ビックバン ファン クラブ。 BIGBANGの活動休止理由や期間は?ビッグバンファンクラブは解散?

BIGBANGファンクラブに入会するメリットは?会員特典グッズ一覧│新時代レポ

ビックバン ファン クラブ

2020年2月2日。 今年でデビュー10年目の節目の年を迎えたデジタルロックシンガーVALSHEの新たな幕開けへと向かう大きな咆哮が、東京・TSUTAYA O-WESTで轟いた。 VALSHEの活動を長年一番近くで見続けてきたオフィシャルファンクラブ「OVER THE HORIZON」へと送られた限定ライブ「私立凰守学園」は、マルチな才覚を持ち、それを長年に渡って研ぎ澄ましてきたVALSHEの真骨頂ともいうべきエンターテインメントにあふれていた。 ライブイベントそのものを学園の「文化祭」と位置づけ、バンドメンバー扮する軽音楽部員が、廃部のピンチに陥っているという文脈で、ストーリーがスタート。 廃部寸前の軽音楽部の前に、彗星の如く現れた救世主VALSHEは、廃部を確固たるものにしようと尽力する生徒会長「ぽこた」(ゲストボーカル)に翻弄されていく。 次々と繰り出されるアドリブの応酬と共に、ファンとの交流を深める多彩なミニゲームを披露。 普段見ることのできないVALSHEの様々な表情に合わせ、ファンもたくさんの笑顔と声援で応えていく。 一転、文化祭での「軽音楽部のラストステージ」と銘打った終盤のライブステージでは、実に約2年ぶりとなるバンドスタイルでのワンマンライブを披露した。 2019年度に新曲としてリリースをしたリード曲「SYM-BOLIC XXX」や「紅蓮」を始め、「今生、絢爛につき。 二部公演では、本編のラストにファンに向けた素敵なサプライズが。 なんと4月1日に10年目初となる4thアルバム「PRESENT」のリリース、そしてそれをひっさげたライブツアーを4月11日から慣行するすことが発表された。 突然のリリース発表に、ファンは騒然。 一瞬時が止まったように静まり返った後、会場は悲鳴と大歓声に包まれた。 さらにサプライズは続く。 「ずっとやりたかったことが実現しました。 」と口にして発表されたのは、自身がデザインを全て手がけ、プロデュースを行う新ブランド「REMAIDEN」が発表された。 昨年度からファッションブランドとのコラボレーションを数多く経験し、ファッションの分野にも挑戦をしてきたVALSHEにとって悲願といえる「夢」の実現に、本人以上に喜びの表情を浮かべていたファンの表情も印象的だった。 ファンクラブを自身の「母体」と表現したVALSHEにとって、10年目を「ファンクラブに向けた」ライブからスタートさせたことは、言葉で表現する以上に大きな力となり得たはずだ。 このライブを通して感じる10年目の節目を迎えたVALSHEは、良い意味で普段通りの「自然体」を貫けているように感じた。 それは、VALSHEを長年支え続けてきたファンクラブのメンバーの声援が何よりVALSHEの活動の原動力になっていることの証明に他ならない。 次にVALSHEが我々の前に現れるのはファンクラブという限定された場所ではなく、誰もがその10年目のVALSHEのその姿を見ることができる。 「これまでがなければできなかったことを実現していく年にします。 」 そう力強くまっすぐに言い放った今年のVALSHEは一味も二味も違う。 そう感じざるを得ない東京公演だった。

次の

BIGBANG、ファン離れ深刻化?ライブは客数減で低調、ファン交流会もぐだぐだ…

ビックバン ファン クラブ

CD『ALIVE』(BIGBANG/YGEX) 東京・新大久保では、コリアンタウンの象徴であった韓国料理店「大使館」が閉店し、韓流グッズショップ「韓流百貨店」が倒産。 六本木の韓流専門「アミューズ・ミュージカルシアター」も閉館した。 韓流ブームが下火の中、唯一人気を誇っているのがアイドルグループの東方神起と BIGBANGといわれているが、ここへきてついにBIGBANGのファン離れが加速しているという。 BIGBANGとは韓国の5人組グループで、2006年にデビューし圧倒的な人気を誇っている。 日本でも08年にデビューを果たし、09年には日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。 ドームツアーを成功させている数少ない韓流アーティストだ。 「彼らは、12年に曲を発売したきり、以降新曲をまったく出していません。 12年のドームツアーは大盛況でしたが、翌13年には新曲もないまま再びドームツアーを決行した。 その年はメンバーのソロ活動が中心だったので、曲目にもソロの曲がかなり多く入っており、BIGBANGとしての歌が少なく、盛り上がりに欠けていました」(芸能事務所関係者) そんなBIGBANGは、今年開催されたレコード会社 エイベックスグループの音楽イベント『a-nation』の8月29日公演に出演したが、こちらもチケットの売れ行きが芳しくなかったという。 「2年ぶりのa-nationの出演となりましたが、前回は浜崎あゆみと同日で、先に出演したBIGBANG目当てのファンが、大トリである浜崎の時に大勢帰ってしまうという事態が発生しました。 BIGBANGは日本デビュー当初、レコード会社はユニバーサルだったのだが、11年にエイベックスに移籍している。 「移籍してからライブ三昧になったのです。 今秋からもドームツアーが始まりますが、この日程がかなりハードなんです。 一般的には、ドームは開催都市ごとで2日、長くて3日ですが、今回は大阪ドーム公演が4日間もあります。 それはBIGBANGファンにも伝わっているようだ。 「昔はファンクラブに入っていてもなかなかチケットが取れなかったのですが、今では簡単に取ることができます。 BIGBANGの存在価値が薄れてきている証拠です。 グッズもほかのアーティストに比べると、若干高く設定されています」(BIGBANGのファン).

次の

一番くじ倶楽部|BANDAI SPIRITS公式 一番くじ情報サイト

ビックバン ファン クラブ

J-POP・ROCK• K-POP• 俳優/タレント• 女優/タレント• アイドル• 海外俳優• その他芸能• 伝統芸能• サッカー• スポーツ その他• お笑い芸人• 演歌歌手• キャラクター•

次の