広東住血線虫。 広東住血線虫症(カントンジュウケツセンチュウショウ)とは

子どもに大人気の超危険な生物|ザ!世界仰天ニュース|日本テレビ

広東住血線虫

ナメクジ食べた男性8年後死亡の恐怖 ナメクジを食べたオーストラリアのシドニー在住の男性が、8年の闘病の末、亡くなったという事で、ナメクジの危険性が話題になっています。 話題の男性は、サム・バラードさん、享年27歳、19歳の時から、闘病を続けてこられたのですが、残念ながら8年後お亡くなりになってしまいました。 なぜナメクジを食べたのか? サム・バラードさんは、なぜ気持ちがわるいナメクジを食べるような事をしてしまったのでしょうか? 時は、今から8年前にさかのぼります。 友人たちとホームパーティーを楽しんでいたサム・バラードさん。 仲間と料理やワインを楽しみ、すっかり出来上がってしまいます。 そこに、運悪く一匹のナメクジが。 「食べてみるか」 酔っぱらいの悪乗りから、サム・バラードさんは、生きたナメクジを食べてしまったのです。 数日後、サム・バラードさんの足に、激痛が走ったといいます。 急いで病院に行き、診断の結果「広東住血線虫症」に感染してしまっている事が分かったのです。 元気だったサム・バラードさんは、その後1年間以上、昏睡状態が続きました。 1年間以上の昏睡状態から意識が戻ったサム・バラードさんは、その後、首から下の麻痺に苦しめられる事になるのです。 広東住血線虫症とは? サム・バラードさんが、昏睡状態になり、8年後命を落とした広東住血線虫症とは、一体どのような病気なのでしょうか? 広東住血線虫症というのは、「広東住血線虫」という寄生虫が寄生する事によって、発症する病気です。 この広東住血線虫というのは、通常は、ネズミなどげっ歯動物からしか検出されない寄生虫だと言われています。 ですが、このネズミがした糞などに広東住血線虫の幼虫がいる場合があり、その糞などを食べたナメクジやカタツムリなどが、感染している事があるといいます。 この広東住血線虫が厄介なのは、寄生すると、脳やせき髄などに、寄生するという所です。 さらに厄介なのが、薬などでこの広東住血線虫を殺してしまうと、更に炎症が悪化してしまう可能性があるという事です。 人間に寄生する寄生虫として有名なものに「ぎょう虫」がいますが、肛門周辺にかゆみが生じるなどの症状がありますが、命に別状があるというわけではありませんからね。 この広東住血線虫はネズミなどのげっ歯動物からしか検出されないという話をしましたが、この広東住血線虫は繁殖するためには、ネズミなどのげっ歯動物に戻る必要があるんですね。 そのため、広東住血線虫としては、寄生しているナメクジやカタツムリを、ネズミに食べて貰いたいという希望があるのです。 ところが、サム・バラードさんが酔った勢いで食べてしまったものですので、広東住血線虫としても、仕方なくサム・バラードさんに寄生したというわけです。 広東住血線虫症への感染を予防する方法 広東住血線虫症への感染を予防するためには、生のナメクジやカタツムリを食べない事です。 また、淡水にいるカニやエビ、カエル、魚などの生物にも寄生虫が存在する可能性があるため、生で食べない方が安全です。 死んだ寄生虫であれば、食べても問題無いと言われています。 厚労省の検閲所によると、広東住血線虫症は、人から人に感染する心配は無いそうです。 大人がナメクジやカタツムリを生で食べるという事はまず無いと思いますが、怖いのはなんでも口に入れてしまう子供ですよね。 日本でもこの広東住血線虫症に感染としたという例が34例報告されており、完全に安全だとは言えないんですね。 全てのナメクジやカタツムリにこの寄生虫がいるわけではありませんが、子供にはナメクジやカタツムリは危険な生き物だという意識をつけておく方が安全だと思います。 気持ち悪いと感じる感覚は、正しい感覚だったというわけですね。 ちなみにエスカルゴもカタツムリではあるのですが、食用のために衛生的に養殖されているものです。 エスカルゴを生で食べる事もありませんので、安全だというわけですね。 実はサラダは危険 日本人は健康にいいなどと言って、サラダなどなんでも生で食べたがる習性があります。 ですが、元来人間は、食べ物には火を入れて食べるのが当たり前だったんです。 刺身というのは、生で食べる事が出来る、実はとてもめずらしいものなんですね。 現在は、農薬が体に悪いという事で、低農薬の野菜などが流行っていたりします。 ですが、低農薬という事は、虫がついている事があり、ナメクジやカタツムリが野菜についてしまっている事があったりします。 生野菜には実は危険が隠されているという事を理解して、良く洗うとか、火を通して食べるなど、意識する事が大切なんですね。

