五所川原 観光。 五所川原のおすすめ観光スポット クチコミ人気ランキングTOP20【フォートラベル】

泊まる・温泉|五所川原観光情報局

五所川原 観光

アクセス 3. 91 駐車場がちょっとわかりにくい by 昔素潜り名人さん コスパ 4. 16 JAF割引だと大人600円が540円に by ワンダラーさん 人混みの少なさ 3. 93 それ程混んでいません by traveler-hideさん 展示内容 4. 56 巨大な立佞武多が三体展示 by 昔素潜り名人さん バリアフリー 4. 06 螺旋状のスロープになっています by traveler-hideさん• 満足度の高いクチコミ(69件) まるでウルトラマンの世界 4. 館そのものも... 、この辺の建物と比べて非常に大きいのですが、この中からウルトラマンなみに大きな立ねぷたが数台出てきます。 夏のお祭り時期には、その出待ちのために、数百人の人が見守ります。 お祭りそのももの大変よいのですが、この建物からねぷたが出てくるシーンは圧巻です。 要問合せ) アクセス 3. 40 津軽鉄道金木駅より徒歩10分弱 by エヌエヌさん コスパ 3. 65 広いお屋敷です by 釈安住さん 人混みの少なさ 3. 36 観光客は多かったです by JOECOOLさん 展示内容 3. 91 家具や調度が豪華 by 釈安住さん バリアフリー 2. 52 ほとんど想定無しと思われる。 by ふみさん• 満足度の高いクチコミ(45件) 作家 太宰治の生家。 兄がいるため 実家を継いだのはそ... 恵まれた環境に生まれた太宰治こと 津島 修治君は、実家と小作人達の 関係を見て育ち、金持ち嫌いに なったとか。。 そういったエピソードを伺いながら 見学を進めていく建物です。 兄が手放した後は、斜陽館という 名で旅館として使われていたそう ですが、現在は津島家時代の内装に 戻して、太宰治の生家として 観る事ができます。 とても見応えのあるお屋敷でした。 さん(非公開) 五所川原のクチコミ:13件• 満足度の低いクチコミ(3件) 太宰治の偉さより,彼の父親の偉さを実感する屋敷。 建物と文学の関連は希薄。 績が偉大だったことを示していて,治の文学的な功績とは関係ないようにおもいます。 こんな状況で治が育った,ということはわかりますが,たとえば,「斜陽」のテクストとこの建物とは関係ないとおもいます。 さん(男性) 五所川原のクチコミ:5件 アクセス 3. 45 五所川原駅徒歩5分 by おどさん 人混みの少なさ 3. 45 年々混雑してきている印象です by RIBER828さん 催し物の規模 4. 15 15台の立佞武多が町を練り歩く by おどさん 雰囲気 4. 30 跳人の方々も非常に感じがよいです by RIBER828さん バリアフリー 2. 満足度の高いクチコミ(14件) 立っている佞武多もあるのですね 4. 祭りが開かれています。 五所川原立佞武多の下の方に書かれた漢字、雲漢は天の川と言う意味だそうです。 立佞武多の館の4階或いは3階から大スクリーンに映し出される 祭りの様子を30 分毎に見ることができる。 3階では座って見えるが少し見上げないといけない。 五所川原立佞武多は3年間で、4年目には壊される。 立佞武多の館には3体が保管されています。 さん(女性) 五所川原のクチコミ:5件 アクセス 3. 44 金木駅からは近いけど、青森駅からはちょっと遠い by ぱぱちトラベラーさん コスパ 3. 71 三味線演奏を生で聞くならお得だと思います by ぴーぴーぴーさん 人混みの少なさ 3. 57 生演奏はもっと多くの方に聞いて欲しいですね。 by ぱぱちトラベラーさん 展示内容 3. 60 展示内容はすこしマニアックに思えます by ぴーぴーぴーさん バリアフリー 3. 津軽三味線の歴史、民謡、郷土芸能 などの展示が... あり、約30分程の 生演奏も1日に数回催されています。 意外と静かな曲も多かったですが 個人的にはやはり「じょんがら節」 が迫力があってよかったです。 事前に予約すれば、津軽三味線を 指導してくださるそうですよ。 さん(非公開) 五所川原のクチコミ:13件 アクセス 3. 22 景観 4. 