オーストリア 人口。 オーストリア?オーストラリア?似てるけど違いは?

よく考えたら少ない!?オーストリアに在住している日本人の数

オーストリア 人口

最大の都市 ウィーン 政府 総計 () 水面積率 1. - Statistik Austria• の崩壊後、現在の国土領域における共和政体()の建国はである。 以前の通貨は。 も参照。 の南方、の内陸に位置し、西側は、と、南はと、東はと、北はドイツとと隣接する。 基本的にはとされるが、歴史的にはやに分類されたこともある。 概要 [ ] に650年間の帝国として君臨し、までは、、、と並ぶ欧州五大国()の一角を占めていた。 1918年、の敗戦と革命によりより続いたが解体し、()となった。 この時点でだった旧帝国のうち、かつての支配民族のが多数を占める地域におおむね版図が絞られた。 1938年には同じ民族の国家であるに併合されたが、ドイツ敗戦後の1945年から1955年には軍によるの時代を経て、1955年の独立回復と化により現在に続く体制となった。 音楽を中心に文化大国としての歴史も有する。 EU加盟以降は、同言語・同民族の国家同士でありながら複雑な国際関係が続いてきたドイツとの距離が再び縮まりつつあり、国内でもの伸張などドイツ民族主義の位置づけが問われている。 本項ではおもに1955年以降のオーストリア共和国に関して記述する。 それ以前については、、、、、、、、 を参照。 公式の英語表記は Republic of Austria。 通称 Austria、形容詞は Austrian(オーストリアン)。 日本語の表記は オーストリア共和国、通称 オーストリア。 では 墺太利または 澳地利(略表記: 墺)と記される。 ドイツ語の表記や発音(および下記オーストラリアとの混同回避)を考慮した日本語表記は エースタ( ー) ライヒ、 エスタ( ー) ライヒ、または的表記による エステ( ル) ライヒであり、専門書や各種サイトなどで使用されている。 フランク王国のころにオストマルク(「東方辺境領」)が設置されたことに由来する。 OstmarkとはOst-markで「東方の守り」を意味する(デンマーク(Danmark)の「マーク」と同じ)。 ドイツ語を含む各言語の呼称はそれが転訛したものである。 狭義のオーストリアはかつてのであり、現在のオーストリアの領土のうちや地方、地方、地方は含まれない。 を名乗り同大公領を世襲してきたハプスブルク家、ハプスブルク=ロートリンゲン家を「オーストリア家」と呼ぶようになり、時代が下るにつれ、同家が統治する領地を漠然と「オーストリア」と呼ぶようになった。 のの成立に際しても「『オーストリア』の地理的範囲」は具体的に定義されなかった。 にオーストリア・ハンガリー帝国が解体され、ウィーンを首都にドイツ人が多数を占める地域で「国民国家オーストリア」が建設されるが、これは一地方の名前(あるいはオーストリア家というかつての王家の通称)を国名に使用したことになる。 現在のオーストリアの行政区画では、かつてのオーストリア大公領は、に分割継承されている。 ドイツ語のエスターライヒのreich()はしばしば「帝国」と日本語訳されるが、フランスのドイツ語名が現在でもFrankreich(フランクライヒ)であるように、厳密には「帝国」という意味ではない。 「reich」には語源的に王国、または政治体制を問わず単に国、(特定の)世界、領域、(動植物の)界という意味が含まれている。 Marie-Antoinette d'Autriche、)。 「オーストリア家」にはスペイン・ハプスブルク家も含まれることがあり、たとえば、のの王妃(スペイン語:マリア・テレサ・デ・アウストリア)はフランス語、スペイン語でそれぞれ「オーストリアの」とあって、スペイン・ハプスブルク家の王女である。 日本語版Wikipediaでは、ハプスブルク家がドイツ系の家系であることから、記事名にはドイツ語の「フォン・エスターライヒ」(e. )を使用している。 オーストラリアとの混同 [ ] オーストリア( Austria)はしばしば( Australia)と間違われるが、オーストラリアはで「」に由来し、オーストリアとは語源的にも無関係である。 しかし、綴りや発音が似ているため、多くの国でオーストリアとオーストラリアが混同されることがある。 日本では、オーストリアとを間違える人もおり、のオーストリア大使館には、同じく港区の「オーストラリア大使館」への地図が掲げられている。 (愛知万博)のオーストリア・で配布された冊子では、日本人にオーストラリアとしばしば混同されることを取り上げ、オーストリアを「オースア」、オーストラリアを「オースリア」と覚えるように呼びかけている。 両国名の混同は日本だけではなく英語圏の国にも広く見られ、聞き取りにくい場合は"European"(ヨーロッパのオーストリア)が付け加えられる場合がある。 しばしばなどに登場し、オーストリアの土産物屋などでは、黄色い菱形にのを黒く描いた「カンガルーに注意」を意味するオーストラリアのに、「NO KANGAROOS IN AUSTRIA(オーストリアにカンガルーはいない)」と書き加えたデザインのなどが売られている。 なお、においてはオーストラリアをAustralie(オストラリ)、オーストリアをAutriche(オトリシュ)と表すためこのような問題はない。 オーストリー表記 [ ] 2006年10月に駐日オーストリア商務部は、との混同を防ぐため、国名の日本語表記を「オーストリア」から「 オーストリー」に変更すると発表した。 オーストリーという表記は、19世紀から1945年まで使われていた「オウストリ」という表記に基づいているとされた。 発表は大使館の一部局である商務部によるものだったが、署名はペーター・モーザー(当時)とエルンスト・ラーシャン商務(商務部の長)の連名(肩書きはすでに「駐日オーストリー大使」「駐日オーストリー大使館商務参事官」だった)で、大使館および商務部で現在変更中だとされ、全面的な変更を思わせるものだった。 しかし11月、大使は、国名表記を決定する裁量は日本国にあり、への国名変更要請はしていないため、公式な日本語表記はオーストリアのままであると発表した。 ただし、オーストリーという表記が広まることにより、オーストラリアと混同されることが少なくなることを願っているとされた。 その後、大使館商務部以外では、大使館、日本の、などに「オーストリー」を使う動きは見られない。 たとえば、2007年5月4日の「」の記事では、同国を「オーストリア」と表記している。 大使館商務部の公式サイトは、しばらくは一貫して「オーストリー」を使っていた。 しかし、2007年のサイト移転・リニューアルと前後して(正確な時期は不明)、大使館商務部のサイトでも基本的に「オーストリア」を使うようになった。 「オーストリー」については、わが国の日本語名はオーストリア共和国であると断ったうえで• オーストリーの使用はそれぞれの企業の判断にゆだねる• マーケティングで生産国が重要な企業にはオーストリーの使用を提案する• 「オーストリーワイン」がその成功例である などと述べるにとどまっている。 日本では雑誌『』がオーストリーの表記を一部で用いている。 歴史 [ ] 詳細は「」を参照 ボヘミアがバーベンベルクを継承 [ ] 以前の時代、現在オーストリアのあるの地域にはさまざまなが住んでいた。 やがて、ケルト人のはローマ帝国に併合され属州となった。 ローマ帝国の衰退後、この地域は、、の侵略を受けた。 スラブ系カランタニア族はアルプス山脈へ移住し、オーストリアの東部と中部を占める ()( - )を建国した。 にがこの地域を征服し、植民を奨励してキリスト教を広めた。 の一部だった現在のオーストリア一帯の中心地域はにのリウトポルトに与えられ、オーストリア辺境伯領( marchia Orientalis)となった。 10 - 11世紀には帝国教会政策をとったが、11世紀後半から12世紀にかけてで皇帝は敗北した。 、"Privilegium Minus"で知られる調停案により、オーストリアは公領に昇格した。 、バーベンベルク家はを獲得する。 に(在位: - )が即位。 フリードリヒは近隣諸国にしばしば外征を行い、財政の悪化を重税でまかなった。 とも対立。 にがに侵入()すると、その領土を奪い取った。 にでフリードリヒ2世が敗死したことによりバーベンベルク家は断絶。 その結果、ボヘミア王がオーストリア、シュタイアーマルク、各公領の支配権を獲得した。 彼の支配はのでに敗れて終わった。 