東京経済大学 経済学部 偏差値。 【経済学部】大学偏差値一覧|国公立・私立・前期・後期・学科別

【最新2020年】東京経済大学の偏差値【学部別偏差値ランキング】

東京経済大学 経済学部 偏差値

2019年度入試対応 東京都の大学・学部の偏差値一覧 出典元:2019年度3年生6月マーク(高3生・高卒生) 東京都の大学・学部の偏差値を一覧で確認できます。 大学を選択するとさらに詳細な情報を確認できるので、志望校研究の参考にしてください。 東京都の国公立大学・学部(文系)の偏差値一覧 偏差値 大学名(学部) 80• 文科一類 79• 文科二類• 文科三類 78• 法 75• 社会 74• 文教育 69• 言語文化 68• 国際社会• 国際日本• 人文社会 67• 経済経営 65• 音楽 63• 教育 61• 美術 59• 都市環境-都市政策科 東京都の国公立大学・学部(理系)の偏差値一覧 偏差値 大学名(学部) 78• 理科三類 77• 理科一類• 理科二類 75• 医-医 74• 生活科-心理 71• 情報理工学院 70• 生活科-食物栄養• 生活科-人間生活• 理学院• 工学院• 物質理工学院• 生命理工学院• 環境・社会理工学院 69• 歯 67• 生活科-人間・環境科 64• 医-保健衛生• 農 63• 工 61• 海洋生命科• 海洋資源環境• 都市環境-建築• システムデザイン 60• 情報理工• 都市環境-観光科• 都市環境-環境応用化• 都市環境-都市基盤環境• 都市環境-地理環境 59• 健康福祉 57• 海洋工 東京都の私立大学・学部(文系)の偏差値一覧 偏差値 大学名(学部) 82• 法 81• 経済 80• 政治経済• 国際教養 79• 社会科 78• 国際教養• 文化構想 77• 法 75• 異文化コミュニケーション 74• 総合グローバル• 教育 73• 外国語• グローバル教養• 国際日本 72• 総合文化政策• 総合人間科• 政治経済• 社会 71• 国際政治経済• 国際文化• 経済 70• 教育人間科• 国際社会科• 総合政策• 総合政策• 情報コミュニケーション• 文 69• 国際経営• 国際情報• 経済 68• 家政-住居• 家政-家政経済• 人間環境• スポーツ健康• 社会 67• 家政-児童• キャリアデザイン• 心理 66• 家政-被服• 現代福祉 65• 社会イノベーション• 国際教養• 現代教養• 国際観光• 人間社会• 心理 64• グローバル・メディア・スタディ• 生活科• 国際文化交流 63• グローバルビジネス• 人間社会• 環境デザイン• 文理 62• 人間文化• 現代教養• グローバル• 造形構想 61• 国際関係• 人間科 60• 神道文化• 国際教養• 国際コミュニケーション• ライフデザイン-健康スポーツ• 危機管理• 文 59• 人間健康• 経営 58• 国際関係• 比較文化• 人間社会• スポーツ科• 経営 57• 