 入力規則" プロパティが Null 値を許可する設定になっている場合は、Null 値が許容されます。 主キー テーブルに主キー フィールドがある場合、この主キー フィールドと互換性のある値を含む列がソース ファイルに含まれる必要があります。 さらに、インポートされるキー値が一意である必要があります。 インポート先テーブルの既存の主キー値と同じ値がインポートされるレコードにあると、インポート操作中にエラー メッセージが表示されます。 一意のキー値が含まれるようにソース データを編集した後、インポート操作を再度開始する必要があります。 インデックス フィールド テーブル内に " インデックス" プロパティが [ はい 重複なし ] に設定されているフィールドがある場合、ソース テキスト ファイルの対応する列は、一意の値を持つ必要があります。 テキスト インポート ウィザードやテキスト リンク ウィザードの場所は、Access のバージョンによって若干異なります。 Access のバージョンに対応した手順を選択してください。 Access 2016、Access 2013、または Access 2010 を使っている場合は、[ 外部データ] タブの [ インポートとリンク] グループで、[ テキスト ファイル] をクリックします。 Accessは、 [外部データの取り込み - テキストファイル] ダイアログボックスを開きます。 [ 外部データの取り込み - テキスト ファイル] ダイアログ ボックスの [ ファイル名] ボックスに、ソース ファイルの名前を入力します。 インポートするデータをどのようなテーブルに格納するかを指定します。 データを新規テーブルに格納する場合は、[ 現在のデータベースの新しいテーブルにソース データをインポートする] を選びます。 後で、このテーブルに命名するよう求められます。 既存のテーブルにデータを追加するには、[ レコードのコピーを次のテーブルに追加する] を選んで、ドロップダウン リストからテーブルを選びます。 注: ソース テキスト ファイルにタブまたはその他の特殊文字が含まれる場合、テキスト インポート ウィザードではデータ列の間の小さいボックスとして表されます。 [ 次へ] をクリックします。 ウィザードに表示される情報は、[区切り記号付き] オプションまたは [固定長] オプションのどちらを選択したかにより異なります。 区切り記号付き フィールド値を区切る文字を選択または指定します タブ、セミコロン、コンマ、スペース、その他。 ファイルでテキスト区切り記号が使われている場合は、[ テキスト区切り記号] ボックスで、二重引用符 " または単一引用符 ' を選択します。 ソース ファイルの最初の行にフィールド名が含まれている場合は、[ 先頭行をフィールド名として使う] チェック ボックスをオンにします。 それから、[ 次へ] をクリックします。 固定長 ウィザードにはファイルの内容が表示されます。 Access がデータの列構造を検出した場合は、フィールドを分割する垂直線がデータに表示されます。 ウィザードが提案した構造を確認し、必要な場合は、ウィザードのページの指示に従って線を追加、削除、または調整します。 [ 次へ] をクリックします。 データの追加を選択する場合は、手順 13 に進みます。 新しいテーブルにデータをインポートする場合は、[ 次へ] をクリックします。 この時点で、ウィザードに表示されるフィールドのプロパティを確認する必要があります。 注: 既存のテーブルにレコードを追加する場合は、インポートしているフィールドの情報を指定できるウィザードのページは表示されません。 ウィザード ページの下部で列をクリックすると、対応するフィールドのプロパティが表示されます。 インポート先のフィールドの名前とデータ型を確認し、必要に応じて変更します。 Access は、各列の最初の 25 行を確認し、対応するフィールドの既定のデータ型の候補を示します。 列の最初の 25 行に異なるデータ型が含まれる場合 テキスト型と数値型など 、列のすべてまたはほとんどの値と互換性のあるデータ型 通常、テキスト型 の候補が示されます。 別のデータ型を選択することもできますが、選んだデータ型と互換性のない値は、無視されるか誤って変換されることに注意してください。 存在しない値や誤った値を修正する方法の詳細については、この記事で後述する「」セクションをご覧ください。 フィールドにインデックスを作成する場合は、[ インデックス] を [ はい] に設定します。 特定のソース列を完全にスキップする場合は、[ このフィールドをインポートしない] チェック ボックスをオンにします。 [ 次へ] をクリックします。 新しいテーブルにレコードを追加していると、テーブルの主キーの指定を求められます。 [ 主キーを自動的に設定する] を選ぶと、自動的にオートナンバー型フィールドがインポート先テーブルの最初のフィールドとして追加され、1 から始まる一意の ID が入力されます。 [ 次へ] をクリックします。 注: 既存のテーブルにレコードを追加する場合は、インポートしているフィールドの情報を指定できるウィザードのページは表示されません。 ウィザードの最後のページが表示されます。 新しいテーブルにレコードをインポートしている場合は、インポート先テーブルの名前を指定します。 [ インポート先のテーブル] ボックスに、テーブルの名前を入力します。 テーブルが既に存在する場合は、テーブルの既存内容を上書きするかどうかの確認を求められます。 続行する場合は [ はい]、インポート先テーブルに別の名前を指定する場合は [ いいえ] をクリックします。 [ 詳細設定] ボタンの用途 テキスト インポート ウィザードの [ 詳細設定] ボタンを使うと、以前のバージョンの Access で使われていた形式でインポート定義を作成または表示できます。 古いバージョンの Access Access 2007 より前 のインポート定義を使っていない場合は、[ 詳細設定] ボタンを使わないことをお勧めします。 代わりに、このインポート操作の詳細を保存したい場合は、次のセクションで詳しく説明します。 [ 完了] をクリックしてデータをインポートします。 Access はデータをインポートしようとします。 いずれかのデータがインポートされると、インポート操作の状態を示すダイアログ ボックスが表示されます。 逆に、操作が完全に失敗すると、" ファイルをインポートするときにエラーが発生しました。 " というエラー メッセージが表示されます。 データシート ビューでインポート先のテーブルを開きます。 テーブルのデータをソース ファイルと比較し、データが正しく表示されることを確認します。 インポートに関して知っておく必要があること• インポート定義を後で利用できるように保存する方法の詳細については、「」の記事を参照してください。 保存済みのインポート定義を実行する方法の詳細については、「」の記事を参照してください。 スケジュールを設定して任意の時刻で実行する方法の詳細については、「」を参照してください。 定義名の変更、定義の削除、定義のソース ファイル名の更新を行う方法の詳細については、「」の記事を参照してください。 インポートしたテーブルでの存在しない値または正しくない値のトラブルシューティング " ファイルをインポートするときにエラーが発生しました" というメッセージが表示された場合、インポート操作は完全に失敗しています。 代わりに、操作の詳細を保存するよう求めるページが表示された場合は、データの全部か一部が正常にインポートされています。 状態メッセージには、インポート操作中に発生したすべてのエラーの説明を含むエラー ログ テーブルの名前も示されます。 状態メッセージに操作が成功したことが示された場合でも、テーブルを使い始める前にテーブルの内容と構造を表示し、それらが正しいことを確認することが重要です。 すべてのデータがテーブルに正常に追加されたかどうかを確認するには、データシート ビューでインポート先のテーブルを開きます。 データ型などのフィールド プロパティ設定を確認する場合は、デザイン ビューでテーブルを開く必要があります。 次の表に、不足している値や誤った値を修正するための手順を示します。 ヒント: トラブルシューティングの間に、いくつかの値が不足していることが判明した場合は、データシート ビューでテーブルに直接追加できます。 一方、列全体や大量の値が不足しているか正しくインポートされていないことが判明した場合は、ソース ファイルで問題を修正します。 判明した問題をすべて修正した後、インポート操作を再実行してください。 複数値を持つフィールド 1 つのフィールドに複数の値をインポートすることはできません。 値のリストは、1 つの値として扱われ、セミコロンで区切られてテキスト フィールドに取り込まれます。 データが切り捨てられる 列のデータが切り捨てられている場合は、データシート ビューで列の幅を増やしてみます。 幅を増やしても問題が解決しない場合は、データ型を 倍精度浮動小数点型に設定する必要のある数値フィールドが、 長整数型に設定されている可能性があります。 主キーまたはインデックス フィールドのデータが存在しない インポートするレコードに、Access データベースでインポート先テーブルの主キー フィールドや、" インデックス" プロパティが [ はい 重複なし ] に設定されているフィールドには格納されない重複値が含まれています。 ソース ファイルで重複値を排除して、インポートをやり直します。 Null 値 データシート ビューでテーブルを開くと、一部のフィールドが空白になっている場合があります。 この場合、次の操作を行って、テーブル内の Null 値の数を最少化または排除します。 インポート元の最初の 25 行に異なるデータ型が混在している場合は、そのソース ファイルを開いて行を移動するなどして、各フィールドの最初の 25 行に異なるデータ型が混在しないようにします。 