教会のハプスブルク包囲網 [ ] は ()( - )となり、 ()が領主となった。 ザルツブルクにはオーストリア最古の修道院があり、古来からバイエルンと関係が深い。 のテオド公がザルツブルクを寄進していたのである。 はその後も一貫して教会建設に好意的で、ザルツブルクの教会に莫大な土地を与えた。 1290年、がエンス渓谷の所有権と諸権利をめぐってザルツブルク大司教と争い、ルドルフ1世の調停によって自身に有利な条約が結ばれた。 翌年7月にルドルフが死んで、アルブレヒト包囲網が編成された。 教皇の了解を得て、ハンガリー王、ボヘミア王、、、ザルツブルク、、の聖界諸侯、旧の諸都市、および誓約同盟も加わった諸国が大同盟を結成した。 を味方につけられないアルブレヒトは大同盟から大打撃を受け、を範にとり財政改革を行うことになった。 裕福なウィーン市民をフープマイスターなる管財人へ任命し、人手に渡っていた所領をたちまちに回収した。 しかしアルブレヒトが1308年に暗殺されてオーストリアは弱くなった。 はに敗れてフランスに接近した。 西方では1309年、でフランスが神聖ローマと国境を接した。 イタリア政策が結婚政策となるまで [ ] の 皇帝の の死後一世紀あまりの間、ハプスブルク家はローマ王位から遠ざかった。 しかし、この間にも政争は絶えなかった。 1335年、ゲルツ伯家のが没し、唯一の女子が伯位を継承したが(女伯)、領土の相続をめぐって、、が介入した。 銀山のあるチロルは位置もの拠点となりうる垂涎の的であった。 1349年、フランスがを獲得してハプスブルクとの緊張を深め、のちのに発展した。 にハプスブルクは()を称した。 1363年、ハプスブルク家のオーストリア公は、マルガレーテを退位させて強引にチロル伯領を継承、以後チロル地方はハプスブルク家の統治下に置かれた。 「チロル伯領」の首都は、1418年にメラーノに移転し、ついでに移った。 からにかけて、このようにハプスブルクはオーストリア公領周辺領域を獲得していく。 領土の一円化はでイタリア政策が頓挫してから急務であった。 にが義父の後継に選ばれた。 アルブレヒト2世自身の治世は1年に過ぎなかったが、これ以降、一例を除いて神聖ローマ皇帝はハプスブルク家が独占することになる。 ハプスブルク家は世襲領をはるかに離れた地域にも領地を獲得し始める。 、の唯一の子であるは跡取りのいないのと結婚しての大半を獲得した。 彼の子のはとの王女と結婚した。 フアナがのちに王位継承者となったためを得て、さらにその領土のイタリア、アフリカ、をハプスブルク家のものとした。 ヴェストファーレン条約という審判 [ ] 皇帝の治世におけるは、コスモポリタンとしてやと結びつき、2度の活況を享受した。 ポルトガルはアフリカの、セビリアはの貿易窓口となった。 、でハンガリー王が戦死したあと、地域とが占領していないの残りの地域がオーストリアの支配下となった。 1529年、。 オスマン帝国のハンガリーへの拡大により、両帝国はしばしば戦火を交えるようになった()。 これは2国間紛争のようでいて、にとっては旧を奪還するのに、フランスとハプスブルクとのいずれが尖兵にふさわしいかという政治問題でもあった。 そこでカール5世はカトリックへ接近していった()。 1556年、カール5世が退位してスペイン=ハプスブルク家が枝分かれした。 このときにアントウェルペンの隣でがスペイン領となった。 1565年、で植民を殺す事件が起こった。 そしてに発展した。 にが結ばれ、神聖ローマ帝国は形骸化しフランスが勢力を伸張した。 マリア・テレジアと二元主義 [ ] 18世紀の ( - ) の長期の治世では、のの勝利(指揮をしたのは) に続く一連の戦役(、 - )の結果締結されたのにより、オーストリアは全土・・を獲得した。 ( - )は家系の断絶を恐れるあまりに先年に獲得した広大な領土の多くを手放してしまう(、、)。 カール6世はを出して家領不分割とにハプスブルク家を相続させる(あまり価値のない)同意を諸国から得る見返りに、領土と権威を明け渡してしまった。 、 ()( - )の ()(在位:1727年 - 1744年)による迫害()が始まり、2万人といわれる人口流出が起った。 多くのプロテスタントを受け入れたが大国として擡頭することになった。 このザルツブルク追放を題材にして、は『』を書いた。 カール6世の死後、諸国はマリア・テレジアの相続に異議を唱え、( - )が起き、で終結。 ウェストファリア条約で過酷な経済制裁を受けていたアントウェルペンが復興した()。 プロイセン領となったをめぐって再び( - )が勃発。 オーストリアに勝利したの勃興により、が始まる。 二元主義というのは政体というよりも宗教対立というべきもので、プロイセン経済はオランダのそれと共通してユグノーが台頭せしめたのである。 オーストリアはプロイセン、とともに第1回および第3回の(と)に加わった。 神聖ローマ帝国の解体とウィーン体制 [ ] 作「 ウィーン会議」() が起こるとオーストリアはフランスと戦争になったが、幾多の会戦でに敗退し、形骸化していた神聖ローマ帝国はに消滅した。 この2年前の 、が宣言されている。 、オーストリアは他の諸国とともにフランスへ侵攻してを終わらせた。 にが開催され、オーストリアはヨーロッパ大陸における4つの列強国のひとつと認められた()。 同年、オーストリアを盟主とするが作られる。 1818年のでがウィーン財界に列した。 1822年にはハプスブルク家から彼を含む5兄弟全員に男爵位が送られた。 彼らにより現在のが建設された。 政治と連携したロスチャイルドを含む財界の力で、ウィーンから・・を経由してまでが鉄道で結ばれていった。 未解決の社会的、政治的、そして国家的紛争のためにドイツは統一国家を目指した に揺れ動かされた。 結局のところ、はか、大オーストリアか、のいずれかに絞られる。 オーストリアにはドイツ語圏の領土を手放す意思はなく、そのためにがプロイセン王へドイツ皇帝の称号を贈ったものの拒否されてしまった。 、オーストリアとプロイセンは連合してと戦い、とをデンマークから分離させた()。 しかしオーストリアとドイツは両公国の管理問題で対立し、にを開戦する。 で敗れたオーストリアはドイツ連邦から脱退し、以後、ドイツ本土の政治に関与することはなくなった。 のオーストリアとハンガリーの妥協()により、を君主に戴くオーストリア帝国との二重帝国が成立した。 オーストリア=ハンガリーは、、、、、、、さらには、の大きなコミュニティまでもを支配する多民族帝国であった。 この結果、民族主義運動の出現した時代においてオーストリア=ハンガリーの統治は次第に困難になりつつあった。 それにもかかわらず、オーストリア政府はいくつかの部分で融通を利かすべく最善を尽くそうとした。 たとえば(オーストリア=ハンガリー帝国におけるオーストリア部分の呼称)における法律と布告( Reichsgesetzblatt)は8言語で発行され、すべての民族は各自の言語の学校で学ぶことができ、役所でも各々の母語を使用していた。 ハンガリー政府は反対にほかの民族のマジャール化を進めている。 このため二重帝国の両方の部分に居住している諸民族の願望はほとんど解決させることができなかった。 オーストリアはの終盤からフランスへある程度接近せざるをえなかった。 が17世紀にパール家()に譲ったオーストリア事業は、1816年に国有化された。 もうひとつの郵便制度がオスマン帝国との外交チャンネルとして開拓されていた。 オーストリアはのはじめからイスタンブールに弁理公使を常駐させていた。 そして、友好国のイスタンブール駐在大使についても通信文の郵送を請け負った。 1746年、マリア・テレジアがウィーンとイスタンブール間で月1回の定期郵送を命じた。 1748年、イスタンブールとにオーストリア郵便局が設立された(オスマン帝国最初の郵便局)。 1788年 から91年の交戦中は郵便が停止されたが、戦後まもなく復活し、新たにアナトリア、エジプト、クレタ、ドナウ周辺にも郵便局が開設された。 1910年、オスマン帝国に置かれていたオーストリア郵便局は28も存在した。 このうち国有郵便局は7つにすぎず、残りはオーストリア・ロイド汽船会社()の郵便局であった。 汽船会社の親会社はロイド・アウストリアコ(Lloyd Austoriaco)という調査・出版会社で、1833年にに設立されてからイギリスのに関する情報を発信していた。 汽船会社は第二部門として、1836年にブルック()の計画とザーロモン・ロートシルトの資本参加で発足した。 