社会情報• 人間関係• ビジネス• 21世紀アジア• 生活科• 心理社会• 教養-国際• 国際政治経済• 体育 56• 人間総合• リベラルアーツ• 現代法• コミュニケーション• 経営イブニング• ライフデザイン-人間環境デザイン• 社会福祉• 都市生活• 心理 55• 赤坂心理・医療福祉マネジメント• リベラルアーツ学群• 外国語• 人間栄養• キャリアデザインプログラム• 経済イブニング• 人間科 54• 観光コミュニティ• ビジネスマネジメント学群• 総合政策• 地域創生• 文イブニング• 法イブニング• 社会イブニング• 国際イブニング• 医療保健 53• マネジメント• 都市創造• 法フレックスB• 人間総合学群• 外国語• 外国語• 児童スポーツ教育• 子ども• こども心理 52• 健康福祉学群• 芸術文化学群• 外国語• 教育人間科 51• 外国語• メディア• 現代ライフ• 子ども• スポーツ文化• デジタルコミュニケーション 50• 社会共生• 現代生活• デザイン• 総合人間• デザイン• モチベーション行動科• 芸術 49• 保育児童• 外国語• 経営情報• メディア• 応用心理• 神道文化フレックスA• 経営情報• 服装 48• 社会福祉• グローバル・コミュニケーション• 健康栄養• 国際ファッション 47• 生活創造• 人間科• 人間社会• 国際文化• 経済経営• 現代人間 46• 現代経営• 人間科• こども教育 45• 現代文化• 東京メディア芸術 44• 経営経済 43• 経営 東京都の私立大学・学部(理系)の偏差値一覧 偏差値 大学名(学部) 75• 医-医 74• 医-医• 医-医 72• 医-医• 医-医• 医-医• 医-医• 医-医• 基幹理工• 創造理工• 先進理工 71• 医-医• 医-医• 医-医• 獣医 70• 家政-食物 69• 看護医療• 理 68• 応用生物科• 総合数理 67• 基礎工• 看護 66• デザイン工• 薬 65• 医-看護• 生命科 64• 医-看護• 生命科• 薬 63• デザイン工• 情報科 62• 生物資源科• 生命歯• データサイエンス 61• 医療保健• 国際食料情報• 地域環境科• 生命科• 情報工• 工 60• 医療健康科• 保健医療• 応用生物• 建築都市デザイン• 東が丘・立川看護 59• 未来科• 松戸歯• メディア情報-情報システム 58• 先進工• 保健医療• メディア• システムデザイン工 57• 健康メディカル• 医療技術• 情報連携-情報連携 56• 応用生命科• 理工 55• コンピュータサイエンス• 看護 54• 保健医療技術• ヒューマンケア• 生命環境 53• 航空・マネジメント学群 52• 生産工• 看護 51• 情報通信• 医療科 50• 情報 49• 工二 48• 動物看護• 保健医療 47• 保健医療 東京都の短期大学の偏差値一覧 偏差値 大学名(学部) 58•

