ズーム クラウド ミーティング。 Zoom無料版は時間制限あり!有料に切り替えずに40分以上のミーティングを開催する方法|島田萌子のブログ

Zoomのレコーディング(録画)機能「ローカル・クラウド録画」使い方まとめ

ズーム クラウド ミーティング

今回は、オンライン会議サービス「 Zoom(ズーム)」の使い方を紹介します(興味のある方は、同様のサービス「」「」「」の解説記事もご覧ください)。 Wherebyはブラウザだけで動作する便利なサービスですが、無料版では接続数は4人(4台)までという制限があります。 一方、 Zoomは100人まで接続できるので、打ち合わせや会議だけでなく、大人数での研修会やウェビナー(ウェブセミナー)にも利用できるのが特徴です。 そもそもZoom(ズーム)とは? Zoomは、パソコンやスマートフォン、タブレットでオンライン会議ができるサービスです。 また、オンラインセミナーやウェビナーでの利用でも注目を集めています。 Zoomの特徴は次のとおりです。 利用開始には 登録と アプリのインストールが必要• 参加者も アプリのインストールが必要( 登録は不要)• 100人まで接続可能• 無料版の時間制限は 40分(1対1など2人以下の会議では24時間)• 有料版の時間制限は 24時間• 画面共有が可能• 録画が可能(無料版では40分まで)• チャット機能あり• スマートフォンなど モバイルでの利用が可能(アプリが必要) 参加者が5人以上や録画が必要な会議は「Zoom」を利用するとよいでしょう。 ただし、無料版では、3人以上の会議や録画機能は 40分という時間制限があるので注意してください。 また、会議の参加には、参加者それぞれのデバイスに アプリをインストールする必要があります。 それでは、Zoomの使い方を解説します。 アカウントの作り方 Zoomのウェブサイトにアクセスし、アカウントを作成しましょう。 アカウントは メールアドレスを登録することで作成できます。 Googleアカウントや Facebookアカウントでのログインも可能です。 サインアップをするとメールが送られてきます。 「 アクティブなアカウント」をクリックするとアカウント情報の登録が始まります。 姓名とパスワードを入力して「 続ける」を押します。 友人や仕事仲間を「 招待」できます。 「 手順をスキップする」で次に進んでもかまいません。 これで、アカウントの作成は終了です。 自分でZoom会議を開催するには? Zoomでのオンライン会議は 自分で開催するか、 誰かに招待してもらう必要があります。 まずは、自分で開催する方法を説明します。 さきほど登録したアカウントで に サインインします。 画面右上「 ミーティングを開催する」の選択肢から「 ビデオはオン」「 ビデオはオフ」「 画面共有のみ」のいずれかを選びます。 特に理由がなければ、「ビデオはオン」でよいでしょう。 Zoomアプリをインストールしていない場合は、インストーラーのダウンロードが開始されます。 ダウンロードしたファイルを起動すると、インストールがはじまります。 すでにアプリをインストール済みの場合は「 zoom. us を開きますか?」と聞かれるので「 zoom. us を開く」を押します。 Zoomアプリが立ち上がります。 「 コンピューターオーディオに参加する」を押すと画面が立ち上がるので、カメラとマイクのチェックを済ませましょう。 Zoom会議への招待 ほかの人を オンライン会議に招待しましょう。 画面下の「 招待」を押したあと、画面左下の「 URLのコピー」を押します。 メールやメッセンジャー、チャットなどでURLを参加者に知らせましょう。 招待されたZoom会議に参加するには? 主催者から送られてきたURLにアクセスすると、 Zoomアプリが立ち上がります。 アプリをインストール済みの場合は「 zoom. us を開きますか?」と聞かれるので「 zoom. us を開く」を押します。 「 コンピューターオーディオに参加する」を押すと画面が立ち上がり、会議に参加できます。 便利な機能:画面共有 Zoomの 画面共有では、画面(デスクトップ)全体の共有はもちろん、開いている ウィンドウやアプリケーションのみを共有できます。 たとえば、Excelで作成中の表だけを画面共有して議論することが可能です。 ホワイトボードでは、線を描いたり、文字を入力したりできます。 内容の保存もできます。 便利な機能:Zoom会議のスケジューリング 数時間後や数日後など、予定が決まっている会議であれば、 スケジューリング機能を使うとよいでしょう。 の「マイアカウント」から「ミーティング」を選び、 「 新しいミーティングをスケジュール」を押します(アプリを立ち上げたときに表示される初期画面の「 スケジュール」でも設定できます)。 タイトル(トピック)、説明文、開始日 時を選択できるほか、さまざまなオプションが選べます。 必要であれば、パスワードも設定できます。 なお、定期的なミーティングの場合は「定期ミーティング」にチェックを入れると、「毎日」「週ごと」「月ごと」などの頻度が選べます。 