バンギラス 育成 論。 【ダブル】バンギラスの育成論と対策【ポケモン剣盾】

【ポケモン剣盾】バンギラスの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

バンギラス 育成 論

バンギラスの調整例 今回はバンギラスの基本形となる配分と、素早さに大きく振ったものの2つを紹介します。 バンギラスの基本的な配分 バンギラスの基本形となる配分を紹介します。 性格:意地っ張り• 努力値:H252 A204 B12 D20 S20• 実数値:207-198-132-103-123-84 この配分は素早さをバンギミラーや60族意識で多少素早さに振りつつ、耐久と火力にがっつり振ったものとなります。 素早さについて 素早さの84という値は、麻痺した100族(リザードン、フライゴンなど)を抜けるSとなっています。 また、最速バンギラス抜き調整の125に調整されたポケモンを、素早さを1段階上げることで抜けるSとなっています。 シングルだとそこまで活きることはないかもしれませんが、ダブルではダイジェットや追い風で素早さの変動がよく起こるので、トリルを意識しないのであれば最低でも84は確保したいところです。 おすすめの技 技構成はこのような形になるでしょう。 いわなだれorストーンエッジ• かみくだく• かえんほうしゃ だいもんじ orじしんorばかぢから• 選択枠 タイプ一致である岩技と悪技はよほどのことがない限り採用しましょう。 残りの2枠の1つ目の技は、対鋼枠として炎、地面、格闘からいずれかの技を採用することになるかと思います。 炎技は炎のパンチも覚えますが、主な打ちたい相手がナットレイやアーマーガアのような物理で戦いたくない相手なことから特殊技が推奨されます。 バンギラス自身特攻種族値が95もあり、炎のパンチと比べてかえんほうしゃや大文字のほうが威力も高いので、下降補正無振りでもちゃんと火力は出ます。 最後に選択枠として、ダイスチルのためのアイアンヘッドやステロ、挑発や守るなどを入れれば完成です。 対面でダイマックスしたミミッキュに勝つためにはダイスチルがほしいので、ミミッキュを意識する人はアイアンヘッドがいいでしょう。 耐久調整 ダイマックスで崩されてしまうので、耐久調整は目安程度にご覧ください。 ・物理耐久• A194命の珠ギャラドスのたきのぼり確定耐え• C172眼鏡トゲキッスのはどうだん確定耐え• C172眼鏡ウォッシュロトムのハイドロポンプ確定耐え• 岩封型で運用する場合は弱点保険などとも相性が良いです。 ねばねばネットを張っておくのもいいですね。 性格:意地っ張り• 努力値:H124 A124 B4 D4 S252• 実数値:191-187-131-103-121-113 この配分は準速まであげつつ、火力と耐久のバランスをとったものになります。 ダブルではダイジェットと絡めることにより岩封やスカーフもいらなくなるので、より動きやすくなるでしょう。 定数ダメ最小の「16n -1」とゴツメダメ最小の「6n — 1」の両方を満たすHP191という値をとりつつ、攻撃も性格補正のかかる11nで綺麗にまとまっている非常に美しい配分となっています。 