仁 咲 結婚 原作。 『JIN

仁と咲は結婚しないの?最終回のドラマと原作漫画の違いを詳しく解説!

仁 咲 結婚 原作

5 1 ねこがすき 一言でいうと面白い漫画です。 江戸時代、当時の人達の暮らしぶりや、どれだけ病気や感染病に苦しまされていたのか…当時生きていた日本人の生き様が伝わってきます。 そんな中、常に弱い方、病める方に寄り添い、現代の医学の知識を使い、当時の人々を病気や感染病から救い出す主人公、南方仁の生き方に感動しました。 現代の私たちは病気になればすぐ病院に行き、薬を買い、手術をする事が当たり前になっていますが、この当たり前の現代医術がどれだけ恵まれた状況であるのかを感じました。 また病気に向き合い、生きていく登場人物達に励まされました。 出てくる医療器具や手術の様子も、たとえ架空のものでもひとつひとつに説得力があり、内容の綿密さに驚かされます。 江戸時代の遊女たちが、極限の肉体労働のすえ病に侵され若くして多くが亡くなった、彼女らの無念をせめてドラマの中で晴らしたいと思ったことがこの漫画を描くきっかけだという旨のあとがきを読んで、作者の目線のあたたかさにますます感動しました。 世代を問わず読める名作ではないでしょうか。 やはり有名な作品はそれだけの理由があるということですね。 しいていうなら・・東修介と小菊ちゃんはその後どうなったんですかね!?クライマックスで全員ぶんの「その後」を描くのは無理だったのだと思いますが、とても気になります。 個人的には、時代背景が比較的近代なのも良かったです。 物語を通して、いかにここ100年ほどの医学の進歩が目覚しいかを改めて実感し、それだけ多くの人が熱心に研究したのだと思うと、何とも感慨深い気持ちになりました。 実際の歴史に絡めてストーリーが展開していくのも面白いです。 症状を表現する都合上、医療漫画の中でも汚い描写が多めではありますが、そう言うのが大丈夫な人にはオススメです。

次の

Apple/Macテクノロジー研究所 TBS 日曜劇場 JIN

仁 咲 結婚 原作

もくじ• 「JIN仁」(2009)の結末までのネタバレ 『JIN-仁- レジェンド』 を18日から3週連続で 土曜・日曜に放送することを 発表した。 そのトラウマから、仁は難しい手術から逃げるようになっていました。 そんなとき出会った怪しい患者ともみ合って、病院の階段を転がり落ちて目を開けると、幕末にタイムスリップしていました。 たどり着いた幕末で仁は、瀕死状態だった武士・橘恭太郎(小出恵介)を現代医術で助けた縁で、家に厄介になることになります。 その後、坂本龍馬(内野聖陽)と出会い、不治の病の伝染病コレラの治療に励みます。 仁自身も感染してしまいますが、恭太郎の妹・咲(綾瀬はるか)の看病により持ち直します。 吉原で野風に出会う ある日、坂本龍馬は仁を遊郭の吉原に連れて行きました。 そこで野風という花魁に出会いましたが、現代の恋人の 未来(中谷美紀)と同じ顔で驚きました。 実は佐久間象山も未来から来ていた! ねこまろ そんな中、皇女和宮(黒川智花)が餡ドーナッツを食べて倒れたことから、毒を仕込んだと疑われて仁と咲は投獄されてしまいます。 ドーナツにヒ素が入っていて、仁の活躍を疎ましく思う藩医の三隅俊斉(深水三章)の仕業でした。 仁友堂のメンバーはあらゆる手段を用いて仁を救い出します。 野風がフランス人のルロンと結婚することになって、もらった支度金を仁の賄賂に当てて、仁を助けていました。 そして、野風は、仁と咲が幸せになるように伝えて、去っていきます。 咲にプロポーズ そして仁は、常に支え続けてくれた咲にプロポーズ! しかし咲は、私の幸せは、先生と一緒になることではなく、仁友堂を後世に残すことが大事だと断りました。 スポンサーリンク 最終回結末のネタバレ! おお、『JIN-仁-』も再放送してくれるのか。 原作とは多少展開が違ったりもしたけど、ドラマとしての完成度は高かったし、何よりキャスティングが抜群に良かった。 そこで、咲は銃で撃たれてしまいます。 咲の銃弾を取り出しますが、傷は化膿していました。 傷は、緑膿菌に感染していて、ペニシリンが効きません。 仁は、タイムスリップする時にポケットに入れた薬を思い出しました。 「あれは、緑膿菌に効くホスミシンだったかも」 そんな中、仁の頭の中に龍馬の声が聞こえ始めて、崖から身を投げてしまいます。 現代へタイムスリップ 目を覚ますと、仁は現代の病院で手術が終わった状態で、包帯がグルグルと巻かれていました。 咲のためにホスミシンを手に入れて、階段を降りると包帯の男とすれ違い、タイムスリップした時と同じ状況になります。 仁が現代から持ってきたホスミシン! ねこまろ しかし、仁友堂のメンバーにもう一人いたような気がするが思い出せない! あげ出し豆腐が好きで、現代の10円玉を見つめながら、その人のことを好きだった記憶をたどっていました。 そこで、先生に向けて、手紙を書いていました。 改めて「橘咲は先生をお慕い申しておりました。 」 仁の目に涙が浮かびます。 仁も「咲さん、私もお慕い申しておりました。 」呟きます。 歴史は繰り返される? ある日、医師として復帰した仁のところに脳腫瘍の患者が運ばれてきました。 橘未来でした! 仁は執刀医に名乗りを上げました。 もう、JIN仁の音楽が流れて来て、鳥肌のラストでした! JIN仁の次は日曜劇場「とんび」が見たい!.

