キンカン の 育て 方。 キンカン(金柑)栽培☆開花時と受粉期の注意ポイント

【学校課題】キンカンの挿し木の生育調査【お願いします!】

キンカン の 育て 方

黄色の小さな実を結ぶ果樹「キンカン 金柑、金冠 」は、ガーデニング初心者でも簡単に栽培できるおすすめの植物です。 キンカンは、鉢植えでも、庭で簡単に育てることができます。 キンカンに適した環境は、年間の平均気温が16度前後のところです。 地植えでキンカンを育てるなら、暖かい地域が良いでしょう。 寒い地域でキンカンを育てたいならば、鉢植えでの栽培となります。 鉢植えの場合は、気温に応じて、置く場所を考えながら育てていきます。 ただしマイナス5度を下回るような気温になったら、注意が必要です。 気温が低いのが続くと、枝が枯れはじめます。 金柑 キンカン の水やり 地植えの場合は、雨水でそれ以上に水をあげる必要はありません。 鉢植えの場合は、表土が白く乾いた時に、たっぷりあげましょう。 もちろん、地植えでもあまりにも日照りが続いた時は、水を与えます。 金柑 キンカン の肥料 キンカンは肥料を必要とする植物で、成長に影響します。 肥料を与える時期は、2月と7月~9月頃です。 地植えの場合は、肥料をあげることで、年間の健康維持にも役立ちます。 有機肥料を与えてあげましょう。 鉢植えの場合は、緩効性肥料を2月に与えます。 2月は新芽のために栄養になるように与えます。 7~9月は、有機肥料を与えます。 この時期の肥料は果実のためです。 肥料はメーカーごとのパッケージをよく読み、与えすぎに気をつけましょう。 肥料は果樹専用のものが市販で販売されていますので、それを与えても問題ありません。 与えすぎが心配な場合は少量から試していきましょう。 金柑 キンカン の土 キンカンは、水はけの良い土を好みます。 鉢植えで育てる場合は、水はけを良くするために底に石を敷きます。 土は、赤土(小粒)5:腐葉土3:鹿沼土2に粒状肥料を少量混ぜてあげると良いでしょう。 庭で育てる地植えの場合は、用土を気にすることなく日当たりの良い場所を選んで上げると良いでしょう。 金柑 キンカン の育て方で注意すべき病気・害虫 病気に関しては気にすることはありません。 害虫は、すす病の原因となるカイガラムシに気をつけましょう。 たまに果実が黒くなっていたり、葉に黒点が付いているのを見ることがあります。 あれが、すす病です。 このすす病の原因となるのがカイガラムシといわれています。 予防は、風通しをよくすることです。 葉が密集したりするとカイガラムシが多発する環境は風通しが悪い場所です。 予防対策以外の対処方法は、カイガラムシを見つけたらすぐに駆除することです。 金柑 キンカン の植え付け・植え替え 植え付け キンカンの植え付け・植え替えの最も適した時期は、3月下旬から5月上旬です。 気温が暑くなりすぎる前に行うのが良いでしょう。 キンカンは暑さに強く、寒さにも比較的強いといわれているため、秋にも植え付け・植え替えはできます。 しかし春植えが一般的です。 植え付けのときは、直径40㎝から50㎝前後の穴をつくり、そこに苗を植えます。 水はけが良く、風の強く当たらない、日当たりの良い場所で地植えをします。 鉢の場合は、置く場所を気をつけます。 浅く植えてあげるのがポイントです。 支柱を指してあげるのを忘れないようにします。 植え替え 鉢植えでの植え替え目的は、育った苗が根詰まりを防ぐためということと、葉が密集して、風通しが悪くなることを防ぐためです。 キンカンの成長にもよりますが、2年に一度を目安に、鉢を大きいものへと交換します。 地植えの場合は、植え替えはなくて問題ありません。 金柑 キンカン の増やし方 キンカンの木を傷つけないよう、できれば剪定ばさみを使うのがおすすめです。 植え替えのときや接ぎ木をつくるときにも役立ちます。 地植えの場合は、剪定を頻繁に行うことはないでしょう。 鉢植えは成長が早いので、剪定をする機会が多くなります。 一般的に剪定の時期は、3月から5月の間に行われます。 この時期は、キンカンに果実が実っている時期と重なります。 金柑 キンカン の手入れ キンカンは世話を頻繁にしないといけない樹木ではありませんが、葉が生い茂ると病気になりやすくなります。 庭でキンカンを育てている場合は、枝や葉が生い茂らないよう、キンカンの木を整え、風通しを良くしてあげましょう。 手入れをする時期は、新しい木が出てくる活動期前です。 古い木をきって、整えましょう。 太い木を切ったときは、切り口から病気になる場合があります。 それを防ぐために、殺菌剤などを塗布しておきます。 キンカンは、比較的にたわわに実がなりやすい樹木です。 放置しておくとたくさんの実がなりますが、サイズが小さくなりがちです。 もしも、適度な大きさのキンカンを収穫したい場合は、9月頃に傷のついたキンカンや、サイズの小さなものを摘果しておきます。 金柑 キンカン の収穫.