1837年、汽船会社はオーストリア政府と郵便契約を結び、各地への海上郵便輸送を担当のうえ、収益の8割を約束された。 そして汽船会社は自社の代理店として郵便局を設置したのである。 1874年、の創設に関する条約を討議する第一回郵便会議(ベルン)において、オスマン帝国は外国郵便局の追放を目指すと宣言した。 1884年にオスマン帝国はと郵便協定を結び、イスタンブールとヴァルナ間の郵袋をブルガリア郵便に引き受けさせるという通達を諸国に発信した。 こうしてスタートしたオスマン独自の汽船郵便であったが、オーストリア・ロイド汽船との熾烈な競争にあえなく敗れた。 オスマン帝国は1890年代以降に憲兵を使うなどして外国郵便の営業を妨害したため、万国郵便連合での発言力を失ってしまった。 1908年10月、オーストリアはを併合した。 その直後からオーストリア・ロイド汽船は荷揚げボイコットの標的となった。 それは11月末に過激なものとなった。 ロイド船で輸送された宛ての貨物をフランス籍の船が積み替えようとした際に、オスマン役人がフランス汽船会社の代理店に現れ、積み替えを行えば黒海のオスマン領内の全港に向けて、フランスの船をボイコットするよう打電すると警告した。 脅しに屈した会社は、ロイド船の貨物を再び積み戻した。 第一次世界大戦と共和制への移行 [ ] 1910年時点のオーストリア=ハンガリーの言語民族地図 19世紀末からをめぐり、債権国間の対立は海溝のごとく深まっていった。 にがセルビア民族主義者に暗殺される事件が起こる。 オーストリア=ハンガリー帝国はに宣戦布告し、紛争はに発展した。 セルビアはの影響下にある国である。 のときオーストリアがセルビアに差別関税を導入したのは、フランス資本のからではなくオーストリア資本のから兵器を輸入させるためであった。 セルビアは財政管理を受けながらを勝ち抜いた。 1914年にはが進出していた。 4年以上の戦争を戦ったドイツ、オーストリア=ハンガリー、トルコ、のの戦況は後半には決定的に不利になり、異民族の離反が起きて政情も不安となったオーストリア=ハンガリーはに連合国と休戦条約を結び、事実上の降伏をした。 第一次世界大戦の降伏直後にが起こり、皇帝は「国事不関与」を宣言して共和制()に移行し、600年以上にわたったハプスブルク家の統治は終焉を迎えた。 に連合国とのが結ばれ、ハンガリー、が独立し、そのほかの領土の多くも周辺国へ割譲させられてオーストリアの領土は帝国時代の4分の1程度になってしまった。 300万人のドイツ系住民がチェコスロバキアのや、などに分かれて住むことになった。 また、ドイツとの合邦も禁じられ、国名もドイツ=オーストリア共和国からオーストリア共和国へ改めさせられた。 戦後、オーストリアは激しいインフレーションに苦しめられた。 に経済立て直しのためにの管理の下での借款が行われ、からには経済はやや上向いてきたがそこへが起き、1931年にが倒産した。 ファシズムからアンシュルスへ [ ] 、のによるに似た独裁体制が確立した()。 この時期のオーストリアにはキリスト教社会党との二大政党があり各々民兵組織を有していた。 対立が高まり内戦( )となる。 進駐ドイツ軍を歓迎するウィーン市民 内戦に勝利したドルフースは社会民主党を非合法化し 、翌1934年5月には憲法を改正して権力を固めたが、7月にのクーデターが起こり暗殺された。 後継者のはから独立を守ろうとするが、、ドイツ軍が侵入して全土を占領し、オーストリア・ナチスが政権を掌握した。 に(合邦)が宣言され、オーストリア出身のが母国をドイツと統一させた。 このときが他行を吸収合併し経営を拡大したが、レンダーバンクはと事実上の資本提携関係にあった。 オーストリアはに編入されて独立は失われた。 ナチスはオーストリアをオストマルク州とし 、にアルペン・ドナウ帝国大管区と改称している。 第三帝国崩壊直前の、によるによってウィーンは陥落した。 がソ連軍の承認を受けて速やかにウィーンに臨時政府を樹立し 、に独立宣言を行い第三帝国からの分離を宣言した。 1939年から1945年の死者は26万人 、によるの犠牲者は6万5,000人に上っている。 第二次大戦後 [ ] ドイツと同様にオーストリアも、フランス、ソ連、によって分割占領され、オーストリア連合国委員会によって管理された()。 ののときから予測されていたが、連合国の間ではオーストリアの扱いについて見解の相違があり 、ドイツ同様に分断されるおそれがあった。 結局、ソ連占領区のウィーンに置かれた社会民主主義者と共産主義者による政権は、レンナーがの傀儡ではないかとの疑いがあったものの、西側連合国から承認された。 これによって西部に別の政権が立てられ国家が分断されることは避けられ、オーストリアはドイツに侵略され連合国によって解放された国として扱われた。 の影響を受けて数年かかった交渉の末、、占領4か国とのが締結されて完全な独立を取り戻した。 、オーストリアはを宣言した。 1995年にへ加盟し 、間接的な憲法改正は加えられている。 この軌道修正は経済的な対外依存を背景としている。 はとを開催している 第二共和国の政治システムは1945年に再導入された1920年および1929年の憲法に基づいている。 オーストリアの政治体制は(比例配分主義: Proporz)に特徴づけられる。 これは政治的に重要なポストはとに党員に平等に分配されるというものである。 義務的な党員資格を持つ利益団体の「会議」(労働者、事業者、農民)の重要性が増し、立法過程に関与するという特徴がある。 1945年以降、単独政権は - (国民党)と - (社会党)のみで、ほかの期間は大連立(国民党と社会党)もしくは小連立(二大政党のいずれかと小党)のいずれかになっている。 1970年 - 1983年の社会党政権における経済政策はおおむね自由化を進める方向で動いた。 為替管理は1946年から外為法でへ委任されているが、では国際決済において資本移動を制限するなどした。 1974年に(と互恵主義を前提として)オーストリア・シリングをあらゆる通貨と売買取引ができるようにした。 1975年に資本移動制限は緩和された。 外国法人による直接投資も外国による間接投資も再自由化されたのである。 1981年、非居住者による不動産取得も再び自由化された。 このような社会党政権のときに国連事務総長をつとめてきたが、1986年に大統領となった。 合衆国とは対立したが、自国資本で機関化されていく東欧諸国を足場にを国連に加盟させ、グローバル化に寄与した。 政治 [ ] の 政体は連邦共和制。 は4年毎に国民から選挙で選ばれる183議席の( Nationalrat)と各州議会から送られる62議席の( Bundesrat)から成る二院制の議会制民主主義国家。 国民に選挙で選ばれる国民議会の議決は連邦議会のそれに優先する。 連邦議会は州に関連する法案にしか絶対拒否権を行使できない。 任期は6年。 大統領就任宣誓式は( Bundesversammlung)で行われる。 連邦会議は非常設の連邦機関で、国民議会ならびに連邦議会の議員を構成員とし、大統領宣誓式のほかには、任期満了前の大統領の罷免の国民投票の実施、大統領への刑事訴追の承認、宣戦布告の決定、大統領を憲法裁判所へ告発する承認の権限がある。 連邦政府の首班は( Bundeskanzler)。 ( Bundesregierung)は国民議会における内閣不信任案の可決か、大統領による罷免でしか交代することはない。 2008年7月に国民党が連立解消を決め、9月に国民議会選挙が実施された。 その結果、社会民主党と国民党の第1党・第2党の関係は変わらなかったものの、両党ともに議席をこの選挙で躍進した極右派の自由党と未来同盟に奪われる形となった。 その後、およそ2か月にわたる協議を経て、社会民主党と国民党は再び連立を組むこととなった。 中道右派、中道左派、極右派は時代のキリスト教社会党・・ドイツ民族主義派(諸政党…「農民同盟」、「大ドイツ人党」、「」などの連合体)の3党に由来しており、1世紀近くにわたって3派共立の政党スタイルが確立していた。 国際関係 [ ] 2017年から2019年まで、また2020年より首相を務めている オーストリア共和国は後のによる占領を経て、にを条件に独立を認められ、以来東西冷戦中もその立場を堅持してきた。 に対抗するために結成されたには、1960年の結成時からメンバー国だったが、1995年の加盟に伴い脱退した。 加盟した欧州連合においては軍事面についても統合が進められており、永世中立国は形骸化したとの指摘がある。 