高 カルシウム 血 症 治療。 ビスホスホネート製剤(悪性腫瘍による高カルシウム血症などの治療薬)

【第179号】高カルシウム血症(高Ca血症)について について、高カルシウム血症の ①原因になりやすい薬品、 ②治療に使う薬について

高 カルシウム 血 症 治療

高カルシウム血症の基礎知識 POINT 高カルシウム血症とは 血液中のカルシウム濃度が高い状態のことを指します。 軽度な場合は無症状のことが多いですが、重度(カルシウム濃度が高い)な場合はだるさや疲労感、食欲不振、便秘などの症状が現れます。 また身体への影響としては、不整脈の原因になり、生命に関わる場合があります。 原因は副甲状腺機能亢進症やビタミンDのとりすぎ、悪性腫瘍、運動不足、薬の副作用などさまざまです。 高カルシウム血症が疑われる人には血液検査や尿検査、心電図検査、画像検査(超音波検査やCT検査)が行われ、原因やその程度が調べられます。 高カルシウム血症の治療は水分を補って、カルシウム濃度を下げたり、血液中のカルシウム濃度を下げる薬を使います。 高カルシウム血症は内分泌内科で検査や治療が行われます。 血液中のカルシウム濃度が高い状態• 主な原因• 血中のカルシウム濃度を制御する 副甲状腺ホルモンの働きが強まりすぎる 病態• ビタミンDの摂りすぎ• サプリメントなどで日々大量のビタミンDを長期間(数ヶ月以上)摂り過ぎた場合や、などの治療で ビタミン製剤を服薬している場合• 悪性腫瘍( がん)• 、、などは、副甲状腺ホルモンに似たタンパク質を分泌して、血液中のカルシウム濃度を高めることがある• がんが骨へ 転移して骨の細胞を破壊したとき、カルシウムが血液中へ放出されることによっても起こる• 骨の病気• 骨が分解(再吸収)されたり破壊されたりしてカルシウムが血液中に放出される• 運動不足• 病気などで寝たきりとなり長期間にわたって骨に重量がかかっていないと、骨を構成しているカルシウムが血液中に放出される• 血中のカルシウム濃度が高くなると 意識障害や、腎障害などの原因となるため、緊急で治療が必要になることもある 高カルシウム血症の症状• 疑わしい薬剤を使用していれば内服を中断する• ビタミンD(の治療薬)投与中に高Ca血症となった場合はまずこれを中止する• 軽症の場合、 腎機能が正常であれば、水分を十分とるようにする• 水分は腎臓を刺激しカルシウムを排出させる• 症状が強い場合や重症の場合は生理食塩水の点滴を行う• 腎機能が正常ならば、利尿薬を使用することもある• 利尿薬に加えてビスホスホネート、カルシトニン、 ステロイド薬、プリカマイシンなどを使用する• これらの薬剤は骨からカルシウムが流出するのを抑える• 重度の高カルシウム血症の場合で他の治療を用いても効果がない場合、 透析を行う• がんが原因の高カルシウム血症は、特に治療が困難である• がんをコントロールできないと、最善の治療を行っても再発してしまう• ビスホスホネートという薬を用いて治療することがあるが、重症の高カルシウム血症の場合は効果に乏しいことが多い 高カルシウム血症に関連する治療薬.

次の

高カルシウム血症:MEDLINEPLUS医学百科事典

高 カルシウム 血 症 治療

悪性腫瘍随伴性高カルシウム血症 あくせいしゅようずいはんせいこうかるしうむけっしょう 悪性腫瘍随伴性高カルシウム血症 Malignancy-associated Hypercalcemia 悪性腫瘍では経過中にしばしば高Ca血症が合併し,時にはこの高Ca血症が直接死因となることさえある。 進行癌では比較的多い合併症である。 血清Ca濃度は副甲状腺ホルモン(PTH),カルシトニン,活性型ビタミンD 3(1,25(OH ) 2 D 3)の3者によって正常域に調節されている。 PTHは骨吸収(骨から血中へのCa動員)を促進し,腎においてはCaの再吸収を促進し,血清Ca濃度を上昇させる。 さらには腎でのビタミンD 3の活性化を促進する。 ビタミンD 3は肝臓及び腎臓で活性化され,腸管からのCaの吸収及び骨吸収を促進する。 一方,カルシトニンは甲状腺のC細胞から分泌され,骨吸収を抑制して血清Ca濃度を低下させる。 血清Ca濃度の高低により,PTHとカルシトニンの分泌量が調節されている。 HHMは肺扁平上皮癌,乳癌,泌尿生殖器系腫瘍や成人T細胞白血病での発症頻度が高い。 一方,肺癌,乳癌などの骨転移や多発性骨髄腫などでは,骨転移した局所で腫瘍が産生する骨吸収因子によって起こる(local osteolytic hypercalcemia; LOH)。 高Ca血症の臨床症状は,食欲不振,嘔気,口渇,多尿,便秘などである。 【治療】原疾患に対する治療と並行して,高Ca血症に対して,生理食塩水の点滴静注によりCa排泄の増大を図る。 これにラシックスなどの利尿薬を併用する。 病態に応じて骨吸収抑制薬が用いられる。 反復投与により効果が減弱する(エスケープ現象)が,副腎皮質ステロイド併用(プレドニン1日30mg静注)により,ある程度効果を引き延ばすことが出来る。 生理食塩水500mLで希釈して2〜4時間かけて点滴静注する。 単回投与で著明な血清Ca濃度の低下が得られ,2週間近く効果が持続する。 高Ca血症の再発に応じて再投与が必要な場合には,少なくとも1週間の投与間隔を置く。 投与後は定期的に腎機能検査を行う。 血清Ca値が急速に低下するおそれがあるので,カルシトニン製剤との併用に注意する。 主要疾患・治療と薬剤ハンドブック(薬事新報社刊)より.