次の

種なし金柑「ぷちまる」の育て方・お手入れ方法

キンカン の 育て 方

キンカンの育て方と言うのは柑橘類であるため、害虫などには注意を要します。 また、鳥などの被害もあり、ネットなどを張って防御する事も大切です。 そのため、育てる環境と言うのはネットを張れるようなスペースを設けられるようにしておくと便利です。 また、日当たりが良く、水はけが良い環境を好みますので、太陽の光をたっぷり浴びる場所に植え付けを行う事が大切です。 尚、キンカン類と言うのは耐寒性が強いため、冬場でも枯れることなく、春先から元気に成長をしてくれます。 キンカン類の中でもネイハキンカンと言う種類は果実にビタミンAやビタミンCなどの栄養素がたっぷりと含まれており、生果で食べることでこれらの栄養素を吸収することが出来ます。 疲れた時や風邪を引いた時、風邪予防などにも最適と言われています。 因みに、キンカンは接ぎ木2年目の苗の場合でも、3年目には沢山花が咲いて、多くの果実を付けますし、1年で数回花が咲くため、果実は不揃いになりがちです。 これを防止する目的で、枝先に集まってつく果実を剪定してあげることが大切で、大きなものを残し、 それ以外の物は摘み取ってあげることで大きな実を甘く育てることが出来ます。 また、鉢植えで栽培する場合は、1つの枝に1個から2個程度をつけるようにし、1本の木には10個から15個ほどの実がなるように剪定を行ってあげると、翌年も収穫が可能になりますし、木を長く利用出来るなどのメリットが有ります。 植え付け3月の中旬から4月の中旬頃に行い、開花はその年の7月から8月頃で、翌年の2月から5月の中旬頃が収穫時期となります。 肥料は毎年2月頃と10月頃に施してあげますが、鉢植えの場合はこれらに加えて5月頃にも肥料を施し、2月に与える肥料は寒肥で、5月や10月に与えるのは追肥となります。 また、剪定については3月から5月にかけて行います。 3月の中旬から4月の中旬頃は、ちょうど気温が上昇する時期であり、植え付けには最適な季節になります。 但し、キンカンは寒さに比較的強いため、暖地などでは秋に植える事も可能です。 しかしながら、一般的には春時期に植える事や初心者も春の方が成功し易いと言えます。 庭にキンカン類の木を植え付ける場合は、日当たり、水はけの両方が良い場所を選び、風当たりがそれほど起きない場所を選ぶ事が大切で、風の力でついた実が落ちてしまわないようにしなければなりません。 直径と深さがそれぞれ50? 程の穴を掘り、掘った時に出た土腐葉土や赤玉土を加えて良く混ぜ合わせて用土を作ります。 尚、植え付ける時は、接ぎ木の部分が埋まらないようにすること、そして浅植えにすることが大切で、支柱を立てて木に固定し、キンカンの木が倒れないようにしてからたっぷりと水を与えれば完成です。 増やし方のコツは実が出来た時に大き目な物を残して他は摘み取る事、2月に寒肥、10月に追肥、鉢植えの場合はこれに加えて5月に追肥を施してあげるなどの管理を行う事です。 特に、実を多くつけたままにしておくと、実が成長不足などにより実の大きさが不揃いになってしまったり、 木がその分力が弱くなって弱ってしまい、翌年の収穫にも影響を及ぼしてしまいますし、その分木の劣化が早く起きてしまうので注意が大切です。 また、キンカンなどの柑橘類というのは、春から夏場にかけて果実の成長期に入る場合などでは、この時期に水切れが起きてしまうと、 落葉が起きたり、落実が起きるなどの症状が起きるため、植え付けを行った時だけではなく、空気が乾燥していたり、土が乾燥している時などはたっぷりと水を与えてあげるのが大切です。 