梅雨 時期 の 挨拶 文。 7月の時候の挨拶!上旬・中旬・下旬ごとの例文と結び文100選!

6月のおたより文例〜園だよりやクラスだよりの書き出し文例アイディア〜

梅雨 時期 の 挨拶 文

知人やお知らせなどの一般的な手紙 そんなに親しくない知人や、学校行事のお知らせなどで出す手紙は、一般的な時候の挨拶を使います。 漢語調の時候の挨拶ほど紋切り型ではないですが、やはり定型的な表現が多く見られます。 時候の挨拶の後には、安否のおうかがいを続けますが、「お元気でしょうか」「お変わりありませんか」といった疑問形は親しみのある表現になるので使いません。 7月は、小暑・大暑と「暑中」の時期ですので、暑さに関連する定型表現が多い月です。 冷夏や梅雨明けが遅れているときは、気候にあわせて挨拶を選びましょう。 親しい人に出す手紙 親しい人に出す手紙では、暦の季節だけでなく、その時々の天候や自然、イベントなどを時候の挨拶に盛り込みます。 7月には、 夏バテ、夏休み、蝉、海開き、夏祭り、朝顔市など、夏ならではの事柄がたくさんありますね。 形にとらわれずに、季節感あふれる時候の挨拶を楽しんでみてください。 では、ここまでの7月の季節感や時候の挨拶のTPOルールを踏まえて、7月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶と例文を見ていきましょう。 7月上旬の時候の挨拶 7月の上旬は、 梅雨明け間近で、まだお天気が不安定な時期です。 ですが、梅雨の雨や曇り空よりも、 梅雨明け後にやってくる夏を中心とした時候の挨拶を使います。 七夕や、海開き・山開きなども、7月上旬の時候の挨拶にピッタリです。 また、暦の上では 7月6日前後から「小暑」が始まります。 「小暑」と続く「大暑」を合わせた約1ヶ月は、昔から一年で最も暑い時期として「 暑中」と呼ばれてきました。 暑中見舞いというのは、小暑・大暑の時期に出す夏のご機嫌伺いですね。 そんな7月上旬によく使われる時候の挨拶を手紙のTPO別に整理したものが次の表です。 改まった時候の挨拶• 向暑の候、折、みぎり• 小暑の候、折、みぎり• 盛夏の候、折、みぎり• 仲夏の候、折、みぎり• 七夕の候、折、みぎり 一般的な時候の挨拶• 暦の上では暑中に入り• 長かった梅雨も明け• 梅雨明けの暑さはひとしお 親しい人への時候の挨拶• 長い梅雨がようやく明け• 夏本番を迎え• 本格的な夏を目前に• 七夕、 ビアガーデンなど では、7月上旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 7月上旬の時候の挨拶の例文• 海開き、山開きの時期を迎え、いよいよ本格的な夏の到来となりました。 皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 暦の上では暑中に入りましたが、本格的な暑さはまだ少し先のようです。 色とりどりの七夕飾りに、夏の訪れを感じる頃になりましたが、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 梅雨明けの暑さはまたひとしおに感じられますが、ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 戻り梅雨のようで、ここ数日ぐずついた日が続いておりますが、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 梅雨明けを知らせる白南風が吹き抜け、本格的な夏がやってまいりました。 梅雨明けを待たずに暑さが本格的になってい参りました。 ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 本格的な夏を目前に、いよいよビアガーデンが恋しくなる季節ですね。 お変わりございませんか。 小暑を過ぎ、夏本番を迎えました。 皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 七夕の短冊に願い事をしたことがついこないだのように思い出されます。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 七夕飾りに、子供たちの願い事を書いた短冊が揺れております。 その後お変わりございませんでしょうか。 梅雨明けと同時の猛暑に早くも少々夏バテ気味です。 ご家族の皆様はお元気でしょうか。 長い梅雨が明けたらと思ったら、早速毎日暑いですね。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気でいらっしゃいますか。 いよいよ梅雨も明け、木立の緑が色濃く感じられるこの頃です。 その後、お変わりございませんか。 7月中旬の時候の挨拶 7月の中旬は、各地で梅雨が明けて、夏の暑さが一気に押し寄せる時期ですね。 暑さに体がまだ慣れていないため、体調管理が難しく、いきなり夏バテという人も多くいらっしゃいます。 7月中旬の手紙では、 暑さに対して体調を気遣う挨拶が定番です。 近年の暑さは本当に厳しく、冷夏ということは少なくなりましたが、梅雨明けが遅れるということはあります。 実際の季節感を表現する挨拶を使う時は、その年の気候にあわせて選んでくださいね。 改まった時候の挨拶• 真夏の候、折、みぎり• 酷暑の候、折、みぎり• 猛暑の候、折、みぎり• 驟雨の候、折、みぎり• 夕立の候、折、みぎり 一般的な時候の挨拶• 暑さ厳しい日々• 連日の猛暑• 酷暑の折がら 親しい人への時候の挨拶• 海や山が恋しい季節• うだるような暑さ• もうすぐ夏休み• 蝉時雨、 風鈴など では、7月中旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 7月中旬の時候の挨拶の例文• 酷暑の折がら、久しぶりの雨に花壇の花も生き返ったかのようです。 