次の

東京経済大学は何故評価されないんですか?

東京経済大学 経済学部 偏差値

最近、東京経済大学を卒業しました。 キャンパスは東京郊外の国分寺駅から離れた住宅街にあります。 朝は一列になって、警備員の方に誘導されて、ぞろぞろ歩きます。 大学の周りは広々としています。 けど、学食も混んでいたし、学生が使うエリアが狭いので、大学はそんなに広い印象はありません。 学生がいられる場所が多くないので、15時くらいになると閑散とします。 緑は多いのですが、先生たちの研究室の周りやキャンパスの裏側なので、学生はあまり目にしません。 東京経済大学は少人数教育で、教員と学生の距離が近いと書かれていますが、あまりそうは思わなかったです。 授業の履修者はだいたい200人、300人、400人が普通。 大教室でやってました。 先生としゃべる機会はないです。 「ゼミする東経大」と宣伝されてたけど、熱心でない先生が多く、ゼミに入れない人が多かったです。 ゼミに入ってたの2人に1人くらいかな。 調べたら、東京経済大学の経済学部は一学年530人で、東洋大学の経済学部は一学年616人でした。 あまり変わりませんね。 サークルの数は少なく、入ってない人が多かったです。 一年に一回の文化祭も参加者が少なく、周りは参加してない人ばかりでした。 朝、大学に来て、授業を受けて、夕方に資格取得の講義を受けたり、バイトして、家に帰るという人たちが多かったです。 「高校みたいな生活だね」と友人と話してました。 友人とわいわい騒ぐという雰囲気はあまりないです。 一部の人たちは資格取得に熱心でした。 偏差値に比べ、就職も不利ではないけど、有利とも感じませんでした。 キャリアセンターのサポートは他の大学と変わらないみたいです。 と言うか、最後は本人次第なので、大学ができることはどこも同じになると思います。 私はあまり使いませんでした。 私も周りの友人も東京や地元の中小企業に就職しました。 先輩の話では、「東経大は学生時代の人間関係が希薄なので、就職後に苦労する人が多い」とのことでした。 私の学生生活はこんな感じでした。 どこの大学も良い面、悪い面があるし、学生生活を有意義なものにできるかどうかは自分次第です。 ただ、少人数教育を期待すると、がっかりするかもしれません。 学生数6700人なので、マンモスではないけど、結構、大きい大学です。 そして、全員が同じキャンパスにいるし、先生の数が多いというわけでなく、むしろ少ない。 大規模講義ばかりです。 東京経済大学に大きな不満はなかったですが、もし、もう一回大学に入る機会があれば、東洋大学で都心の生活を楽しんだり、サークルやゼミを頑張る学生生活を送りたいなと思います。 そのためには、偏差値を上げないといけないですが。 東京経済大学は理系がないため、装置、設備に費用がかからず、その分、特待生費用や資格取得支援の費用が手厚いです。 大学センター利用入試と一般入試の入試成績上位300名は特待生通知が合格通知といっしょに郵送されます。 手続きしなかった場合には次点にはまわりません。 特待生は1年生の授業料が無料(奨学金給付型)ですが、毎年学部上位10%に入っていれば、最高4年間授業料が無料になる中堅上位大学です。 毎年、上位10%というチェックが入りますが、4年間授業料が無料になる大学はあまりないです。 このほかに特待生の特典は、キャリアサポート講座(外部専門学校委託で学内講座)が4年間年間2講座まで無料になります。 公務員講座は専門学校に自己負担で言った場合は年間24万円になります。 ほかにもいろいろな講座があります。 東京経済大学は、1900年に大倉財閥の大倉喜八郎が東京経済大学の前身の大倉商業学校を創立して以来、一代で大手ゼネコン「大成建設」創業の他、サッポロビール、ホテルオークラ、千代田火災海上(現あいおい損害保険)、日清製油(現日清オイリオグループ)、東海パルプ、川奈ホテル、帝国繊維、サッポロビール、リーガルコーポレーション、日本化学工業 、東京製綱、日本無線 、富士銀行などの現在でも名だたる企業を創業しました。 森ビルの社長、京セラの会長などOB多数。 多くの財界人を輩出しています。 東京経済大学の会計プロフェッショナルコースで全額大学負担(給付型奨学金)で大原簿記学校にダブルスクールできます。 毎年、30名くらいが所属できます。 授業との両立ができるよう設計されています。 こちらの全額大学負担という大学はあまりないです。 会計プロフェッショナルプログラムは日商簿記2級程度の試験に合格すれば、入れます。 選考は6月と11月。 まだ、日商簿記2級を持っていない人は、キャリアサポートコースに入り、11月までに2級をとるし、会計プロフェッショナルの選考にも申し込むといいです。 キャリアサポートコースと会計プロフェッショナルは学内の部署が別で2本立てのかたちになっています。 会計プロフェッショナルに入ったら、どのコースがいいか選択出来ます。 どのコースも大学全額負担です。 ですから、日商簿記2級を持っていたら最短で1年生の6月からです。 持っていなければ、1年生の11月の選考試験合格後が最短です。 大原に通学することになります。 全額大学負担です。 大学の単位にはならないのは日東駒専の会計プロフェッショナルと同じです。 日東駒専は全額大学負担ではないです。 その他、学内には公認会計士合格を目指すゼミやサークルもあります。 2009年以降、毎年、公認会計士に現役合格しています。 2014年度は公認会計士に現役合格6名がでました。 6名とも大手監査法人に就職しました。 (卒業生で合格者も毎年出ています。 )この時は経済学部からも1名でました。 2018年度は現役合格4名、卒業生1名合格。 また、安城(京セラの元社長東京経済大学OB)記念奨学金があり、公認会計士など高い資格を目指す学生のために最高50万円の奨学金の制度が別にもあります。 (大学から問い合わせ、個別面接が多い。 また、ゼミ単位で海外研修をする。 (大学から補助あり).

