電動 シャッター 後付け。 窓にシャッターは本当に必要?電動シャッターを設置して感じているメリット

シャッターの取り付け・後付け|防風・防犯対策|リクシルPATTOリフォーム

電動 シャッター 後付け

KIT取付後のお問い合わせにつきまして 当社にてKITの動作を把握するために、をお読みになり、お問い合わせください。 症状に関する写真や動画をお送りいただく際は、 必ずメールに添付してお送りいただきますようお願い申し上げます。 お客様のGoogleドライブ等にアップしていただいても、 権限がございませんので弊社から閲覧はできません。 スマートガレージ KIT スマートガレージ KIT は、巻上げ式手動シャッターにDIYで取付可能な、シャッター電動化キットです。 シャッターの開閉は、お手持ちのスマートフォンから出来ます。 腰を屈めての開閉作業から解放され、雨の日も雪の日も車の中からでも、シャッターの開閉が出来ます。 女性の方や年配の方でも、スマホで楽々開閉! ちゃんしよ様制作のスマートガレージKITの取付動画です。 KITの取付方法が詳しく説明されております。 ちゃんしよ様、ありがとうございます。 スマートガレージKITの特徴 低価格 これまで、手動シャッターを電動シャッターにするためには、 シャッターを丸ごと交換する必要があり、非常に高額でした。 スマートガレージKITは、電動化に必要なモーターやギア等の部品で構成されていて、 手動シャッターにDIYで取り付けることで低価格化を実現しました。 スマートフォンで操作可能 スマートフォンに専用アプリをインストールすれば、スマートフォンでシャッターの開閉が出来ます。 Bluetooth通信 スマートガレージKITとスマートフォン間はBluetoothで通信します。 Bluetoothは通信距離が短いと言われますが、実用に耐えうる通信距離を確保しています。 特にiPhoneの場合は数十m離れてもシャッターの開閉が出来ます。 Wi-Fi不要 スマホのBluetoothで通信しますので、Wi-Fiは不要です。 DIY取り付け ドリルでの穴あけ2箇所だけで、あとはボルトオンで取り付け出来ます。 また、AC100Vコンセントがあれば資格が必要な電気工事は不要です。 複数シャッター対応 1台のスマートフォンで複数のシャッターを個別に開閉出来ます。 省スペース 既設の巻き取りケース内に取り付け可能な省スペース設計です。 停電時 停電時は手動でシャッターをあげることができます。 この際、モーター回路保護のため、5秒間あげると一旦止まります。 その後、再びあげることができます。 取付可能なシャッター KITが取付可能かどうかのお問い合わせにつきまして 現在、お持ちの手動シャッターに、KITが取付可能かどうかのお問い合わせを多くいただいております。 弊社は、シャッターメーカーではございませんので、 シャッターのメーカー名や品番でお問い合わせいただいても、 どのようなシャッターなのかを把握しておりませんので、取り付け可否の回答をいたしかねます。 必ず、にあるような、写真を添えて、お問い合わせください。 センタープーリーにスプリングがある場合 三和シャッターや文化シャッターの場合、センタープーリーに下記の写真のようなスプリングが付いている場合があります。 スプリングはセンタープーリーの左右どちらかに付いています。 この場合、オプションのスペーサーを付けることで、KITの取付が可能です。 詳しくは、「」をご参照ください。 下記「シャッターについているスプリング(バネ)について」もご一読ください。 センタープーリーがフラットで無い場合 上記のように、センタープーリーにスプリングが付いていなくても、 センタープーリー自体に出っ張り等があり、フラットで無い(凹凸がある)場合があります。 