25 季節や自然条件によっていろいろな情景に変化 by オランチチブさん 人混みの少なさ 4. 22 平日だったので空いていました。 by オランチチブさん バリアフリー 3. 50 広い公園内はアップダウンは少ない。 by オランチチブさん• 満足度の高いクチコミ(5件) 紅葉の岩木山を望む絶景の鶴の舞橋 4. 全長約300mの総青森ヒバ造りで... 、日本一長い木造の三連太鼓橋となります。 訪れた10月下旬は紅葉の真っ盛り、橋を渡っていると紅葉で燃える岩木山が湖面に映し出され、それを眺めていると何とも言えない感傷にひたれます。 ここは四季を通じて色々な情景を映し出してくれます。 さん(男性) 五所川原のクチコミ:2件 アクセス 3. 67 津軽鉄道を使えばアクセス30秒の芦野公園駅に到着 by nana7さん 人混みの少なさ 3. 36 桜がまだ咲いてなかったので少なかったです by nana7さん バリアフリー 2. 83 見ごたえ 3. 77 ふきのとうだけでも結構よかった by nana7さん• 満足度の高いクチコミ(8件) 動物園もあります 4. 太宰少年がよく遊んだ場所だそうです。 広い公園... で桜の名所で有名、大きな湖やつり橋、イベントスペース、オートキャンプ場、動物園までありました。 この最寄り駅には桜と津軽鉄道の風景が最近有名になり、地元の方だけでなく観光客もたくさんいました。 やはり特に桜の時期がお勧めです。 さん(非公開) 五所川原のクチコミ:6件 アクセス 3. 56 津軽鉄道の本数が少ないので、帰りはタクシーでした。 by Kuniko Mikamiさん 人混みの少なさ 3. 81 アクセスが悪いせいで、閑散としていますが、大変見やすいです。 by Kuniko Mikamiさん バリアフリー 2. 70 昔の家なので、バリアフリーは無理です。 by Kuniko Mikamiさん 見ごたえ 4. 00 この家が生家なのかと言うぐらい、当時のお金持ちぶりが伺えます。 必見! by Kuniko Mikamiさん• 兄のお嫁さんが初めて訪ねて来た日... 修治君が覗き見した場所であり 一度は勘当されて飛び出した実家 ですが、戦時中はここで疎開生活を 送り、沢山の作品が生まれた場所 でもあるそうです。 現在は、はなれのみこちらに移築 されています。 五所川原の観光案内では、8:30から 営業となっていましたが、9:00から のようでした。 スタッフの男性がとても熱心に 太宰について語ってくださり、 ヒシヒシと『太宰愛』が伝わって 来ました。 そこに太宰治がいる様な 気にさせてもらいました。 太宰の書斎には、訪ねた人も座る 事ができます。 又吉君も長い時間 そこに座っていたそうです。。 さん(非公開) 五所川原のクチコミ:13件 アクセス 3. 61 人混みの少なさ 4. 31 バリアフリー 3. 40 見ごたえ 3. お坊っちゃまだった 太宰治こと、津島修治君には タケという乳母がいらっしゃ... った そうです。 そのタケさんのお宅の 菩提寺がここ雲祥寺だったそうで 修治君はタケさんに連れられて よくこの寺に遊びに来ていた そうです。 そしてここで、地獄極楽の御絵掛地 十王曼荼羅を観たり、幼い子どもの 供養になるといわれている後生車を 廻したりして過ごし、タケさんから 道徳を教わったそうです。 境内に建立された太宰治碑は 後生車のついた卒塔婆が3本並んで いるデザインで「汝を愛し汝を憎む 太宰治」の文字は、金木文化会に 寄せた直筆書を複製したものだ そうです。 大きな松の木がある静かな境内 道徳教育にはもってこいの場 本堂には上がらなかったので 外観だけですが、修治君とタカさん の姿に思いを馳せて来ました。 さん(非公開) 五所川原のクチコミ:13件 アクセス 4. 00 人混みの少なさ 3. 00 駅周辺は混雑 by pissenlit さん 催し物の規模 3. 50 雰囲気 4. 00 桜はすごい by pissenlit さん バリアフリー 3. 満足度の高いクチコミ(3件) 桜と電車の光景が端子そう 4. 後おtです。 園内の中を鉄道が横断する光景を見ることだできます。 電車が来ない時刻に線路と駅と桜を撮影しました。 