次の

東京経済大学/偏差値・入試難易度【スタディサプリ 進路】

東京経済大学 経済学部 偏差値

入試 募集人数 志願者数 志願倍率 受験者数 合格者数 実質倍率 備考 一般入試前期(2教科 英+国・数 選択型) 240 280 - 255 40 6. 38 募集人数は一般入試前期の合計。 一般入試前期(3教科型) 240 1538 - 1454 227 6. 41 募集人数は一般入試前期の合計。 一般入試前期(ベスト2型) 240 529 - 503 72 6. 99 募集人数は一般入試前期の合計。 センター利用入試前期(2教科型) 50 577 - 575 71 8. 1 募集人数はセンター利用入試前期の合計。 センター利用入試前期(3教科型) 50 1051 - 1048 138 7. 59 募集人数はセンター利用入試前期の合計。 一般入試後期 12 306 25. 5 284 92 3. 09 センター利用入試後期(3教科型) 8 55 6. 88 55 40 1. 38 推薦入試 資格取得者入試 15 9 - 9 6 1. 5 推薦入試 スカラシップ入試(第1・2期試験) 若干名 1 - 1 1 1. 0 全学部の結果。 推薦入試 スポーツ実績者入試(第1期) 5 15 3. 0 15 6 2. 経営学部 入試 募集人数 志願者数 志願倍率 受験者数 合格者数 実質倍率 備考 一般入試前期(2教科 英+国・数 選択型) 255 292 - 280 45 6. 22 募集人数は一般入試前期の合計。 一般入試前期(3教科型) 255 1497 - 1424 190 7. 49 募集人数は一般入試前期の合計。 一般入試前期(ベスト2型) 255 575 - 547 74 7. 39 募集人数は一般入試前期の合計。 センター利用入試前期(2教科型) 45 561 - 561 85 6. 6 募集人数はセンター利用入試前期の合計。 センター利用入試前期(3教科型) 45 1044 - 1044 175 5. 97 募集人数はセンター利用入試前期の合計。 一般入試後期 12 347 28. 92 315 72 4. 38 センター利用入試後期(3教科型) 8 58 7. 25 58 29 2. 0 推薦入試 経営学部 簿記資格取得者入試 20 18 - 17 17 1. 0 推薦入試 資格取得者入試 17 22 1. 29 20 14 1. 43 推薦入試 スカラシップ入試(第1・2期試験) 若干名 1 - 1 1 1. 0 全学部の結果。 推薦入試 スポーツ実績者入試(第1期) 5 9 1. 8 9 5 1. 57 募集人数は一般入試前期の合計。 一般入試前期(3教科型) 80 301 - 289 43 6. 72 募集人数は一般入試前期の合計。 一般入試前期(ベスト2型) 80 164 - 160 22 7. 27 募集人数は一般入試前期の合計。 センター利用入試前期(2教科型) 15 147 - 147 13 11. 31 募集人数はセンター利用入試前期の合計。 センター利用入試前期(3教科型) 15 239 - 239 21 11. 38 募集人数はセンター利用入試前期の合計。 一般入試後期 7 138 19. 71 128 23 5. 57 センター利用入試後期(3教科型) 5 26 5. 2 26 7 3. 71 コミュニケーション学部 一般AO入試 20 44 - - 15 - 募集人数はコミュニケーション学部AO入試(一般・表現・英語)の合計。 コミュニケーション学部 英語AO入試 20 10 - - 4 - 募集人数はコミュニケーション学部AO入試(一般・表現・英語)の合計。 推薦入試 資格取得者入試 若干名 4 - 4 2 2. 0 推薦入試 スカラシップ入試(第1・2期試験) 若干名 1 - 1 1 1. 0 全学部の結果。 推薦入試 スポーツ実績者入試(第1期) 3 5 1. 67 5 3 1. 67 推薦入試 スポーツ実績者入試(第2期) 若干名 2 - 2 0 -• 4 募集人数は一般入試前期の合計。 一般入試前期(3教科型) 95 471 - 454 60 7. 57 募集人数は一般入試前期の合計。 一般入試前期(ベスト2型) 95 269 - 264 37 7. 