次に、インポートをやり直します。 テキスト値として格納する、テキスト以外の値を、すべて単一引用符または二重引用符で囲みます。 インポート操作を行うとき、フィールドごとに適切なデータ型を選択します。 データ型が正しくないと、列全体に Null 値または不適切な値が格納される場合があります。 また、データシート ビューで、ウィザードの最終ページのエラー ログ テーブルを確認します。 このテーブルには、[エラー]、[フィールド]、[行] の 3 つのフィールドがあります。 各行には特定のエラーについての情報が表示され、[エラー] フィールドの内容は問題のトラブルシューティングに役立ちます。 エラー文字列とトラブルシューティングのヒントの完全な一覧 エラー 説明 「フィールドの切り捨て」 ファイルの値が、このフィールドの " フィールドサイズ" プロパティ設定には大きすぎます。 「データ型の変換エラー」 テキスト ファイルまたはワークシートの値が、このフィールドのデータ型に対して正しくありません。 値が存在しないかインポート先フィールドでは誤っている可能性があります。 この問題のトラブルシューティングを行う方法の詳細については、前の表をご覧ください。 「キー違反」 このレコードの主キー値は重複していて、既にテーブルに存在しています。 「必須フィールドに Null 値をインポートしようとしました」 このフィールドの " 必須" プロパティが " はい" に設定されているため、このフィールドでは Null 値は許可されません。 「オートナンバー型フィールドに Null 値を追加しようとしました」 [オートナンバー型] フィールドに追加しようとしたインポート元データに、Null 値が含まれています。 「解析不能なレコード」 テキスト型の値がテキストの区切り記号 通常、引用符 " で囲まれています。 値を区切り記号で囲む場合は、次の例のようにテキスト ファイル内で区切り記号を 2 回繰り返してください。 リンクを使うと、Access でコピーを作成して保持しなくても、元のプログラムと Access ファイルの両方で、最新のデータを確認することができます。 テキスト ファイルの内容を Access データベースにコピーしたくないが、クエリを実行してそのデータに基づくレポートを作成したい場合は、テキスト ファイルをインポートするのではなく、テキスト ファイルにリンクする必要があります。 テキスト ファイルにリンクすると、ソース ファイルにリンクされた新しいテーブルが作成されます。 ソース ファイルに行った変更はリンクされたテーブルに反映されますが、対応するテーブルの内容を Access で編集することはできません。 データの内容や構造を変更する場合は、ソース ファイルを開いてそれを変更する必要があります。 Access からテキスト ファイルにリンクする一般的なシナリオ• テキスト形式でデータを出力するプログラムを使っていますが、そのデータを使って、Access を含む複数のアプリケーションで詳細な分析とレポートの作成を行います。 処理するデータが、別の部署やワークグループで保持されています。 最新のデータを見る必要がありますが、独自のコピーの編集や保持は必要ありません。 初めてテキスト ファイルにリンクする場合• テキスト ファイルにリンクすると、新しいテーブル 通称: リンク テーブル が作成されます。 リンク テーブルにはソース ファイルのデータが表示されますが、データベースにデータが実際に保存されることはありません。 テキスト ファイルをデータベースの既存テーブルにリンクすることはできません。 つまり、リンク操作を実行することでデータを既存テーブルに追加することはできません。 データベースには、複数のリンク テーブルを格納できます。 ソース ファイルを変更した場合、変更内容がリンク テーブルにも自動的に反映されます。 ただし、Access 内のリンク テーブルの内容と構造は読み取り専用です。 Access でテキスト ファイルを開くと、空のデータベースが作成されて、テキスト リンク ウィザードが自動的に開始されます。 テキスト ファイルにリンクする手順• テキスト ファイルを探し、Word やメモ帳などのワープロ プログラムで開きます。 リンク操作中にリンクできるテキスト ファイルは一度に 1 つだけであることに注意してください。 複数のテキスト ファイルにリンクするには、ファイルごとにリンク操作を繰り返します。 ソース ファイルの内容を確認し、次の表で説明するアクションを実行します。 要素 説明 区切りファイルまたは固定幅ファイル ファイルがいずれかの形式に一貫して従っていることを確認します。 ファイルが区切り形式の場合は、区切り文字を確認します。 ファイルが固定幅フィールドの場合は、すべてのレコードで各フィールドが同じ幅であることを確認します。 テキスト区切り記号 区切りファイルでは、次のように、単一引用符または二重引用符で囲まれたフィールド値が含まれることがあります。 