便利な機能:録画機能 Zoomでは 無料版でも録画機能が利用できます(40分まで)。 画面右下の「 レコーディング」を押すと、動画の録画や音声の録音がはじまり、MP4(ビデオ)形式やM4A(音声)形式で保存できます。 設定画面から、任意のフォルダに変更することもできます。 なお、有料版ではクラウドレコーディング(ローカルではなくZoomのクラウド領域に保存)も利用でき、記録後すぐにURLを共有できるようになります。 ミーティングの終了 画面右下の「 ミーティングの終了」を押せば、ミーティングが終了します。 ちょっと得する小ワザや便利ワザ 次の小ワザや便利ワザを覚えておくと、Zoomをさらに快適に使えるようになります。 アプリ側で設定• 肌をきれいに見せる 「ビデオフィルタ」という美肌機能を使いましょう。 アプリの立ち上げ画面の「 設定(歯車アイコン)」を開き、「 ビデオ」の中の「 ビデオフィルタを適用する」にチェックを入れます。 特に女性で、化粧をせずに参加したい人に効果的です。 マイクのオンとオフを素早く切り替え ミーティング中に、マイクのオンとオフをスペースキーで素早く切り替えられます。 アプリの立ち上げ画面の「 設定(歯車アイコン)」を開き、「 オーディオ」の中の「 スペースキーを長押して、一時的に自分をミュート解除できます」にチェックを入れましょう。 これで、基本的にはマイクをオフにしつつ、自分が話したいときはスペースを押しながら話せばOKです。 標準でビデオとカメラをオフに ミーティングの参加時に、ビデオとカメラをオフにしておきたい場合は、アプリの立ち上げ画面の「 設定(歯車アイコン)」を開き、「 ビデオ」の中の「 ミーティングの参加の際にマイビデオをオフにします」にチェックを入れ、かつ、「 オーディオ」の中の「 ミーティングに参加時、マイクをミュートする」にチェックを入れましょう。 ミーティングの招待URLが探せない ミーティングの招待URLがわかりにくい場合は、アプリの立ち上げ画面の「 設定(歯車アイコン)」を開き、「 一般」の中の「 ミーティングの開始時に招待のURLを自動的にコピー」にチェックを入れましょう。 そうすると、URLがクリップボードに自動的にコピーされるので、すぐに貼り付けられます。 公式サイトにログインし、設定• 参加許可の操作が面倒 ホスト(主催者)が毎回、参加許可の操作をするのが面倒な場合は、 からログインし、左メニューの「 ミーティング」から「 パーソナルミーティング」を開き、「 ミーティングオプション」にある「 待機室を有効にする」のチェックを外しましょう。 次に、左メニューの「 設定」にある「 待機室」をオフにします。 パスワード付きURLを発行したい パスワード付きURL(参加者がパスワードの入力なしで参加できるURL)を発行したい場合は、 からログインし、左メニューの「 設定」の「 ミーティングにて(詳細)」にある「 ワンクリックで参加できるように、ミーティングリンクにパスワードを埋め込みます」をオンにしましょう。 パスワードなしでミーティングをしたい そもそも、パスワードなしでミーティングを開始したい場合は、 からログインし、左メニューの「 ミーティング」から「 パーソナルミーティング」を開き、「 ミーティングパスワードを必要とする」のチェックを外しましょう。 次に、左メニューの「 設定」の「 ミーティングをスケジュールする」にある次の5項目をオフにします。 新しいミーティングをスケジューリングする際にパスワードが求められます• インスタントミーティングに対してパスワードが求められます• パーソナルミーティングID(PMI)に対してパスワードが求められます• ワンクリックで参加できるように、ミーティングリンクにパスワードを埋め込みます• ご自身の責任のもとで行ってください。 チャットの自動保存 チャットの内容を自動で保存したい場合は、 からログインし、左メニューの「 設定」の「 ミーティングにて(基本)」にある「 チャット自動保存」をオンにします。 スマホアプリを使う Zoom会議にスマートフォンやタブレットで参加したい場合、アプリを利用するとよいでしょう。 iOS版とAndroid版が無償で利用できます。 どちらも「 ZOOM Cloud Meetings」という名称です。 スマホアプリの詳しい使い方は、 をご覧ください。 有料版の価格や機能について Zoomには、有料版として「プロ」「ビジネス」「企業」があります。 プロ …… 個人向けの有料プランで、月2,000円• ビジネス …… 中小企業向けの有料プランで、月2,700円• 企業 …… 大企業向けの有料プランで、月2,700円 無料版では40分の時間制限がありますが 長時間の会議を行いたい場合は、有料版の導入を考えてもいいでしょう。 有料版の追加機能としては、次のようなものがあります。 プロ以上• 時間制限の解除(最大24時間)• クラウドエンコーディング機能(クラウドに動画を保存) ビジネス以上• 電話サポート 詳しくは をご覧ください。