最速ではなく、あえて準速な理由 最速にすることで準速ペリッパーや準速ルンパッパ、最速60族らを抜くことができるようになります。 ですが、この間にいるポケモンで意識したいのが、アイアントやゲンガーくらいであり、そこまで必要性を感じません。 7世代以前では、ガブリアスやボルトロス、ラティ兄弟やメガメタグロスといった存在から最速に軍配が上がっていましたが、剣盾では準速でも十分に高速帯と言えるでしょう。 バンギラスを最速ではなく、 あえて準速にすることで、実数値17相当分も浮かせることができるのでこれをどう見るかだと思います。 ちなみに、準速の113というラインは、• 最速50族抜き• 準速60族抜き• 素早さにあまり振っていないロトムを抜ける となっています。 おすすめの技 技構成は持たせる持ち物によっても大きく変わってくるでしょう。 ・スカーフの場合• いわなだれorストーンエッジ• かみくだく• かえんほうしゃ だいもんじ orじしんorばかぢから• 選択枠 ・スカーフでない場合• いわなだれorストーンエッジorがんせきふうじ• かみくだく• 選択枠• 選択枠 スカーフの場合はフルアタで大丈夫です。 スカーフでない場合は、シングルであれば素早さ操作技は入れたいところです。 岩石封じか龍の舞がおすすめです。 必要な技を入れたら、残りはほしい攻撃範囲に合わせて技を決めていけばいいでしょう。 ダブルでは素早さの高くないバンギラスは縛られてしまうことも多いため、守るもできればほしいところですね。 耐久調整 ダイマックスで崩されてしまうので、耐久調整は目安程度にご覧ください。 ・物理耐久• A156命の珠ミミッキュのじゃれつく確定耐え• A177命の珠ギャラドスのたきのぼり確定耐え• C154までの眼鏡ウォッシュロトムのハイドロポンプ耐え バンギラスの対策 バンギラスの対策を2つほど簡潔に紹介します。 格闘タイプのポケモンを使う バンギラス自身が格闘4倍弱点な上に、バンギラス側にも格闘タイプに有効打がありません。 そのため、格闘タイプのポケモンを使うというのが一番の対策になります。 ただし、 ダイマックスされるとポケモンによってはタイプ一致格闘技でも落としきれなかったりするので、弱点保険には注意が必要です。 やけどを狙う バンギラスは物理偏重の技構成であることが多いので、やけど状態にして攻撃を落とせば驚異ではなくなります。 ただし、弱点保険を持っていることがあるので熱湯ではなく、鬼火で対策する必要があります。 物理受けのポケモンを用意する バンギラスは技や型が多彩なので確実ではないのですが、アーマーガアやカバルドンといったポケモンで攻撃を受けることも可能です。 まとめ バンギラスはちょっとした弱点の攻撃なら耐えていけるだけの耐久があります。 その耐久と、通りの良い岩技や悪技を活かし、数値を押し付けていく戦い方が基本になるでしょう。 ですが、状態異常や数値受けには弱いので、火傷や受けポケモンには注意していく必要があるでしょう。 砂を起こせるのを活かしてドリュウズと組ませたりするのもおもしろいです、是非バンギラスを育ててみてください!•

