モンハン 導きの地 歴戦 出し方。 【アイスボーン】導きの地の仕様解説|最新情報まとめ【モンハンワールド(MHW)】

【MHWアイスボーン】歴戦個体(古龍)の痕跡集め|クエストの出し方【モンハンワールド】|ゲームエイト

モンハン 導きの地 歴戦 出し方

スポンサードリンク どうも、ぶんくもです。 アイスボーン の新要素が結構楽しいですね。 導きの地は賛否両論ありますが、3回乙っても大丈夫なのが魅力的です。 レベル4あたりまでは、簡単に行くんですが・・・ その後のレベル上限の解放や、マスターランクをあげるのに苦労している人も多いはずです。 今回は、先にレベル7の出現する歴戦のモンスターや入手できる素材をまとめちゃいます。 まとめられているサイトの画像がスマホだと重すぎて・・・画像少なめでいきます。 ぶっちゃけ、導きの地の森林地帯のレベル7は後回しでいいかと・・・ 最後のその理由もまとめておきますね。 アイスボーンの導きの地レベル7(森林地帯)の出現モンスター 出現しやすいモンスター(星3)• 歴戦のクシャルダオラ• 悉くを滅ぼすネルギガンテ• 傷ついたイヤンガルルガ 普通に出現するモンスター(星2)• 歴戦のリオレウス亜種• 歴戦のナルガクルガ• 歴戦のイヴェルカーナ• 歴戦の怒り喰らうイビルジョー• 歴戦のジンオウガ 出現率低めのモンスター(星1)• ドスジャグラス• 歴戦のプケプケ• 歴戦のトビカガチ• 歴戦のアンジャナフ• 歴戦のリオレイア• 歴戦のリオレウス• 歴戦のバフバロ• 歴戦のパオルムルー亜種• 歴戦のティガレックス• 歴戦のアンジャナフ亜種• 歴戦のオドガロン亜種 重要なモンスターは、リオレウス系と傷ついたイヤンガルルガ、イベルガーナ、プケプケですね。 歴戦のクシャルダオラは後回しでいいかと・・・ レベル7まであげるのは時間がかかるので、レベル6で必要な素材を集めたら次に向かうのがおすすめです。 私の場合は太刀の天天天を使っていたので、回復能力付与と会心率強化を優先しました。 歴戦の古龍はこれがないとかなりきついです・・・ もし一番最初に森林地帯からあげているなら、歴戦のイベルカーナとジンオウガの素材を集めるといい感じです。 ちなみに、レア10武器のカスタム枠の拡張と回復応力付与の素材はこんな感じです。 カスタム枠の拡張の素材• だいたい合っています(笑)レベル5から出現し始めます。 霊脈の剛竜骨(危険度2の歴戦モンスが落とします) 歴戦の冠角(歴戦のイベルガーナ) 回復能力付与1の素材• 歴戦の銀狼毛(傷ついたイヤンガルルガ)• 歴戦の猛毒喉袋(歴戦のプケプケ)• 霊脈の剛龍骨• 龍脈に眠る大骨 歴戦のイベルガーナと傷ついたイヤンガルルガは頑張るしかないです(笑) 私は、カスタム強化で防御力モリモリにして勝てました。 ではでは、この辺で! よいハンティングライフを! 最後まで読んでいただき、ありがとうございました! スポンサードリンク.