太宰治が幼少の頃に好んで遊んだ場所ということで彼の銅像があります。 津軽鉄道芦野公園駅周辺は露天も出て混雑してますが、池まで来ると筋かな桜が楽しめます さん(男性) 五所川原のクチコミ:1件 アクセス 2. 25 進入口に車止めが有るので、隣の温泉施設から徒歩で行きました。 by ごまさん 人混みの少なさ 4. 40 見ごたえ 3. 満足度の高いクチコミ(1件) 近くで見れます 4. が飛来していたとの事です これにより 人民中国より2羽を ロシアより2羽つがいを譲り受け飼育し始めたとの事 その後も 多摩動物園から借受たりして 雛が生まれる成果も出ているとの事 実際 ケイジの目の前で丹頂鶴を見ることもできます 奥の方にいる鶴もいますが 個体によっては こちらの動きに反応する鶴もいます(気のせいかなwww) 入園料は無料です さん(男性) 五所川原のクチコミ:17件• 満足度の低いクチコミ(1件) 荒れ果てていました。 園だったのでしょうか? 草が生い茂っていて、人の気配が無かったので不思議な施設だなと思いました。 でも、ガイドブックに載っているんですよね?? 丹頂鶴の姿を見たかったので非常に残念でした。 もし本当に休園なら、何かの案内が必要だと思います。 さん(女性) 五所川原のクチコミ:2件 アクセス 4. 50 五所川原駅に隣接 by eggさん 人混みの少なさ 4. 38 バリアフリー 3. 50 見ごたえ 3. 満足度の高いクチコミ(2件) 案内所は旅の基本 着いたら行ってみよう 4. いでしょう。 目的地までの道順を聞いてもよいですが、お勧めのスポットなども教えてもらえます。 各種パンフレットもそろっていますので、行って損はありません。 あとちょっとしたことですが、ここの観光案内所で立ちねぷたのポストカードがもらえました。 友人にプレゼントしたところ、喜んでもらえました。 さん(男性) 五所川原のクチコミ:4件 アクセス 1. 50 泉質 3. 00 雰囲気 4. 満足度の高いクチコミ(1件) 銭湯タイプの気軽な温泉 5. 駐車場は広くて停めやすい。 建物の右... 側の入り口を入ってすぐの自販機でチケットを買うシステム。 一人320円くらいだったかな。 左側の入り口から入ると家族風呂だと思われます。 家族風呂でも1200円と安価。 石けんシャンプーは中に無いので持ち込みかレジで買います。 手ぬぐいも売っています。 脱衣所には鍵付きのロッカー、他はドライヤーがあるくらい。 メインの浴槽は木製、その他に寝そべる深さの浴槽、打たせ湯、水風呂があります。 薄い茶色っぽいお湯で肌がしっとりします。 さん(女性) 五所川原のクチコミ:7件 アクセス 3. 00 人混みの少なさ 4. 50 バリアフリー 3. 00 見ごたえ 4. 33 天保年間の建築 by 釈安住さん• 満足度の高いクチコミ(2件) 立派な住宅です 4. の辺では 最古の建物で 昭和53年に国の重要文化財に指定されています 場所は 五所川原市の菊ヶ丘運動公園の端っこにあります 入館料は無料ですが 午後4時までと チョット閉まるのが早いです 建物内は 見学できます 日曜日行きましたが 私以外に観光客いませんでした また 敷地裏側で 菊ヶ丘運動公園と繋がっています さん(男性) 五所川原のクチコミ:17件 アクセス 2. 00 人混みの少なさ 3. 00 見ごたえ 3. 満足度の高いクチコミ(1件) お地蔵さんがいっぱい 4. 園の裏手?にあります 五所川原市役所金木庁舎の近くです (津軽鉄道 川倉駅からは そこそこ距離があります) 道路側に立派な門があるので 車で中に入っていくと地蔵尊があり 車を止めるスペースもあります 本堂(地蔵堂)を正面に 左側に事務所? 右側に人形堂 地蔵堂の引き戸を開けて中に入ると本堂があり 裏側に回る服をきたお地蔵さんが ずら~と並んでいて圧倒されます 隣の建物の 人形堂には 日本人形が収められています こちらは 日本人形等が人形ケースに入って収められています これは未婚のまま早逝した息子のために、花嫁人形を納めるというこの地方の習慣との事です また 地蔵尊の周りは 賽の河原として 遊歩道になっているのですが 今回はこちらは訪れませんでした さん(男性) 五所川原のクチコミ:17件.