皆様お健やかにお過ごしのことと拝察いたします。 夏に入ったとはいえ、ここ数日の暑さは格別です。 ご家族の皆様もお元気と承り何よりと存じます。 時折の驟雨が酷暑の日々に、一時の涼をもたらす昨今、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 蝉の声に暑さを覚える今日この頃、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 土用の入りとなり日ごとに暑さが増してきましたが、皆様お元気でお過ごしのことと拝察いたします。 うだるような暑さが続いておりますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 連日の猛暑しのぎがたい昨今、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 夕顔が白い花を咲かせる季節となりました。 、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます• 夕立の後の涼風が心地よい今日この頃です。 今年も朝顔市の季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 海や山が恋しい季節となりました。 お変わりございませんか。 夏はまだ始まったばかりだというのに、うだるようなこの暑さに早くも音を上げています。 お元気でいらっしゃいますか。 蝉時雨が賑やかに降り注ぐ季節となりました。 ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 蝉の声に暑さもひとしおの今日この頃でございますが、いかがお過ごしでしょうか。 このところ急にお暑くなりましたが、ご体調はいかがでしょうか。 もうすぐ夏休み、子どもの昼ごはんのしたくがたいへんな時期に入りますね。 お元気ですか。 チリンチリンと鳴る風鈴の音に、日本の夏を感じるこの頃です。 お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。 ほおずき市に参りましたところ、たいへんな人出でにぎわっておりました。 いかがお過ごしでしょうか。 外は猛暑、中は冷房と体にこたえる時期です。 皆様お変わりございませんか。 草木も萎れてしまいそうな炎暑が続いております。 ご一同様にはお変わりございませんでしょうか。 炎暑しのぎがたい日々が続いておりますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 大暑の本日、まさに暑さも絶頂を迎えたような一日でした。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 大暑を迎え、暑さもいっそう厳しくなってまいりました。 夏祭りのお囃子がどこからか聞こえてきそうな季節となりました。 ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 寝苦しい熱帯夜が続いております。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 エアコンなしでは過ごせない昨今ですが、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 花火が夜空を彩る季節となりました。 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 垣根の朝顔も咲き始め、いよいよ夏本番。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 連日の炎暑でございます。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 うだるような暑さが続いておりますが、お変わりございませんか。 暑さ本番、生ビールが美味しい季節がやってきましたね。 ご家族の皆様もその後お元気ですか。 ふるさとの夏祭りが懐かしく思い出される季節となりました。 お変わりございませんか。 夏休みに入り、子どもたちが元気に遊ぶ声が聞こえるようになりました。 皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 真っ白な入道雲と青空のコントラストが美しい季節になりました。 お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。 花火大会の音に誘われ、川べりまで夜の散歩をしてきました。 いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 炎天下にひまわりの花がたくましく咲いています。 ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 今年は冷夏とのことで、例年になく過ごしやすい日々が続いております。 お元気ですか。 上旬は、 梅雨明け間近という気候。 暦の上では 小暑を迎え、 一年で最も暑い時期とされる「暑中」に入ります。 各地で海開きや山開きも相次ぎます• 中旬は、 梅雨明けの頃。 体がまだ暑さに慣れていないため体調管理が難しい時期です。 お相手の健康を気遣う挨拶が定番です。 暑さの最盛期とされる大暑を迎える 下旬、厳しい暑さが続きます。 これらの季節感を表す 7月の代表的な時候の挨拶を整理したものが次の表です。 7月 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶 上旬• 向暑の候、折、みぎり• 小暑の候、折、みぎり• 盛夏の候、折、みぎり• 仲夏の候、折、みぎり• 七夕の候、折、みぎり.