尚、10月から12月と言うのは成熟期となるため、土が乾燥をしていても水を上げる必要はなく、 寧ろ乾燥気味にしておいた方が果実の色づきが早まりますし、甘い果実を実らせるなどの利点が有ります。 また、キンカンには柑橘類特有の病害虫の発生が有ります。 カイガラムシ類やハダニ類と言った害虫は柑橘類に多く発生する害虫であり、 中でもイセリアカイガラムシは発生して直ぐに殺虫剤を散布して防除が必要です。 また、葉を食害してしまう、アゲハチョウの幼虫、カメムシ類においても発生し易い害虫であり、殺虫剤を使って防除しておくことが大切なのです。 柑橘系果物の一つにキンカンが有ります。 一言でキンカンと言っても複数の種類が有り、キンカン類としてはキンカン属が4~6種類存在していると言います。 食用としてのキンカン、薬用として利用するもの、観賞用などキンカン類には多種多彩な種類が有り、 これらの総称してミカン科キンカン属に分類していると言う特徴を持ちます。 キンカン類は常緑性低木の果樹であり、中国から日本に伝えられたと言われており、日本に伝わったのは江戸時代だと言います。 但し、これは正確には中国から伝わったキンカンも有ると言う事であり、 中には他の国から伝わった品種も存在しているとも言われています。 因みに、江戸時代に清の商船が航海中に遠州灘の沖合で遭難をしてしまい、清水港に寄港し、船員が清水の人々に対し、砂糖漬けのキンカンの実を贈ったと言います。 この砂糖漬けのキンカンの中には種も入っており、その種を植えた所、発芽が行われ大きな木となり実をつけたと言われており、この時出来たキンカンが日本に広まったと言う説も有ると言います。 しかしながら、この話以前から日本には中国などからキンカンが伝わっていると言う説もあり、 未だにその真実は謎に包まれていると言います。 尚、現在のキンカン類と言うのは、宮崎県や鹿児島県などでのブランド品も存在しており、国内における固有種となるキンカン類も存在しています。 また、キンカンは食用だけでなく観賞用としても人気が高く、庭木として植えたり鉢にいれて飾るケースも有ります。 中国の長江中流域がキンカン類の原産であり、中国などが主な生息地と言われています。 しかし、日本国内の中でも九州の宮崎県や鹿児島県などで栽培が行われており、これらの地域も生息地として知られており、中でも宮崎県の生産量は日本一であり、続いて鹿児島県と言われています。 食用としてのキンカンと言うのは果実は果皮と一緒に食べる事も有れば、果皮の実を食べることが有るのが特徴で、生食する果物です。 尚、皮の中果皮となる皮の白い綿状になっている部分(ミカンの皮を剥いた時の出て来る皮の裏側の白い部分)は苦味と甘味があり、 その両者を味わう事でキンカンの味を楽しめると言います。 また、キンカンの果肉部分は酸味が強いのですが、果皮が付いた状態で甘く煮ることで、ジャムや砂糖漬け、甘露煮などの様々な加工品を作り出す事が出来ます。 尚、薬用としては虫刺されの薬の原料として利用されていたり、 咳が出る時の緩和、のどの意味を和らげてくれる効果を持ち、生薬としても存在しています。 キンカン類の木と言うのは2メートルほどの高さになる事もあり、枝部分には分岐が多く在る事、若い枝には短めの棘があるなど、柑橘類の特徴を持っています。 因みに、ミカンなどの木にも枝部分に棘が有りますが、ミカンほど長い棘ではありませんが、キンカンの枝にも柑橘類特有の棘が有るのが特徴です。 また、春から秋にかけて白い五弁の花をつけるのも特徴で、花が咲き終わると直径2? ほどの実がなります。