次の

広東住血線虫症

広東住血線虫

(IDWR 2004年第25号) 広東住血線虫( Angiostrongylus cantonensis ) に起因する疾病で、好酸球性髄膜脳炎、あるい は好酸球性髄膜炎を惹起し、髄液の好酸球増多が特徴である。 眼型もある。 本虫は東南アジ ア、太平洋諸島を初めとしてほぼ全世界に分布しているが、ヨーロッパ、南米からは未だ報告がない。 本邦では沖縄に症例が多いが、本土における症例も増加し つつある。 感染は第3期感染幼虫の経口摂取による。 疫 学 広東住血線虫は極東、東南ア ジア諸国、オーストラリア、太平洋諸島、アフリカ、インド、インド洋の島々、カリブ海の島々、北米などに広く分布しており、主として、感染ネズミが積み荷 などと ともに船舶によって運ばれることにより、分布が拡大する。 世界的には1992年の時点までに、お よそ2,500例の症例が報告されている 1)。 従来、特に症例の多い地域は台湾、タイ、ポナペ、ニューカレドニア、タヒチなどである。 わが国では沖縄県、奄美大島を含む南西諸島、鹿児島県、福岡県、広島県、愛知県、静岡県、神奈川県、小笠原父島を含む東京都、北海道など、各地で捕獲され たドブネズミやクマネ ズミに自然感染が認められており、アフリカマイマイ、スクミリンゴガイなどの貝や数種のナメクジ から第3期感染幼虫(L3)が検出された地域もある。 これらを詳しくみると、沖縄県が少なくとも33例、本土 が21例であり、この21例のうち15例、すなわち、静岡6、神奈川、鹿児島の各2例、島根、徳島、 高知、東京、大阪の各1例は本土内感染と考えられる。 一方、本土の残りの6例のうち、北海道、 東京、福岡、京都の4例は沖縄における感染と考えられ(後2例は後述)、他に、台湾とインドネシアで感染した症例が各1例ずつある。 感染源については、アフリカマイマイに起因すると考えられるもの15例(沖縄14例、インドネシア1例)、アジアヒキガエルに起因するもの2例(沖縄2例)、ナメクジが感染源と考えられるもの7例(沖縄、静岡各3例、鹿児島1例)であり、残りは感染源不明である。 特記すべきこととして、沖縄において2000年1月から3月にかけての短期間に8例(20歳から62 歳、男3名、女5名)の発生が認められており 2)、 同年6月には沖縄で、わが国初めての死亡例が 発生した(服部ら3)より引用)。 最近5年半(1998年〜2003年)の発生動向を見ると、2000年に沖 縄で発生した症例だけでも9例とされており、合わせて14例の発症例がある。 これらは全て沖 縄で感染したものと推定されている。 発症地が沖縄以外のものとしては、沖縄へ旅行後に発症 した京都の13歳男の症例、ならびに沖縄に帰省後に発症した福岡の20歳女の症例の2例がある。 いずれも感染源の特定はできていないが、京都の症例では、 旅行中に食べた生野菜が原 因ではないかと考えられている。 病原体 広東住血線虫 Angiostrongylus(syn. Parastrongylus) cantonensis(Chen, 1935)は擬円形線虫上科(Metastrongyloidea)に属する線虫で、雄が長さ20〜25mm、雌が22〜34mmである。 雄の交接刺は長く、1. 2mmである。 成虫 は Rattus 属、 Melomys 属、 Bandicota 属のネズミの肺動脈に寄生するが、最も重要な終宿主はドブネズミ( Rattus norvegicus ) である 4)。 ネズミの肺動脈に寄生している雌成虫が産卵すると、虫卵は肺の毛細血管に栓塞する。 発育孵化した第1期幼虫(L1)は肺胞と気道を通って消化管に移行し、 糞便中に現れる。 この幼虫は陸棲貝、ナメクジなどの中間宿主に経口または経皮的に侵入し、2回脱皮して、およそ2〜3 週間でL3となる。 疫学的に重要な中間宿主はアフリカマイマイ( Achatina fulica )やナメクジであ るが、食用に供されるスクミリンゴガイ( Ampullarius canaliculatus ) にも自然感染が認められている。 L3が待機宿主であるプラナリア、淡水産のテナガエビ、陸棲のカニ、ヒキガエルなどに摂取されると、これらの体内で長期間 とどまり、感染源となる。 