クズ 夫。 クズ夫と離婚する!世の中にはどんなクズ夫がいるの?|シンママStyle

クズ夫「プリと結婚するから離婚しようw慰謝料はなしで!」妻「え?」→4年後、まさかの結末に...

クズ 夫

うだつが上がらない夫のリアルなクズエピソード 私の夫はうだつが上がらない アラフォーのサラリーマンです。 大した仕事を与えらているわけでもなく、 毎日残業もなく早く帰宅しますが、 稀に残業をして帰宅が遅くなった翌日は、 必ずと言っていいほど遅刻をしていきます。 」 と…怒。 打ち合わせに遅刻をしていっても 全く仕事に支障が出ないほど 会社内での立ち位置が低いという証拠でしょうね 笑。 それにもかかわらず、 上司や同僚、会社の悪口や愚痴ばかり言っています。 自分がその方々と同レベルの人間だからこそ、 今の会社に居るのであり、 転職活動の際に他の会社からは 内定を頂けなかったという自覚が一切ないようです。 その上、 「会社の人間はバカばっか」 「俺のレベルについてこられる人間が居ない」 と 笑。 それなら、 なぜ何年も何年も給料が上がらないのでしょうか?笑 挙げ句の果てには、 「今の会社が嫌だから、独立開業する」 と…怒。 残業しただけで翌日寝坊をして遅刻をするような 自堕落な人間が独立開業などしても成功するわけがありません 怒。 我が家が路頭に迷う日がいつ訪れるのかと、不安な日々を送っています。 会長、子龍の感想 お、おう。 なかなかのうだつが上がらないクズ夫w でもね、 こういったクズ夫って、 実は多いと思いますよ。 マジで。 ほとんどのサラリーマンって、 向上心なんて全くありませんから。 「今、生活できたらそれでいい」 と常に思っています。 そのくせ、 「政治批判したり、 国を批判したり、 同僚や上司を批判したり」 そして、 「会社のせいにしたり」 するわけです。 何で分かるかって? 私もその一人だったからですw いや、私も5年と7ヶ月を サラリーマンとして過ごしていたわけですが、 働き始めてから4年目くらいまでは、 「ただ仕事に行って、 ただご飯を食べて、 ただゲームをして、 ただ毎日を生きているだけ」 の人生でしたね。 ホントに何も考えていないんですが、 文句だけはいっちょまえ。 「社長は何もせえへんアホや」 とか 「あの上司が無能でむかつく」 とか 「同僚(男)のカッターシャツの乳首が透けてた」 とかw ホント、向上心もないけど、 文句だけは集まって言っていた時代。 そんな時代を経験しているので、 このうだつが上がらない夫の気持ち、 というか状態がよく分かるw でもね。 こういった状況に陥るのって、 そのうだつの上がらない夫だけが 悪いかというと、 「妻や家族」 にも問題があるわけです。 私の妻であれば、 私が情けないことをやったり、 言ったりすると、 すぐにでも、 「叱咤」 が待っています。 しかも、そこまで出来てもいないのに、 【自信満々】になっていたら 「調子に乗るな。 あんたはすごくない」 と、これまで、 「叱咤激励」 が待っているわけです。 どれだけ私が頑張ったとしても、 妻が認めてくれることはありません。 普通に考えれば、 「何で俺を認めてくれないんだ!」 となるでしょうが、 私の場合は、 「負けん気が強い」 ので、 絶対に妻が認めるくらいの男になって、 稼ぎも満足いくものにしてやる! と思って頑張るわけです。 それに、私には小さな子どもたちが 4人も居てますからね。 ノホホンと仕事をして、 低賃金で妥協して、 無能な男で満足している場合じゃない。 家族で自由に旅行も行きたいし、 未来がある子どもたちには、 「サッカー」 でも 「野球」 でも 「海外旅行」 でも 何でも【経験】させて、 いろんな能力を伸ばして欲しいと 思っているので。 なおさら、 低賃金とか時間が拘束されるような 仕事で甘んじている暇がないわけです。 もし、これを読んでいるあなたの家庭でも、 このエピソードと同じようになっているのであれば、 それは、 「うだつの上がらない夫」 自身も悪いんですが、 「うだつの上がらない夫を作り出してしまったあなた」 にも原因があるかもしれない。 ぜひ、その辺を考えて、 日ごろの生活を変えてみてください。 それで変わらないクズな夫であれば、 「さっさと捨ててしまえばいい」 わけです。 もしくは、分かるまで【叱咤激励】を繰り返す。