次の

3分で分かるZoomとは?知らないと損するWeb会議ツール|Zoom×日商エレクトロニクス

ズーム クラウド ミーティング

クラウド型のビデオ会議アプリサービス「Zoom(ズーム)」とは? クラウド型のビデオ会議アプリサービス「Zoom(ズーム)」は、世界で100万人以上のユーザー登録があるサービスです。 PC、タブレット、スマートフォンはもちろん、OSが違う端末でも簡単に利用できるクラウドサービスです。 有料版もありますが、無料版でも十分なサービスです。 「Zoom」の無料で行えるサービスは? 「Zoom」で無料で行えるサービスの主な内容は、 ・一対一のミーティングはもちろん、100人までのグループ会議が可能 ・1ミーティング時間の制限は40分 ・ミーティング数の制限はなし ・チャット機能 ・画面共有機能 などです。 簡易的なミーティングなら十分な機能があります。 PCにWEBカメラが付いていなくても、マイク機能が正常であれば、音声のみのミーティングが行えます。 「Zoom」の簡単の使い方 「ZOOM」でビデオ会議を行うには、ユーザー登録する必要あります。 「ブラウザで「ZOOM」のWebサイトにアクセスします。 赤枠のサインアップからメールアドレスを登録します。 誕生日を登録してください。 と聞かれますので選択して、「サインアップ」をクリックします。 メール送信完了の表示後、登録したメールアドレスの受信を確認しましょう。 登録したメールアドレス宛てに認証確認のメールが届きます。 メール内に記載されたURLをクリックして認証を行いましょう。 認証のURLをクリックするとブラウザで認証ページが表示されますが、「Are you signing up on behalf of a school? 」と表示される場合があります。 学校関係者は「はい」。 学校関係者ではない場合は「いいえ」を選択します。 氏名とログイン、パスワードを入力して「続ける」をクリックすれば、「ZOOM」の初期登録は完了です。 ログインして、ZOOMアプリをインストールすればミーティングを開催できます。 「Zoom」の危険性とは 「ZOOM」は、いままで「ゼロディ攻撃」などの脆弱性の報告があり、セキュリティーの面で危険性があると報告されてきました。 以前、MacOSクライアントの「ZOOM」は、管理者検眼のないユーザーにroot権限が与えられ、第三者にマイクやWEBカメラを盗み見られる危険性が報告されました。 参考: WindowsOSクライアントの「ZOOM」でも、チャット機能の中のリンククリック時にIDやパスワードなどの情報を盗まれたり、悪意のある実行ファイルを仕組まれたりする可能性も報告されました。 参考; 世界中でテレワークが広まり、利用するユーザーが増えてきた事もあるでしょう。 利用者が増えれば、攻撃のターゲットにされるのです。 「Zoom」のアプリケーションは最新版にしよう 趣味で集まるミーティングや家飲みなどのミーティングなら、そこまで危険性を意識する必要がないかもしれませんが、 企業の会議で使うなら多少注意が必要です。 人気があるサービスは悪意ある者がプログラムの脆弱性を探して攻撃の機会を狙っています。 「Zoom」を安全に使いたい場合は、 1、WEB会議、ミーティングで機密情報を取り扱わない。 2、ZOOMに登録するユーザー情報は、個人で使用しているメールアドレスやパスワードを登録しない。 3、PCやスマートフォンのOSプログラムを最新にする。 4、ZoomのOSクライアントプログラムを最新にする。 これらを守りましょう。 特にZoomのOSクライアント、OSにアプリケーションをインストールする場合は アプリケーションを常に最新にしましょう。 最新にする手順は簡単です。 スマートフォンやタブレットはアプリを最新にするだけですし、 PC版のアプリケーションも「アップデートを確認」からZOOMを最新のプログラムを使用しているか確認出来ます。 更新版があれば「今すぐ更新」というボタンが表示されるので、それをクリックするだけで最新のバージョンになります。 ZOOMを安全に使いたい場合 OSクライアント版(アプリケーション版)のZOOMよりも安全な方法があります。 PCのブラウザでZOOMを利用する方法です。 一部のブラウザになりますが、 ZOOMのミーティング、WEB会議機能をブラウザだけで利用する事が可能です。 ZOOMをWEBブラウザで利用する方法 ZOOMをWEBブラウザのみでミーティング開催する方法ですが、ZOOMのWEBサイトにログインしミーティングを開催します。 表示されるメッセージ内の「 ここをクリック」をクリックします。 ZOOMアプリケーションをインストールしている場合はアプリケーション起動メッセージが表示されます。 ここで「 キャンセル 」をクリックします。 下部に表示されるメッセージの「 こちら」または「 ブラウザから参加」をクリックします。 そうすると、画面が切り替わり、ブラウザ内でZoomミーティングを開催できます。 「Zoom Meetings」アプリケーションは起動されません。 あとは「参加者を管理」からユーザーを招待すれば、アプリケーションと同様にWEB会議を行えます。 ZOOMのWEBブラウザ版はアプリケーション版と使い勝手が少し違います。 ブラウザによっても一部使える機能が違います。 ブラウザでZOOMを利用する場合は、アプリケーション同様に使えるGoogle Chromeを使いましょう。 少しでも危険を回避したい場合は、WebブラウザーからZoomを利用することをお勧めします。 端末にインストールするクライアント版のように多くの権限を持つことはありません。 企業の機密情報をWEB会議で取り扱う場合は、「ZOOM」以外の他の有料サービスを検討しましょう。