次の

楽天トラベル:津軽半島・五所川原の観光スポット(たびノート)

五所川原 観光

津軽半島観光アテンダント 津軽弁の観光ガイドが大人気! 津軽半島を楽しく観光したいなら、「津軽半島観光アテンダント」がおすすめです。 五所川原市と中泊町を結ぶ津軽鉄道に乗車するアテンダントが、五所川原市の観光案内をしてくれます。 太宰治の生まれた町をめぐるコースや、立佞武多(たちねぷた)を楽しむコース、五所川原を歩いて散策するコースなど、一人一人の要望に応えたコースを案内してもらえるので、どこを巡ろうか悩むことがありません。 アテンダントだけが知っている情報も教えてもらえますよ。 案内をしてくれる時は、もちろん津軽弁! 津軽の街に来たという実感がわいてきます。 うまく聞き取れないときには、「丁寧な津軽弁」で話してくれます! レトロな雰囲気の車内と、四季折々の車窓からの景色を楽しみながら、津軽弁を満喫してみてはいかがでしょうか。 青函トンネル記念館 プロジェクトXでも紹介された熱き歴史ここに眠る 「青函トンネル記念館」は、青函トンネルの工事基地跡地に作られた記念館です。 記念館では、海底240m、総延長53. 85Kmという過酷な条件の中で行われていた工事の様子が、わかりやすく展示されています。 模型や資料、映像、立体モデルなど、当時の様子を忠実に再現しています。 特設展示エリアでは、当時実際に使われた機械や器機なども見ることができます。 施設内にある体験坑道は、日本一短い私鉄「青函トンネル竜飛斜坑線 もぐら号」に乗り込み、海面下140mの世界を行く貴重な体験ができるとあって、市内外を問わず多くの人が訪れています。 売店では、オリジナルグッズが販売されていますので、お土産にもピッタリ! 迫力満点の大規模工事の雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか。 太宰治記念館 斜陽館 太宰治の貴重な資料が展示されている記念館 太宰治が生まれる2年前、父によって建てられた豪邸を使って作られたのが「太宰治記念館 斜陽館」です。 1階の部屋数は10以上あり、当時でもかなりの豪邸だったことがわかります。 和洋折衷・入母屋造りの建物は、国の重要文化財建造物に指定されている、とても貴重な木造建築物です。 館内では太宰が生前に着用していたマントや執筆に使用していた筆記用具、書簡などが展示されています。 太宰治の初期作品原稿など、ごくわずかしか現存していない貴重な資料も見ることができます。 「太宰と揺籃の地 津軽」「旧津島邸『斜陽館』復元修復工事記録」などの映像も鑑賞することができますので、太宰治や斜陽館についてわかりやすく学ぶことができます。 幼少期の太宰治に思いをはせてみてはいかがでしょうか。 芦野公園 作家・太宰治がよく遊んでいた公園! 「芦野公園」は、太宰治が幼いころによく遊んでいたということで知られている公園です。 実は桜の名所でもあり、春になると1500本ほどの桜が咲き乱れ、「日本のさくら名所100選」にも選ばれています。 桜まつりの時期には多くの観光客が訪れ、満開の桜を愛でています。 80ヘクタールほどもある広大な園内には、太宰治文学碑や2009年に建立された太宰治像、津軽三味線発祥の地碑などが建てられていて、歴史を感じさせます。 園内のトンネルの下を津軽鉄道「走れメロス号」が走っていることも評判で、小さな駅舎からはレトロ感を感じることもできます。 児童動物園やオートキャンプ場などもあり、人気の観光スポットとなっています。 立佞武多の館 大迫力の「ねぷた」を間近で見られる! 「立佞武多の館」は、青森県五所川原市で毎年開催される「五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)」を間近で見ることができる施設です。 立佞武多に関する展示や美術品の他、立佞武多と周辺エリアの魅力を伝えるスクリーン上映が行われており、施設内にある製作所では巨大な立佞武多の製作現場も見学することができます。 実際にお祭りで使われる本物の立佞武多に紙を貼る体験もできるため、多くの観光客が訪れる観光スポットです。 紙貼り体験すると「紙貼り証明書」がもらえますよ。 展望ラウンジからは、岩木山、八甲田山、梵珠山、津軽平野などを一望することができ、食事とともに楽しむことができます。 大迫力の五所川原立佞武多を見学してみてはいかがでしょうか。