次の

【モンハンアイスボーン】導きの地の攻略まとめ【MHWI】

モンハン 導きの地 歴戦 出し方

モンスターを狩猟することも、レベル上げの有効な手段。 効率では罠戦法に劣るが、MR上げや素材集めを並行できる。 歴戦個体と古龍はポイントが多いので優先的に狩ろう。 それぞれレベル4、5から出現する。 不屈を発動して火力アップ! スキル「不屈」は力尽きると攻撃力が上がる効果。 導きの地は何度でも力尽きることができるので相性抜群。 ただし火力アップ効果は2回目以降は加算されないので注意。 【レベル6-】地帯レベルが低い部屋で狩る 自分より地帯レベルが低い部屋で狩ると、ポイントを多くもらえる。 ただし ホストが指定した地帯以外での狩りは迷惑行為なので、ホストの意思を尊重すること。 汎用素材集めにも便利 氷雪地帯には、 歴戦イヴェルカーナと歴戦ネルギガンテが出現する。 この2体の素材はマカ錬金で他のモンスター素材と交換できるため、非常に有用。 大霊脈玉も落とすので、汎用素材集めにも便利な地帯となっている。 導きの地でできること 初めて来たらまずキャンプ設営! 導きの地はできることが多いが、同時に移動も大変。 エリア3ではキャンプを設営可能で、 広大な導きの地の移動が楽になる。 初めて散策に出たらまずはキャンプ設営から始めよう。 導きの地でできることまとめ 氷雪地帯 - もちろんモンスターは他にもいるが、希少性や素材の使用頻度を考えるとこれらのモンスターが挙げられる。 ただしガルルガは素材の使い道が少ないので、金冠集め以外でお世話になることはあまり無い。 地帯レベルが上がるとモンスターも増える 導きの地に行くと、各地帯にレベルがあることを確認できる。 これは「地帯レベル」といい、 モンスターを倒したり痕跡を集めると上げられる。 地帯レベルが上がるとその地帯のモンスターが増え、歴戦個体にも遭遇できる。 【重要】上がる地帯はマップで確認! 導きの地でマップを開くと、左下に出現中のモンスターと地帯のアイコンが表示される。 モンスターを倒すと、 この時表示されている地帯のレベルが上がる。 複数の所属地帯を持つモンスターもいるので、必ず狩りの前に確認しよう。 レベルが上がると他のレベルが下がる 地帯レベルは 他の地帯レベルが上がると下がる。 そのため特定の地帯レベルを上げたい場合は、その地帯に所属しているモンスターを狩り続けよう。 下げたくない場合はレベルを固定 導きの地に出発する前に、地帯レベルを固定するか否かを設定できる。 固定すると地帯レベルが変動しなくなるため、 お気に入りの地帯レベルを守ることができる。 好きなレベルまで下げることもできる 地帯レベルは、自分の好きなように下げることも可能。 クエストボードで導きの地を選択すると、「環境の調節」で下降可能だ。 ただしレベルを固定していると実行できず、 同機能で上げることはできないため注意。 どのモンスターが出るかはランダム 導きの地で出現するモンスターは1度に3体までで、どのモンスターが出現するかはランダム。 モンスターを倒すか立ち去るのを待つか、退散玉をぶつけることで別のモンスターと入れ替わる。 特殊痕跡でモンスターを呼ぼう! モンスターのストックとして使える! 導きの地には特殊痕跡というものが存在しており、集めることで「解析済みの特殊痕跡」が得られる。 この「解析済みの特殊痕跡」を使うことで、 好きなモンスターをいつでも呼び出せるぞ! 受付嬢に話しかけて使用する キャンプにいる受付嬢から「モンスターをおびき出す」を選択して、呼び出したいモンスターの特殊痕跡を使おう。 出現エリアも選択できるので、地帯レベル上げや素材集めに活用すると良い。 特殊痕跡は狩猟で集めよう 特殊痕跡の集め方はいくつかあるが、楽なのは狩猟すること。 1個体につき1個しか出ないが、地帯レベル上げをしていれば自然と集まる。 集める際はマルチが効率的 第2弾アプデから、マルチで特殊痕跡を入手すると他のプレイヤーにも共有されるようになった。 人数が多いほど効率的なので、可能な限り4人の部屋で集めよう。 導きの地素材の種類と入手方法 導きの地素材の種類まとめ 素材 入手方法 モンスター素材 モンスターを狩猟し、剥ぎ取りや報酬で獲得 採取素材 各地帯の採掘ポイントや骨塚で入手 霊脈玉 通常素材の天鱗などにあたる。 モンスターから稀に入手 通常の素材とは完全に区別される 導きの地で入手できる素材は、通常素材とは全く別物。 説明文に「導きの地で〜」といった記載があるのが特徴で、 調査クエストなどでは手に入らない。 モンスター素材は狩猟で入手 導きの地のモンスター素材は、狩猟の中での剥ぎ取りや捕獲で入手できる。 通常個体と歴戦個体で素材が異なり、用途も変化する。 ぶっ飛ばしで集めよう モンスター素材は落とし物から入手できる。 ぶっ飛ばしでぶつければ落とし物を落とすので、素材を持っていないモンスターを見かけたら ぶっ飛ばしで素材だけ回収しよう。 採取素材は採掘などで獲得 導きの地には骨塚と鉱脈が点在しており、鉱石や骨系の素材を入手できる。 場所は固定だがマップに映らず、出現はランダムだ。 場所を覚えて、探索のたびにこまめに採取しよう。 霊脈玉はレアなモンスター素材.