次の

ポケモン育成論 〜バンギラス〜

バンギラス 育成 論

【良いところ】• メガバンギラスは金銀世代の600族、バンギラスがメガシンカした姿です。 メガシンカ前と比べてHPと特攻以外の種族値が上がりパワーアップしています。 600族のメガシンカだけあって安定したステータスで、種族値合計は伝説ポケモンを除くと最高の700に達します。 メガバンギラスの特性は、メガシンカ前と同じく「すなおこし」です。 メガバンギラスは岩ポケモンなので砂嵐下で特防が1. 5倍になる恩恵を受けられ、元から高い特殊耐久がさらに高まります。 ポケモンXYではフェアリータイプのポケモンが新登場しました。 フェアリーは悪に強いタイプのため一見バンギラスには逆風ですが、バンギラスはタイプ一致の岩技を等倍で通せるためフェアリーに対して何もできないわけではないです。 またフェアリーの登場で一部の格闘ポケモンが減ることはバンギラスにとってメリットです。 フェアリーは格闘技に耐性を持つため、パーティの味方ポケモンとしてはバンギラスと相性が悪くありません。 しかしバンギラス、フェアリー共に鋼技で弱点を突かれることもあり、特別相性が良いわけでもありません。 バンギラスはメガシンカしなくても強い型があります。 そのため見せ合いありのバトルでは、バンギラスなどメガシンカ可能なポケモンを複数パーティに入れることでメガシンカ枠がバレにくくなる効果があります。 【悪いところ】• メガバンギラスの特性「すなおこし」では場に出るだけで天気を砂嵐にできますが、ポケモンXYでは特性が弱体化し砂嵐が5ターンで終わってしまいます。 過去世代のように砂嵐が半永久的に続くわけではないため、バンギラスやカバルドンを主軸とした砂パ 砂嵐を利用したパーティ には逆風です。 それでもメガバンギラス自身はバトル場に出るたび天気が砂嵐になり、5ターン以上居座ることもまずないため、天気の仕様変更でバンギラス自体が弱体化したわけではありません。 メガバンギラスは火力UPアイテムを持てない関係で、火力は通常バンギラス@こだわりハチマキの方が高いです。 メガバンギラスはバンギラス@こだわりハチマキのおよそ8割程度の火力です。 上記より道具を持った通常バンギラスの方が攻撃か特殊耐久どちらかに特化しやすく、メガバンギラスは全体的に能力が上がった代わりに突出した能力を失ったポケモンとも見られます。 ラティオスなど特殊エースに繰り出すならバンギラス@とつげきチョッキの方が安定し、一発撃ち逃げならバンギラス@こだわりハチマキの方が向いています。 またメガバンギラスはバンギラスと比べて防御が大きく上がっていますが、バンギラスは格闘や地面といった物理技が多いタイプに弱点を持つため物理受けになれるわけでもありません。 バンギラスをフルアタにする場合、メガストーンを持たせるよりも「こだわりハチマキ」や「とつげきチョッキ」を持たせた方が特定の能力が高くなるため使いやすいです。 メガバンギラスを使うなら、全体的に高いステータスに加え、技が縛られないことや補助技を使えるのを生かしたいところ。 「りゅうのまい」は攻撃力が高く、素早さが足りないメガバンギラスにピッタリの積み技です。 メガバンギラスはタイプ耐性を生かした繰り出しのほか、高い特殊耐久を生かしてラティオス等特殊エースの等倍技に対して交代出しできます。 