テキスト区切り記号は必須ではありませんが、次のいずれかの場合は必要です。 フィールド区切り記号がフィールド値の一部として使われている場合。 たとえば、フィールド区切り記号にコンマが使われ、 東京都, 大阪府 が有効なフィールド値である場合、 "東京都, 大阪府" のように 1 組のテキスト区切り記号で値を囲む必要があります。 0452934 や 0034539 などのテキスト以外の値が Access でテキスト値として扱われ、テキスト フィールドに格納されるようにする場合。 リンク操作では、ファイルでテキスト区切り記号が使われているかどうかを指定でき、使われている場合はその文字を指定できます。 ファイル全体で同じテキスト区切り記号が使われていて、テキスト値のみがテキスト区切り記号のペアで含まれていることを確認します。 フィールドの数 ソース フィールドの数は 255 以内にする必要があります。 Access はフィールドが 255 個を超えるテーブルをサポートできません。 レコードとフィールドのスキップ 特定のフィールドはスキップできますが、レコードをスキップすることはできません。 空白の行とフィールド ファイル内のすべての不要な空白行を削除します。 空白のフィールドがある場合は、ソース ファイルで不足しているデータを追加します。 不要な文字 不要なタブ、改行、復帰などが残っていないかを調べ、見つかったら削除します。 データ型 リンク時のエラーを防ぐため、すべての行で各ソース フィールドに同じ型のデータが含まれることを確認します。 Access は、ファイルの最初の 25 行をスキャンして、テーブルのフィールドのデータ型を決定します。 ソースの最初の 25 行については、どのフィールドにも異なるデータ型を混在させないようにすることを強くお勧めします。 また、テキスト値として扱う必要のある非テキスト値を、単一引用符または二重引用符で囲む必要があります。 ソース ファイルの 25 行目より後に異なるデータ型の値が混在する場合、インポート操作でエラー値が表示されたり不適切に変換されたりする可能性があります。 トラブルシューティングについては、この記事で後述する「」セクションをご覧ください。 フィールド名 区切りテキスト ファイルでは、ファイルにフィールドの名前が含まれていない場合、1 行目にフィールド名を配置することをお勧めします。 リンク時に、1 行目の値をフィールド名として扱うように指定できます。 ただし、固定幅のテキスト ファイルをインポートするときは、1 行目の値をフィールド名として処理するオプションはありません。 リンク元のファイルが開いている場合は、それを閉じます。 リンクを作成するデータベースを開きます。 データベースが読み取り専用でないことと、データベースを変更するために必要とされる権限があることを確認します。 既存データベースにリンクを格納しない場合は、新しい空のデータベースを作成してください。 テキスト インポート ウィザードやテキスト リンク ウィザードの場所は、Access のバージョンによって若干異なります。 Access のバージョンに対応した手順を選択してください。 Access 2016、Access 2013、または Access 2010 を使っている場合は、[ 外部データ] タブの [ インポートとリンク] グループで、[ テキスト ファイル] をクリックします。 Accessは、 [外部データの取り込み - テキストファイル] ダイアログボックスを開きます。 [ 外部データの取り込み - テキスト ファイル] ダイアログ ボックスの [ ファイル名] ボックスで、リンクするデータを含むテキスト ファイルの名前を指定します。 [ リンク テーブルを作成してソース データにリンクする] を選び、[ OK] をクリックします。 テキスト リンク ウィザードが開始します。 このウィザードでは、リンク プロセスの手順が示されます。 ファイルの内容がスキャンされて、ファイルの編成方法の提案が表示されます。 ファイルでフィールドを分割するのに区切り文字が使われている場合は、[ 区切り記号付き] オプションを選択する必要があります。 固定幅フィールドの場合は、[ 固定長] オプションを選択します。 [ 次へ] をクリックします。 次に表示されるウィザードのページは、区切り記号付きオプションまたは固定長オプションのどちらを選択したかにより異なります。 区切りファイル フィールド値を区切る文字を選択または指定します。 ファイルでテキスト区切り記号が使われている場合は、[ テキスト区切り記号] ボックスで、 " または ' を選びます。 ソース ファイルの最初の行にフィールド名が含まれている場合は、[ 先頭行をフィールド名として使う] チェック ボックスをオンにします。 それから、[ 次へ] をクリックします。 固定幅 ファイル ファイルの内容が表示されます。 Access がデータの列構造を検出した場合は、フィールドを分割する垂直線がデータに表示されます。 