第五人格 探鉱者。 【第五人格】物理的災害【探鉱者】

【第五人格】新キャラ「探鉱者」は強キャラ?使い方や立ち回り方

第五人格 探鉱者

会場内はどこもかしこもお祭り騒ぎで大盛況となっていた。 東京会場では、日本代表の合同チームとYouTuberチームのガチンコ対決が見れたり、会場内限定で屋台やカフェを楽しむことができ、フィナーレに相応しい豪華な内容になっていた。 それでは気になる東京会場の様子を振り返ってみよう。 総勢33名のコスプレイヤーと写真が撮れるフォトスポット 入場するとまず目に入るのがこのフォトスポット。 まるで自分がゲーム内のサバイバーになったかのような気分が味わえる。 コスプレイヤーと一緒に撮ることもできて、好きなキャラクターにロケットチェアから救助されるシーンなどのシチュエーションを写真に収めることができた。 どの食べ物にもキャラクターが描かれていて、デザインや色合いがとても凝っている。 ペットやキャラクターのぬいぐるみ、アクリルスタンドなどのグッズが販売され、グッズ売り場には行列ができていた。 モフモフすれば癒されること間違いない。 残り暗号機を2個にし、サバイバーチームが有利に試合を展開。 しかし、さすが日本代表の逃さずの石橋選手。 リッパーの霧の刃を駆使し、曲芸師をロケットチェアに座らせる。 サバイバー側は曲芸師がロケットチェアに座らされている間に、残りの暗号機を解読。 救助は困難と判断したサバイバー側は味方の治療を行った後、ゲートから脱出。 前半戦は引き分けという結果になった。 jp選手、まえけん。 選手がサバイバーを、第五動物園チームはもしうさ氏がハンターを務める。 【第五動物園】 もしうさ:結魂者 序盤からマジふだー選手が魅せる! 視界が真っ暗のため、チェイスが難しい心眼で加速効果を持つ結魂者相手に板をヒットさせ、会場を沸かせる。 その後も、巧みな駆け引きで結魂者相手にハイレベルのチェイスを披露。 暗号機2個分の解読時間を稼いでロケットチェアに座らされる大活躍。 その救助にまえけん。 選手の傭兵、どいっち. jp選手の機械技師が向かう。 近くにハンターが入る状況で占い師のフクロウなどを駆使して2度、心眼の救助に成功。 しかし、次第に追い詰めれて心眼はゲームから脱落。 その脱落した心眼を護るために壁役として行動した傭兵もダウンし、2人脱出で試合終了。 前半戦と同じく、引き分けという結果になった。 【Alexさん大好きチーム 】 ラオリー:芸者 ラオリー選手がユッカ氏が操るオフェンスを試合開始早々に発見し、追いかける。 その判断に驚いたのか、ユッカ氏は攻撃を1回受けて負傷状態に。 止めを刺しにかかるラオリー選手だが、板やスキルを巧みに使いこなすユッカ氏に翻弄され、予想以上に時間を稼がれるが無事ロケットチェアに縛り付ける。 その救助に来たWolf氏の機械技師を瞬間移動を駆使してダウンに追い込む。 2人脱落するとまずいと判断したルイ幹雄氏の探鉱者が救助に向かってオフェンス、機械技師の救助に成功。 第1試合前半戦と同じく、引き分けとなった。 【第五動物園】 とわわわ:リッパー 第2試合後半戦はとわわわ氏のリッパーが大暴れ。 霧の刃の攻撃ヒット精度が非常に高く、瞬く間に現役日大生選手のオフェンス、あっと選手の探鉱者が負傷状態。 Nozomi選手の占い師がゲームから脱落。 解読を進めたい日本代表チームであったが、1人、2人と次々とダウン状態に追い込まれ、最終的には3人全員ダウン状態に。 しかし、その救助であっと選手の探鉱者、元々ロケットチェアに座らされていた呪術師が脱落。 残り1人となったオフェンスはハッチを探してマップを走り回るが、先にとわわわ氏に発見されてダウン。 投降が選ばれてとわわわ氏の完全勝利となった。 ロケットチェアに座らせて現実世界の調香師をダウンさせる。 写真世界、現実世界でサバイバー側にダメージを与えて追い詰めるが、1人がチェイスしている隙に治療、救助、解読を上手く行われてしまい暗号機をすべて解読されてしまう。 なんとしても1人でも脱落させようと立ち回るが、4人全員に脱出されて第3試合前半戦は第五動物園チームが制した。 【第五動物園】 Wolf:白黒無常 ハンター側のWolf氏は序盤から自己治癒で負傷状態を回復できる医師をターゲットし、ダウン状態に。 ロケットチェアに座らせようとするが、現役日大生選手のオフェンスがタックルで妨害。 中々、ロケットチェアに座らせることができない。 サバイバー側は2人がハンターの注意を引き付けている間に、暗号機解読を終わらせてゲートを解放。 ゲームから脱落させ、3人脱出でゲーム終了。 第3試合後半戦は日本代表チームが制した。 計6試合を行われた戦いの結果は……。 17-9の大差で見事、第五動物園チームが日本代表チームを下し、勝利という栄光を手にした。

