クレジットカード 現金化 仕組み。 クレジットカードの仕組みと支払い方法

利用停止になりにくい、クレジットカード現金化の方法とは?

クレジットカード 現金化 仕組み

クレジットカードを現金に変えるのか?• どこがどのように行っているのか?• 第一安全なサービスなのか? このような疑問は山ほどあるのではないでしょうか? そんな疑問を解消するべく クレジットカード現金化の仕組みについて説明させていただきます。 クレジットカード現金化という行為は クレジットカードを利用して現金を手に入れる方法です。 「うわ・・・更に怪しい。 」 もう利用しなくていいやと思っている方もいるのではないでしょうか? しかし、このクレジットカード現金化こそ 安全かつ誰にもバレない金欠生活脱出法なんです。 そんな夢のような方法ですが、安全に利用するには 専門の業者を利用する必要があるんです。 申し込みを行う• 本人確認を行う• 業者が指定する商品を購入する• 指定した口座に現金が振込まれる• 後日購入した商品が家に届く キャッシュバック方式は、名前の通り キャッシュバックというサービスを利用した現金化方法です。 この方法を用いることで、 法律に触れることのないクリーンな現金化をおこなう事ができるのです。 手間といえば、購入した商品は受け取らなければいけないことぐらいです。 しかし、入金までの時間が他の現金化方法に比べると1番早いので即日で現金が欲しい方にはオススメです。 現金化業者で申し込みの手続き• クレジットカードで業者の指定する商品を購入• 後日購入した商品が家に届 2~3日 く• 家に届いた商品を現金化業者へと郵送する• 現金化業者に郵送した商品が届く 2~3日• 現金が指定した口座に振込まれる 商品買取方式は自分でする現金化を業者がおこなってくれるような物です。 メリットとしては、自分で商品を購入しに行ったり購入した商品を売りに行かなくてもいいという事がメリットとなっています。 しかし、デメリットとして言われている クレジットカード利用停止の危険性は3種類の中では一番高い方法とも言われています。 仕組みが簡単なので安心感はありますが、利用するメリットはさほどありません。 クレジットカードが利用停止になる最大の理由は、現金化という行為が クレジットカードの利用規約に違反しているからです。 規約違反の行為を見逃してくれるほどカード会社もお人よしではありません。 しかし、クレジットカード現金化というサービスはネットで堂々とサイトを設立し Googleの広告まで打っているサービスです。 それなのにもかかわらず、ネット業者はカード会社からお咎めを受ける事無く営業を行っています。 なぜネットで堂々と営業を行う事ができるのでしょうか? それには利用停止になる理由と仕組みがあるからです。 カード会社もクレジットカードを利用してもらう事で手数料として利益があるのでたくさん利用して貰いたいというのが本音です。 しかし、 カードの支払いができない利用者は別問題です。 利用してくれるチャンスよりも、支払ってもらえないかもしれない。 というリスク取られてしまうためカードが利用停止になってしまうということですね。 明確にはどのような行為が利用停止に繋がるのか?• 利用停止になったらどうなってしまうのか? についてはこちらの記事でご紹介しているので詳しくは下記のぺージをご覧ください。 クレジットカード現金化が違法である可能性はない? カードが利用停止になるほどのサービス、そもそも規約違反になっている行為ならば 違法の可能性もあるのではないか? そう考える人も多く、その様な噂が一人歩きをして一部ではクレジットカード現金化は違法という評価がされています。 しかし、実は クレジットカード現金化は違法ではありません。 正しくは違法にする事が難しいといわれています。 その理由と違法にはなっていない仕組みを簡単に紹介させていただきます。 クレジットカード現金化が違法にならない理由 この理由を説明するには 商品買取方式を参考に説明をした方がいいでしょう。 商品買取方式の仕組みについては.