次の

梅雨の季節の挨拶文

梅雨 時期 の 挨拶 文

スポンサーリンク 6月といえば、 梅雨の時期ですね。 そんな時期に お手紙を書かなければいけなくなりました。 お手紙を書く際には、 最初の書き出しとしてあいさつ文があります。 また結びの言葉もありますよね。 知っておかなければ、 ちょっと社会人としては恥ずかしいです。 今回は梅雨時期の手紙のあいさつと 結びの言葉についてご紹介します。 梅雨の挨拶の手紙書き出しのコツ!失敗しない例文付き! 梅雨の挨拶とはつまり、 6月の挨拶となります。 手紙の書き出しとしては 時候の挨拶用語があります。 ・初夏の候 ・入梅の候 ・梅雨の候 ・小夏の候 ・霖雨の候 ・夏至の候 などなど、たくさんあります。 ちなみに候は「そうろう」ではなく 「こう」と読みます。 プライベートで使う際の 手紙の書き出しとしては、 ・梅雨前線が近づいてきました。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 ・梅雨空のうっとうしい季節となりました。 お元気でしょうか。 ・あじさいが、雨に美しく濡れています。 お健やかにお過ごしでしょうか。 ・山々の緑も、 雨に打たれて色濃くなりました。 お元気でお過ごしのことと存じます。 といったように、 そこまで 堅苦しいあいさつでなくて大丈夫です。 たとえば親しい親戚や友人などに 手紙を送る際は 以上のような例文を使うと良いでしょう。 では、 ビジネスで使う際の手紙の書き方も ご紹介します。 ・梅雨入りのニュースが気になるこの頃ですが、 貴社ますますご繁栄のことと お慶び申し上げます。 ・今年も、 早く半分を過ぎようとしていますが、 皆様ますますご健勝のことと お慶び申し上げます。 ・今年は空梅雨らしく、 早くも真夏を思わせる強い 日差しの日が多くなりましたが、 貴社ますますご発展のことと お慶び申し上げます。 といったように、 やはりビジネスなので 少し堅苦しいぐらいが丁度いいのです。 梅雨の挨拶の手紙結びの言葉!失礼にならない例文付き! 挨拶の書き出しの言葉は大丈夫ですね。 次は手紙の結びの言葉をご紹介します。 プライベートであれば ・天候不順のみだり、 くれぐれもお体を大切になさってください。 ・梅雨明けが長引いていますが、 お元気でお過ごしくださるように お祈り申し上げます。 ・蒸し暑い日が続いておりますが、 ご自愛ください。 ・梅雨でうっとうしい毎日ですが、 気持ちだけはさわやかに過ごしましょう。 ・雨の日の外出もまた風情あるものです、 ぜひお出かけください。 といったように、 書き出しの挨拶と一緒で あまり堅苦しくない方がいいでしょう。 では次にビジネスでの結びの言葉です。 ・末筆ながら、 貴社益々のご発展をお祈り致します とともに、倍旧のご愛顧を賜りますよう お願い申し上げます。 ・爽やかな初夏のみぎり、 貴社の更なるご発展を 心よりお祈り申し上げます。 ・時節柄、 皆様方のご無事息災を 心よりお祈りいたします。 といったような、 感じで締めくくりましょう。 プライベートとビジネスでは、 まったく文章が違いますので、 送る方によって使い分けてくださいね。 スポンサーリンク まとめ 手紙を書く上で、以上のような例文は あらかじめ決まっているようなものが多く 覚えておくと色々な場面で使えるので 損はないです。 ただしこれは 6月の梅雨時期の挨拶の書き出しと 手紙の結びの言葉となります。 月によって 言葉も内容もガラッと変わりますので そこはご注意ください。 しかし現代では、 メールなどが普及し手紙を書くことも めっきりと減ってしまいました。 だからこそ、 このような丁寧なお手紙をもらう方は 嬉しいかと思います。 またこの手紙の丁寧な挨拶の書き出しと 手紙の結びの言葉がきちんと使えるということは 書いている人の人柄や きちんとされていることもよく伝わります。 ぜひ素敵なお手紙をお書きください。