最近、沖縄ではチャコウラナメクジ の類似種とニューギニアヤリガタリクウズムシからL3が高率に検出されている 5)。 ネズミが中間宿主や待機宿主を摂取すると、L3は胃や小腸で脱鞘し、感染後2〜3日の間に血行性に、あるいは筋肉から末梢神経に沿って中枢神経系に達する 6)。 この幼虫は脳内を移行しながら2回脱皮して第5期幼虫となり、さらに発育して幼若成虫となってくも膜下腔に出る。 幼 若成虫は感染後26〜29日に頭蓋や脊柱管から出る静脈に侵入して心臓に達し、結局肺動脈で成熟する。 L1がネズミの糞便に現れるのは感染後40〜42日 である 4)。 非固有宿主であるヒトや 家畜が感染すると、虫体は同様な体内移行を行い、幼若成虫にまで発育するが、早晩脳内で死滅する。 しかし、非固有宿主ではこの中枢神経系内寄生期に、好酸球性髄膜脳炎を発症する。 臨床症状 2〜35日(平均16日)の潜伏期の後発症し、患者は微熱から中等度の発熱、激しい頭痛、 Brudzinski徴候、項部硬直、悪心、嘔吐、Kernig徴候、脳神経麻痺などを示し、さらに筋力の著しい低下、知覚異常、四肢の疼痛などを示すこ ともある。 その他、複視、運動失調などを示す 場合があり、感染虫体数が多い重篤例では昏睡に陥ったり、死亡する場合もある。 本症の典 型例では症状が2〜4週間続くが、自然に緩解・治癒し、通常予後はよい。 まれに失明、知能遅延、てんかんなどの後遺症を遺すことがある。 また、極めてまれ ではあるが、ヒトの肺動脈から 虫体が検出されることもある。 眼型の広東住血線虫症では虫体が前眼房や網膜などに発見され、髄膜炎症状を示さず、髄液の好酸球増多を認めない場合もある 4)。 検査所見としては好酸球増多が特徴で、通常、末梢血好酸球増多を示し、髄液中の細胞のうち、好酸球が15〜95%を占める。 髄液の蛋白は増加するが、糖は 正常である。 まれに、穿刺した髄液中に幼若虫体が見つかる場合があり、この場合は虫体の形態学的検査により診断が 確定できる 4)。 脳のCTでは脳室とくも膜下腔の拡大、脳浮腫、水頭症、髄膜炎の所見が、また MRIでは、脳浮腫と梗塞、血管炎や髄膜炎所見が認められるが、異常所見を全く認めない場合もある。 病原診断 虫体抗原を用いた血清診断法として、ELISA(inhibition ELISAを併用)、dot-ELISA、ゲル内 沈降反応、免疫電気泳動法、Western blot法(29kDaと31kDa抗原の特異的認識)などが行われており、血清や髄液中での抗体の検出を行う。 好酸球性髄膜脳炎を示す寄生虫疾患で類症 鑑 別の必要なものは、有棘顎口虫症(特にタイでの感染)、嚢虫症、肺吸虫症、住血吸虫症などで ある 4)。 治療・予防 特効的な治療法はなく、治療の主体は対症療法である。 Tsai et al. 8)はグルココルチコステロイドを併用したメベンダ ゾールの投与がよいとしている。 感染予防のためには、流行地で中間宿主や待機宿主を生食しないこと、また、野菜サラダなどにも注意が必要である。 ナメクジの生食、あるいはヒキガエルの肝の生食を勧める民間療法を禁ずる。 文 献 1)Kliks, M. , and Palumbo, N. 1992. Soc. Sci. Med. , 34, 199-212. 2)当真 弘、佐藤良也. 2000. Clin. Parasitol. , 11, 40-43. 3)服部春生、加藤竹雄、長門雅子ほか. 2001. 日児誌、105, 719-721. 4)Yoshimura, K. 1998. , Vol. Parasitology, (Cox, F. , Kreier, J. and Wakelin, D. , eds), pp. 635-659, Arnold, London. 5)安里龍二、平良勝也、久高潤ほか2003. 広東住血線虫の疫学的調査(2)沖縄県衛生環境 研究所平成14年度新興・再興感染症調査報告書pp. 9-25. 6)Jindrak, K. 1968. Ann. Trop. Med. Parasitol. , 62, 506-517. 7)Pien, F. and Pien, B. 1999. Int. Inf. Dis. , 3, 161-163. 8)Tsai, H. , Liu, Y. , Kunin, C. et al. 2001. Med. , 111, 109-114.