次の

3分で分かるZoomとは?知らないと損するWeb会議ツール|Zoom×日商エレクトロニクス

ズーム クラウド ミーティング

「Zoomがおすすめと聞いたが、評判は良いのだろうか?」 「価格やプランを見て導入するかを決めたい!」 これからZoomの導入を検討している人の中で、価格や有料プランの内容について、また、Zoomの評判は良いのかなど疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。 実は、ZoomはWeb会議ツールの中でも豊富な機能を備えているうえ、初心者でも扱いやすいツールです! 多くの企業に導入されている実績を持ちながらも無料、また格安な価格で導入できるプランまで用意されているのが魅力。 今回は、Zoomが提供している料金プランの種類、そしてそれぞれの特徴について紹介します。 自社へのZoomの導入を検討しているなら、ぜひこの記事を参考にしてください。 ビデオ会議に必須となっている、 オンライン名刺の導入を検討している方は以下の記事もおすすめです。 Zoomの無料プランと3つの有料プラン Zoomには、Basic(無料)プランと、有料プランがあります。 Basicプランは無料 、とはいえビジネスツールとして申し分のない機能を備えています。 有料プランになると、同時接続数が増えるなど機能が豊富になります。 有料プランには以下の3つの価格カテゴリーがあり、それぞれ利用人数に応じたライセンス課金であるため、小規模から手軽に導入することができます。 しかも有料プランといっても、 料金はとてもリーズナブルです! では、Zoomの無料プランと3つの有料プランの特徴を詳しくみていきましょう。 (1)Basic(無料)プラン ZoomのBasicプランは、無料で利用することができます。 無料でも基本的な機能はフル装備されており、コストを抑えたい方にとっては魅力的なweb会議システムであるといえるでしょう。 Basicプランは、 1対1のパーソナルミーティングに最適です。 参加者3名以上の場合は会議時間が40分までと制限はありますが、100人までが参加することが可能。 最大1万名の出席者の参加が可能で、FacebookやYouTube等で放送することができる「Zoomウェビナー」は、Zoomの基本プランでは利用ができません。 またBasicプランでは、 録画、録音はローカル記録のみ。 ローカル記録とはパソコンの記録領域に保存するレコーディング方法で、パソコンでしか録画、録音することができないというデメリットがあります。 録画機能については、以下の記事で詳しく説明しています。 (2)Proプラン ZoomのProプランは、 小規模チームに最適のプランです。 有料プランにはそれぞれ契約ユーザー数が決められていて、Proプランの場合は1~9名となっています。 また、Proプランは100名以上会議に参加ができるオプションもあり、1ホスト当たり、参加上限100名、500名、1,000名まで増やすことができます。 ZoomのProプラン以上は、ローカル記録のほかに、 クラウドレコーディングでの録画が可能です。 クラウドレコーディングでは、ミーティングを記録して[クラウドに記録]を選択すると、ビデオ、音声、チャットテキストが「Zoom Cloud」に記録されます。 記録ファイルは「マイ録画」に保存され、 コンピュータにダウンロードするか、リンクで共有することが可能。 ZoomのProプランでのクラウド容量は、1ユーザーに付き1GBと少なく、ギャラリービューの動画も加えた1時間のミーティングをすると、1GBという容量は簡単に超えてしまいます。 