次の

【図解】クレジットカード決済とは?仕組みを分かりやすく解説します|ネットECの基本|ECビジネスのトータルパートナー|ヤマトフィナンシャル

クレジットカード 現金化 仕組み

カード会社にバレてしまう理由をお答えします。 毎日ものすごい数の利用があるクレジットカードですから、その中から現金化目的の利用だけを抽出するのは、基本的にムリです。 しかし、クレジットカード会社は現金化目的の利用を把握できています。 それが可能な理由は、現金化目的が疑われる利用履歴を、自動的にピックアップできるようにシステム化されているからです。 クレジットカード会社は、換金性の高い商品をリスト化しています。 ギフト券や高級ブランド品など、換金性の高い商品の購入履歴が多くある利用者に対しては、日頃から目を付けているのです。 こうしてクレジットカード会社は、「現金化をしているかもしれない」という利用者をピックアップしておきます。 その後は、「現金化をしているかもしれない」利用者の購入履歴を常に監視し、明らかに現金化目的の利用が疑われる利用者に対して、利用停止措置を取っているに過ぎないのです。 【答え】 前述したとおり、クレジットカード会社は現金化目的の利用を禁止しています。 にもかかわらず、現金化業者がクレジットカードの決済ができてしまうのは、おかしな話です。 現金化を撲滅したいなら、現金化業者がクレジットカード決済できないよう、カード会社が対策すれば良いだけの話ですが、事はそう簡単ではないのです… クレジットカードの決済をするには、カード会社の加盟店になる必要があります。 当たり前ですが、現金化業者が加盟店になることはできません。 そこで、 決済代行会社という、クレジットカード決済の専門会社を経由することにより、現金化業者がクレジットカード決済ができるような仕組みになっています。 もちろん決済代行会社は、バレたらまずいので、現金化業者の決済をうまく隠します。 決済代行会社は毎月「何十億」という膨大な額のクレジットカード決済を引き受けています。 その「何十億」の中に、現金化業者の決済をごちゃまぜにしてしまい、クレジットカード会社がわからないようにするのです。 こうして、現金化業者がクレジットカード決済できるシステムが確立されています。 だからこそ、現金化業者が継続してクレジットカード決済ができるのです。 《業者えらび》口コミ、換金率、スピードで比較• 複数業者を比較してかしこくお得に現金化• 〈最大20社〉換金率の比較が30秒で完了 決済代行会社もリスクはあるが… 「決済代行会社が現金化業者の決済をしている」 そんな事実がクレジットカード会社にバレてしまった場合は、決済代行会社は取引停止となります。 そんなリスクのある現金化業者の決済ですが、決済代行会社はなぜ、そんなリスクを背負ってまで現金化業者の決済をするのか… それはやはり、手数料がたくさんもらえるからです。 決済代行会社もいけない事とは分かっていつつも、一般的な企業よりも多くの手数料収入があるため、背に腹は代えられないということなのです。 だから決済代行会社は、現金化業者の決済とわからないように色々と工夫をしています。 通常のクレジットカード利用の決済が毎月何十億もある中、現金化業者の決済が1,2億混ざっていたとしても、クレジットカード会社は把握しようがないのです。 自分で売買する現金化よりも、現金化業者の方が安心 いままで述べてきた事実から分かること、それは、 換金性の高い商品を売買してやる現金化よりも、現金化業者を利用した現金化のほうが利用停止の危険が少ない ということです。 一般的に現金化業者の還元率は、70%~80%の間と言われています。 20~30%取られますので決して安くない手数料ですが、 その分安心が手に入ると思えば、現金化業者を利用するメリットはある、という結論になります。 クレジットカード現金化は、利用停止のリスクを避けるのが賢明です。