国民の間には永世中立国堅持支持も多いが、非永世中立国化への方針が2001年1月の閣議決定による国家安全保障ドクトリンにおいて公式に記述されたことにより、国内で議論が起こっている。 歴史的、地理的に・や西の国と関係が深く、などの欧州連合加盟に向けた働きかけを積極的に行っている。 の欧州連合加盟には消極的な立場をとっている。 日本とはにを締結して以来友好な関係で、特に音楽方面での交流が盛んである。 では敵対したが、1955年の永世中立宣言に対しては日本が最初の承認を行った。 2011年に隣国のがに加盟したことにより、周囲の国家がすべて同協定の加盟国となり、国境管理を行っていない。 軍事 [ ] オーストリアは1999年よりを導入している 国土面積はのとほぼ同じ大きさである。 オーストリアの地形は大きく、同山麓、カルパチア盆地(パンノニア低地)、、北部山地(ボヘミア高地)に分けられる。 アルプスが国土の62%を占め、海抜500メートル以下は全土の32%に過ぎない。 最高地点は(標高3,798メートル)である。 アルプスの水を集め、ドイツから首都ウィーンを通過して最終的に黒海に達するがドナウ川である。 1992年にライン川やマイン川を結ぶ運河が完成し北海との交通が可能となった。 オーストリアの地理的名所 [ ]• 気候 [ ] 気候は大きく3つに大別される。 東部は大陸的なパンノニア低地気候、アルプス地方は降水量が多く、夏が短く冬が長いアルプス型気候、その他の地域は中部ヨーロッパの過渡的な気候である。 経済 [ ] 詳細は「 ()」を参照 年のに位置し、経済的に豊かな国である。 主要産業としては、の自動車産業、の鉄鋼業などがある。 大企業はないものの、ドイツ企業の下請け的な役割の中小企業がオーストリア経済の中心を担っている。 や、を中心に観光産業も盛んである。 失業率はほかの欧州諸国と比較して低い。 欧州の地理的中心にあることから近年日本企業の欧州拠点、工場なども増加しつつある。 オーストリアにとって日本はアジア有数の貿易相手国である。 ヨーロッパを代表する音響機器メーカーとして歴史を持つは、クラシック愛好者を中心に日本でも有名である。 1986年にが大統領となると、マルク類似の安定かつ若干高利回りのシリング債券・株式は外国機関投資家の注目するところとなり、オーストリアへ大量の外貨が流入した。 オーストリアの資本市場は瞬く間に機関化された。 機関投資家へ流動性を提供するが重視されるようになった。 機関投資家のスワップ取引も同様であった。 結果として、オーストリアの資本市場ではを含む(直接金融化)の発達が促進された。 官民そろっての発行規模を増した。 オーストリアのは1,200億シリング相当額を超え、全金融債務の20%程度になった。 グローバル化の結果、オーストリア全銀行の総資産に占める外貨債券・債務の割合がともに約24%になり、大きく対外依存度を高めた。 退職年金ファンドは1987年末に残高252億シリングを記録した。 これは全国総ファンド残高687億シリングの36. 7%を占める。 ユーロ債は円債が1981年以降毎年発行されており、1985年以降の発行額は1,000億円超である。 狭い国内市場での債券発行は、が起きないように、資本市場委員会の審議を経て大蔵大臣の許可を得る必要があった。 外債は当然に制限された。 民間大手保険会社は債券市場の発展に貢献している。 そして1993年、巨大な国有コンツェルン()が民営化(=機関化)された。 オーストリアの加盟した欧州連合も、から勢いを得て、の諮問委員会から機関化されていった。 機関化を受けてプロポルツも変容した。 社会党は中立政策を支持し(反機関化)、一方、国民党は欧州連合安全保障体制との一体化を主張している(機関化支持)。 国民党の議員の中には加入すら否定しない意見もある。 実際にオーストリアは欧州連合のに加わっており、いわゆるピーターズバーグ・アジェンダ(と平和創造を含む)に参加して、NATOの「平和のためのパートナーシップ」のメンバーになっている。 これらに伴い憲法が改正されている。 金融 [ ] 、、ライフアイゼンバンク、BAWAG、フォルクスバンクが主要銀行である。 交通 [ ] 帝国時代の民族分布 「領地はたくさんある。 人口もたくさんある。 しかし オーストリア民族はいない。 国家はない」とはオーストリアのジャーナリスト、ヘルムート・アンディクス()がオーストリア帝国を評したものであるが、実際に今のオーストリアの領土はかつての「 ドイツ人の神聖ローマ帝国」を構成する「上オーストリア」「下オーストリア」「ケルンテン」「ザルツブルク司教領」「チロル」などから構成されており、その統治者であったハプスブルク家は「 ドイツ人の神聖ローマ皇帝」を世襲してきた。 そのためオーストリア民族という概念はなく、オーストリア人という概念はきわめて新しい。 をとするは全人口の91. この割合はドイツ、リヒテンシュタインとほぼ同じである。 血統的にはゲルマン系にスラヴ系、ラテン系、ハンガリー系、トルコ系などが入り混じっているものの、ゲルマン系言語であるドイツ語を母語とするため、オーストリア人は通常とみなされる。 オーストリア人はに含まれるのか、という問題は戦後意識的に避けられてきたが、近年急速にクローズアップされている。 もともとオーストリアは、などと同じくドイツを構成する分邦のひとつであり(古くはバイエルンの一部であり、ドイツ人を支族別に分けるとオーストリア人はである)、しかも12 - 19世紀の間、オーストリア大公家であるがドイツ帝国()の帝位や議長国の座を独占していた。 形骸化していたとはいえ、神聖ローマ帝国が長年ドイツ諸邦の盟主だった歴史は無視できない。 の崩壊によって、オーストリアの国土が民族ドイツ人居住地域に限定されると、左右を問わずにへの合併を求める声が高まり、第一次大戦敗戦直後は「ドイツ・オーストリア共和国」という国名を名乗っており、国歌の歌詞には「ドイツ人の国」という言葉が1930年代まで残っていた。 1945年のブリタニカ百科事典には、オーストリアをドイツから除外した小ドイツ主義のビスマルク体制の方が歴史的例外であり、ヒトラーの独墺合併は元の自然な形に戻したにすぎないという記述があり、連合国側にすら戦後の統一ドイツ維持を支持する見方があったことを伺わせる。 しかし、この論を逆手に取ったオーストリア人の行為に対する反省から、戦後は「ドイツ人と異なるオーストリア人」という国民意識が誕生し、浸透した。 ドイツ側はさらにソヴィエト占領地区の分離が余儀なくされていた。 こうして3つの国家(オーストリア、、西ドイツ)、2つの国民、1つの民族と呼ばれる時代が始まる。 オーストリア側ではドイツ人と別個の国民であるの意識が育ち、さらにはにおいてもドイツ民族とは異なるオーストリア民族であると自己規定する人も現れた。 しかしながら、・欧州連合加盟以降、ドイツ民族主義が再び急伸した。 2000年から2007年にかけて、ドイツ民族主義者系の極右政党が連立与党に加わり、国際的に波紋を呼んだのもそうした風潮と関連している。 「ドイツ人」という言葉には、国家・国民以前に「を話す人」というニュアンスが強い。 ゲルマン民族が西進しフランク王国を立てたのち、西部や南部でラテン語との同化を選択した勢力(フランス人、イタリア人、スペイン人の一部の先祖となる)には加わらず、もともとのゲルマン語を守り続けてきた東フランク人が「ドイッチュ」(古来は民衆を意味した。 当初ラテン語が支配階層のみで使われたため)の名でドイツ人の先祖となったためである。 その後、ドイツ語はやと違い、ほとんど他民族では母語化しなかったため、言語と民族概念とが不可分となっている。 オーストリアでは「ドイッチェ~」で始まる市町村名が、東南部をはじめ数多く見られるが、これらの名称も今日となってはドイツ人の街と解釈するのかドイツ語の街と解釈するのかは微妙である。 いずれにせよ、ドイツ連邦共和国よりもオーストリアの方にこの地名が多く見られるのは、ドイツ圏全体からは東南に偏して他民族地域との境界に接し「ドイツ」を強調する必要があった地域特性を示している。 また、オーストリアを多民族国家として論じる場合、現在の版図では9割を占める最多数派の民族を「ドイツ人」と呼ばざるをえないという事情もある(ゲルマン人では曖昧すぎ、オーストリア人と呼んでしまうと、少数民族はオーストリア人ではないのかということになってしまう。 これは、移民の歴史が古く、民族名とは異なる国号を採用した同国ならではのジレンマである)。 