次の

【MHWアイスボーン】導きの地攻略ガイド|レベル上げの効率のいいやり方【モンハンワールド】|GAMY

モンハン 導きの地 歴戦 出し方

どうも、えなおです! 絶賛配信中の 【モンスターハンターワールド アイスボーン】。 エンディングを迎え、エンドコンテンツをお楽しみの方もいらっしゃるかと思いますが、今回はクリア後に行ける 《導きの地》について解説をしていきます。 「導きの地って何?」「何をしたらいいの?」という方に向けてご紹介していきたいと思います。 導きの地の概要 導きの地とは? 《導きの地》とは、ストーリークリア後に行けるマップ エンドコンテンツ のことです。 ここは 【古代樹の森・大蟻塚の荒地・陸珊瑚の台地・瘴気の谷】の各エリアが1つのマップとして構成されており、この地で新大陸の各フィールドに登場したモンスターが集結し、導きの地限定の貴重な素材などを集めることが可能となっています。 導きの地の解放条件 導きの地の解放条件は以下の通りです。 任務クエスト【導きの歌】をクリア• エンディング後、セリエナに帰還• 悉くを滅ぼすネルギガンテを追うストーリーを進める• 導きの地が解放 上記のように、ストーリークリア後に発生するイベントをクリアすることで赴くことが出来るようになります。 更に、導きの地の調査を終え拠点に帰還することで 『MR49までの上限が解放』されます。 導きの地で出来ることは? 導きの地で出来ることを端的にまとめると以下のような感じです。 地帯レベルを上げることで、新たなモンスターと戦えるようになる• 鉱石・骨塚・モンスターの素材など、導きの地限定の特別な素材が入手出来る• MR マスターランク 上げに最適な場所 1. については下記の項目で解説します。 は、主にストーリークリア後に解放される 『マスターランク武具のカスタム強化』として使用出来ます。 また護石の更なる強化や、新モンスターから新たな武具を作成することも可能となります。 地帯レベルを上げることで歴戦含め、どんどん強力なモンスターが登場してきますが、そのどれもがこの地限定の素材を落とすので、ストーリーをクリアしたらまずは導きの地を探索できる状態にしておきましょう。 についてですが、 導きの地は制限時間が無く、モンスターは無限に沸き続けます。 延々とモンスターを狩り続けることが出来るため、MR上げに最も適した地となります。 ちなみに、導きの地は何度力尽きてもクエスト失敗とはならないため、【スキル:不屈】がおススメです。 これは力尽きる度に攻防がUPするもの 最大2回 で、 2回力尽きると攻撃力が約1. 2倍・防御力が約1. 3倍になるのでこの地の探索には非常に役に立ちます。 地帯レベルと解析度について 次に、地帯レベルと解析度について解説していきましょう。 導きの地の独自の仕様として、 『地帯レベル』『解析度』というものが存在します。 地帯レベルとは? この導きの地は、冒頭でもお伝えしたように4つのフィールドが組み合わさって1つのマップとして存在しています。 そして、各エリア毎にこの地帯レベルが設定されているのです。 この地帯レベルを上げることにより、出現するモンスターが変化したり、古龍や歴戦・新モンスターなどが登場するようになります。 この地帯レベルには一種の経験値のようなものが存在し、• 各エリアのモンスターを狩猟する• 各エリアのモンスターの痕跡を集める• 各エリアの骨塚や鉱脈などを採取・採掘する ことで地帯レベルが上昇していきます。 非常に便利なので活用していきましょう。 地帯レベルの注意点 注意点としては、 『地帯レベルは4つの地帯で合計値の上限が定められており、その上限を超過する場合は、他のエリアの地帯レベルが下がる』ということです。 全ての地帯レベルを同時に上げ続けるということは出来ず、どこかのフィールドの地帯レベルが上がれば、別のフィールドの地帯レベルは下がってしまいます。 ただしこれはデメリットという訳ではありません。 なぜなら、 地帯レベルが上がってしまうと出現しなくなるモンスターも存在するからです。 「〇〇の素材が欲しいから狩りたい!でも地帯レベルが高くて出現しない!」という時は、別のエリアの地帯レベルを上げて、狩りたいモンスターがいる地帯レベルを下げることで戦えるようになります。 新モンスターについて 導きの地のレベルを上げると登場する新モンスターは以下の通りです。 尚、地帯レベルの上限を上げる為には 『一定のMR到達後に発生する任務クエストをクリアする』ことでMRの上限が解放されていき、同時に地帯レベルも上げることが可能となります。 ちなみに、初期の上限は"4"です。 ちなみにこのMRにおいての注意点ですが、 『マルチプレイ時はMRが条件に満たない場合、参加不可』となります。 MRが低いプレイヤーがMRの高いプレイヤーの導きの地に参加することは出来ません。 ただし逆は可能です。 解析度とは? 次に解析度についてご紹介していきます。 導きの地のモンスターには "特殊痕跡"というものが存在します。 この痕跡を集めていくことで各モンスターの解析が出来、 解析度を高めることで解析したモンスターをおびき寄せられるようになるというものです。 "特殊痕跡"を集める方法は以下の2つ。 モンスターの縄張り争い後• モンスターの剥ぎ取りor捕獲 "解析"は上記に加え、導きの地の大型モンスターの部位破壊 1種につき1回 を行うことで進められます。 この導きの地は多くのモンスターが存在し、地帯レベルによっても出現するモンスターが変化していくため、狙ったモンスターと戦うためにはこの特殊痕跡が非常に重要となります。 ちなみにモンスターのおびき出しは、キャンプにいる受付嬢に話し掛けることで行うことが出来ます。 解析の注意点 注意点として 『おびき出しを1度行うと、解析した特殊痕跡は無くなる』があります。 要するに、再度1から痕跡を集めて解析していかなくてはいけないということです。 そのため、おびき出しを利用するタイミングには注意していきましょう。 まとめ 今回は以上になります。 導きの地は出来ることが多すぎて、理解するまでに非常に時間がかかってしまいます。 一旦は上記の基本的な部分だけを確認して、実際にご自身で導きの地を探索してみるといいかと思います。 導きの地についてはもう少し色々と記載していきたいと思いますが、何か質問事項などありましたらコメント欄にご記入下さい。

次の