ネット 小説 の 法則 ネタバレ。 小説『ブギーポップは笑わない』の魅力をネタバレ考察!2019年アニメ化!

ネット小説とは (ネットショウセツとは) [単語記事]

ネット 小説 の 法則 ネタバレ

CONTENTS• 監督は『パンとバスと2度目のハツコイ』 2017 、『退屈な日々にさようならを』 2016 などの今泉力哉。 主人公のテルコ役は『おじいちゃん、死んじゃったって。 』で映画初主演を務めた岸井ゆきの。 テルコに片思いされるマモル役は、2018年『スマホを落としただけなのに』『ビブリア古書堂の事件手帖』『ここは退屈迎えに来て』ほか出演作の公開が続き、大活躍の成田凌。 テルコはマモルに一瞬で恋に落ち、そのまま片想いの恋に全力疾走します。 生活の総てがマモルありきになったテルコは仕事も上の空で、上司からも注意を受けても気持ちはマモルにしか向いていません。 マモルはそんなテルコの気持ちを知ってか知らずか、風邪をひいたので差し入れが欲しいなどと、突然、電話をしてきます。 そんな連絡をもらったテルコは、もうすでに家にいたにもかかわらず、まだ会社に残っている風を装ってあれこれと買い込んでマモルの家に向かいます。 甲斐甲斐しく世話を焼くテルコですが、マモルは深夜にもかかわらず、『そろそろ帰ってくれない?』などと言い出したりもします。 葉子は葉子で年下の恋人ナカハラをいいように使っていたりもします。 テルコとナカハラは、惚れた弱みで相手の言うことは何でも受け入れてしまう互いの恋愛体質を、同病相憐れむように見ています。 ふとした拍子に肉体関係を持つようになったテルコとマモル。 テルコは恋人の枠に入ったと思いより一層、マモルの世話を焼きます。 とうとう会社をクビになったテルコですが、これに懲りたりせず、自由になったと思いマモルにつくします。 いつの間にかテルちゃんからヤマダさんに呼び方が変わっていたマモルは、ふとしたことがきっかけにびっくりするほど冷たくなっていました。 そこからぷっつりと連絡が途絶えたマモルに、どうしていいかと戸惑いを隠せないテルコ。 葉子はこれで良かったのだといい、テルコもまた諦めて再就職を目指して動き始めます。 それまでのことなど忘れてマモルのもとに走ります。 久しぶりの再会に喜ぶテルコですが、マモルの隣には、すみれという女性がいました。 マモルより年上で、ヘビースモーカーでガサツなタイプのすみれですが、マモルがすみれに惹かれていることをテルコは一瞬で感じ取ります。 その場にはマモルがいることが多いのでテルコは、奇妙な三角関係の中に身を置きます。 奇妙な三角関係が続く中、なぜか再び身体を重ねることになるテルコとマモル。 マモルは、テルコに自分には好きになるところなんていないと言い、テルコもなぜ好きなのか、変だよねと言い返します。 マモルは自分はすみれが好きで、今のようなテルコとの微妙な関係を続けるのは止めようと言い出します。 