1970年代における、でのハンガリー系、スラブ系住民の比率調査では、もう一方の選択肢は「ドイツ人」だった。 近年の民族主義的傾向には、こうした言語民族文化の再確認という側面が見られる反面、拡大EUにおける一等市民=ドイツ人として差別主義的に結束しようとする傾向も否めない。 今日ウィーン市内では、を高唱する右派の学生集会なども見られる。 ただし、元をただせば現在のドイツ国歌は、が神聖ローマ帝国最後の皇帝を讃えるために作曲した『』の歌詞を替えたものであり、19世紀後半にはの国歌となっていた。 における神聖ローマ帝国の勝利と帝国の権威維持を祈願して当曲が作られた当時はオーストリア国家は存在せず、に敗戦してローマ帝位を辞するまでフランツ2世は形式的には直轄地オーストリア地域をふくめる全ドイツ人の皇帝だったため、両国共通のルーツを持つ歌ともいえる(ちなみには1999年まで欧州議会議員をドイツ選出でつとめた)。 しかし、外国人観光客が右翼学生たちを奇異な目で見るのは、国歌のメロディではなく、政治的には外国であるドイツを「わが祖国」と連呼する歌詞をそのまま歌っている点である。 はまでは側だったため、今日でもハンガリー系、クロアチア系が多い。 にはスロベニア系も居住している。 そのため、標識や学校授業に第2言語を取り入れている地域もある。 外国人や移民は人口の9. その多くがと旧諸国出身者である。 言語 [ ] オーストリアを含むの方言区分 がであり、ほとんどの住民が日常使っている言語でもある。 ただし、日常ので使われているのは標準ドイツ語ではなく、ドイツ南部などと同じ()系の方言()である。 この方言は、フォアアールベルク州で話されているもの(に近い)を除き、と同じ区画に属するである。 オーストリアでは、、の放送などでは標準ドイツ語が使われているが、独特の発音や言い回しが残っているため、ドイツで使われている標準ドイツ語とは異なる。 標準ドイツ語では有声で発音されるsの音はオーストリアにおいては無声で発音されることが多い。 またオーストリア内でも多くの違いがあり、ウィーンやグラーツなどで話されている東オーストリアの方言と西オーストリアのチロル州の方言は随分異なる。 東オーストリアの方言では• -erl• Kipferl• Ein Moment erl (少々お待ちください) となる。 南部のケルンテン州にはも居住し、Windisch(ドイツ語とスロベニア語の混声語)と呼ばれる方言も話されている。 首都ウィーンの方言は「ヴィーナリッシュ(ウィーン訛り)」として知られ、かつてのの領土だった・・などの諸国の言語の影響が残っていると言われている。 また、単語レベルでみた場合、ドイツと異なる語彙も数多く存在するほか、ドイツとオーストリアで意味が異なる単語もあるため注意が必要である。 - オーストリアのドイツ語に関するリンク集。 宗教 [ ] 詳細は「 ()」を参照 は、553万人(66. のうち、約31万人(3. 51万5,914人(6. さらに、もいる。 婚姻 [ ] 婚姻の際、2013年までは、原則として「夫または妻の氏(その決定がない場合は夫の氏)を称する(同氏)。 自己の氏を後置することもできる 」とされていた。 しかし2013年4月以降、「婚前に特に手続きしない限り、原則として婚前の氏を保持する(が原則)」と変更された。 これまで通りの選択も可能であるが、その場合婚前に手続きが必要となる。 また、別姓での結婚において夫婦が子の姓について合意できない場合は母の姓となる規定がある。 これには母子家庭以外でも子が母の姓を名乗るケースを認めることで、親子関係と姓でだと分からないようにするという、婚外子差別をなくす意味合いがある。 2019年1月1日よりが可能になった。 文化 [ ] この節のが望まれています。 世界遺産 [ ] のリストに登録されたが7件存在する。 さらにハンガリーにまたがって1件の文化遺産が登録されている。 詳細はを参照。 中でもは絶大な人気を誇り、で計4個のメダルを獲得しているは国民的スターでもある。 2006 - 2007年シーズンでは男女計12種目のうち実に7種目をオーストリア人選手が制覇している。 競技とを組み合わせたの強豪国でもあり、とは独立しているは、その本部をオーストリアのに置いている。 またも人気が高く、、、などとともに強豪国として名高い。 (1993年、1995年、1996年FIS・W杯総合優勝)、(2001年FIS・W杯総合優勝)、(ジャンプ2008年FIS・W杯総合優勝)といった有名選手を輩出している。 近年ではのジャンプ競技で金メダルを獲得している。 も盛んであり、3度のチャンピオンであるはウィーン出身である。 また1963年よりも開催されており、近年はからにかけてF1の製造者部門で4連覇を果たしたのホームグランプリとして盛況を博している。 伝統的にの人気が高く、を除くではもっとも古い歴史を誇るプロリーグである(1部)を筆頭にサッカーリーグは9部まである。 1部のには、日本のが在籍している(2020年現在)。 オーストリアの最高峰リーグであるをステップアップとしてサッカーのブランドネーションに移籍する選手が多く、毎年のようにやに移籍する選手が数多く輩出されている。 にはをと共同で開催した。 はやを相手に善戦したもののグループリーグで敗退を喫した。 では、 (、)がやといった世界最高峰のレースで活躍した。 現在はなどが知られている。 オーストリア最大のステージレース(複数の日数にわたって行われるレース)「」はのHC(超級)という高いカテゴリーに分類されており、ツール・ド・フランスと同時期の7月に開催されるが、その年のツール・ド・フランスに出場しない大物選手が数多く出場している。 積雪の多い気候ゆえ、や、、などの室内スポーツの競技人口も多い。 著名な出身者 [ ]• Dudenverlag. 604. 「」2006年11月20日号• (リンク切れ)• (リンク切れ)• 20—21. , p. エーリヒ・ツェルナー 『オーストリア史』 (リンツビヒラ裕美訳、彩流社、2000年5月) 71-72頁、157-162頁• , p. , p. 26—28. , p. , p. , p. 233. , p. Dominique Kirchner Reill, Nationalists Who Feared the Nation: Adriatic Multi-Nationalism in Habsburg Dalmatia, Trieste, and Venice, Stanford University Press, 2012, pp. 83-86. ジェームズ・ジョル 『第一次世界大戦の起源』 みすず書房 2007年 217頁• , p. 246. 104. 269-70. , p. 261. 107. , p. 283. , p. 109. , p. 292. 112—3. 135—6. Oldenbourg 2000. Britannica Online Encyclopedia. , p. 137. Manfried Rauchensteiner: Der Sonderfall. 153. , p. 447,449. , p. 139. , p. 165. Wien, 『オーストリアにおける投資と金融(84年版)』 日本経済調査協議会 1984年 62-63頁• 二国間関係の箇所. 2013年1月13日閲覧。 細矢 治夫、宮崎 興二 編集 『多角形百科』 p. 3 丸善 2015年6月30日発行• 『オーストリアの金融・資本市場』 59-64、96-98頁• 平成13年10月11日男女共同参画会議基本問題専調査会• "", The Austrian Foreign Ministry Worldwide. [ ]• 2017年12月12日. 2019年1月1日時点のよりアーカイブ。 2018年1月25日閲覧。 を参照 参考文献 [ ]• Brook-Shepherd, Gordon 1998. The Austrians: a thousand-year odyssey. Johnson, Lonnie 1989. Introducing Austria: a short history. Riverside, Calif. : Ariadne Press. Schulze, Hagen 1996. States, nations, and nationalism: from the Middle Ages to the present. Cambridge, Mass. : Blackwell. 関連項目 [ ].