14 募集人数は一般入試前期の合計。 センター利用入試前期(2教科型) 20 193 - 193 30 6. 43 募集人数はセンター利用入試前期の合計。 センター利用入試前期(3教科型) 20 302 - 301 42 7. 17 募集人数はセンター利用入試前期の合計。 一般入試後期 7 170 24. 29 154 41 3. 76 センター利用入試後期(3教科型) 5 45 9. 0 45 14 3. 21 現代法学部 自己推薦入試 15 34 2. 27 - 16 - 推薦入試 資格取得者入試 若干名 2 - 2 0 - 推薦入試 スカラシップ入試(第1・2期試験) 若干名 1 - 1 1 1. 0 全学部の結果。 推薦入試 スポーツ実績者入試(第1期) 3 7 2. 33 7 3 2. 33 推薦入試 スポーツ実績者入試(第2期) 5 3 - 3 0 -• キャリアデザインプログラム 入試 募集人数 志願者数 志願倍率 受験者数 合格者数 実質倍率 備考 一般入試前期(2教科 英+国・数 選択型) 25 80 - 71 7 10. 14 募集人数は一般入試前期の合計。 一般入試前期(3教科型) 25 348 - 329 17 19. 35 募集人数は一般入試前期の合計。 一般入試前期(ベスト2型) 25 160 - 149 8 18. 63 募集人数は一般入試前期の合計。 センター利用入試前期(2教科型) 10 173 - 173 12 14. 42 募集人数はセンター利用入試前期の合計。 センター利用入試前期(3教科型) 10 229 - 229 16 14. 31 募集人数はセンター利用入試前期の合計。 一般入試後期 若干名 124 - 118 20 5. 9 センター利用入試後期(3教科型) 若干名 36 - 36 8 4. 5 キャリアデザインプログラムAO入試 15 64 4. 27 - 24 - 河合塾のボーダーライン(ボーダー偏差値・ボーダー得点率)について 入試難易度(ボーダー偏差値・ボーダー得点率)データは、河合塾が提供しています。 ( 入試難易度について 入試難易度は、河合塾が予想する合格可能性50%のラインを示したものです。 前年度入試の結果と今年度の模試の志望動向等を参考にして設定しています。 入試難易度は、大学入学共通テストで必要な難易度を示すボーダー得点(率)と、国公立大の個別学力検査(2次試験)や私立大の 一般方式の難易度を示すボーダー偏差値があります。 ボーダー得点(率) 大学入学共通テストを利用する方式に設定しています。 大学入学共通テストの難易度を各大学の大学入学共通テストの科目・配点に 沿って得点(率)で算出しています。 ボーダー偏差値 各大学が個別に実施する試験(国公立大の2次試験、私立大の一般方式など)の難易度を、河合塾が実施する全統模試の偏差値帯で 設定しています。 偏差値帯は、「37. 5 未満」、「37. 5~39. 9」、「40. 0~42. 4」、以降2. 5 ピッチで設定して、最も高い偏差値帯は 「72. 5 以上」としています。 本サイトでは、各偏差値帯の下限値を表示しています(37. 5 未満の偏差値帯は便宜上35. 0 で表示)。 偏差値の算出は各大学の入試科目・配点に沿って行っています。 教科試験以外(実技や書類審査等)については考慮していません。 なお、入試難易度の設定基礎となる前年度入試結果調査データにおいて、不合格者数が少ないため合格率50%となる偏差値帯が存在し なかったものについては、BF(ボーダー・フリー)としています。 補足 ・ 入試難易度は 2020年7月時点のものです。 今後の模試の動向等により変更する可能性があります。 また、大学の募集区分 の変更の可能性があります(次年度の詳細が未判明の場合、前年度の募集区分で設定しています)。 ・ 入試難易度は一般選抜を対象として設定しています。 ただし、選考が教科試験以外(実技や書類審査等)で行われる大学や、 私立大学の2期・後期入試に該当するものは設定していません。 ・ 科目数や配点は各大学により異なりますので、単純に大学間の入試難易度を比較できない場合があります。 ・ 入試難易度はあくまでも入試の難易を表したものであり、各大学の教育内容や社会的位置づけを示したものではありません。

次の