それを聞いたテルコは、今はもうマモルのことはどうでもいいと、本音とは違うことを言い出します。 マモルに気まずい思いを抱かせてしまうと、これから会えなくなると思ったテルコは自分の想いに蓋をしてでもマモルと会える道を選んだのでした。 マモルへの想いが、もう恋とか愛とかを超越した気持ちであること確信したテルコは、そのうえでマモルと会い、続ける日々の道を選ぶのでした。 その 作品のほとんどが恋愛映画で、更にその半分以上がオリジナル脚本作品です。 原作のあるものでも、作品を見るとすぐに感じることができるのが、 監督の独特の低体温・ローテンションの空気感です。 メインキャラクターが思い切り熱を上げている姿を、どこか醒めた視線で描く、 そのスタイルは一度はまると癖になる作風です。 作品の規模も着々と拡げていて、次回作は三浦春馬主演の伊坂幸太郎原作の『アイネクライネナハトムジーク』で、この映画も年内公開予定です。 東京国際映画祭の常連でもあり、ここ数作は必ずといっていいほどラインナップに名を連ねています。 恋に正解はない、恋は面倒くさくてコストパフォーマンスが悪いということを知ったうえでなお、恋愛映画を撮り続ける今泉力哉監督 いよいよインディペンデントからメジャーシーンに躍り出た感の今泉力哉監督。 名前を憶えておきましょう。 キャストに『おじいちゃん、死んじゃったって。 はじめて一般の観客に、本作がお披露目されたのは、 2018年の東京国際映画祭でのワールドプレミア上映でした。 コンペティション部門に選出された『愛がなんだ』は、圧倒的な存在感を見せました。 上映後マスコミ取材を受けた今泉力哉監督は、この映画が企画された時には、まだ原作を読んでおらず、プロヂューサーから持ちかけられた企画だっと述べました。 それでも角田の小説を手にして、さっそく読み終えると、 自分の考え続けている恋愛観と酷似していたと述べています。 それでも原作ものを映画化することに今泉監督は、リスペクトと怖さがあると不安を抱いていたそうです。 しかし、原作者の角田が完成試写会で鑑賞した際に、気に入ってくれたことがとても嬉しかったと振り返りました。 今泉監督にとって、 小説の魅力は読者の想像。 映画の魅力は、ショット割りに登場させた人物キャラクターの魅力だと語ります。 役者が魅力的だと感じる2人をフレームに入れたツーショットと、長回しを多用して試みたと述べました。 必要以上に語らずに観客に選択させる今泉力哉監督。 彼がラブスートリーの旗手と呼ばれる所以は、そんなところにあるのかもしれません。 ちなみに 映画の結末は、原作のままではなく、今泉力哉監督のオリジナルなシークエンスに変えてあります。 さて、 観客のあなたはそこから何を読み解くのか?あとは劇場でお楽しみください。 映画『愛がなんだ』は、2019年4月19日(金)より、テアトル新宿ほかにて全国公開!.