次の

世界の人口ランキング

オーストリア 人口

1 0. 3 102. 1 0. 3 1. 3 0. 0 0. 9 27. 0 48. 7 44. 5 42. 0 14. 5 23. 0 14. 5 18. 0 48. 9 51. 8 1. 0 65. 0 0. 2 34. 0 0. 7 31. 9 33. 2 0. 5 18. 1 25. 8 56. 2 23. 1 31. 8 45. 4 65. 2 66. 3 82,409. 7 38. 0 47. 4 1. 8 20. 3 78. 3 23. 0 2. 3 1. 6 0. 2 26. 4 24. 7 26.

次の

オーストリアの都市の一覧

オーストリア 人口

概要 [ ] ()の君主が統治した、の多民族国家であり、に近い。 に、従前のがいわゆる「」により、ハンガリーを除く部分とハンガリーとのとして改組されることで成立し、に解体するまで存続した。 オーストリア=ハンガリーとも。 前身はである。 領土には、・・・・・(ルテニア)・・・・・クライン・・・・・・など、多くの地域を抱える大国だった。 「オーストリア=ハンガリー帝国」以外の慣用的な呼び名としては オーストリア=ハンガリー二重帝国、 オーストリア=ハンガリー君主国などともいう。 では 墺洪国、 墺洪帝国と表記される。 正式なものではないが、側を指して(のこちら側)、側を指して(ライタ川の向こう側)という呼称も存在した。 当局はその時まで、「オーストリア」の範囲はあくまでハンガリーを含むものであるとする的な姿勢を堅持していた。 歴史 [ ] オーストリア帝国の衰勢 [ ] は中に波及し、でも暴動が起こるなど混乱の中、の後を甥の若き皇帝が継いだ。 しかし、すでに帝国は衰退傾向にあった。 、不凍港獲得を目指すは、との間に戦端を開く()。 これに対し、におけるロシアの影響力増大を恐れたオーストリアは、オスマン帝国を支持した。 このため、の成立以来友好を保っていたロシアとの関係が悪化した。 これはの完全な崩壊を意味し、ロシアの後押しを失ったオーストリアは、内における地位を低下させた。 にはイタリア統一をもくろむとの戦争に敗北し、を失った。 にもの挑発に乗ってを起こし、大敗を喫した。 その結果オーストリアを盟主とするが消滅してその威光を失うなど、徐々に国際的地位を低下させていった。 二重帝国の成立 [ ] この帝国の衰退に希望を抱く人々がいた。 帝国内の諸民族である。 先にあげたようにオーストリア帝国は、数多くの民族を抱えるであった。 しかし支配階級はであり、彼らだけが特権的地位を有していた。 以前からドイツ人以外の民族の自治獲得・権利獲得の運動はあったが、帝国軍に鎮圧されていた。 しかし、衰退傾向にあるこの時期、諸民族は活発に動き出した。 そもそも民族運動が活発なのは、支配階級であるドイツ人が国内における人口の過半数を占めていないことも原因にあげられる。 帝国は改革を余儀なくされたが、改革路線として2つの道があった。 ドイツ人支配をあきらめ、諸民族との平等な関係にもとづくとする。 帝国内人口20パーセントを有する(ハンガリー人)と友好を結び、ドイツ人とマジャル人で帝国を維持する。 だが、特権的地位を手放したくないドイツ人達の抵抗、諸民族による支配で帝国の様相の劇的変化を恐れる、皇帝をはじめとする支配者の存在などの要因があいまって、後者の方針が採られた。 その結果、帝国を「帝国議会において代表される諸王国および諸邦」(ツィスライタニエン)と「神聖なるハンガリーのイシュトヴァーン王冠の諸邦」(トランスライタニエン)に二分した。 このドイツ人とマジャル人との間の妥協を「」という。 君主である「オーストリア皇帝」兼「ハンガリー国王」と軍事・外交および財政のみを共有し、その他はオーストリアとハンガリーの2つの政府が独自の政治を行うという形態の連合国家が成立した。 これが「オーストリア=ハンガリー帝国」である。 自治獲得の動き [ ] しかし、(いわゆる)オーストリアとに分割しても、オーストリアではドイツ人35. そこでハンガリー政府はと妥協して協力を得ることで過半数に達した()。 そのような中でハンガリーは国内の「マジャル化」を推し進めた。 一方オーストリアでは、新憲法で「民族平等」を謳ったが、ドイツ人の反発とハンガリー政府からの要請があり、と協力して憲法を廃案に追い込み、ポーランド人と妥協することで支配的地位を保とうとした。 その後も民族の自治獲得の動きは鎮静化せず、むしろいっそう激化し始めた。 まずは工業地帯を握る人()の発言力が増し、資本家・経営者および金融業者のほか、医者・弁護士やジャーナリストなどの専門職従事者も多いもまた発言力を増した。 従来の地位を保持しようとすると、新たな権利を得ようとする他民族との対立が目立ち始めることとなった。 ハンガリー地域でも、マジャル化という同化政策に反して諸民族の自治・権利を獲得しようとする動きが高揚してきていた。 しかしこの時点では、どの民族も「帝国からの独立」を望んではいなかった。 それは、プロイセン主導の統一ドイツならびにロシア帝国という2つの大国に挟まれた地域で、小国が分立していては生き残れないことを自覚していたためである。 各地域の住民が「独立」するのではなく、あくまでオーストリア=ハンガリー帝国という大きい枠のなかで「自治」を得る、つまり諸民族の連邦国家を望んでいたのである。 皇帝一族の不幸 [ ] 民族問題もさることながら、にとってもこの帝国の末期は悲劇の連続だった。 まず、の誘いに乗って、フランツ・ヨーゼフ1世の弟がに即位するも、フランス軍がの徹底抗戦によって撤退を余儀なくされ、マクシミリアン皇帝はそのまま見捨てられてしまい二重帝国成立と同じに銃殺刑に処された。 には、皇太子がマイヤーリンクで謎の情死事件により落命した(暗殺の疑惑も残る)。 皇后はこの事件以来いっそう頻繁に旅行するようになるが、に旅行先のスイスでにより暗殺された。 皇帝は激しく落胆したが、政務に没頭するようになった。 19世紀後半オーストリア=ハンガリーの産業にフランス資本が主役を演じていたのに対し、後資本の比重が漸次高まった。 1901年、二重帝国における外資総額において、フランス資本が30. サラエヴォ事件 [ ] 、でが起き、その混乱に乗じてオーストリアは・両州を併合した。 ここにはが多く、南のへの帰属を望む人々が多かった。 またも多く、彼らはへの帰属を望み、一方信者はオーストリアへの帰属を望んでいた。 そうした民族だけでなく宗教的にも複雑な地域を無理やり併合したオーストリアへの反感があがるのも当然のことだった。 その後、2度のを経て、バルカン半島は「」と「」、それに加えて「」が角逐し、個々の民族間でも対立が激化して「」の様相を深めていった。 