次の

クレジットカード現金化の仕組みと方法を徹底解説!初心者でもわかる完全マニュアル

クレジットカード 現金化 仕組み

クレジットカード現金化の主な方法 クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を得る現金化には、主に次の2つの方法があります。 ・買取式 まずは、買取式といわれる手法です。 クレジットカードを使って、ブランド商品や金券といった換金率の高い商品を買い、それを買取業者に売ることで現金を得る方法です。 自分ひとりで行え、時間をかけずに現金を得られるとして、クレジットカードの現金化のなかでも手軽な方法として紹介されているケースがよくあります。 ・キャッシュバック式 もうひとつが、キャッシュバック式と呼ばれる手法です。 現金化を行っている業者から、安い商品を高額で購入します。 その購入特典として、その業者から、現金をキャッシュバックしてもらうという方法です。 インターネットや街で見かける「クレジットカードの現金化」という広告は、主にこのキャッシュバック式の現金化を行う業者が出しているものになります。 クレジットカードの現金化は違法? クレジットカードの現金化ですが、先ほど解説したしくみを見ただけでも、正当な手法ではないという印象を受けたのではないでしょうか。 しかし、これらの現金化に関しては、明確な法律違反とはなっていないのが現状です。 なぜなら、買取式であれキャッシュバック式であれ、行為そのものはただ買い物をし、不要な物を売っただけ、キャッシュバックを受けただけ、という体裁ができているからです。 例えば「最初から現金化することを目的として金券を購入し、買取業者に売却した」と聞くといい印象を持ちませんが、「プレゼントしようと思って金券を買ったけれど、渡す予定がなくなってしまったから買取業者に売却した」という文脈だと、行為そのものは前のものと同じながら、受ける印象が大きく異なるはずです。 このような曖昧さが、適法・違法の線引きがはっきりできない、グレーな状況となっているのです。 クレジットカードの現金化を行っている業者が摘発された事例もありますが、罪に問われたのはあくまでも現金化する際の金利が出資法で定める上限金利を上回っていたからであり、現金化の行為そのものを罰したわけではありません。 しかし、クレジットカード会社の規約には現金化を目的としたカード利用を禁じる条文があり、規約違反となっており、リスクのある行為であることは間違いありません。 法律的には違法ではないから、やっても大丈夫だというような考えは、絶対に持たないようにしましょう。 クレジットの現金化によるリスク クレジットカードの現金化には、さまざまなリスクがあります。 ここからはそのリスクについて解説していきます。 金銭的に損をしている取り引きである クレジットカードの現金化は、手軽に現金を手に入れる方法として紹介されますが、買取式であってもキャッシュバック式であっても、クレジットカードで払った額以上の現金が手もとに入ることはありませんから、使えば使うほど負債が増えていくだけです。 また、クレジットカードの支払額と手に入れた現金の差額が、カードローンといったキャッシングでお金を借り入れた場合の利息に比べて大きい場合も多いようです。 手もとに現金が入るまでのスピードは確かに早いかもしれませんが、確実に損をしている取り引きをしているということを忘れてはいけません。 犯罪や詐欺に遭う可能性がある いくら明確に法律で規制できないといっても、わざわざこうした危ない橋を渡る業者には、悪質な会社が多いことが現実です。 現金化のために使ったクレジットカード情報が盗まれたり、現金が正しく振り込まれなかったりという被害も出ています。 クレジットカード会社が不正と判断した場合は、一括返済を求められる場合も クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社の規約に違反する行為ですので、もしもそれが発覚した場合、利用停止や解約されてしまうことがあります。 また、解約される際は、これまで利用した分のお金の一括返済を求められる可能性もあります。 そうなると、現金化のための利用分だけでなく、通常の買い物やキャッシングでの利用分も一気に返さなくてはいけなくなります。 利用額が大きければ大きいほど、日常生活すら困難な状況に陥ってしまうことは想像に難くありません。 自己破産ができなくなる クレジットカードの現金化を行うと、いざというときの最後の手段となる自己破産が行えなくなってしまう可能性があります。 クレジットカードの現金化は、破産法第252条第1項第2号にある「不当な債務負担行為」 とみなされることがあり、その場合は、裁判所から免責(借金の免除の許可)が認められません。 クレジットカードの現金化によって一時的に自己破産を逃れようとしても、最終的に自己破産すらも不可能にしてしまうことがあるのです。 クレジットカードの現金化は行わない!カードローンなどを上手に活用しよう ここまで、クレジットカードの現金化について解説してきました。 違法行為かどうかの線引きは曖昧かもしれませんが、決してほめられた行為ではなく、むしろリスクのほうが大きいとご理解いただけたかと思います。 目先のお金や手軽さに惑わされるのではなく、正しい方法で正しくお金を使っていくことが、充実した日常を過ごしていくために大切なことです。 どうしても現金が必要になった場合には、カードローンといった、キャッシングサービスを正しく使うのもひとつの方法です。 JCBが提供しているカードローン「FAITH」の、借りたお金を月づき一定額返済するキャッシングリボ払いの場合、金利は4. 40~12. また、キャッシング1回払いの場合は、5万円までの借り入れで、5. 00%の金利となります。 これは、JCBのクレジットカードの金利(キャッシングリボ払い・キャッシング1回払いともに15. 00~18. 00%)と比べて、低い金利に設定されています。 ご利用可能枠(借入限度額)は、最大で500万円、WEB上で申し込みが完結します。 最短で即日での審査が完了しますので、緊急で現金が必要な際にも、十分ご対応いただけます。 選択肢のひとつとしてご活用ください。 設定されたご利用可能枠(借入限度額)に応じて適用される金利が異なります。 2020年2月現在.

次の