ジグソーパズル 手作り。 プリンタでジグソーパズルを作っちゃおう! [CG・画像加工] All About

手作りジグソーパズルの作り方

ジグソーパズル 手作り

謎のパズルブームが訪れる子供、けっこう多いですよね。 楽しそうに遊んでくれるのは嬉しいことですが、繰り返して遊ぶうちにピースの配置を覚えてしまっていて、「 それ、ただはめ込んでるだけなんじゃ!? 」ってこと、ありませんか?(記憶力のトレーニングにはなってるんですけどね。 ) せっかくなら色んなパズルで遊ばせてあげたい。 でも子供のブームはいつ終わるか分からないし、保管場所も取るし…。 そんな時は、手作りのジグソーパズルがオススメです! ダンボールが2枚あればOK! 好きな絵をパズルにできるという優れモノです。 子供の好みに合わせて、その時ハマっているキャラクターにしてみたり、野菜やお花の絵にしてみたり。 地図や国旗をコピーして作れば、知育玩具にもなりますね。 単純な作りなので、遊ぶうちに傷んでしまっても、気軽に新しいものに替えられますよ。 ・線にそってカッターで切ります。 (切り抜いた内側が、パズルのピースになります。 ・好きな絵や模様を描きます。 (ダンボールに直接描いてもOKです。 ) ・絵を描いた紙を、ダンボールに貼ります。 色付きのりに変えてから、「塗りすぎ」や「はみ出し」がかなり減りました。 しかもスリムサイズだと、細かい所にも塗りやすくてオススメです。 ・枠の部分にマスキングテープを貼って飾ります。 マステ以外にも、直接色を塗ったり、絵を描いたり、シールを貼ったり、などお好みで仕上げてください。 その時は、セロテープで側面をカバーしておくと、仕上がりがきれいです。 (あんまり細かくしすぎると、遊ぶときにはめにくくなってしまうので注意です。 ) ・線にそってはさみで切ります。