次の

【一覧】時候の挨拶・季節の挨拶が分かる例文と結びの言葉

梅雨 時期 の 挨拶 文

およびこの日〜小暑まで 時候の挨拶の言葉、季節の挨拶の言葉、時候の言葉 春 4月 (4月) 陽春の侯、桜花の候、春暖の候、惜春の候(せきしゅん) 桜の花のたよりが聞かれる頃になりました。 花の色が美しい季節になりました。 春もたけなわの頃となりました。 葉桜の季節となりました。 新入生のランドセルが春光に踊る季節となりました。 今年も燕(つばめ)が飛来する季節になりました。 5月 (5月) 新緑の侯、薫風の候(くんぷう)、立夏の候、晩春の候、 鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。 新緑の香りがすがすがしい季節になりました。 五月の空が気持ちよく晴れわたっています。 風薫る季節となりました。 田んぼの蛙が鳴きはじめました。 緑芽が日増しにその色を増しています。 田を渡る風が気持ちの良い季節となりました。 6月 (6月) 梅雨の侯、入梅の候、紫陽花の候、向暑の候、 梅雨に入り、うっとうしい毎日が続いています。 あじさいの色が美しく映えるころとなりました。 長雨に紫陽花の花も濡れています。 長かった梅雨もあけ、初夏の風が爽やかな季節となりました。 一日の長さがずいぶん長く感じられる頃になりました。 清流に鮎が踊る頃となりました。 夏 7月(7月) 盛夏の侯、猛暑の候、大暑の候、炎暑の候、夏祭の候 暑中お見舞い申し上げます。 降りしきる蝉の声に夏の盛りを感じる頃になりました。 天の川がひときわ美しい季節となりました。 七夕の笹がわずかな風に揺れています。 連日厳しい暑さが続いています。 海開きの便りが聞かれる頃になりました。 海山が恋しい季節になりました。 空の青さが真夏の到来を告げています。 入道雲が空に映え、まぶしい夏の到来を告げています。 暑さ厳しき折 8月(8月) 残暑の侯、秋暑の候、晩夏の候、立秋の候、処暑の候 立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いています。 土用あけの暑さひとしおの侯 残暑お見舞い申し上げます 連日厳しい残暑が続いています。 秋まだ遠く、厳しい残暑が続いています。 立秋を過ぎ、暑さもようやく峠を越したようです。 吹く風に、ゆく夏の気配を感じる頃となりました。 9月 (9月) 初秋の侯、野分の候、白露の候、秋分の候、秋桜の候、 コスモスが風に揺れ、朝夕はしのぎやすくなって参りました。 燈火親しむ頃となりました。 秋祭りの子供達が楽しそうに駆けてゆきます。 朝の空気に爽秋の気配が感じられる頃となりました。 燕(つばめ)が南の空に帰ってゆきます。 朝夕はめっきりしのぎやすくなりました。 秋涼の風が野山を吹き渡ってゆきます。 時候の挨拶の言葉、季節の挨拶の言葉、時候の言葉(つづき) 秋 10月 (10月) 秋冷の侯、菊花の候、霜降の候、紅葉の候、仲秋の候、灯火親しむ候、 菊の花が香る季節となりました。 さわやかな秋晴れの日が続いております。 今年も田畑の実りがおいしい季節になりました。 スポーツの秋、味覚の秋となりました。 芸術の秋となりました。 天高く馬肥ゆる季節となりました。 いよいよ秋も深まって参りました。 11月(11月) 晩秋の侯、向寒の候、立冬の候、落葉の候、深秋の候 朝晩はめっきり寒くなって参りました。 