魔女 の 宅急便 考察。 魔女の宅急便でキキが飛べなくなった理由!恋説ではなく、実は初潮説?

映画『魔女の宅急便』評価は?ネタバレ感想考察/思春期少女の自立と仕事の大変さとスランプ

魔女 の 宅急便 考察

Contents• ジブリアニメ冒頭の部分で、キキの母・コキリのところへ薬をもらいに来ている老婦人。 実はこの婦人が別の作品に出ているある人物と同一ではないかという噂があるのだが・・・。 老婦人にあいあさつするキキの言葉に注目 最初はコキリと老婦人が魔女のことについて話している。 キキは草むらでラジオを聞きながら空を眺めている。 ラジオの天気予報を聞いたキキは、母の元へ駆け込んで旅立ちの日を今夜にすると突然言い始める。 この時、明るくて礼儀正しいキキはそこにいた老婦人に対してきちんとあいさつをする。 「ドーラさん、こんにちは」 ジブリファンでこれに気がついた視聴者は間違いなく巻き戻してもう一度聞くだろう。 そう、この老婦人の名前は「ドーラ」なのだ。 もちろん、ドーラとは同じくジブリアニメの名作「天空の城ラピュタ」に登場する空賊の女ボスと同じ名前である。 二人のドーラは同一人物なのか? 「天空の城ラピュタ」が公開されたのはは1986年、そして「魔女の宅急便」が公開されたのは1989年であり、この二つの作品の間は三年間でわりと近い時期に作られた作品。 同じ事務所からの作品で、それも近い時期に作られたものの中で同一の名前のキャラクターが登場するというのは非常に珍しい。 しかも、なかなか気が付きにくい裏設定が多く隠されているジブリ作品ともなると、これには何か意味があるのではないかと勘ぐる視聴者も少なくはないだろう。 それも、同一の名前で性別が同じともなると、何か繋がりがあるのではないか?それどころかこの二人は同一の人物という設定なのではないか?という見方がされやすい。 二人のドーラを比較 「魔女の宅急便」のドーラ 容姿 背中は曲がり、身長は低め。 キキやコキリに対していつも優しい言葉をかけてくれる。 年齢 70代?(推定) メガネをかけて、つえを持って座っているため、それなりに高齢のお方だと思われる。 性格 いつも笑顔で、コキリやキキに対し優しい言葉をかけてくれる。 「天空の城ラピュタ」のドーラ 容姿 ギョロ目で鼻が高く、シワが多い。 女性のわりに体格がよく、身長も低くはない。 年齢 50代?(推定) 背筋も伸びて体はよく動き、ドーラ一家の中で一番の瞬足。 性格 やることは男顔負けなほど豪快で、目的のために突っ走るタイプ。 盗みを働く空賊だが、人情に厚く、仲間たちの面倒見はいい。 見かけによらず女心を忘れてはいない。 二人の比較のポイントはざっとこんなものだろう。 年齢は二人とも作中で明かされることはないので、あくまで推定ではありますが、これくらいの年齢差があるのではないかと思われます。 年齢差と作品の時系列はぴったり? 「天空の城ラピュタ」と「魔女の宅急便」それぞれの世界を見てみると、「天空の城ラピュタ」よりも「魔女の宅急便」の世界のほうがはるかに文明が発達していることがわかる。 