この場合も、、オプションのスペーサーを付けることで、KITの取付が可能です。 詳しくは、「」をご参照ください。 センタープーリーが無い場合 従来モデルは取付不可でしたが、センタープーリーオプションにて、KITの取付が可能です。 (太管、細管共に対応) シャッターについているスプリング(バネ)について シャッターには、「 バランスバネ」と「 ダンパーバネ」と呼ばれるバネがついている場合があります。 シャフトの両端に付いているバネは、ほとんどが「 バランスバネ」で、 素人が触ると非常に危険なバネですので、絶対に触らないでください。 シャフトの中央(センタープーリー)に付いているバネは、「 バランスバネ」の場合もありますし、 「 ダンパーバネ」の場合もありますので、こちらも、 基本、触らないようにしてください。 センタープーリーにバネがある場合は、上記のスペーサーオプションでKITの取り付けが可能ですが、 文化シャッターの場合、センタープーリーにバネを留めているボルトを一旦外す必要があります。 この場合、バネが「 バランスバネ」の場合、危険が伴う恐れがありますので、 送っていただいた写真により、安全かどうかを弊社で判断いたします。 スプリング(バネ)について、不明な場合は、絶対に触らないでください。 スプリング(バネ)の調整が必要な場合は、専門家にお任せすることお奨めします。 よくあるご質問 「」のページをご参照ください。 製品内容 写真のDIYキットと、スマートフォン用のアプリとで構成されます。 DIYキットですので、 取り付けは、自己責任にてお願いします。 ねじ等の付属品は、同梱しておりますが、取り付け時の紛失・破損等により 別途必要な場合は、ホームセンター等でお買い求めください。 アプリダウンロード ご使用にあたっては、専用アプリ(SmartGarage)をスマートフォンにダウンロードして下さい。 スマートフォンで開閉する場合も、専用防水リモコンで開閉する場合も、 どちらも初期設定には必ずスマートフォンが必要になります。 スマートガレージKIT 設置後、必ずSmartGarage アプリでの調整作業を行ってください。 初期設定状態のまま使用すると、シャッターの負荷の掛かり方によっては、 予期せぬ動作の停止等の現象が発生する場合があります。 販売価格 DIY特別価格 DIYだからこのお値段! 50,000円 税込: 55,000円 オプション センタープーリーオプション センタープーリーが無いシャッターに、スマートガレージKITを取り付ける際に必要になります。 (シャッター2面の場合、ソーラー中継器は2台必要になります。 ) スタビライザー 使用しているうちにシャッターが重くなる場合があります。 この原因の一つとして、設置したシャッターにズレとかゆがみがあり、開閉する度にスラット(シャッターの板)がずれて、レールに接触することがあります。 スタビライザーを、ズレる方向の巻取り部に付けることで、スラットのズレを防止します。 3,000円 税込: 3,300円 左右どちらかのズレる方向に取り付けますので、1個の価格です。 専用防水リモコン 防水タイプの専用リモコンです。 スマートフォンが無くてもシャッターの開閉が出来ます(初期設定にはスマートフォンが必要です) iPhoneは持っているが、リモコンの手軽さを重視したい! Android端末なので、Bluetooth電波の強いリモコンを使う! 場合に、ご購入下さい。 専用防水リモコンは、それ単体では動作いたしません。 必ず、KIT、コンバーターと共にお使いください。 1CHタイプ 2CHタイプ 8,000円 税込: 8,800円 10,000円 税込: 11,000円 保証規定 「」のページをご参照ください。 その他 SmartGarageアプリのインストール方法.