吐く息の白さに、秋の終わりを感じる頃となりました。 街路樹もすっかり葉を落とし、ゆく秋の気配に寂しさを感じる季節となりました。 鋪道の落ち葉が冷たい雨に濡れています。 庭の紅葉も終わりを告げ、すぐ近くに冬の気配を感じる頃となりました。 向寒のみぎり 12月 (12月) 初冬の侯、師走の候、歳末の候、冬至の候、大雪の候、 今年もおしつまって参りました。 師走に入り、あわただしい毎日が続いております。 師走に入り何かと多忙な日々が続いております。 年の瀬の、寒さの身にしみる季節となりました。 年の瀬の、寒気いよいよ厳しい季節となりました。 一年で最もあわただしい季節になりました。 師走に入り寒さも本格的になりました。 今年の師走は一段と冷え込むようです。 冬 1月 (1月) 厳寒の侯、初春の候、大寒の候、新春の候、小寒の候、 お正月気分も抜けてますます寒さが厳しくなってきました。 松もとれましたが、あいかわらず寒い日が続いています。 松もとれ、厳しい寒さが続いています。 松の内も過ぎ、寒気ことのほか厳しく感じられます。 年が明け、まだ来ぬ春が待ち遠しく感じられます。 新年早々ではございますが、 寒中お見舞い申し上げます。 2月 (2月) 余寒の侯、立春の候、春寒の候、節分の候、春浅の候 立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております 節分を過ぎましたのに、あいかわらず寒い日が続いています。 春とは名ばかりの厳しい寒さが続いています。 梅のつぼみも膨らみ、日中はいくらか寒さもゆるんで参りました。 余寒厳しい毎日が続いています 立春を過ぎ、本格的な春の訪れが待たれる頃となりました。 雪深い当地では、立春とは言え真冬の寒さが続いています。 3月 (3月) 早春の侯、春暖の候、浅春の候、春寒ゆるむ候、 桃の節句を過ぎ、ようやく春めいて参りました。 寒さの中に春の気配を感じる頃となりました。 旅立ちの春を迎え、日増しにあたたかさを感じています。 ひな祭りを終え、縁側の陽射しにも暖かさを感じる頃となりました。 桃の節句を過ぎ、今年の春は例年になく穏やかです。 啓蟄を過ぎ、小川の水もぬるんで参りました。 春分を過ぎ、桜の開花が待たれる頃となりました。 手紙の構成と書き方 つづき 順序 解説 2. 本文 3. なるべく具体的に書くのがおすすめ 5. 【例文】 「今後ともよろしくお願いします」 「これからも御指導のほどよろしくお願いします」 「変わらぬご交誼のほどよろしくお願い申し上げます」 など。 「ご自愛ください」は代表的な文例。 お礼状だけでお返しの品はありませんという意味です。 通常の手紙なら、不要です。 似たような文章に「取り急ぎお礼まで」がありますが、「取り急ぎ」がつくと、相手によってはより一層略式であることが強調されてしまう印象になります。 目上の相手には使わない方が無難です。 [結びの言葉・結びの文ワンポイント] 目上の相手あての場合や丁寧な文章にする場合には…「略儀ながら書面にて失礼申し上げます」などと書き添えると丁寧です。 「略儀ながら」は、「礼儀としては略式になりますので、まことに恐縮ながら」という意味です。 そのような場合には「お礼まで」や「取り急ぎお礼まで」などの一文は書きません。 につづく.

次の