ということは、「魔女の宅急便」に登場する老婦人・ドーラが「天空の城ラピュタ」の空賊・ドーラと同一でも時系列的には間違ってはいない。 さらに、その文明の進み具合から見ても、20年もあればそれくらい発達していてもおかしくはなく、むしろちょうどいいくらいかもしれない。 また、これには別の見方もあり、老婦人・ドーラは空賊・ドーラの子孫ではないかとも噂されている。 だが、はっきり言ってこの説は無理があるだろう。 「天空の城ラピュタ」と「魔女の宅急便」の二つの世界の文化を比較すると、ある程度は発展はしていても、そこまで何十年もの差があるようには思えない。 発展の具合から見て、子孫というほど時間が経過しているわけではなく、ちょうど10年、20年くらい経過したくらいかなといった感じなので、「ドーラの子孫説」は「ドーラ同一人物説」よりも信憑性の劣る話になってしまう。 二人の容姿は似ているのか? 空賊・ドーラは鼻が高くて体格がいい。 そして、老婦人・ドーラは、高齢という表現で小さく見えるように描かれているかもしれないが、わりと小柄に見える。 この二人のキャラクターの容姿は、見え方に個人差があるとしても、あまり似ているとは思えない。 故に、同一の人物だという見方には少々無理があると言える。 ドーラの性格の違い 次は二人のドーラの性格を比較してみよう。 老婦人・ドーラは、登場シーンが少ないが、序盤と終盤に同じようなシチュエーションで登場する。 キキの母・コキリのところへ訪れ、薬ができるまで座ってニコニコしながら笑顔で話している。 一方で、空賊・ドーラは登場シーンも多く、非常にインパクトの強いキャラクターなのでわかりやすい。 誰よりも強欲で、男顔負けなほど何をやっても豪快。 実際にこのような女性には会いたくはないものだが、ここまでやることが豪快だと逆に気持ちいいくらい。 それでいながら、人情に厚く女心も理解してくれるいわゆるカッコイイ大人だ。 この空賊・ドーラが同じ街の少女を「キキちゃん」などと呼ぶような高貴な老婦人になるのだろうか? 確かに、人間は年をとれば性格は丸くなり、人に対して優しくなっていくもの。 体にもあちこちガタが来て、容姿も変わっていく。 にしてもだ、さすがにあのドーラがこの老婦人と同一の人物だとは考えにくい。 それに、あの性格だからこそ、憎めないドーラ。 ちょっと怖い気もするけど嫌いになれない個性的キャラクターであるドーラが、年をとって老婦人のようになるのは少々残念な気持ちになる。 そうであってはほしくない、空賊ドーラはあの性格だからこそドーラなわけであって、いくつになっても自分のスタイルを貫く人だと信じている。 少々希望的意見ではあるが、この二人のドーラは同じ名前、同じ性別であっても別人であってほしい。 まとめ 今回は、「魔女の宅急便」「天空の城ラピュタ」の二つの作品に登場する同じ名前のキャラクター、ドーラとドーラについて考察してみました。 作品に対する主観は人それぞれであり、特にジブリの作品というのは多くを語らずに沢山のことを伝えるような表現が多いです。 確かに、同じ名前のキャラクターが登場することで、誰しも想像することは何かの関連性ですが、この件については同一人物という設定ではないように思う。 , ,.

