禍って。 コロナ禍って英語でなんて言うの?

コロナ鍋もトレンド入り「コロナ禍」一体何て読む?

禍って

「禍」の読み方と意味 「禍」は「か」「まが」「わざわい」と読みます。 「禍」の意味は、 「わざわい・不幸せ・災難・災厄」 です。 「禍」の漢字の成り立ち 禍の漢字の成り立ちを見ていきましょう。 「禍」の部首はしめすへん。 しめすへんはもともと「示す」という文字で、祭壇をあらわしています。 「禍」漢字の右側の意味はくぼんだ穴。 くぼんだ穴と祭壇が組み合わされた漢字で、 「神のタタリを受けて、落とし穴にハマる」ことを表しています。 このことから、「禍」は「わざわい・不幸・災難・災厄」の意味を持った漢字となっています. ちなみに、鍋(なべ)は金属とくぼんだ穴という文字を組み合わせた漢字。 渦(うず)は水を表す「氵(さんずい)」と「くぼんだ穴」という意味を持つ文字が組み合わされています。 「禍」を使った言葉・ことわざ 続いて、「禍」を使った言葉・ことわざを紹介していきます。 「コロナ禍」の意味は、 「新型コロナウイルスによる災難」ということになります。 最後に 今回はニュースの見出しに使われている「コロナ禍」の「禍」の読み方や意味、「禍」を使った言葉やことわざを紹介しました。 「コロナ禍」と書いて「ころなか」と読むのが妥当だと思います。 「禍」は 「わざわい・不幸せ・災難・災厄」 という意味を持った漢字です。 ちなみに、「禍い(わざわい)転じて福をなす」ということわざの「わざわい」は今までずっと「災い」だと思っていました。 今回調べて初めて知りました。 「まがまがしい」も「禍」が使われることも初めて知りました。 といういことで、今回は「コロナ禍」の「禍」ってなんて読むの?禍の読み方・意味・「禍」を使ったことわざについて紹介しました。 あわせて読みたい記事 参考:「例解学習漢字辞典 第八版 オールカラー版 発行:小学館」「広辞苑 第四版 発行:岩波書店」 スポンサーリンク.

次の

『コロナ禍』ってなんて読むの?「禍」の読み方と意味・ことわざ

禍って

よろこばしくない事柄。 不幸をひきおこす原因。 と出てきました。 「コロナ禍」というのはどうやら漢字の意味そのままのようで、【 コロナによるわざわい】という解釈でよさそうです。 訓読みの「禍々しい禍(まがまがしいわざわい)」がまさにその通りという感じですね。 (当たり前っちゃ当たり前なんですけど。 笑) 「新型コロナ禍」 「コロナウイルス禍」 「新型コロナウイルス感染症禍」 など似たり寄ったりなワードを見かけますが、いずれも新型コロナウイルス(COVID-19)のことですので意味としては一緒ですよね。 ちなみに 「禍」と「災い」、どちらも「わざわい」と読みますが、この2つには差があるのでしょうか? どうやら、 【渦(うず・か)】 渦(うず):勢いよく流れる水(液体)の表面にできる、螺旋 らせん 状に巻き込んだ流れ。 また、それに形が似たもの。 渦(か):水がうずをまいて流れる。 また、うずをまいている形。 うずまき。 渦を使った単語には、「渦中」や「戦渦」といった単語があります。 世界中がコロナウイルスによる混乱に巻き込まれている現状は、「コロナ渦」と表現しても意味的におかしくはありませんよね。 「コロナ禍」の方がよく見かける辺り最初は誤用だったのかな?とも思いますが、認められて使われている部分もあるように思います。 読み方としてはこちらも「ころなか」になるんでしょうかね? ちなみに「 コロナ鍋(なべ)」という言葉もちらほら。 こちらも検索してみましたが、どうやら誤用かな?という印象でした。 笑 コロナウイルスに関しては聞き慣れない単語も多いので戸惑ってしまいますね。 コロナ禍とは? 今回「コロナ禍」という単語を調べてみてすっきりしました! 「ころなうず」だと思っていたでの中々あれなのですが、1つ賢くなりましたね。 笑 とにもかくにも世界中に広まる「コロナ禍」、早く終息することを願うばかりです。

次の

コロナ禍の読み方や意味は?コロナ鍋・渦?…読めない!という声多数

禍って

「禍」の読み方と意味 「禍」は「か」「まが」「わざわい」と読みます。 「禍」の意味は、 「わざわい・不幸せ・災難・災厄」 です。 「禍」の漢字の成り立ち 禍の漢字の成り立ちを見ていきましょう。 「禍」の部首はしめすへん。 しめすへんはもともと「示す」という文字で、祭壇をあらわしています。 「禍」漢字の右側の意味はくぼんだ穴。 くぼんだ穴と祭壇が組み合わされた漢字で、 「神のタタリを受けて、落とし穴にハマる」ことを表しています。 このことから、「禍」は「わざわい・不幸・災難・災厄」の意味を持った漢字となっています. ちなみに、鍋(なべ)は金属とくぼんだ穴という文字を組み合わせた漢字。 渦(うず)は水を表す「氵(さんずい)」と「くぼんだ穴」という意味を持つ文字が組み合わされています。 「禍」を使った言葉・ことわざ 続いて、「禍」を使った言葉・ことわざを紹介していきます。 「コロナ禍」の意味は、 「新型コロナウイルスによる災難」ということになります。 最後に 今回はニュースの見出しに使われている「コロナ禍」の「禍」の読み方や意味、「禍」を使った言葉やことわざを紹介しました。 「コロナ禍」と書いて「ころなか」と読むのが妥当だと思います。 「禍」は 「わざわい・不幸せ・災難・災厄」 という意味を持った漢字です。 ちなみに、「禍い(わざわい)転じて福をなす」ということわざの「わざわい」は今までずっと「災い」だと思っていました。 今回調べて初めて知りました。 「まがまがしい」も「禍」が使われることも初めて知りました。 といういことで、今回は「コロナ禍」の「禍」ってなんて読むの?禍の読み方・意味・「禍」を使ったことわざについて紹介しました。 あわせて読みたい記事 参考:「例解学習漢字辞典 第八版 オールカラー版 発行:小学館」「広辞苑 第四版 発行:岩波書店」 スポンサーリンク.

次の