特殊エースとのタイマン中や相手の交代読みで「りゅうのまい」を積めるチャンスは多く、一度積めば高い攻撃を生かして全抜きも狙えます。 メガシンカ前のバンギラスは素早さが足らず、「りゅうのまい」1積みで最速130族を抜くことができませんでした。 一方メガバンギラスは素早さ種族値が71あるため、最速にすれば「りゅうのまい」後に最速130族をギリギリ抜くことができます。 メガバンギラスは「りゅうのまい」使いの中でも耐久が高く、HPが十分余っていれば全抜き中に相手に反撃されても倒されにくいです。 メガシンカにより物理耐久が上がったことで先制技に強くなったのもポイントです。 しかし弱点先制技の「マッハパンチ」「バレットパンチ」「アクアジェット」には注意。 体力が減った状態でキノガッサ、ローブシン、ハッサム、マリルリ等とタイマンはできません。 メガバンギラスにメガシンカすると特性が「すなおこし」になります。 メガシンカ前の特性も「すなおこし」がオススメです。 性格をいじっぱりにすると火力が上がる代わりに抜ける相手が減ります。 バンギラスナイト: バンギラスをメガバンギラスにメガシンカさせます。 ストーンエッジ・いわなだれ: メインウェポンの岩技です。 「ストーンエッジ」は威力100で急所に当たりやすい無難な技ですが、命中率が80と低いです。 全抜き中に外すと相手の反撃で倒される危険があります。 「いわなだれ」は威力75で3割ひるみの追加効果があります。 「りゅうのまい」でバンギラスが先制しやすくなるため、ひるみ効果はそこそこ発動します。 命中率も90と「ストーンエッジ」よりは安定ですが、威力75は低く確定圏内に入れられる相手がかなり減ってしまいます。 かみくだく: 威力80の悪技で、岩技読みで出てきた多くの相手に等倍ダメージを与えられます。 バンギラスが覚える悪技には後攻だと威力100で撃てる「しっぺがえし」もありますが、素早さを上げて先制しやすくなるこの型には合いません。 りゅうのまい: 攻撃と素早さを1段階ずつ上げる積み技です。 バトル後半に積めば全抜きも狙えます。 バンギラスの積み技には他に「ロックカット」もあります。 「ロックカット」は素早さを一気に2段階上げられますが、代わりに攻撃が上がりません。 「りゅうのまい」でも1積みで最速130族を抜けるため、「りゅうのまい」の方がオススメできます。 じしん: 岩技に耐性を持つ鋼ポケモンに効果抜群です。 バンギラスが電気タイプに繰り出しやすいことや、岩ポケモンのバンギラスに飛行タイプが出てきにくいこともあって相性が良い技です。 ばかぢから: 「じしん」と同様に鋼ポケモンに効果抜群です。 「じしん」より高威力で特性「ふゆう」のポケモンにも効きます。 ゴーストに無効化されてしまいますが、バンギラスは悪タイプでゴーストに強いので大丈夫。 使うと攻撃ランクが下がるのが唯一の欠点です。 ほのおのパンチ: 「じしん」「ばかぢから」で弱点をつけないハッサム等の鋼ポケモンに効果抜群です。 「りゅうのまい」を積めばエアームドも突破できます。 炎技はハッサムに4倍弱点で、メガハッサムにも大ダメージを与えられます。 れいとうパンチ: 岩技読みで出てくるガブリアスの4倍弱点をつけます。 ついでにカイリューやボーマンダといったドラゴンの4倍弱点もつけます。 役割関係.