次の

【魔女の宅急便】キキとウルスラの声優が同じ!理由が深い!(考察)

魔女 の 宅急便 考察

SponsoredLink 魔女の宅急便まとめ! 魔女のキキはある町が気にいりそこで親切なおばさんに助けてもらい宅急便の仕事をします。 そこで沢山の人に出会い初めて 男の子に恋をします。 その相手がトンボでした。 そしてジジも飼い猫に恋をします。 白いふわふわの可愛い猫さんです。 お互いに色々な経験をして成長したのですが、ある時突然 ジジがしゃべれなくなります。 不思議に思うキキ、そしてその頃ほうきに乗れなくなってしまったキキ、なぜ空が飛べなくなってしまったのでしょうか?そんな中キキの恋の相手トンボに危機が訪れます。 それを助けようと空を飛ぼうとしますが、飛ぶ練習をしていた時に折れてしまってほうきはもうありません。 近くにあったデッキブラシをかり飛ぼうとしますが上手く飛べません、でもトンボを助けたい、魔女として生きる彼女の決心が奇跡をおおしデッキブラシで空を飛ぶ事ができトンボを救出します。 その事件をきっかけに彼女への町の人の信頼が大きくなり一人でその町で生活できるようになりました。 この記事もオススメ! SponsoredLink キキが空を飛べなくなった理由は!? 突然ジジの声が聞こえなくなり、空を飛べなくなったキキ、何でそんなことになったのでしょうか?はっきりと理由は語られてはいないですが、たぶんトンボに恋をし、トンボの周りにいる可愛い女の子たちに嫉妬しいやだなと感じてしまったからなのではないでしょうか?なぜ嫌だと感じたらつかえなくなるの? キキは子供だからこそ使える魔法、純真無垢だから使える子供としての魔法だったからと考えると納得がいきます。 何も知らない子供から大人へと変る過程で起きた事が恋と嫉妬、その感情がその子供らしい無垢さが失われ魔法が使えなくなります。 その後トンボが気球から落ちそうになり助けたいという思いからデッキブラシを使い空を飛びます。 その時使えるようになった魔法が大人になっても使える魔法です。 同じ空を飛ぶ魔法でもそこが少し違うと考える納得がいきます。 キキが大人になる過程や工程が空を飛べなくなるという形であらわしているのではないでしょうか? この記事もオススメ! キキとトンボのその後はどうなる!? さて、その後恋に落ちた2人はどうなるのでしょうか?あまり映画では語られていないのですが・・・原作を覗き見ると・・大学生になったトンボは遠くの町の大学へ行き遠距離恋愛になり、それをのりこへ22歳の時に結婚します。 そしてその後・・・子供を二人もうけます。 1人は女の子、1人は男の子です。 そしてその子供たちも13歳で旅立ちます。 原作は35年の人生を描いた壮大な物語です。 でも キキとトンボ色々あったけど結婚出来てよかったです。 最後にまとめ 原作は長く続いた為、キキとジジ、トンボの物語は映画の後も長く続いていきます。 その後も原作では詳しく語られているのでそちらを読むのも面白いです。 ジジに対しての解釈が原作と映画では違うようなのでそこも意識してみると面白いかもしれませんね。

次の

魔女の宅急便実写の興行収入は?アニメとの違いや裏話大コケ理由も紹介

魔女 の 宅急便 考察

ある日キキがジジと話せないことに気づき、はっとして飛ぶことも試しますが、箒で空を飛べなくなっていることにも気づきます。 このシーンのために「 ジジと話せない=キキの魔法力が弱まったから」という推測が出ました。 まるでキキが魔法でジジと話せていたと捉えがちですが、それは間違い。 キキは動物と話せるわけでもなく、ジジとも魔法で話していたわけではないんです。 何故かというとキキは「空を飛ぶ」以外の魔法は使えず、原作と同様、旅立ちの日に母親が「 キキは空を飛ぶことしか覚えなかった」とも言っています。 そしてクライマックスでキキがまた飛べるようになった後も、ジジは「にゃー」としか話さないですよね。 ということでキキの魔法はジジが話すことには関係がないことが分かります。 変わったのはジジではなくキキ。 」 映画公開の時に福岡のトークショーで宮崎駿さんはこう述べています。 つまり、「キキは自分の心をジジに投影していて、キキが成長し自分の心の声を実際に投影する 必要がなくなったから」ということのようですね。 原作ではジジは本当に話すので、この見解は宮崎駿監督のオリジナル解釈なのではないでしょうか。 また宮崎駿監督はスタジオジブリスタジオプロデューサー・鈴木敏夫さんとも話し合ったと言います。 鈴木:話す必要がなくなったんでしょうね。 僕は、あの映画をキキとジジの対話の映画じゃないかと思っているんです。 つまり自分との対話。 まだ自己を確立していないキキが自分になるプロセスを映画にしたんですね。 鈴木:自分が自分になれば、もうジジは話さなくなる。 今まではジジに自分の心の声が反映されていたけれど、「恋の悩み」など抱えるうちに 知らずのうちに自分の中で自問自答していたわけです。 子供が幼い頃、人形遊びで1人2役したりするのに近いのが「キキとジジ」の関係というように映画の中では描かれているのかもしれません。 しかし、ということは「 キキが恋をしたから」や「 キキが大人になったから」といった推測も、 「 ジジが話さなくなった=キキが心の声を投影する必要がなくなった=キキの成長」の大きな要因になっているのは間違っていなかったんですね。 終わりに キキがジジと急に話せなくなるシーンは心が痛いですよね。 宮崎駿監督によると、しかしこの演出は「キキの成長」を分かりやすく表したものだったということが分かります。 それを踏まえてもう一度「魔女の宅急便」を見直してみたくなります。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の