次の

【ネット小説の法則】待たなくても読めるサイトは?

ネット 小説 の 法則 ネタバレ

CONTENTS• 監督は『パンとバスと2度目のハツコイ』 2017 、『退屈な日々にさようならを』 2016 などの今泉力哉。 主人公のテルコ役は『おじいちゃん、死んじゃったって。 』で映画初主演を務めた岸井ゆきの。 テルコに片思いされるマモル役は、2018年『スマホを落としただけなのに』『ビブリア古書堂の事件手帖』『ここは退屈迎えに来て』ほか出演作の公開が続き、大活躍の成田凌。 テルコはマモルに一瞬で恋に落ち、そのまま片想いの恋に全力疾走します。 生活の総てがマモルありきになったテルコは仕事も上の空で、上司からも注意を受けても気持ちはマモルにしか向いていません。 マモルはそんなテルコの気持ちを知ってか知らずか、風邪をひいたので差し入れが欲しいなどと、突然、電話をしてきます。 そんな連絡をもらったテルコは、もうすでに家にいたにもかかわらず、まだ会社に残っている風を装ってあれこれと買い込んでマモルの家に向かいます。 甲斐甲斐しく世話を焼くテルコですが、マモルは深夜にもかかわらず、『そろそろ帰ってくれない?』などと言い出したりもします。 葉子は葉子で年下の恋人ナカハラをいいように使っていたりもします。 テルコとナカハラは、惚れた弱みで相手の言うことは何でも受け入れてしまう互いの恋愛体質を、同病相憐れむように見ています。 ふとした拍子に肉体関係を持つようになったテルコとマモル。 テルコは恋人の枠に入ったと思いより一層、マモルの世話を焼きます。 とうとう会社をクビになったテルコですが、これに懲りたりせず、自由になったと思いマモルにつくします。 いつの間にかテルちゃんからヤマダさんに呼び方が変わっていたマモルは、ふとしたことがきっかけにびっくりするほど冷たくなっていました。 そこからぷっつりと連絡が途絶えたマモルに、どうしていいかと戸惑いを隠せないテルコ。 葉子はこれで良かったのだといい、テルコもまた諦めて再就職を目指して動き始めます。 それまでのことなど忘れてマモルのもとに走ります。 久しぶりの再会に喜ぶテルコですが、マモルの隣には、すみれという女性がいました。 マモルより年上で、ヘビースモーカーでガサツなタイプのすみれですが、マモルがすみれに惹かれていることをテルコは一瞬で感じ取ります。 その場にはマモルがいることが多いのでテルコは、奇妙な三角関係の中に身を置きます。 奇妙な三角関係が続く中、なぜか再び身体を重ねることになるテルコとマモル。 マモルは、テルコに自分には好きになるところなんていないと言い、テルコもなぜ好きなのか、変だよねと言い返します。 マモルは自分はすみれが好きで、今のようなテルコとの微妙な関係を続けるのは止めようと言い出します。 それを聞いたテルコは、今はもうマモルのことはどうでもいいと、本音とは違うことを言い出します。 マモルに気まずい思いを抱かせてしまうと、これから会えなくなると思ったテルコは自分の想いに蓋をしてでもマモルと会える道を選んだのでした。 マモルへの想いが、もう恋とか愛とかを超越した気持ちであること確信したテルコは、そのうえでマモルと会い、続ける日々の道を選ぶのでした。 その 作品のほとんどが恋愛映画で、更にその半分以上がオリジナル脚本作品です。 原作のあるものでも、作品を見るとすぐに感じることができるのが、 監督の独特の低体温・ローテンションの空気感です。 メインキャラクターが思い切り熱を上げている姿を、どこか醒めた視線で描く、 そのスタイルは一度はまると癖になる作風です。 作品の規模も着々と拡げていて、次回作は三浦春馬主演の伊坂幸太郎原作の『アイネクライネナハトムジーク』で、この映画も年内公開予定です。 東京国際映画祭の常連でもあり、ここ数作は必ずといっていいほどラインナップに名を連ねています。 恋に正解はない、恋は面倒くさくてコストパフォーマンスが悪いということを知ったうえでなお、恋愛映画を撮り続ける今泉力哉監督 いよいよインディペンデントからメジャーシーンに躍り出た感の今泉力哉監督。 名前を憶えておきましょう。 キャストに『おじいちゃん、死んじゃったって。 はじめて一般の観客に、本作がお披露目されたのは、 2018年の東京国際映画祭でのワールドプレミア上映でした。 コンペティション部門に選出された『愛がなんだ』は、圧倒的な存在感を見せました。 上映後マスコミ取材を受けた今泉力哉監督は、この映画が企画された時には、まだ原作を読んでおらず、プロヂューサーから持ちかけられた企画だっと述べました。 それでも角田の小説を手にして、さっそく読み終えると、 自分の考え続けている恋愛観と酷似していたと述べています。 それでも原作ものを映画化することに今泉監督は、リスペクトと怖さがあると不安を抱いていたそうです。 しかし、原作者の角田が完成試写会で鑑賞した際に、気に入ってくれたことがとても嬉しかったと振り返りました。 今泉監督にとって、 小説の魅力は読者の想像。 映画の魅力は、ショット割りに登場させた人物キャラクターの魅力だと語ります。 役者が魅力的だと感じる2人をフレームに入れたツーショットと、長回しを多用して試みたと述べました。 必要以上に語らずに観客に選択させる今泉力哉監督。 彼がラブスートリーの旗手と呼ばれる所以は、そんなところにあるのかもしれません。 ちなみに 映画の結末は、原作のままではなく、今泉力哉監督のオリジナルなシークエンスに変えてあります。 さて、 観客のあなたはそこから何を読み解くのか?あとは劇場でお楽しみください。 映画『愛がなんだ』は、2019年4月19日(金)より、テアトル新宿ほかにて全国公開!.

