爆笑 問題 太田。 爆笑問題・太田光、NHKの語学番組にレギュラー出演「大変楽しみ」

ギャラ交渉以前に「リアルに干されていた」爆笑問題・太田光の“暴走史” (2015年7月3日)

爆笑 問題 太田

お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(54)が16日深夜に放送されたテレビ朝日「お願い!ランキング」(月~木曜深夜0・50)の企画「太田松之丞 悩みに答えない毒舌相談室」で、「爆笑問題終わると思った」というエピソードを告白した。 視聴者から寄せられた悩み相談に答える形で、太田と人気講談師・神田松之丞(36)が語り合う同企画。 この日は「コンプレックスとどう付き合えばいい?」という相談を受けて、太田は「コンプレックスしかない。 生まれてすいません…みたいな」と明かし、松之丞と同局の弘中綾香アナウンサー(28)を驚かせた。 「自分の笑顔が嫌い。 (自分が出演している)テレビも見ない。 (出演番組の予告を見ると)うわー、嫌だなと思う」と心の内を明かした太田。 一方、相方の田中裕二(54)については「あいつはめちゃくちゃプライド高いからね。 背を超えてるんだから、プライドが」と言いたい放題の太田。 そんな気の置けない関係でも、太田が「爆笑問題終わると思った」という状況があったという。 田中は2000年9月、左睾丸(こうがん)肥大で緊急入院。 19日に摘出手術を受けて無事成功し、4日後には仕事復帰を果たした。 番組で、田中の手術をネタにし続ける理由を「コンプレックスになりがちなところを太田さんがボケ続けているから…優しさもあるんでしょ?」と松之丞に問われると、太田は「真面目な話になりますが…」と前置きして秘めていた思いを告白。 田中の手術は「結構シリアスな話だった」といい、「ボケにくいけど、ここでシリアスになっちゃうと爆笑問題終わると思ったわけよ」。 精密検査の結果が出る前のナーバスな状況ながら相方をネタにしてボケ倒し、笑いに変えた太田。 「(ネタを)前の日寝ないで考えたもん。 どうやってウケようかと」と当時を振り返ると、松之丞は「田中さんもありがとうと思ったでしょうね」。

次の

山田雅人 かたりの世界「爆笑問題・太田光物語」

爆笑 問題 太田

今年で放送20周年を迎え、今なおファンの心を捉えて離さない人気ラジオ番組『火曜JUNK カーボーイ』(TBSラジオ・毎週火曜 深1:00)。 爆笑問題のライフワークとも言えるこの番組で、がいま最も熱を入れて取り上げているのが「他局のラジオ番組」だ。 魅力的な地方局の番組をどんどん紹介し、その番組内で実施されているクイズをそのまま『カーボーイ』の中でもやるなど、暴走気味にラジオ愛を爆発させている。 ラジオ愛が熱い故に、かねてから『カーボーイ』で他のラジオ番組について話すことはたびたびあった。 当初の話題のメインは、『たけしのANN』でたけしの相方として出演していた放送作家・高田文夫の『ラジオビバリーヒルズ』や、『カーボーイ』の裏番組となる火曜日の『ANN』など、ライバル局であるニッポン放送の番組。 そして、あることを契機に太田のターゲットとなる番組が一気に拡大した。 それは、PCやスマホなどでラジオを聞けるサービス「radiko. jp」で、全国のラジオ局の番組をエリアフリーで聞くことができる「エリアフリー機能」(2014年4月開始)と、1週間以内なら無料で聞き返せる「タイムフリー機能」(16年10月開始)の導入だ。 地域にも時間にもとらわれずにラジオを楽しめるようになったことで、昨年末ころから太田は新しいおもちゃを手にした子どものように全国の面白いラジオ番組を夢中で探し回り、『カーボーイ』で紹介し始めた。 最初に目をつけたのは、広島・中国放送(RCC)の『平成ラヂオバラエティごぜん様さま』(月〜金 前9:00)。 地元で高い知名度を誇り、2015年に「ギャラクシー賞ラジオ部門DJパーソナリティ賞」を獲得、映画監督という顔も持つ同局の横山雄二アナの人気番組だ。 豪快でクセのある横山アナのトークについて太田が『カーボーイ』でイジると、横山アナも「なんか面倒くさそうな人だよね」と自身の番組で太田に反撃。 その後、地域と局を超えた双方の番組で2ヶ月ほど面白おかしくバトルを繰り広げ、ついに横山アナが『カーボーイ』のスタジオに登場する展開に。 お互いの番組のリスナーに相手番組への興味を持たせ、太田と横山アナもすっかり仲良くなるなど、ラジオならではの交流劇を見せた。 今では、『ごぜん様さま』の火曜パーソナリティの河村綾奈アナが番組内で出題するクイズを、太田がその日の『カーボーイ』でそのまま相方のに出す流れが定番になっている。 市川雷蔵と勝新太郎に師事した経歴を持つ大ベテランの豪放磊落なトークを『カーボーイ』でネタにし、日高も何度かはこれに応えてきたが、太田のしつこい絡みに「俺をネタにするな!」と一喝すると、太田も思わず尻込みしてしまった。 太田の耳が次に反応したのは、『笑っていいとも!』など多数の番組で共演してきた映画評論家のおすぎと、服飾評論家のピーコが出演する九州朝日放送(KBC)の番組。 『おすぎとピーコのシスターシスター』(毎週土曜 正午)など、地方局だからこその自由な雰囲気を楽しんでいたが、その流れでおすぎが月曜レギュラーを務める昼のワイド帯番組『PAO〜N』(月〜金 後1:00)という強烈すぎる番組も発見してしまった。 MCの沢田幸二アナが、毒舌たっぷりの超早口で旬の芸能ニュースを一気読みする。 タブーもしがらみも関係なしの刺激的なぶった斬りに、太田だけでなく相方に紹介され番組を聞いてみた田中も衝撃を受けたようで、『カーボーイ』でも話すのをためらってしまうほどだった。 このように、日々地方局の面白い番組発掘に励む太田光。 先日は7月からTOKYO FMの『YUKI HELLO! NEW WOLRD』が始まったことを喜んだが、この番組の放送時間は毎週日曜の午後3時30分からで、自身の番組『日曜サンデー』の真裏になる。 テレビならは裏番組の話題など絶対にタブーだが、「radikoタイムフリー」で後から聞くことができるラジオだからこそ、太田も積極的に話してしまうのだろう。 「ラジオを聞くのが忙しい」というほど、移動時間や空き時間にずっとラジオを聞き、面白い番組を見つけると積極的に発信する太田光は、最高のラジオ宣伝マンだ。 週に6時間もラジオに出演しながら、全国のラジオ情報を拡散しまくる彼こそ、来年の「ギャラクシー賞ラジオ部門DJパーソナリティ賞」の大本命だろう。 くしくも、今年のギャラクシー賞は『カーボーイ』の裏で『ANN』を担当する星野源が獲得し、表彰式の司会はRCCの横山アナが務めた。 この因縁めいた悔しさを、来年は晴らすことができるか。 楽しみに待ちたい。