、皇位継承者は妻とともにボスニアの州都を軍の閲兵のために訪れていた。 オープンカーでパレードしていたところに、「 () Mlada Bosna, ムラダ・ボスナ 」の出身の ()で民族主義者のテロリスト、が、この皇位継承者夫妻を銃撃した。 2人は奇しくも結婚記念日のこの日に暗殺された。 これを「」といい、ヨーロッパ中に戦乱を告げる狼煙となった。 オーストリア軍部はこれを口実にセルビアを討つことを叫んだ。 国民は最初は大公暗殺に関しては冷めていたが、だった大公夫妻の葬儀は簡素に行われ、これが市民の同情を誘い、「セルビア討つべし」の声が高まった。 第一次世界大戦の勃発 [ ] オーストリア側は、期限付きのをセルビア政府に突きつけた。 セルビア側は一部保留の回答をし、オーストリア側はこれを不服としてセルビアと開戦した。 ドイツがロシアに圧力をかけ、動きを封じるはずだったが、ロシアはセルビア側につきオーストリアと開戦した。 続いてドイツもロシアと戦争状態に入り、ドイツと関係にあるオーストリアも遅れてロシアに宣戦。 ロシアと関係にあった・も相次いで同盟側に宣戦し、ヨーロッパ全土を巻き込んだが勃発した。 開戦当初、どこの国も3か月以内で終了すると予想していた。 当初はオーストリア=ハンガリー帝国内の諸民族も政府を支持して戦った。 しかし、予想に反し戦争は長期に及んだ。 初戦で小国セルビアに敗北したオーストリア軍は、軍事力の弱さを露呈した。 多民族国家ゆえに軍の近代化に遅れを取っており、軍内部で使用される言語さえも統一されていなかった。 そのため、翌年からは同盟国のドイツ帝国の支援に依存する状況に陥った。 には、68年間帝国に君臨してきた皇帝が死去し、国内に動揺が走った。 さらににはが協商側で参戦し、(協商のアメリカ参戦後の名称)は高らかに「と封建主義の戦い」を戦争目的として宣伝した。 同年11月には、ロシアでが起き、「パンと平和」を掲げた。 その影響で、帝国内では長い戦争の疲れもあいまって厭戦ムードが高まった。 帝国は「民主的連邦制」へ向けた国内改革を迫られた。 しかし、皇帝は理解を示したが、ドイツ人保守派の反抗と諸民族の歩調のずれで、改革は進まなかった。 ハプスブルク帝国崩壊 [ ] 詳細は「」を参照 そのような中、どおりロシアの政府(政府)はドイツと単独講和し、を結んで戦線を離脱した。 同盟側が西部戦線で攻勢を強めるのは必至だった。 連合国は極秘にオーストリア=ハンガリー帝国と単独講和を結ぼうとしたが、ドイツに発覚して失敗した。 オーストリア側から連合国に講和を持ち込むも、フランスがこれを公にして失敗し、ドイツとの間にも溝ができてしまうありさまだった。 そんな中、で軍団()の活躍があった。 その救出目的にの名目も立ち、連合国にとってチェコスロヴァキア軍団の活躍は目覚しかった。 そこでチェコ人指導者は、しきりにチェコスロヴァキア独立を連合国側に持ちかけ、連合国はマサリクの「チェコスロヴァキア国民会議」を臨時政府として承認した。 当初、オーストリア=ハンガリー帝国の解体を戦争目的としていなかった連合国は、それをあっさり踏み越えた。 これが端緒となり、帝国内の諸民族は次々と独立を宣言した。 盟邦ハンガリーも完全分離独立を宣言した。 皇帝カール1世はこれをつなぎとめようとしたが果たせず、秋に「国事不関与」を宣言して国外へ亡命した。 ここに650年間、に君臨したの帝国、オーストリア=ハンガリー帝国はもろくも崩壊した。 しかし、その継承諸国の辿った歴史は、いずれも悲惨なものであった。 イタリア人 に完敗したオーストリア帝国の後半から前半にかけての世界的な評価は、「」「遅れた封建体制国家」などとあまり良くなく、理念による各民族の自立は、現実には連合国にとっての戦争の正当化のための宣伝材料ともなった。 中でも「復活」は、連合国にとって戦争目的の本丸と同義であり、これを果たしたことを連合国は大きく宣伝した。 しかし戦後処理にはずさんな点が多くあり、大国の思惑が絡み合って領土確定が行われたため、東欧に平和と安定が訪れることはなかった。 戦争目的の筆頭だったポーランドは領土問題に不満を持ち、やと戦争状態に陥り、かつてのオーストリアの盟邦ハンガリーも、戦争責任を問われて領土が大幅に縮小されたため不満がくすぶり続けた。 中欧・東欧の混乱は、「ヨーロッパの火薬庫」といわれていた以前となんら変わらなかった。 またオーストリアでは、基幹産業がなくなり深刻な不況に陥った。 やがてドイツでが台頭すると、かつて連合国側が掲げた「民族自決」を逆手に取られ、中欧・東欧諸国に散らばっているドイツ系人の保護を名目として次々と攻略された。 中欧・東欧の小国は各個撃破され、かつての帝国諸民族の血みどろの抗争が繰り広げられた。 そして後、中欧・東欧の諸国の大半はのとして東西の最前線となった。 結局、諸民族が混在して民族ごとの領域を確定できない中欧・東欧で、無理やり「民族自決」が適用されたために、さらなる混乱が生まれたのである。 ハプスブルク帝国を崩壊させるのはご自由ですが、これは多民族を統治するモデル国家であり、一度こわしたら二度ともとに戻ることはないでしょう。 後には混乱が残るだけです。 そのことをお忘れなく。 — 19世紀初頭、ウィーンを占領したにフランス外相が送った手紙 帝国の支配体制の一番のメリットは、この混沌とした地域を一応一つにまとめていたことにある。 民族は違えど同じ帝国臣民として、帝国内を行き来し、戦争もともに戦った。 ドイツとロシアという大勢力の狭間に存在した一つの大国であった。 昔から、、、などの支配下に入り、分断・併合の連続だった同地域における秩序確立を、緩やかな統合によって成し遂げていた点だけでも帝国の存在意義は十分にあった。 帝国内の各民族の地位については、時代が下るにつれて向上してきていた。 諸民族のねばり強い運動や各地域の重要性などもあり、支配階級も譲歩せざるを得なかった。 が主張したような、帝国の「民主的連邦制」への改変まではいかなかったが、それなりの地位を得ることはできた()。 しかし、その中途半端さが独立への道に進ませたことも事実である。 オーストリアの場合は、崩壊の仕方が全くもって最悪であった。 長引く戦争で、諸民族の連邦制支持派が衰退して独立派が台頭し、連合国の格好の標的となった。 諸外国の介入を受けても引き離されないほどの一体感と統一性を諸民族にもたせることができなかったことが、この帝国の一番の失敗であったと言える。 逆に、諸民族の離脱によって取り残される形となったオーストリアのドイツ系住民にとっては、帝国の崩壊と領土の縮小のみならず、19世紀以来のに基づくドイツとの合併までも禁止されたため、自己の民族アイデンティティまでも喪失した。 