次の

ネット小説の法則

ネット 小説 の 法則 ネタバレ

もくじ• 「パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」のあらすじ 不本意ながら嘱託という形で市役所の福祉課に務める牧野聡美(橋本愛)は、ある日突然、生活保護利用者と直接向き合うケースワーカーの仕事を命じられる。 不安を抱く聡美のことをベテランの山川は「やりがいのある仕事だ」と励ましてくれた。 同僚の小野寺淳一(増田貴久)とともに、迷いを抱えながら多くの利用者たちと向き合っていく聡美。 ところが後日、その山川が、あるアパートの火事のあと他殺体で発見される。 あれほど利用者から慕われていた山川がなぜ? 周囲で、山川が何らかの不正に関わっていたのではないかという疑念が膨らんでいく中、聡美と小野寺は、町を覆う不正の影と生活保護をめぐる様々な人々の人生模様に巻き込まれていく。 「パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」のキャスト デイリースポーツとスポーツ報知から、WOWOWで来年3月スタートの、神月裕子さん原作、小林聖太郎監督、橋本愛さん主演ドラマ「パレートの誤算~ケースワーカー殺人事件」の記事です。 橋本さんはWOWOWのドラマ初主演で、ケースワークを任される新人嘱託職員役。 橋本愛からコメント 【WOWOW連続ドラマW初主演についての意気込み】 主演という立場だからこそできること、やらなければいけないこと、だからと言って気負わない方がいいこと、その全てに向き合って、作品をより良いものにすることに集中したいと思います。 【脚本を読まれた際の感想】 まだ一度目を通しただけですが、運命的なものを感じました。 作品内に出てくる、働き蟻の法則及びパレートの法則についての文章を読んだ時です。 私は高校生くらいのときに、自分の目で人や社会を見つめて、ある法則を見つけました。 それを自分の中で、「2:8の法則」と名付けていたのです。 内容にいくらかの誤差はあれど、本質的にはかなり近いものが既にこの世界には提唱されていたのだと、度肝を抜かれました。 そもそもそれらの法則を知らなかったことは置いといて(笑) これは自分がやるべきものかもしれない、と吸い込まれるような気持ちでした。 【この映像化を通じて届けたい想いや、視聴者の皆様へメッセージ】 どうか、希望の光へ一人でも引きずり込めるように、頑張りたいと思います。 増田貴久 役:小野寺淳一 まっすー連ドラ出演おめでとう😆 NEWS増田貴久がWOWOW連続ドラマ「パレートの誤算〜ケースワーカー殺人事件」 来年3月スタート全5話 に出演することが22日、分かった。 ドラマは結月裕子氏の小説が原作のヒューマンミステリー。 増田は主演の橋本愛演じる牧野聡美の同僚、小野寺淳一役。 信頼していた先輩ケースワーカーが、あるアパートで焼死体で発見されたことから、福祉や市政、医療を取り巻く町の闇に巻き込まれていく。 増田貴久からコメント 【WOWOW連続ドラマW初主演についての意気込み】 お話を頂いた時はすごく嬉しくて、「なんで呼んでくれたんだろう?誰が呼んでくれたんだろう?」とマネージャーさんに質問攻めしてしまいました(笑)。 社会派でありサスペンス要素もあって、とても興味深く台本を読ませて頂きました。 撮影が今から楽しみです。 【原作を読まれた際の感想】 僕は本を読むのがあまり得意ではないのですが、スラスラ読めてしまいました。 本があまり得意でない僕ですら、夢中になって読むことができた本作の映像化ということで、演者としても、視聴者としてもとても楽しみです。 タイトルにも繋がる「パレートの法則」自体もとても興味深くて。 法則に自分を当てはめたときに、「僕はどちらの方にいるのだろう」と自らの人生と照らし合わせながら読んでいました。 【この映像化を通じて届けたい想いや、視聴者の皆様へメッセージ】 正直なところ、生活保護の現状を自分もあまり理解できていなかったですし、他人事で関係ないと思っている方の方が多いと感じました。 本作に関わらせて頂いて、こういった実情を深く知り、どういった方が生活保護を受け、どのくらいの金額を受け取られていて、そのお金の出どころを知ることで、これからも税を納めていく1人として考え方を改めました。 ドラマというエンターテインメントで1人でも多くの方にこの現状を知って頂き、考えるきっかけになってくれればいいなと思います。 是非ご覧ください! 北村有起哉 役:若林永一郎 津川北警察署・刑事 松本まりか 役:安西佳子 生活保護利用者 和田正人 役:山川亨 津川市役所 社会福祉課・主任 那須雄登(美 少年/ジャニーズJr. ) 役:金田良太 津道会・組員 吉田芽吹 役:五代早苗 シングルマザーの生活保護利用者 小市慢太郎 役:竹本篤 バー「シェ・エラン」マスター 西田尚美 役:牧野昌子 聡美の母 尾美としのり 役:猪又孝雄 津川市役所 社会福祉課・課長 「パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」1話のあらすじ 津川市役所の社会福祉課に嘱託として勤める聡美(橋本愛)は、ある日突然、ケースワーカーの仕事を命じられる。 