次の

ビスホスホネート製剤(悪性腫瘍による高カルシウム血症などの治療薬)

高 カルシウム 血 症 治療

原因 高カルシウム血症とは、血液中のカルシウム濃度が高くなる病気ですが、 ふくこうじょうせんきのうこうしんしょう もしくは、がん、薬剤性の3つが原因として頻度が高いです。 副甲状腺機能亢進症とは、副甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気ですが、副甲状腺ホルモンはカルシウムバランスにとても重要な役割を果たしています。 血液中のカルシウムが下がるような場合には、副甲状腺ホルモンが分泌され、骨や小腸、腎臓にはたらきかけることでカルシウム濃度を上昇させるようにしています。 副甲状腺機能亢進症では、副甲状腺ホルモンが過剰に分泌されている状態であり、常時カルシウムが高くなるよう方向づけられています。 副甲状腺自体の異常からホルモンが大量につくられていることもありますし、それ以外の臓器が原因となって反応性に副甲状腺ホルモンが過剰につくられることもあります。 がんに関連した高カルシウム血症は、さまざまなメカニズムを挙げることができます。 たとえば、や、などにおいては骨に転移をしやすいことが知られています。 骨に転移をきたす過程で骨が破壊され、骨の中に含まれるカルシウムが血液中に放出される結果、高カルシウム血症が生じます。 また、がんの中には副甲状腺ホルモンと同じようなはたらきを示すホルモンをつくるがんが存在します。 これらには、肺がんや腎細胞がんなどが代表的なものとして知られています。 また、寝たきりの状態も高カルシウム血症の原因となり得ます。 寝たきりになると骨に対しての負荷が減少するため、骨が溶けるようになります。 その結果、骨の中に存在するカルシウムが血液中に大量放出されることになります。 そのほかにも、ビタミンDやカルシウムの過剰摂取、薬剤、 肉芽腫 にくがしゅ 性疾患(、など)、遺伝性疾患(たとえば、家族性低カルシウム尿性高カルシウム血症)、ミルクアルカリ症候群なども高カルシウム血症の原因となります。 特に高齢者や腎機能が低下していると、整形外科などから処方されるビタミンD やカルシウム製剤が効きすぎることによる高カルシウム血症の頻度が高いため、定期的な血液検査によるチェックが重要です。 症状 高カルシウム血症の症状は、初期の段階では特徴的なものではなく、高カルシウム血症を想定しないと見過ごしてしまうことがあります。 具体的な症状は、疲れやすさ、 倦怠感 けんたいかん 、イライラ感、眠たい、食欲がない、便秘などがあります。 高カルシウム血症の程度が強くなると、筋力の低下、多飲・多尿・喉の渇き、吐き気や嘔吐、腹痛などをみるようになります。 さらに、情緒不安定からを疑われることもありますし、妄想、意識消失に至ることもあります。 高カルシウム血症に関連して、はよくみられる症状のひとつです。 高カルシウム血症と関連して不可逆的な腎機能障害が発症することがありますし、 すいえん や いかいよう などが生じることもあります。 また、に至ることもあります。 検査・診断 高カルシウム血症の診断は、血液中でカルシウムの濃度が高いことから診断されますが、その後も原因検索を目的して追加の検査が考慮されます。 高カルシウム血症を引き起こすものとして頻度の高いものは、 ふくこうじょうせんきのうこうしんしょう です。 類似疾患との鑑別も含めて、血液中のリンの測定、副甲状腺ホルモンや尿中カルシウム排泄量、ビタミンDの検索が必要になります。 また副甲状腺の異常を確認するために、超音波検査やCTなどの画像検査が追加されることもあります。 そのほか、シンチグラムを用いて、実際に副甲状腺が過剰に活動しているかどうかを確認することもあります。 そのほかの原因として、がんに関連した高カルシウム血症も重要になります。 副甲状腺ホルモンと類似したホルモンががんからつくられていることもあるため、これを血液検査で確認することもあります。 また、がんの種類に応じて 適宜 てきぎ 画像検査や 腫瘍 しゅよう マーカー、病理検査などが検索されます。 そのほか、 肉芽腫 にくがしゅ 性病変では胸部に異常をきたすことも多いため、スクリーニング的な意味合いで胸部単純レントゲン写真を撮影することもあります。 治療 高カルシウム血症の治療は、カルシウムを下げるための対症療法、原因に応じた根本療法の2つに分類することができます。 対症療法としては、腎臓からのカルシウム排泄を促すために輸液や利尿剤の投与を行います。 高カルシウム血症の程度が強い場合や腎機能が低下している場合には、迅速に対応することが必要になるため、透析が行われることもあります。 血液中のカルシウムは、骨から溶け出してきている部分に由来するものもあるため、この作用を抑制する薬が投与されることがあります。 そのほか、ステロイドが使用されることもあります。 根本療法としては、高カルシウム血症を引き起こしている病気に対しての治療になります。 ふくこうじょうせんきのうこうしんしょう であれば、副甲状腺に対しての手術が適応になることがあります。 がんであれば、がんに応じて手術や化学療法、放射線療法が 適宜 てきぎ 選択されることになります。

次の