これは後々までオーストリアの政情の不安定さをもたらし、ついには自身もオーストリア出身であるの率いるによる併合()へと至らしめた。 の原案を書いたは、「各民族の自治権は確立しても、ハプスブルク帝国を解体してはならない」と大統領に進言し、条項草案に帝国の存続を盛り込んだ。 結局オーストリア=ハンガリー帝国は崩壊してしまったが、「これが中欧の政治的均衡を破壊し、ヒトラーへの道を開いた」とリップマンは後々まで嘆いた。 詳細は「」を参照 帝国の末期は、文化の終焉期ではなかった。 立派な帝立の劇場や美術・音楽などの学校を有し、文化が振興されていた。 その上、文化人だけでなく有能な学者も輩出しており、国勢の衰退傾向を思わせない文化・学問の花を咲かせていた。 ことに音楽・美術の点では、当時のヨーロッパの中心的存在であった。 画家志望だった若きがの帝立美術学校に入学しようとやって来たのもこの時期である。 作曲家 [ ]• - 生まれはのだが、活動の拠点はウィーン• - ハンガリー在住ドイツ人として生まれ、チェコで学び、バルカン音楽にも精通し、ウィーンで活躍し、最後はベルリンを本拠とし、ナチスの庇護も受けたという、ハプスブルク帝国の申し子のような人物である。 学者 [ ]• 画家 [ ]• 略年表 [ ]• - ハンガリーと(妥協)。 オーストリア=ハンガリー二重帝国成立。 - 締結、との国交が結ばれる。 - 、成立。 - に参加。 で、・の行政権を得る。 - と同盟。 - 、成立。 - ドイツとロシア再保障条約。 オーストリア、三帝同盟の更新を受けず。 - 最初のによる帝国議会選挙。 によるドイツ系・チェコ系の対立で国政が混乱。 - でが発生したため、列強国連合として派兵を行う。 - 清国市域の一部を租界地として獲得。 - 男子普通選挙法成立。 - ボスニア、ヘルツェゴヴィナの併合を宣言。 ドイツ帝国はこれを支持し、ロシアを牽制。 この時、の力を抑制すべくオスマン帝国を支援。 終戦後はセルビア占領地域のの建国を支援。 - オーストリア大公夫妻、で暗殺される。 - に対抗すべく、ドイツの支援を求めこれを獲得する。 - 厳しい内容の最後通牒をセルビア政府に送付。 - セルビアが最後通牒の一部を拒否、ロシア帝国に支援を求める。 - イギリス外相が危機解決のための会議を提案するも、ドイツ・オーストリアはこれを拒否。 - セルビアに宣戦布告。 - を砲撃。 ロシアが兵力動員を開始。 - ドイツがロシアに兵力動員の最後通牒、ロシア回答せず。 - ドイツがロシアに宣戦布告した。 イギリス艦隊動員。 フランス軍、ドイツの侵攻に対して兵力動員。 - ドイツがフランスに宣戦布告。 - ドイツがベルギーに侵攻、イギリスがドイツに宣戦布告。 - イタリア王国がオーストリアに対して宣戦布告、イソンゾ戦線の開始。 - セルビア全土を占領。 - でロシア軍に惨敗を喫し、東部戦線が崩壊の危機に陥る。 - がオーストリアに対して宣戦布告、で撃退する。 - 崩御、即位。 - ルーマニアの大半を占領、を降伏させる。 - 皇后の弟であるシクストゥス公子による単独講和工作の初め。 - 膠着したイソンゾ戦線にドイツ軍が参戦、助力によりでイタリア王国に勝利を収める。 - 、同盟軍と単独講和を行い戦争を離脱。 - 帝国内の諸民族による自治要求(ローマ会議)。 - イソンゾ戦線で単独攻勢を開始、でイタリア王国軍に敗北する。 - 暴動起こる。 共和国独立を宣言、以後帝国内で独立相次ぐ。 - で敗北。 退却中に主力軍が降伏し、主戦力を喪失。 - 連合国各国に対し降伏を宣言。 - イタリア王国とを結び停戦、降伏。 - カール1世、「国事不関与」を宣言してを退去。 日本との関係 [ ] に到着したフランツ・フェルディナントを描いた日本の(画) 1873年(明治6年)6月にがオーストリア=ハンガリー帝国を訪問しており、その当時のオーストリア各州の地理が、「米欧回覧実記」に記されている。 明治22年3月よりビーゲレーベン男爵が特命全権大使として日本に着任し、明治25年まで3年以上勤務した。 その後任として伯爵が代理公使として着任した ハインリヒと日本人妻の次男はのちに発足のきっかけとなったを提唱した)。 1892年(明治25年)、後にサラエヴォでセルビア人民族主義者により暗殺され第一次世界大戦勃発のきっかけとなった皇太子フランツ・フェルディナント・フォン・エスターライヒ=エステが世界一周旅行の際来日した。 1913年(大正2年)皇太子はに見よう見まねで日本庭園を造営させた。 1998年(平成10年)日本から庭師を招き正式にの庭園が整備された。 1910年(明治44年)(Theodor Edler von Lerch、1869年8月31日 - 1945年12月24日)オーストリア=ハンガリー帝国の軍人(当時の階級は少佐)。 でロシア帝国に勝利したの研究のため、1910年11月に交換将校として来日、翌年において日本で初めて本格的な指導(ただし一本杖を用いたスキー術)をおこなった。 さらに1912年にはで指導した。 1911年(明治44年)に行われた皇子とのの結婚にたいしてがフランツ・ヨーゼフ1世に「大祝辞」を発した。 威徳隆盛なる朕の良友に復す。 陛下の鍾愛なる皇甥カール、フランツ、ヨーゼフ親王殿下とジタ、ド、ブルボーン、プランセス、ド、パルム女王殿下と本年十月二十一日結婚の式礼を挙行せられたる旨同月二十六日附の親翰を以て報せられ朕欣然之を領せり。 朕は此の慶事に対し陛下と陛下の皇室とともに歓喜を同ふし茲に誠実なる祝詞を呈すると共に成婚両殿下の悠久に幸福を享有せられんことを懇祷す。 此の機に際し朕は陛下に対し至高の敬意と不渝(「不変」の意)の友情とを致す。 明治四十四年十二月七日 東京宮城に於いて 陛下の良友 睦仁(原文は旧字全カタカナ文で句読点なし) 脚注 [ ] []• 490-491. 403• 大井知範、「」『政治学研究論集』 2009年 29巻 p. 1-22, 明治大学大学院• 久米邦武 編『米欧回覧実記・4』田中 彰 校注、岩波書店(岩波文庫)1996年、358~410頁• 国立公文書館デジタルアーカイブ 参考文献 [ ]• 『:ハプスブルク家最後の皇女』、1992年。 『ハプスブルクの実:多文化共存を目指して』中央公論社、1995年、• ほか『東欧』自由國民社、2001年、• 『ハプスブルク一千年』新潮社、2001年、• 「」『紀要』23号、、2015年3月15日、 55-69頁、。 明治・大正初期日本及び墺太利=洪牙利二重帝国下ハンガリーの関係史 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 元オーストリア=ハンガリー帝国王位系譜• (オーストリア人貴族)• (免状貴族).

次の