次の

爆笑問題の太田光、松本人志の「不良品」発言イジる

爆笑 問題 太田

もくじ• 当初はホンジャマカや浅草キッドなどと並んで注目されたが、 1990年に所属事務所から独立したことで仕事が激減。 1994年より出演した「ボキャブラ天国」で大ブレイクして復活。 1998年に初の冠番組「号外!! 爆笑大問題」がスタート。 2000年から「笑っていいとも!」の曜日レギュラーを務めた( 2014年 3月まで) 以降も「爆笑問題のススメ」や「サンデージャポン」、「爆報! THEフライデー」などの番組に出演。 私生活では 1990年にモデルの太田光代と結婚したが、子供はいない。 学歴~出身中学校・高校の詳細 スポンサードリンク 出身高校:東京都 大東文化大学第一高校 偏差値 46(当時・やや容易) 太田光さんの出身校は、私立の男子校(当時)の大東文化一高です。 同校は部活動が盛んで、特にラグビー部は名門として知られています。 現在は共学校となって進学実績も向上して偏差値も 52~ 59程度ありますが、当時はそれほどではありませんでした。 太田さんは上福岡市立第六小学校(現在はふじみ野市立元福小学校)から上福岡市立第二中学校(現在はふじみ野市立葦原中学校)を経て、同校に進学しています。 中学時代は軟式テニス部に所属しましたが、ほぼ幽霊部員でした。 また非常に内向的だったので、高校時代は友達がゼロで、クラスメートとは 3年間ほとんど口をきかないまま卒業しています。 高校時代は演劇部に所属しており、唯一の部員だった先輩が卒業するとひとりだけになってしまい、高校 3年生の文化祭では一人芝居を演じています。 ただし学校の成績は非常に優秀でした。 (高校時代) 学歴~出身大学の詳細 出身大学: 日本大学 芸術学部演劇学科(中退) 偏差値 50(普通) 太田光さんは高校卒業後は、日本大学の芸術学部に進学しています。 当初は俳優志望で劇団にも所属していましたが、大学の同級生だった田中裕二さんとともにお笑いを志して 22歳の時にお笑いコンビ「爆笑問題」を結成しています。 また大学につきましては 2年生の時に 中退してしまっています。 以降の活躍は目覚ましく、独立問題などで干された時期もありましたが、見事に復活して有数の人気お笑いコンビとなりました。 現在も多くの出演番組を抱えており、幅広い層から絶大な支持を集めています。 今後のさらなる活躍にも期待が高まります。 スポンサードリンク ここまでお読みいただきありがとうございました。 ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。 また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。 なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。 このところ当サイトのページが警告音とともに「 Windowsセキュリティシステムが破損しています」とのページに切り替わることが稀にあります。 このような表示はすべて詐欺なので、「更新」や「続行」、「こちらをクリック」などのボタンは絶対に押さないでください。 万が一、そのような表示が現れた場合にはページをいったん閉じてから再開してください(クリックさえしなければ実害はありません)。 なお当サイトはグーグル社提供の広告ユニットを使用していますが、そのような詐欺広告はグーグル社のチェックをかいくぐって表示されています。 現状では当サイトでブロックすることができないことをご了承ください(いずれグーグル社に対策されると思われます).

次の