信頼する先輩の山川は激励してくれたが、不安を抱えたまま同僚の小野寺(増田貴久)とともに生活保護利用者の自宅訪問を始めた。 ところが、後日、山川が、利用者が多く住むアパートの火災現場で遺体で発見され、何か不正に関わっていたのではないかという疑惑が持ち上がる。 「パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」2話のあらすじ 山川の死に他殺の可能性があることを刑事・若林(北村有起哉)から告げられる聡美。 動揺を隠せないまま火事で焼け出された利用者たちの家を小野寺と訪ねて回るが、山川がいかに信頼されていたかを知る一方で、不自然なほど長い時間をともに過ごしていたという佳子(松本まりか)、聡美の兄の同級生・金田(那須雄登(美 少年/ジャニーズJr.))ら不審な人間たちとの関わりも見えてくる。 「パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」3話のあらすじ 市役所で起こる大騒動。 聡美と小野寺の心境に変化が・・・。 執拗に付きまとってくる若林を疎ましく思いながらも山川の死の真相を知りたいと願う聡美は、佳子や現在の金田を知る人物に会うなど、自ら事件の謎を調べ始める。 そして、ある日、社会福祉課の対応に不満を持つ男が、市役所に乗り込んできて大騒動が巻き起こったことで聡美と小野寺の利用者たちへの想いも変わり始めた。 しかし、聡美は、思わぬ敵が身近にいることにまだ気付いていなかった。 「パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」4話のあらすじ 小野寺の不審な動きに疑念が募る聡美。 若林は佳子と直接対決! 若林に「周りの人間を信じるな」と警告された聡美だったが、佳子と真摯に向き合ったことをきっかけに、ある病院が生活保護制度を悪用している事実をつかむ。 しかし、ともに調査を進めてきた小野寺がなぜか急に消極的な態度を見せ始めた。 そして、行方不明だった金田から電話が・・・。 一方、若林はある覚悟を決め、佳子の元へ乗り込む。 市の利権と未来が絡み合う暗闘が始まろうとしていた。 「パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」5話最終回のあらすじ 真相をつかんだ聡美に迫る闇の力。 若林、小野寺はどう動く? 聡美は山川の妻から気になる言葉を投げ掛けられた。 その意味に気付いた聡美は、山川の死の真相を知る。 そして、単身、告発しようとするが、それは、命の危険を伴う行動だった。 若林は聡美を救おうとするが・・・。 これまで出会ってきたさまざまな困難や苦悩を抱えた人々とどう向き合っていくのか。 そこで有用と思われる2割にあたる人間を外したところ、残りの8割の中から2割の人間が新たに利益を生み始める、というイタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが唱えた経験則。 そして、そこから這い上がる人も多くいる。 だから弱者を弱者と単純に切り捨ててはならない」 という警鐘が込められている。 原作小説「パレートの誤算」のネタバレ・感想 生活保護のケースワーカーをする若い女性が主人公の素人探偵物。 テーマからして暗く、重苦しい展開が続き、読むのが辛かったです。 殺人事件が発生し、貧困ビジネスややくざの影がちらほらします。 素人探偵ものにありがちな「偶然」関係者が知り合い「偶然」裏社会に詳しい知り合いがいる。 担当警察官が捜査情報をペラペラ漏らすなどのご都合主義的展開が続きます。 それが許されるのは浅見光彦だけです。 殺して死体は海に捨てるつもりで拉致したのに、意識が戻るまで待ってあげるのはなぜ? 携帯電話は壊すのにSIMは抜かないで残しておいたのはなぜ? 犯人が遺棄した証拠品が山中や道路脇から簡単に見つかるのは? 沢山残した伏線は一応回収してるのですが、高額なコレクションの正体はネットオークションで転売したからとか納得できないことばかり。 警察がなぜか急にやる気を出してやくざを追い詰めるシーンだけは面白かったです。 どうせなら最初から最後までそうすればいいのに。 それに気づいたから次に孤狼の血を書いたのかもしれません。 ドラマ化するというので読みましたが、おすすめできません。 「ベテランケースワーカーの山川が殺された。 新人職員の牧野聡美は彼のあとを継ぎ、生活保護受給者を訪問し支援を行うことに。 仕事熱心で人望も厚い山川だったが、訪問先のアパートが燃え、焼け跡から撲殺死体で発見された。 聡美は、受給者を訪ねるうちに市職員が暴力団と不適切な関係を持っている可能性に気付く。 生活保護の闇に迫る、渾身の社会派ミステリー!」と装丁でこの本を推奨しています。 この本の読みどころは2つあります。 