そのような時は、「マイアカウント」から「支払い」を選択し、「追加のクラウド記録ストレージの追加」をクリックすれば、 クラウド容量を増やすことが可能です。 人気の クラウドレコーディング機能については、以下の記事で詳しく説明しています。 (3)Businessプラン ZoomのBusinessプランは、中小企業向けのコースです。 Businessプランでは最低10ホスト以上の契約が必要で、参加人数ごとに月額料金が上がるシステムです。 BusinessプランはProプランの機能に加え、さらに多くの機能を使うことができます。 例えば、Businessプランで契約すると、 トラブルシューティングに使える管理機能やシングルサインオンが利用可能になります。 特定の問題やエラーメッセージ、または正常に動作しない機能のトラブルシューティングをサポートしてくれるので、ビジネスツールとして安心して利用することができるでしょう。 (4)Enterpriseプラン ZoomのEnterpriseプランは、最低50ホスト以上の契約となります。 EnterpriseプランはZoom内の最上位版であり、 大企業向けの有料プランです。 Proプラン、Businessプランの機能に加え、さらに多くの機能を使えるようになります。 その中で特筆すべきは、 クラウド容量が無制限であること。 人気の クラウドレコーディング機能については、以下の記事で詳しく説明しています。 容量無制限の最も大きなメリットは、 サイズの大きなファイルやデータを大量に保存、バックアップできることで、大人数で多くのファイルやデータを使用する場合に大いに役立つ機能でしょう。 Zoomの料金の支払方法 3つの価格カテゴリーがあるZoomですが、 料金の支払方法を解説します。 Zoomアカウントを無料アカウントから有料アカウントに移行する際は、以下の手順に従ってください。 Zoomのホームページにアクセスして、サインインを行う• 右上に「マイアカウント」をクリック• マイプロフィール画面の「アカウントをアップグレード」をクリック• 変更するプランの「アップグレード」タブをクリック• 下にスクロールして、「続ける」をクリック• クレジットカードの情報を入力して、決済 決済が完了した時点から、Zoomを有料アカウントで使うことができます。 Zoom無料版から有料プランに変える4つの基準 Zoomは、一般的な通話であれば、 無料版でも十分に有用性が高いサービスです。 しかし、 有料アカウントに切り替えれば、さらにビジネスの場において使い勝手が良い機能を利用できます。 特に、ビジネスの場で以下の4つの要望がある場合は、有料アカウントへの切り替えがおすすめです。 ユーザーの利用履歴の管理、トラブルシューティングなど運用面を考慮したい• シングルサインオン製品(認証機能)との連携が必要• クライアントを含めた3人以上の通話を長時間続けたい• 会議などビデオ通話をクラウドレコーディングで記録したい これらを可能にする機能は、Zoomでは有料プランでしか利用ができません。 有料アカウントにアップグレードすることで、Zoomの有用性はさらに広がるでしょう。 Zoom無料版から有料プランに変える前に考えるポイントについて、さらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。 Zoomが高評価を得る4つの理由 Zoomは、企業に大小を問わず全世界で75万人以上の人に利用されているサービスです。 