次の

五所川原の観光スポット7選!太宰治が育った街を散策しよう!

五所川原 観光

津軽エリアのおすすめご当地情報をご紹介。 津軽エリアには大沼公園などの観光スポット、五所川原立佞武多などの観光イベント、アップルパイなどのご当地グルメがあります。 津軽という地名はロマンに満ちた語感があります。 津軽地方は青森県西部の地域名で、広く言えば弘前市を中心とする南部の中弘南黒地区、五所川原市を中心とする北西部の西北五地区、そして青森市を中心とする北東部の東青地区から成ります。 この津軽地方は日本海側の気候に属し、冬の降雪が多いのが 最大の特徴です。 この津軽での観光のスポットは数多くあります。 代表的な観光の場として、竜飛崎の名が第一にあげられます。 竜飛崎は津軽半島の北端の岬で、岬の先端はまさに絶壁が海に落ちているという表現が相応しい眺めで、竜飛岬灯台がシンボルになっています。 次に津軽の観光ルートとしてあげられるのが、竜泊ラインです。 全長20kmにわたって曲がりくねった道が続きます。 峠にある眺瞰台からの眺めには竜飛岬、権現崎、岩木山、十三湖、八甲田山などを目にすることができ、日本海に沈む夕陽が美しいと評判です。 道は急なカーブの連続で、道が曲がるたびに景色が入れ代わり、津軽のさまざまな顔を見ることができる観光道路です。 なお、津軽での道路では、全国でここだけにしかない道路があり、それは階段国道と呼ばれている国道339号で、何と国道が階段になっているのには驚かされます。 この津軽の北西部にあるのが五所川原市で、五所川原市での観光は見どころが一杯です。 まずは、赤い〜りんごの並木道で、この道路脇には五所川原特産の赤いりんごの木がたくさんあり、真紅の可憐な花が見ものです。 津軽フラワーセンターも素通りできない観光地で、ここでの約2,000本もの梅の木は見る価値があります。 楠美家住宅は五所川原市の有形文化財で、津軽地方を代表する民家で、一般に公開されています。 また、太宰治記念館も有名で、全国から太宰治の愛好者が訪れます。 観光の旅で、五所川原と言えば津軽鉄道を語らずにはいられません。 津軽鉄道は延長約20kmで、旅情たっぷりな津軽の景色の中をゆっくりと走ります。 夏には客室に風鈴が下げられ、風鈴列車、秋には鈴虫の籠が取り付けられ、鈴虫列車、そして、冬はダルマストーブが置かれてストーブ列車になり、車窓から一面の銀世界を眺めることができます。

次の