ウィザードが提案した構造を確認し、必要な場合は、ウィザードのページの指示に従って線を追加、削除、または調整します。 [ 次へ] をクリックします。 ウィザードの次のページには、フィールドのプロパティが表示されます。 ウィザード ページの下部で列をクリックすると、対応するフィールドのプロパティが表示されます。 インポート先のフィールドの名前とデータ型を確認し、必要に応じて変更します。 Access は、各列の最初の 25 行を確認し、対応するフィールドの既定のデータ型の候補を示します。 列の最初の 25 行に異なるデータ型が含まれる場合 テキスト型と数値型など 、列のすべてまたはほとんどの値と互換性のあるデータ型の候補が示されます。 通常は、テキスト データ型です。 別のデータ型を選択することもできますが、選んだデータ型と互換性のない値は、エラー値になるか、誤って変換されることに注意してください。 詳細については、次の「. [ 詳細設定] ボタンの用途 テキスト インポート ウィザードの [ 詳細設定] ボタンを使うと、以前のバージョンの Access で使われていた形式でリンク定義を作成または表示できます。 インポートおよびエクスポート操作とは異なり、リンク定義を保存する手段はないので、リンク定義の詳細を保存する場合は、[ 詳細設定] ボタンをクリックし、目的のオプションを設定して、[名前を付けて保存] をクリックします。 [ 次へ] をクリックします。 ウィザードの最後のページで、リンク テーブルの名前を指定して、[ 完了] をクリックします。 指定した名前のテーブルが既に存在する場合は、既存のテーブルを上書きするかどうかの確認を求められます。 上書きする場合は [ はい] をクリックし、別のテーブル名を指定する場合は [ いいえ] をクリックします。 Access はリンク テーブルを作成しようとします。 テーブルが正常に作成されると、" テーブルをリンクしました" というメッセージが表示されます。 リンク テーブルを開き、フィールドとデータを表示して、すべてのフィールドのデータが正しいことを確認します。 リンク テーブルでの Num! および正しくない値のトラブルシューティング " テーブルをリンクしました" というメッセージが表示された場合でも、データシート ビューでテーブルを開いて、すべての行と列に正しいデータが表示されていることを確認する必要があります。 テーブルにエラーや誤ったデータが表示されている場合は、次の表に示された修正アクションを実行し、リンクをやり直します。 リンク テーブルは読み取り専用のため、テーブルに値を直接追加することはできないことに注意してください。 複数値を持つフィールド データをリンクするとき、1 つのフィールドで複数の値をリンクすることはできません。 値のリストは、1 つの値として扱われ、セミコロンで区切られてテキスト フィールドに取り込まれます。 データが切り捨てられる 列のデータが切り捨てられている場合は、データシート ビューで列の幅を増やしてみます。 幅を増やしても問題が解決しない場合は、データ型を倍精度浮動小数点型に設定する必要のある数値フィールドが、長整数型に設定されている可能性があります。 Num! データシート ビューでテーブルを開くと、フィールドに実際の値ではなく Num! と表示される場合があります。 この場合、次の操作を行って、ソース ファイル内の Null 値のインスタンスを最少化または排除します。 テキスト値として格納するテキスト以外の値をすべて、単一引用符または二重引用符で囲みます。 リンク操作を行うとき、フィールドごとに適切なデータ型を選びます。 データ型が正しくないと、全行の列全体に Num! 値のみが格納される可能性があります。 次の表では、フィールドに Num! エラーが表示される場合を示します。 不足している値のデータ型 リンク先フィールドのデータ型 対処 テキスト 数値型または日付型 すべてのテキスト型の値をリンク先フィールドのデータ型に一致する値に置き換え、リンクをやり直します。 数値 日付 すべての数値型の値を日付型の値に置き換え、リンクをやり直します。

次の

Windows 10でファイルを開けないときの対処法

ファイル が インポート され てい ない 可能 性 が あります

