舌 の 裏側 に 口内炎。 舌の裏側の口内炎が痛い・・・。口内炎の原因と治し方を経験談で語ります!

口内炎を早く治す方法!舌先や舌の裏、唇にも…塩やはちみつで【食べ物】 | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

舌 の 裏側 に 口内炎

口内炎ってどうしてできるの?下の裏にできる特別な理由ってあるの? 口内炎は誰しもが一度は経験したことがあるものですが、これは体が疲れていることのサインとかビタミン不足の状態を示しているとか、 体の抵抗力が弱まっていることを示しています。 そのため暴飲暴食を続けていたり、徹夜が多くなっているなどの無理が続いていると口内炎ができやすくなってしまうのです。 要するに自分の体が疲れているということを教えているもので、体からのSOSであるとも言えるでしょう。 そしてこの口内炎は舌にもできることがあり、舌の裏にできることすらあるのですが、これ自体はたまたまと考えて良いでしょう。 でももし 何回も何回も同じ個所に出来る時は注意が必要です。 口腔外科や歯医者さんに相談してみると安心できますね。 それではまず、口内炎の原因についてお伝えします。 ストレス 皆が大っ嫌いなストレスはここでも登場して皆さんの怒りの対象となってくれます。 ストレスが溜まる生活を繰り返していると、どうしても 免疫力が低下してしまい口内炎の発生率が上昇してしまうので、仕事があまりにもきついという方は口内炎に悩まされている人も多いのではないでしょうか。 免疫力低下 ストレスの項目でも書きましたが、免疫力が低下してしまうと口内炎ができやすくなってしまうので、ストレスの溜めすぎ以外にも、 夜更かしや偏った食生活も危険なものとなっています。 これらを積み重ねてしまうと確実に免疫力が低下してしまうので口内炎以外にもいろいろな病気にかかりやすくなってしまうでしょう。 栄養不足 食生活が乱れや食生活が偏っている場合は、栄養不足になってしまい口内炎ができやすくなってしまいます。 もともと口の中の組織はコラーゲンでできているのですが、コラーゲンを作るための タンパク質や鉄そしてビタミンCが不足してしまうとどうしても口内炎になりやすくなってしまうのです。 もともと口の中の粘膜は小さな傷がたくさんできる環境にあるので、コラーゲンが足りなくなってしまうと傷の修復量が低下して菌が付着しやすくなり口内炎になる確率は通常よりも格段に上昇します。 口内炎の治し方 舌の裏にできた場合でも通常の口内炎と一緒で発生原因は同じものです。 つまり、傷がついて直りが遅くなってしまい、菌が付着してしまうのが原因なので傷がついても治りやすい環境にして、 菌がいない状態を保てばよいということです。 それでは具体的な治し方を見ていきましょう。 サプリメントでビタミンB2やCを補う まず栄養不足によってコラーゲンができていないことを補うために、よく足りなくなるビタミンB2やCをサプリメントで補ってください。 ビタミン系のサプリメントはコンビニでも販売しているので、すぐ入手することができるでしょう。 免疫力を高めるために休む 身体がボロボロで疲れ切っていると免疫力が低下して口内炎になりやすくなるので、回復しやすくするためにも 休養と睡眠をとってください。 リラックスできる時間を確保することでストレス解消にもつながり免疫力が低下しにくくなるので、口内炎になり難くなって、回復も早まることでしょう。 口の中を清潔にする 極論になってしまいますが、口の中が傷ついてしまったり免疫力が低下してしまったとしても口の中に口内炎の原因となる菌さえいなければ、口内炎になることはないのです。 そのため口の中の細菌数を減らすために、歯磨きやデンタルフロス、または イソジンなどを使って口の中を清潔に保ちましょう。 ここで注意点 となるのがいつまでたっても治らないケースで、これは 舌癌の可能性があります。 舌癌は口内炎よりも 痛みが少なく、しびれが発生して動かしにくくなるといった症状が発生し、さらには舌の白い範囲が赤や白に変色してしまうので本人が気が付かなくても身近な人が気が付くことができるでしょう。 舌の裏にできた口内炎がいつまでたっても治らないorしびれなどの症状がある場合は舌癌を疑って検査してもらってください。 まとめ 今回は舌の裏の口内炎の治し方と治る期間、舌癌との見分け方についてお伝えしました。 舌の裏の口内炎も、口内炎の一種なのでできてしまう原因は同じものです。 清潔を保って免疫力が低下しないような生活を心がけましょうね。 口内炎は体の不調を訴えるSOSにもなっているので、できてしまった場合は無理をしていると判断してどこかで必ず休憩を入れるようにしましょう。

次の

舌の裏(采状ひだ?)にできた口内炎からか喉が痛みます。 3〜4日...