次の

【剣盾育成論】耐久振り弱保バンギラス

バンギラス 育成 論

バンギラスの特徴 悪タイプ最凶のポケモン、バンギラス。 流石に、種族値600群に連なるだけあり、攻撃を中心として、HP・防御・特防が高いです。 素早さは、中途半端に遅いので、「トリックルーム」では、少し使いづらい面もあります。 特性「すなおこし」で、凶悪なポケモンと化します。 主な戦型は、砂嵐パーティーの先発として、特性「すなあらし」で、天候を砂嵐状態にした後、そのまま、相手に殴りかかります。 攻撃が高いので、破壊力が高いだけでなく、砂嵐により、特防が1段階アップするので、相当硬いポケモンだといえます。 候補技 技名 特徴 ストーンエッジ 物理 タイプ一致で、威力100の大技です。 破壊力は、相当なものですが、命中率の低さに注意が必要です。 いわなだれ 物理 タイプ一致で、威力が75です。 安定性を求める戦型ならば、「ストーンエッジ」より、使いやすいです。 かみくだく 物理 タイプ一致で、威力80の技です。 エスパー・ゴーストタイプに、大きなダメージが与えられます。 じしん 物理 相手の弱点を多くつける技で、安定性が高いです。 メインウェポンが岩技中心なので、相性がいい技です。 しっぺがえし 物理 タイプ一致で、威力が50ですが、相手に先制されたら、威力が2倍になります。 バンギラスの素早さを利用した技です。 ほのおのパンチ 物理 威力が75の、炎技です。 相手の草・氷・鋼タイプ辺りに、ピンポイントで攻めていきます。 こおりのキバ 物理 威力が65なので、破壊力は期待できませんが、相手のドラゴン対策になります。 かみなりのキバ 物理 威力が65なので、破壊力に期待できませんが、相手の水タイプを強引に倒すことができます。 げきりん 物理 「こだわりハチマキ」を持たせた場合等の、技スペースの空きにオススメです。 受けられるポケモンが少ないのが特徴です。 あくのはどう 特殊 特殊型バンギラスの主力技で、特攻が95もあるので、破壊力が期待できます。 だいもんじ 特殊 特殊型バンギラスの、サブウェポンだけでなく、通常のバンギラスの役割破壊としても、使い勝手のいい技です。 かえんほうしゃ 特殊 特殊型バンギラスの、有力なサブウェポンで、「だいもんじ」より、安定しているため、確実な攻撃が期待できます。 10まんボルト 特殊 特殊型バンギラスの、サブウェポンで、苦手な水タイプに、対策できる点が大きいです。 れいとうビーム 特殊 特殊型バンギラスの、サブウェポンで、ドラゴン対策として、需要のある技です。 なみのり 特殊 特殊型バンギラスの、サブウェポンで、相手の地面・岩・炎タイプ辺りの、カバーしずらいタイプのポケモンを、倒せます。 きあいだま 特殊 特殊型バンギラスの、サブウェポンで、ノーマル・氷・悪・鋼タイプ辺りに、大きなダメージが与えられます。 めざめるパワー 岩 特殊 特殊型バンギラスにとって、数少ないタイプ一致技です。 威力は、65以上あれば、実用的でしょう。 りゅうのまい 補助 自分の攻撃と素早さを、1段階ずつ上げます。 相手の攻撃を受けるため、比較的、脆くなるのが弱点です。 ロックカット 補助 自分の素早さを、2段階上げます。 かなり速くなるため、相手を倒しやすくなりますが、脆くなるのが弱点です。 ちょうはつ 補助 相手の補助技を、2〜5ターン、発動させなくする技です。 「りゅうのまい」を積むチャンスを作ることができます。 まもる 補助 1ターン、相手の攻撃を受けない技です。 対ゴウカザル・マニューラに特化した技です。 主な戦型 竜舞型 努力値 攻撃252 素早さ244 HP10 Lv. 50戦用 性格 ようき 持ち物 フォーカスレンズ きあいのタスキ ヨプのみ 確定技 りゅうのまい 候補技 ストーンエッジ or いわなだれ かみくだく じしん ほのおのパンチ ちょうはつ 等 砂嵐パーティーに、比較的多い戦型です。 一度、「りゅうのまい」が、積めたら、素早さ115群のポケモンまでを、抜かすことができます。 ロックカット型 努力値 攻撃252 素早さ調整 残りHP 性格 いじっぱり 持ち物 きあいのタスキ ヨプのみ フォーカスレンズ 確定技 ロックカット 候補技 ストーンエッジ or いわなだれ かみくだく じしん ちょうはつ 「ロックカット」によって、素早さを上げてから攻撃します。 火力と、特性による特防の高さは期待できますが、物理技や、格闘タイプの技には、特に注意が必要です。 特殊型 努力値 HP252 特攻252 防御6 持ち物 こだわりメガネ たつじんのおび ヨプのみ 性格 ひかえめ 確定技 あくのはどう 候補技 かえんほうしゃ 10まんボルト れいとうビーム めざめるパワー 岩 等 特殊型バンギラスで、特攻の種族値が95もあるため、火力はそこそこあります。 相手を選びますが、特殊受け並の耐久力を持てるため、比較的使いやすいです。 コラム 要注意ポケモン カイリキー ヘラクロス ゴウカザル ガブリアス メタグロス マリルリ ユキノオー 等 オススメの組み合わせ 砂嵐パーティー全般 レジロック グライオン ガブリアス テッカニン 等 対策方法 高い火力を中心として、相手に攻撃を仕掛けてくるため、「りゅうのまい」を積まれたら、対処が難しくなります。 素早さ115以下のポケモンの場合、格闘タイプの技で攻めない限り、対処は難しいです。 ただ、相手より素早さが高ければ、比較的倒しやすいポケモンでもあります。 基本的には、メタグロスの、「バレッドパンチ」・マリルリの、「アクアジェット」辺りの先制技で、相手のHPを、半分以上持っていけます。 物理耐久は硬いですが、弱点さえ突けば脆いので、素早いポケモンか、弱点を突ける、タイプ一致先制技で攻めれば、かなり強いです。

次の