次の

子どもに大人気の超危険な生物|ザ!世界仰天ニュース|日本テレビ

広東住血線虫

メス成虫の拡大画像 広東住血線虫症(カントンじゅうけつせんちゅうしょう、英:angiostrongyliasis)とは( Angiostrongylus cantonensis)のを原因とする。 広東住血線虫のはであり、ネズミから排出された第1期幼虫がである類に摂取されると、その体内で第3期幼虫まで発育する。 このナメクジ類がネズミに摂取されると第3期幼虫はに移動し、第5期幼虫まで発育する。 第5期幼虫はへと移動してとなる。 中間宿主がに摂取されると第3期幼虫のまま寄生する。 1933年ネズミの血管から見出され命名され、1945年台湾での人体症例が報告された。 に起因すると考えられる発症例の報告もある。 疫学 [ ] 太平洋諸島、極東、東南アジア諸国、オーストラリア、アフリカ、インド、インド洋の島々、カリブ海の島々、北米などに広く分布する。 日本では、2000年に沖縄県で死者が出ているほか、オーストラリアでは、当時19歳だった男子学生が、友人たちとの悪ふざけでナメクジを食べたことが原因で広東住血線虫症にかかり、8年間の闘病の末に2018年11月2日に死亡した事例がある。 では、2018年に10例、2019年5月までに5例と患者数は拡大傾向にある。 臨床像 [ ] では中間宿主や待機宿主に汚染された食品の摂取により寄生が成立する。 感染から発症までは 12-28日程度とされ 、ヒトの体内に侵入した第3期幼虫の多くは中枢神経へと移動し、、形成、などを引き起こす。 第3期幼虫が中枢神経へ移動する理由としては、システムからの回避、成長に必要な脳由来の獲得、槍型吸虫やのような宿主のコントロールといった仮説が挙げられる。 診断 [ ] 虫体抗原を用いて、や免疫電気泳動法による血清や髄液中からの抗体検出が行われる。 治療 [ ] 特効薬は無い。 好酸球性脳脊に対するが行われる。 、グルココルチコステロイドを併用したの投与が行われる。 鑑別疾患 [ ] 重要な鑑別疾患は、、、、 脚注 [ ] []• HUFFPOST NEWS 2018年11月6日. 2019年6月10日閲覧。 CNN 2019年5月28日. 2019年6月10日閲覧。 参考文献 [ ]• 高島郁夫、熊谷進編 『獣公衆衛生学 第3版』 文永堂出版 2004年 関連項目 [ ]• - 外部リンク [ ]• - 沖縄県衛生環境研究所 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、に関連した です。

次の