次の

ジグソーパズルを手作りしよう!自分の描いた絵がパズルになる

ジグソーパズル 手作り

こんにちは。 今回は、子どもと一緒に遊べる、オリジナルのジグソーパズルを作る方法をご紹介します。 お好きなモチーフや写真などを使って、楽しみながら作ってみてはいかがでしょう? 1. まずは材料を用意する ジグソーパズルは、簡単なものならダンボールを切り抜いても作れてしまうものですが、せっかくなので一定のクオリティを目指したものを作ってみましょう。 無印良品で、好きな絵を描いてオリジナルのジグソーパズルが作れる「らくがきパズル」という商品があります。 これを使ってみます。 「水性ペンでも書ける再生紙らくがきパズル」 と、の2つのサイズがあります。 この商品に直接絵を描いて作ることもできるのですが、それだと写真やイラストなどのデータから作ることは難しいですね。 そこで今回はパソコンできれいにレイアウトしたデータをラベル用紙にプリントして、ジグソーパズルに貼り付けることにします。 A-one ラベル用紙(マットタイプ、25枚入) ステッカー向けの高品質・防水仕様の用紙もありましたが、今回は比較的リーズナブルなタイプにしてみました。 絵柄のサイズを確認する 絵柄部分を作り始める前に、一つだけ確認しておきたいことがあります。 それはサイズ。 多くの家庭用プリンタで対応できるラベル用紙はほとんどがA4サイズ。 用意したジグソーパズルのサイズをカバーできるかどうか確認しておきましょう。 210 x 210mmの場合はこのように、一辺がA4用紙の短辺とぴったりのサイズになりますが、ギリギリなので貼り合わせは慎重にしないといけませんね。 290 x 290mmの場合は、短辺の長さが足りなくなりますので、短辺が210mmに収まる絵柄にする必要があります。 原稿データのサイズを設定 今回は210 x 210mmのサイズで制作したいと思います。 まず、PhotoshopやWordなどを使って、原稿データのサイズを設定しましょう。 Photoshopでの新規作成の設定画面です。 パズル本体は一辺210mmの正方形ですが、貼り付け時の微妙なズレを考慮して、5mmほど大きめに取りましょう。 215 x 215mm で設定しました。 こうして5mmほど大きめに設定しておくと、貼り合わせ時の誤差を軽減できます。 パズルの絵柄をデザインする 設定したサイズのカンバスができました。 この状態から、写真やイラストパーツなどを入れて、好きな絵柄を作りましょう。 今回は、昨年ニューヨークで撮影した夜景の写真を使おうと思います。 原稿データの範囲内に収まるようにレイアウトしていきます。 ちなみに、この作例の上の方にある欧文テキストやスタンプなどのパーツは、でご紹介した、はんこ・スタンプ風の無料イラストを利用しています。 なんとなく、ニューヨークのお土産として売られていそうなジグソーパズルをイメージしてみました。 試し刷りをしてサイズ感をチェック ここでいきなりラベル用紙に印刷するのではなく、普通の用紙に試し刷りをして、サイズ感やレイアウトが適切かどうかチェックしましょう。 A4用紙に余白が出ないように「フチなし印刷」を設定してプリントします。 出力された絵柄。 これをカッターナイフで切り抜いて、ジグソーパズル本体に合わせてみます。 変なところで絵柄が切れたりしていないか、全体のバランスが問題ないかどうかなどを確認します。 ラベル用紙に印刷して、ジグソーパズルに貼る 試し刷りで問題がなければいよいよ、ラベル用紙にプリントして、ジグソーパズルに貼りつけます。 ここで失敗すると、シワが寄ったりラベルがずれたりして、みっともない仕上がりになってしまいます。 慎重に作業しましょう。 空気が入らないように、まんべんなく押さえます。 パズルをカッターで切り抜く 長辺方向に余ったラベル用紙をカットしましょう。 (カッティングボード上で作業することをおすすめします) 全体を裏返して、パズル本体の輪郭にあわせて、カッターナイフで余ったラベルを切り落とします。 次に、パズル部分の外枠を切り抜きましょう。 貼り合わせたラベル用紙を柔らかい布などで押さえつけると、パズルの外枠やピースの切れ目が溝のように凹んで見えてきます。 外枠部分の凹みは見つけやすいはずです。 まずはここをカットして、ピース全体を取り出します。 ピースの切れ目は曲線なので、ちょっと難しいかもしれませんが、こうして、ピースを少しずらしてやると、輪郭が浮かんで見えるので、これを手がかりにしつつ、カッターナイフで切り抜いていきます。 用紙の種類によって切れ方が違うので何ともいえませんが、このマットタイプのラベル用紙はナイフの刃にからみつきやすく、切り抜き作業は苦労しました。 正直、おすすめできません(笑) なんとか切り抜きが終わりました。 カット時に紙がめくれたところがあって、ピースのフチが白くなったところも。 あまり美しい仕上がりではありませんね。 組み上げて最終チェック 最終チェックをかねて組み上げてみましょう。 カット時に出た紙くずなどを取り除いて、ピース同士が合わさる部分をなめらかにしておくと良いでしょう。 さっそく、家族に遊んでもらいました。 夜景の絵柄は、ジグソーパズルにするとかなり難しくなるのですが、このパズル用紙はピースが少ないので、子どもも十分楽しめる難易度になっています。 また、家族の誕生日や記念日などに、お祝いメッセージや似顔絵、写真などをパズルにしてプレゼントするのも面白そうですね。 その場で組み立ててもらって、絵柄が完成すればきっと盛り上がるはずです。 (2015. 27追記) もし、「オリジナルジグソーパズルをプレゼントにしたいけれど、ここまでの労力をかけられないし、手作りなのでクオリティに自信がない…」といった場合には、写真データからオリジナルジグソーパズルを作成してくれるサービスがおすすめです。 クレジット表記のある画像素材の転載はお控えください.

次の

ジグソーパズルを手作りしよう!自分の描いた絵がパズルになる

ジグソーパズル 手作り

購入: 絵をかくのが好きな人・それを主張したい人、今の季節これを買おう 私は絵をかくのが好きです。 しかし、それを部屋の壁に飾ろうと思っても、額縁が高くて買えないため、飾れません。 私は大きめの物を買う時、通販を使います。 しかし最近買いすぎているため、届いたときに母にばれ、「無駄遣いして! 」怒られてしまいます これから夏になります。 うちわが欲しい季節です。 『手作りうちわキットスタンダードサイズ 白骨 』を購入し、自分の絵を貼ったうちわを作り母にプレゼントすると、普段怒りっぽい母も、許してくれるのではなかろうか。 そのように考え、この商品を購入しました。 まず絵をかき、自分用のうちわをつくりました。 なかなか良い出来だったので今、母のものをつくっています。 喜んでもらえると嬉しいです。 黄骨のものも売っていましたが、黄色は気分を明るくしたり注意を促したりする色なので、私のかく絵のイメージとは合わないかなと思いました 私は暗めで、落ち着ける感じの絵を好んで描きます。

次の