舌 の 裏側 に 口内炎

口の中の細菌数を減らすことによって口内炎の治りを早くします。 歯磨き粉や洗口剤は痛みが強いようであれば避けてください。 清潔にすることと刺激を与えないことが重要です。 ガーゼにケナログ等の口内炎の軟膏を多めに付け、口内炎にガーゼごと保護するように付けてください。 30分程度口の中に入れて、取り除いてください。 1日3、4回食後歯磨き後に繰り返すと効果的です。 本来ビタミンは食事から摂った方がいいのですが、口内炎の痛みを早く取るためにサプリメントでまずは補給してください。 サプリメントはコンビニ等で多く売り出されています。 休養と睡眠をよくとることによって体の抵抗力を回復することが重要です。 またストレスも口内炎の原因の一つです。 リラックスできる時間を確保し、体調を整えてください。 痛みが強く、噛んだり、飲み込んだりするのさえ辛い時もあります。 ただし、栄養補給は重要ですので、おかゆなどの刺激の少ない食事をとるか、高カロリーゼリーなどで体力が低下しないようにしてください。 奥歯が歯ぎしりなどですり減って尖っていたり、歯の治療が途中で歯が欠けて舌を傷つけ口内炎になることがあります。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 尖っている部分を丸める、最後まで治療を行う、歯をマウスピースで保護することなどを行います。 まずは刺激を減らすことを行います。 カンジダ菌はもともと口の中にいる菌ですが抵抗力の低下や抗生物質を多くのんだ時などに多くなり、症状が出ます。 治療法 歯医者でカンジダ菌の検査をします。 カンジダ菌が多く発見されれば、カンジダ菌用の薬が処方されます。 口内炎がこの刺激によってできることがあります。 治療法 自宅では自分自身で食いしばらない様に意識します。 歯医者ではマウスピースを作製し、舌が歯に食い込まない様に守ります。 詳しくは「」を参考にしてください。 また、入れ歯が歯茎に食い込んで口内炎ができることがあります。 治療法 入れ歯が当たっているところを調整します。 入れ歯の縁の部分や厚みなどをできるだけ調整します。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 金属を取り除き他の材料に変えてみます。 金属アレルギーは金属に接している部分だけでなく、手や足にも湿疹や水疱等が出ることがあります。 詳しくは「」を参考にしてください。 唾液が少なくなると乾燥した状態で歯と舌が擦れるために、舌が傷つき口内炎ができやすくなります。 また、口の中は細菌が多い場所のために、唾液の殺菌作用がなくなると少しの傷で感染してしまい口内炎ができてしまいます。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 ガムなどの刺激や唾液腺のマッサージなどで唾液を出るようにします。 唾液腺の異常がある場合には人口唾液を使い、口の中の潤滑や殺菌を行うようにします。 人口唾液は歯医者で置いてあるか、注文することができます。 舌癌は自然に治ることがないため、3週間以上治らない場合は歯医者や口腔外科で確認してもらう必要があります。 歯医者で舌癌の疑いが確認されれば、紹介状を書いてもらいます。 舌癌の場合は痛みはありますが、口内炎よりは痛みが少ないことが多いです。 舌癌の場合は癌と健康な組織との境目がわかりにくいことです。 また、形も口内炎は円形や楕円形であることが多いのに比べ、舌癌は形が一定でないことが多いです。 舌癌は赤い縁取りがなく、触るとコリコリと硬い感じがあります。 しかし、20~30歳代の若年者にも時々みられます。 舌癌は癌ができる可能性は低いが、口の中でできる癌の半数ぐらいの確率でできます。 リンパ節に転移がある場合には首の方のリンパ節を同時に手術します。 飲酒、喫煙、入れ歯や歯の刺激などが考えられています。 話したり、食べたり人が生きていく上で重要なことが痛みによって抑えられてしまいます。 また、癌との違いも注意しなければいけないところでもあります。 心配な方は、自分で悩まずかかりつけの歯医者に相談していてください。

次の

舌の裏、舌の先に出来た口内炎の治し方、原因 違いはある?

舌 の 裏側 に 口内炎

なかなか治らない!舌の裏に口内炎の注意点 舌の裏の口内炎はとても痛いですが、2週間くらいで自然治癒します。 もし、舌の裏の口内炎が2週間経っても治らない場合は、口腔外科を受診して、できものを診てもらいましょう。 ネット上で舌の裏に口内炎ができた人の声 舌の裏に口内炎ができる!で悩んでいるのはあなただけではない! インターネット上でこのような悩みを見つけました。 3日間くらい前から舌の裏に米粒より大きい口内炎ができてしまいました。 薬局でビタミンの入ってる飲み薬とケナログを塗ると良いと言われて試してみましたが、3日経ちますが、少しも良くなりません。 むしろのどが痛くなり、首のリンパ腺も痛くなり悪化しています。 口内炎で病院に行ってもあまり期待できる処方はされないと聞くので、どうすればこの痛みから解放されるのかと思っています。 治るのを地道に待つというのは分かっていますが、食事をするにも痛いです。 やはり病院に行くべきでしょうか。 舌の裏の口内炎とても痛そうですね。 薬局での薬は効かず、のどと首のリンパ腺も痛いとのこと。 風邪気味なのかもしれませんね。 耳鼻咽喉科を受診をおすすめします。 口内炎と風邪の諸症状の両方を診てくれるはずです。 お薬も症状に合ったものを処方されて、自然治癒より早く治ると思います。 一日も早く舌の裏の口内炎が治ると良いですね。 私の舌の裏の口内炎ができた体験談 私の場合は、 「ビタミン不足」と 「ストレス」加わると 舌の裏に口内炎ができることがあります。 仕事が忙しすぎて、食事もあまりとれず、帰ってきたら疲れすぎて寝てしまう。 この流れになったらほぼどこかに口内炎ができます。 舌の裏に口内炎ができるとやっかいなのは、痛くて噛み合わせが悪くなるせいか 舌を噛みやすくなることです。 口内炎・舌を噛むのダブルパンチの時は、食欲がなくなるくらい落ちます。 忙しい時ほど、食事・ストレスケアは重要ですよね。 わかってはいるのですが、心と体が動かない時があります。 最後に 舌の裏の口内炎が出来る原因は沢山あることがよく分かりましたね。 早く治すには ・ストレスを溜めず、十分な睡眠を摂る ・口の中を清潔に保つ ・ビタミンB2、Cを積極的に摂る ・禁煙をする ・2週間経っても口内炎が治らない時は口腔外科を受診する 以上のことが必要です。

次の