次の

キンカンを植木鉢で育てる|果樹栽培記録

キンカン の 育て 方

キンカンの中で生で食べられるのはネイハキンカン・マルキンカン・ナガキンカン・ニンポーキンカン。 その他のも生食に向かないだけで食べられます。 樹高1メートルか2メートル。 柑橘系では最も育てやすい 暑さ寒さに強く育てやすい庭樹です。 生育サイクルと間引き 苗を植えると3年か5年くらいで実がなりますが、から育てるとかなり長い期間がかかる。 4月5月あたりに苗を植え、数年後に7月から11月に開花して、開花してから150日後に収穫します。 花を間引いて枝一つにつき1個か2個のキンカンが実るように間引きます。 一旦、実がなり始めると9月以降は株が弱るので花を摘みます。 収穫は2月前後になる。 霜に当たれば果実が傷みますので、袋をかけるか、霜よけを作りましょう。 乾燥気味に管理することで果実が甘くなります。 鉢植えの場合のの目安 鉢植えにした場合は、土が乾いたら水をやります。 土が濡れている間は水はやらないでください。 春は晴れた日は毎日、夏は雨の日以外は毎日、秋は春と同じ、冬は土が乾いたら、を目安にしてください。 受け皿をしているときは受け皿に水が溜まらないようにしてください。 庭植えの場合はほぼ降雨だけ 庭植えした場合は、降雨だけで水は十分です。 日照りの時は水をやってください。 2月に緩効性肥料を。 7月から9月に緩効性肥料をやります。 2月の肥料は新芽のための肥料。 7月から9月の肥料は果実のための肥料。 キンカンは一旦株が充実すると実がなりやすい木で、肥料切れを起こしやすいです。 毎年、肥料をしっかりとやりましょう。 の時期は果実がなってるとき 花が咲くのは夏。 その夏がその後冬から春にかけて果実になります。 剪定は果実がなっている時に行います。 花は枝の先につく 花は太い枝から出た短い枝の先につきます。 剪定は、中側に出た枝をさばいて、風通しをよくして内部まで日光が入るようにするためにします。 あまり強く剪定すると、花が減りますので注意してください。 剪定は軽めで 剪定は混み合った枝をさばく程度にしておきます。 成長が遅いですので、その方が果実がよくなります。 よく伸びて邪魔になったときは太い枝も切ります。 太い枝を切った時は、切り口に殺菌剤を塗っておきます。 にも売っていますが、量が多い上に使い切りで勿体ないので、木工用ボンドで代用してもOK。 アゲハ蝶の幼虫が かんきつ類の葉っぱにはアゲハ蝶の幼虫がつきます。 将来アゲハ蝶になると思うとなんですが、猛スピードで葉っぱを食べまくりますので、駆除しましょう。 キンカンというと食べる、薬用といったイメージですが、キンカンは庭樹としても非常に優秀です。 剪定にも強く、他の科の樹木のように、たくさん実がなったら翌年は実がならないか、実が極端に少なくなる隔年結実という症状が起きにくく、毎年黄色い実が大量になる。 庭木にしたときだけではなく、鉢植えでも実がなるところが有難いです。 盆栽にも。 秋の季語。 原産地は中国長江とされます。 1828年に清の船が清水港付近で難破、船体修理で寄港した際にお礼として砂糖漬けのキンカンが贈られました。 その種子を植えたのが日本の栽培の始まりとされていますが、それ以前からあったとも言われていてハッキリしません。 関係記事・人気記事 ヘンルーダ ヘンルーダ属 山椒 サンショウ属 ボロニアピナータ ボロニア属 スダチ ミカン属.

次の