次の

ヘドロパパのヨメイゲン

クズ 夫

娘がハーフ顔です。 私も旦那も純日本人で、少なくとも曽祖父までは外国人はいません。 娘は産まれたときから濃い目の顔だなと思っていたのですが、成長するにつれてほりの深さに磨きがかかっています。 中東系の顔に近いです。 幼稚園のママの間で、娘は私か旦那の連れ子だという噂もたっていました。 旦那は私の托卵を疑っており、2年前にDNA鑑定をしたいと言われました。 私は身に覚えがないので承諾。 ショックで泣いてしまいましたが、娘の顔立ちはDNA鑑定をしたくなるのが仕方がない程なので旦那を責めませんでした。 結果は当然ですが旦那の実子で、旦那は心底驚いていました。 しかし、「これから周囲から連れ子だと思われる事も嫌だし、自分に似ていないから実子だと思えない。 ごめん。 」と離婚を迫られました。 一番腹が立ったのは「娘を養子なり施設なりに出すなら離婚はしなくてもいい」というセリフ。 娘は私が愛情を込めて育てますと言ったら「よかった、親権を放棄するなんて言われたらどうしようかと思った〜」とヘラヘラ。 夫婦として最後の日に、「女って損だよな、暗黙の了解で親権を取らなくちゃいけなくてさw ごめんごめん、損ではなくて得かな?」と言われ、はらわた煮えくり返った。

次の

【クズ】夫「ここは俺が買った家だぞ!」 私「違うけど」 夫「えっ」

クズ 夫

カテゴリー• 345• 5,985• 2,602• 548• 545• 117• 940• 730• 216• 270• 116• 120• 928• 1,694• 452• 216• 364• 1,334• 2,813• 213• 160• 172• 1,405• 146• 134• 132• 101• 177• 847 旦那が私が相続した家を、自分が購入した家だと勘違いしていた事。 私は父から相続した家を改築して教室を開いている。 少し前、離婚した義姉から子供 男三人兄弟 が多くて、今の団地が手狭だからうちに住みたいと打診してきた。 家に住みたいって一緒に?!と聞いたら旦那が「俺たちは三人 私と旦那と娘 だけだし駅近くのマンションでも借りればいい」となぜか私達が家を出る前提だった。 私の教室は?、娘はどうするの? 娘も私が教えている と聞くと「君はレッスンの日にここに通えばいいし、 娘 は転校だけど甥達も転校になるんだから我慢させるべき」と言われた。 当たり前だけど、それは出来ないと断った。 その翌週に私が帰宅すると、旦那と義姉がおり、義姉は「ここに住んでいたいのはわかるけど、ちょっと 私 さんはわがまま過ぎない?」と言い、旦那は「これ以上エゴを通すなら出て行ってもらう。 君がやりたいと言うから改築も許したし娘がやりたいと言うからそれも許してきたけどね、仏の顔も三度までだ」と滔々と語り「この家をどうするかは俺が決める権利がある」と言ったので「ここは私の家だよ。 父から相続後に改築費用も税金も私の稼ぎで払ってきたのに?出ていくならあなたがどうぞ」と言ったら、 旦那が「はあ?!チッ 舌打ち 、お前何言ってるんだ?!ここは俺が買ったんだろ!」 義姉も「 私 さん頭大丈夫?この家があんたの家ってw」と小バカにしたように笑うから 「私の名義です」と父の遺した書類や「旦那の買った家ではない」事がわかる書類、書面を出して見せた。 嘘はいいよ、と言ったら「いや違うんだよ、本当に忘れてた!俺が買った気がしてたんだ!」と謝ってきて、話せば話すほど「本当に忘れてたんだ」と言うのがわかって、よくこんな事を勘違い出来るなと思ったのがスレタイ。 そしてこの事で離婚話になっている事が娘に申し訳ない、そして自分が情けない。 いちおつです。 前スレ773です 実父から家を相続して家族で住んでいたら義姉の離婚がきっかけで、旦那が家は自分名義だと主張して離婚話になった者です。 夫は実家に戻り、そこから通勤すると出ていきました。 数日後、義実家から電話があり、私が出向くと義姉とその息子3人と姑と夫が来ており、姑から「私は息子から自分の買った家だと聞いていたので俄には信じられない。 あなたを疑う訳じゃないが家や土地の書類が本物かどうか鑑定させてほしい」と言われた。 義姉も「あの書類くらいなら簡単に偽造出来るでしょ、鑑定すれば 私 の罪が明らかになる」とも言われた。 そしてその横で旦那は頷きながら当然のように「明日書類持ってこいよ?こっちで預からせてもらう」と自信満々に言ってきたので、証明が必要ならするけど、原本を預ける事はしないと断り、私一人で帰宅した。 帰り際、玄関先で義姉の息子3人から、「詐欺師!詐欺師!おまえは詐欺師!」と囃し立てられた。 伯父宅に娘を頼んでいたので迎えに行きがてら事情を話していたら、夫から電話がかかってきてこう言われた。 「さっきはごめん、でも俺の立場もわかるよな?」 「いや本当にわからないから教えて」 「だから!本当は俺の家じゃないとわかってたよ、でも君ならそこを上手く話してくれると思ってた。 普通は夫がこうだと言ったら妻は頷いてついてくるものだろ?!」 「嘘でも?」 「嘘を本当にしようとするのが夫婦じゃないのか?違うか?!」 「違うね」 「じゃあ俺はどうすればいいんだ?!甥達と約束したんだ。 広い家に住めるって楽しみにしてるのに」 延々やり取りしたが、旦那は忘れてた訳ではなく、結局嘘つきなだけだった。 娘が聞いてるかも知れないと思うと、怒鳴る訳にもいかず余計に疲労した。

次の