次の

JIN

仁 咲 結婚 原作

原作では恋人はいなかったみたい。 ただ残念ながらドラマ版のほうは、 切なくて悲しい結末となります。 緑膿菌に侵された咲を助けるため、 現代に戻った仁先生。 「咲さん・・・。 すいま・・・せん・・・。 」 咲さんを助けに戻れないことで 絞り出すように悲しい声を出す仁先生。 そしてそのまま 非常階段で意識を失うのでした。 病衣のポケットからは咲を救うために持ち出した 薬・ホスミシンが転がり出ました。 こうして仁先生と咲は、二度と逢うことの叶わぬ 永遠の別れとなったのです。 咲がどうなったのか• 自分が生きてきた日々がどうなったのか それを調べるために行動を始めました。 まず仁は、図書館で医療の歴史書を開きます。 そこには 「仁友堂」 の名前が掲載されていました。 確かに仁先生は幕末に存在していたのです。 佐分利先生たちの写真と名前も医学の歴史書に 掲載されていました。 しかし、仁と咲の名前はどこにも記されていません。 次に、江戸時代の土地勘を頼りに 橘家があった場所を探し当てた仁。 そこには、 「橘醫院(たちばな いいん)」という 古くて小さな病院がありました。 橘醫院の前で佇んでいると、 「うちになにかご用ですか?」 と女性から声を掛けられました。 振り返ると 未来そっくりの女性が立っており、 橘家を自分の家と言っているのです。 しかし女性は、 仁の顔を見ても表情ひとつ変えません。 「こちらのご先祖に、橘 咲さんってかたが いらしたと思うんですけど。 」 すかさず問いかける仁。 「いましたけど・・・。 」 話を聞きたいと願う仁を、 女性は家の中に快く招き入れてくれました。 仁の恋人だった未来は同僚の医師でしたが、 この女性は、医学部へ通ったものの医学史を専攻。 現在は予備校講師だと語りました。 そして、彼女から教えてもらった橘 咲の生涯は 次のようなものでした。 兄の恭太郎が林の中でひろった薬をイチかバチか投与したところ、咲は緑膿菌による意識混濁から回復した。 (仁先生が錦糸堀で現代にタイムスリップした後、そこには小びんが残っていて、恭太郎が拾った。 明治維新後に実家を改造して 橘醫院を開業• 小児科・産科がメインで産婆さん扱いだったため、当時、女医は珍しいはずなのに注目を浴びなかった。 (そのため、仁友堂の医師として名前が記されていなかった。 長生きした。 (仁は おばあさんになった咲さんの写真を見せられる。 仁友堂の医師たちとは交流を続けていた。 生涯独身を貫いた。 仁は咲の遺品の写真の中に、 咲が膝に女の子を抱いている写真を発見します。 その子は、 野風さん(役:中谷美紀)が命がけで生んだ子、 安寿(あんじゅ)でした。 末期ガンで余命2年ほどだった野風さんはもとより、 夫のルロンさんも亡くなったようです。 両親を亡くした安寿を 咲が養女として引き取り育てたのです。 つまり、いま仁の目の前にいる 未来そっくりの女性は、 咲が育てた野風さんの娘・安寿の子孫なのです。 仁の恋人だった「友永 未来」は 「橘 未来」に変わっていたのです。 橘 咲とその周辺の人物のことを まるで旧友の話を耳にするかのように反応し、 目を潤ませる仁を目の当たりにして、 何かを悟ったような橘 未来。 仁の帰りしなに 「揚げ出し豆腐はお好きですか?」 と尋ねてきました。 仁が嬉しそうに「はい!」と答えると、未来はにっこりと微笑んで、 「ずっとあなたを待っていた気がします。 」 と言って、古い手紙を仁に差し出します。 この手紙が、自分が医学史に進んだ原点だと。 公園のベンチで手紙を開いた仁。 橘 咲が名前を思い出せない先生に向けて書いた手紙でした。 咲が緑膿菌から回復し意識が戻ると、 仁先生の存在した痕跡が 至ることろから消え去っていました。 咲だけは、仁先生の記憶がおぼろげに残っていました。 でも、名前は思い出せません。 仁友堂の医者たちは皆、 そんな医者はいないと否定し、 仁友堂は自分たちが立ち上げた治療所だと語ります。 (何かがおかしい。 ) そう思いつつ、やがて咲も 夢でも見ていたのではないかと 思うようになりました。 揚げ出し豆腐が好きで、涙もろい先生のことを。 そして、 「仁 (じん)」 を持つ人であったことを。 その記憶が全部消えないうちに、 名前を思い出せない、その先生宛に 手紙を書いたのです。 咲の手紙の最後はこう結んでいました。 「橘咲は、先生をお慕い申しておりました。 」 咲の書いた文字を、涙で溢れた目で見つめながら、 「わたしもですよ。 咲さん。 わたしもお慕い申しておりました。 」 手紙にそう答える仁先生。 歴史の修正力によって、 いつかこの記憶も消えるかも知れないけれど、 咲さんと見た、世界で一番美しい夕陽は 忘れないだろうと思う仁でした。

次の