エラー:一部のファイルにメタデータの競合があります。 Lightroom Classic 内のファイルの中に、ディスク上のデータがカタログと一致しないものがあります。 これらのファイルは、カタログにあるデータを使用して移行されます。 解決策:このメッセージはエラーではなく警告です。 このコマンドは、写真に関するすべてのメタデータ(現像設定、レーティング、キーワードなど)のコピーを Lightroom のデータベースから、その写真の横にあるファイルに保存して、他のアプリケーションにおいても使用できるようにします。 Lightroom Classic が主要なフォトエディターである場合、この警告を無視します。 Adobe Bridge を積極的に使用して追加の編集を行っている場合は、「」を参照して、Lightroom Classic カタログでメタデータを同期します。 解決策:このエラーが表示された場合、Lightroom は、Lightroom で見つかるはずのパスで Lightroom Classic カタログのファイルが見つからなかったことを意味します。 カタログを移動してから外付けドライブを外したままにしたか、Windows ドライブに再接続したときに別のドライブ文字が使用された可能性があります。 一部のファイルが見つからない場合には移行を進められますが、このエラーは Lightroom が移行したファイルのいずれも見つからなかったことを意味します。 この問題を解決するには、Lightroom Classic を開き、フォルダーパネルを調べて疑問符の付いたフォルダーを探します。 右クリックして「 見つからないフォルダーを検索... 」を選択すると、ドライブ上のフォルダーを検索できます。 見つからないファイルの検索の詳細については、「」を参照してください。 解決策:Lightroom は写真や動画を読み込む前に、ご使用のローカルシステム上の新しい場所にコピーします。 時間が経過すると、写真や動画はクラウドにバックアップされるため、Lightroom はこれらのサイズの大きいオリジナルファイルを削除し、サイズの小さなスマートプレビューに置き換えてディスク容量を節約できます。 ただし、この最初のコピー操作は、大量の容量を必要とする可能性があります。 このエラーが表示される場合は、Lightroom でオリジナルファイルを個別のドライブに保存してください。 Windows の場合は、Lightroom で 編集/環境設定と移動します。 Mac の場合は、 Lightroom/環境設定と移動します。 「ローカルストレージ」パネルを選択します。 ここで、「 場所の変更」をクリックして、上記のエラーメッセージで推奨されている空き容量以上のドライブを選択します。

次の

【AviUtl】動画・音楽ファイルが読み込めない時の原因と対策

ファイル が インポート され てい ない 可能 性 が あります

「ファイルの読み込みに失敗しました」の原因と対策 以下のように、 「 ファイルの読み込みに失敗しました。 このファイル形式には対応していないか 対応するコーデックやプラグインが登録されていない可能性があります」 というようなエラーの原因・対策についてです。 以下ページにて入力プラグインを導入して下さい。 例えば、Bandicamで音声のみを出力したwavファイルなどは32bitだったりするので、AviUtlでは読み込めません。 以下のようなエラーが出てしまいます。 なので、32bitなwavファイルは、などの外部ソフトで16bitに変換してから読み込みましょう。 以上、上の 3つを試しても読み込めないなら、 残念ながらそのファイルはAviUtlでは読み込めないと思われます。 なので、その場合は、事前に別のエンコーダーなどを使って動画をAVIに再エンコードしてから、AviUtlで読み込むようにしましょう。 ini」に読み込む動画の拡張子を追加していないのが原因です。 以下ページを参考にしてください。 参考: 補足 AviUtlだからって全てのAviファイルが読み込めるわけじゃない 「 AviUtl」って名前なんだから、 Aviファイルはデフォで全て読み込めるんじゃないの?と思うかもしれませんが、 AviUtlは「Aviコンテナにデフォルトで対応している」というだけで、全てのコーデックに対応しているわけじゃありません。 なので、一概にAviファイルと言っても、コーデックがパソコン内にインストールされていなければ読み込めません。 Aviファイルの読み込めるファイル種類を増やしたい場合は、 l-smash worksでmp4のファイルを拡張編集タイムラインにドラッグアンドドロップしたところ読み込めません。 l-smash worksを最新のものに更新し,入力プラグイン優先度の設定を見直したのですが,DirectShow File Readerとl-smash worksを最も下にした状態だと,OBSで録画したmp4ファイルで30分くらいより長い動画ファイルを拡張編集タイムラインから読み込むと動画が止まったままになり,最大フレーム数一杯まで伸ばした静止画になってしまいます。 音声の方は読み込めているみたいです。 AviUtl本体からは読み込めるのですが,最終フレームが最大フレーム一杯まで引き伸ばしたものが出来てしまいます。 同じ設定で録画した15分程度のmp4ファイル拡張編集タイムラインから問題なく読み込めます。 DirectShow File Readerを一番入力プラグイン優先度で一番上に持ってくれば読み込みたい動画は拡張編集タイムラインから読み込めるのですが,できることなら入力プラグイン優先度を変えずにl-Smash worksで読み込みたいのですがなんとかできないでしょうか。

次の