1つ目は社会福祉・生活保護の現状と問題点、そしてそれらに対応していくケースワーカーの資質です。 2つ目は山川殺しの行方です。 この2つがうまい具合いに調和して、読み手の興味を引き立ててくれます。 読みやすく分かりやすい表現も気に入っています。 いつの間にか、主人公に感情移入してしまい、熱くなる思いにさせてくれます。 最後まで面白いです。 皆さんにも自信持ってお薦めできます。 是非、ドラマ化もして欲しいほどです。 次は『孤狼の血』に挑戦します。 生活保護係のケースワーカーを主人公にした、本格的な生活保護ミステリーである。 映画「虎狼の血」が面白かったので読んだのであるが、舞台津川市は、明らかに広島県呉市をモデルにした映画(呉原市)と同じ場所と思われる。 山陽方言圏の私としては、親しみのある内容(作者の出身は岩手県らしい)。 生活保護受給者の何人かを知っている私としては、興味あるテーマであり、どのように料理したのかを見守ったという感じ。 結果は、大枠では正しいが、部分的には「この作者もそうか」とがっかりした、という感じ。 ミステリー部分は、大枠では予想通りに進んだので、ここでは述べない。 テーマ部分について書く。 書いても別に面白さは減少しないと思う。 最後にある登場人物が言う。 「たしかに生保のあり方には、問題が多い。 不正受給やら貧困ビジネスが、あとを絶たない。 でも、生保という行政の制度があったから、育つことができた子供がいたことは確かだ。 さまさまな理由で、自分の力で生きていけない人は、いつの時代にも必ずいる。 そういう人を救うために生保は、必要な制度だ。 言うなれば、生保は自分の力で生きていけない人のー社会的弱者と呼ばれている人たちの最後の命綱だ。 その命綱を、悪用する奴らを俺は許せない」 そのことに異論は一切ない。 しかし、作者はかなり生保について調べているはずなのに、私でさえ知っていることに言及しない。 ここに出てくるケースワーカー(専門家)の言葉を借りて反論しないばかりか、彼ら自身がそのように認識しているかの如く、ミスリードするように物語を構成している。 (1)生保の金を受け取ったその足で、パチンコに並んだりする者がいる。 と書いているが、パチンコ依存症だった場合は、アルコール依存症と同じ「病気」であることの認識がない。 (2)テーマ的に「不正受給」について延々と書いているが、あることを書いていないから普通に読んだら不正受給は全体の1割から2割はいる印象を受ける。 実際は、0. (3)生保受給者に同情してお金を立て替える場面を美談的に描いているが、規則的にもやってはいけないことであるが、受給者の自立を促すということでも「絶対やってはいけない」悪影響しか及ばさないことである。 建前は正しいけど、本音の所で、この作者生保制度のことをホントにわかっているのか? わかってないだろうなあ。 女性Cさんの口コミ・感想 「パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」の放送はWOWOW!配信は? 連続ドラマW「パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」の放送はもちろんWOWOWです。 WOWOWのドラマはTVerで見逃し配信されたりする事はないので、WOWOWでしか見る事が出来ません。 まだ、WOWOWに加入されていない方は、こちらからどうぞ。 また、動画配信となると、これはいつから開始されるかは解りませんが、Huluで配信されるのではないかと思われます。 これまで放送されてきたWOWOWの連続ドラマWはHuluで多く配信されているからです。 Huluで配信が始まるとしても、すぐに配信が始まるわけではないので、配信が開始されるまで待たないといけません。 Huluで配信が始まりましたら、こちらでお知らせしますので、それからHuluに登録してみるのも遅くはないと思います! まだまだキャスト発表も少ないですし、これからの続報を楽しみに待ちましょう! 続報があり次第、こちらの記事で共有していきたいと思います! 「パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」完成披露試写会&舞台挨拶 殺されたケースワーカーの素顔と不正受給の実態。 殺人に隠された社会保障の闇と新たなる希望を描き出すヒューマンミステリー。 1人のケースワーカーの死は何を意味し、何を残すのか。 「孤狼の血」原作の柚月裕子が、今後の日本社会の在り方を厳しくも爽やかに問いかける異色のミステリーが連続ドラマWに登場。 主役の牧野聡美役には、WOWOW連続ドラマW初主演となる若手実力派女優・橋本愛、そして聡美の同僚・小野寺淳一役に、こちらも連続ドラマW初登場となる増田貴久の出演が決定! 善と悪、職務への責任感と個人の感情の狭間で揺れ動きながらも、人生の意義と町の未来を模索していく人々を描くヒューマンミステリー。 このドラマの完成披露試写会と舞台挨拶にご招待いたします。

次の