次の

探鉱者の弱体化が悲しいマン|第五人格

第五人格 探鉱者

解読速度減少といったデメリットも無いため、状況に応じて臨機応変に立ち回る必要がある万能サバイバーと言える。 磁石がくっついているキャラクター 探鉱者含む が互いに近づくと線で結ばれ、連結状態となる。 連結状態のキャラ2人がさらに近づくと、同極であれば弾かれ、異極であれば互いを引き寄せあう。 また、連結状態になってから効果が発動する前にお互いが離れても磁石の効果は消滅する。 探鉱者自身は、磁石に吸い付かれることはない。 磁石の効果で弾かれたり引き寄せられたりしたキャラ達が、途中で物体にぶつかると気絶状態になる。 物体に衝突するまでの距離が長ければ長いほど、気絶時間は長くなる。 どの方向に逃げると安全なのか判断しやすくなるため、チェイスで失敗しにくくなる。 ハンターから逃げ切りやすい 「割れ窓理論」を取得しているため、 窓枠と板を駆使すればハンターから逃げやすくなる。 さらに負傷しにくくなるため、探鉱者の強さを活かしやすい。 ハンターに捕まってしまっても長い時間耐えられるようになるため、「受難」とも相性がよくおすすめ。 ハンターの接近にも気づきやすくなるため、チェイスしやすくなるぞ。 負傷者を確実に逃しやすい! 「危機一髪」のおかげで、 仲間を救助してからの20秒間は攻撃を受けてもダウンしなくなる。 上手く使えば、安定して解読時間を稼ぐことができるようになる。 さらに救助へ向かいやすくなるため、危機一髪と相性が良い組み合わせだ。

次の

【第五人格】物理的災害【探鉱者】

第五人格 探鉱者

探鉱者そこそこ使う勇士です。 自分は磁石を無駄にしないことを心がけています。 質問者さんのランク帯がわからないのでお節介なアドバイスになるかもしれませんが、磁石は無闇矢鱈に使うのではなくハンターが必ず通るところに投げたり、避けると遠回りせざるを得ないという時に使うと効果的です。 とにかく相手に吸わせるような動きをしたいといつも考えてます。 磁石がたまる時間が少し長いのでそこは注意した方が良いかもしれません。 ファーストチェイスを引いて考えずポンポン使った挙句即死とか最初はよくやっちゃってました。 二吊目や飛び確のチェイスを補助したり風船救助してあげるのもかなり重要だと思います。 スタン時間が短くても座らせないことが大事なので、積極的に狙って良いと思います。 人格は左右に振ってる人が多い印象です。 勿論右下でも全然問題ないです。 自分は左右に振って、救助後の補助でトンネル回避に行くことが多いです。 あと暗号機ラス1の時はチェイス補助をして寸止めまで時間稼いだりします。 地雷プレイに関しては実際いたんですけど、救助も粘着も行かないでチェイスと解読しかしない探鉱者はブラリス入れますね。 このキャラを使うのならせめて飛び確を守るための動きはしてほしいです。 磁石の切り替えとか使うタイミング、相手に吸わせるためのPSとか最初は難しいと思いますが慣れたらとても楽しいキャラです。 同じ探鉱者使いでも人によって戦略が違うと思うので一概に自分が正しいとは思いません。 頭の片隅にでも留めておいてくれればと思います。 長々と偉そうに失礼しました。 応援してます。

次の