日本も例外でなく、日本航空(JAL)、JVCケンウッド、アイシン・エィ・ダブリュ、東京ミッドタウンマネジメントなどの国内の大手企業、また、東京都町田市、愛媛県西条市などの自治体でも導入をされています。 また多くの企業から、 「導入後に経営効率が高まった」「働き方改革につながった」という報告も上がっています。 Zoomがこれほどまでに多くの企業で支持をされているのは、その クオリティの高さにあります。 Zoomが高評価を得る4つの理由は以下の通りです。 使い方がシンプルで簡単• セキュリティ面が優秀• 安定した通信が可能• 維持管理コストが不要または格安 4つの理由について、それぞれ解説していきます。 それだけでなく、有料会員になると、保存しているデータをブラウザ上で確認できたり、URLで動画を共有できるなど便利な点もあります。 (2)セキュリティ面が優秀 Zoomが高評価を得る2つ目の理由は、セキュリティ面が優秀なこと。 Zoomはクラウドサービスのため、 専用サーバーにて厳重管理されています。 参加ドメイン制限、ログ管理機能などの機能も備えており、秘匿性が高いツールであるといえるでしょう。 会社の守秘事項や機密会議においては情報の漏えい化などのセキュリティを考慮する必要がありますが、その点Zoomには セキュリティ上の脆弱性の心配はありません。 (3)安定した通信が可能 Zoomが高評価を得る3つ目の理由は、安定した通信が可能なことです。 ほかのweb会議システムなら、ネットワーク回線の影響を受けやすく、状況によっては通信が不安定になりやすいもの。 しかしながらZoomは、 独自技術により狭帯域なモバイル回線でも通信が乱れることがありません。 そのため、複数名で同時に会話をしていてもほとんどストレスを感じることがありません。 通常の会議と同様、まるで同じ部屋で会話をしていると思うほどスムーズに会議を進めることができるでしょう。 (4)維持管理コストが不要または格安 Zoomが高評価を得る4つ目の理由は、維持管理コストが不要または格安なことです。 有料プランの最上位であるEnterpriseプランでも、1ホストあたり月額2,500円以下で利用することができます。 どんなに機能性の高いツールでも、評判が良くても、価格が高すぎると営業、管理に要するコストが跳ね上がり実用的ではありません。 その点Zoomは コスパの良い、つまり 価格以上の機能を備えた最強ツールといえるでしょう。 自社に合うかどうか迷う場合は、Zoomのアカウント取得は無料、基本プランは無料で使えるので、まずは無料版を利用してZoomの基本的な機能を体感しながら、必要に応じて有料版への移行を検討してみてはいかがでしょうか。 Zoomの他にも、Whereby・Chatwork・Googleハングアウトと言った他のWeb会議システムについて知りたい方はこちらの記事をご覧ください。 月額3万円で検索結果上位表示済みページへ掲載可能なデジマレンタル 「デジマレンタル」はデジマチェーンにて上位表示済みの記事上部へ、すぐに掲載できる点が特徴となっています。 特にBtoB向けのデジタルマーケティング分野で、検索広告を出稿すると1クリック500円から1,000円以上します。 デジマレンタルであれば、広告代理店やホームページ制作関係のキーワードで上位表示済みのページに月額固定3万円で掲載できます。 第三者視点で御社の強みをご紹介するので、ユーザーへも御社について別視点で気づきを与えることも可能です。 詳細については下記フォームよりご登録いただければ、詳細資料をお送り致します。 デジマレンタルの資料請求はこちら.

次の