次の

電動シャッター 後付けの価格、費用を紹介。ガレージ、車庫、窓だといくらかかるのか?自分でできる?

電動 シャッター 後付け

住宅におけるシャッターの役割 わたしたちの暮らしを守るシャッターには、さまざまな役割があります。 ここでは、シャッターの中でも代表的な窓シャッター・ガレージシャッターの役割についてご説明していきます。 窓シャッターの役割 窓シャッターとは、窓専用のシャッターのことを指します。 従来使われていた雨戸に備えられていた「防風」、「防雨」、「防犯」などの役割はもちろん、使わないときはシャッターケースに収めておくことで、外観もよくみせることができます。 ガレージシャッターの役割 ガレージシャッターとは、車などを収めておくためのガレージに用いられるシャッターです。 愛車を守る役割はもちろん、住まいの外観にも大きく影響を与えるため、最近では、デザイン性を重視した商品も増えてきています。 今回紹介した2つのシャッターには、手動シャッターと電動シャッターという種類があります。 今回オススメするのは電動シャッターです。 後付け工事も可能なので、検討してみることをオススメします。 電動シャッターは便利!手動シャッターと比較 ここでは、電動シャッターと手動シャッターの機能や利便性を比較していきます。 電動シャッターの後付けや、シャッターの購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。 〇利便性 電動シャッターはリモコンで操作できるものが多いため、天候に左右されません。 例えば雨が降っているときにわざわざ窓を開けることや、車を降りてガレージを開ける手間がなくなります。 手作業が必要なくなるので、電動シャッターを設置すれば利便性が向上するといえるでしょう。 〇価格面 電動シャッターは、どうしても初期設置費用が高くなります。 また、電気代がかかるという点でも、電動シャッターはコストがかかってしまします。 そのため、価格で比較するのであれば、手動シャッターの方がよいでしょう。 〇静音性 音の大きさに関しては、電動シャッターの方が安定して抑えることができます。 住宅街にお住まいの場合や、近所迷惑にならないか不安を感じている方は、電動シャッターの設置をオススメします。 ここまで3つの点から比較してきました。 利便性では電動シャッターの方がよいため、予算に問題がなければ電動シャッターの設置を検討してみてはいかがでしょうか。 また、電動シャッターは後付けすることもできます。 詳しくは、次章でご紹介します。 電動シャッターは後付けで設置できるの? ここまでも何度か触れましたが、電動シャッターは後付けで設置することができます。 ただし、電動シャッターのリフォーム工事には配線作業が必要になるので、電動シャッター工事のできる業者に依頼しましょう。 また、リモコンがないタイプの電動シャッターの場合は、別でリモコンを購入して対応させることもできるようです。 自分の希望や現在の状況に合わせたシャッターにできるように、しっかり業者と相談しましょう。 電動シャッターにも色々ある!主な種類と機能 電動シャッターの後付けに興味が出てきたかたは、多彩な電動シャッターの中から自分の理想に合ったものを探しましょう。 ここでは、いくつか電動シャッターの種類や特徴についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 窓シャッターの種類 窓シャッターには、主に3種類の形状があります。 外部から全く見えなくなるため、防犯性や遮光性に長けています。 スリットの効果で、シャッターを閉めていても日光や自然風を室内に取り入れることができます。 この機能によって、自分にあった快適な光量や風量に調節することが可能です。 ガレージシャッターの種類 ガレージシャッターには、主に3種類の形状があります。 店舗などでよく使用されます。 スラットシャッターに比べ、採光の面や通気性に優れています。 また、ガレージシャッターにはさまざまな素材があります。 ここでは、主な4種類の素材の特徴をご紹介します。 本体価格は安価ですが、耐久性が低く劣化が早いです。 本体価格は、スチール素材と比べて高くなります。 どの素材・形状でも、日ごろのメンテナンスは大切です。 自分にあったシャッターを選ぶことができたら、長く使えるように大切に扱いましょう。 電動シャッターの寿命は?長く使うコツ 電動シャッターを後付けするからには、できるだけ長く使いたいと思いませんか。 一般的に、電動シャッターの寿命は10年ほどだといわれています。 だからといって、10年間何もメンテナンスしないでいい、というわけではありません。 メンテナンス次第でシャッターの寿命は長くも短くもなります。 シャッターの簡単なメンテナンス方法として、週1回を目安に拭き掃除をすることを心がけましょう。 表面に付いたサビや汚れは念入りに落としてください。 シャッターの寿命目安は10年程度ですが、メンテナンスはこまめに行うことでより長く使うことができます。 定期的にメンテナンスを依頼するなどして、長く活躍してもらいましょう。 まとめ ここまで、電動シャッターの後付けの解説や特徴について解説してきました。 電動シャッターは利便性や操作性の面で優れており、わたしたちの生活を豊かにしてくれます。 シャッターは、形状や素材によって耐久性や寿命にも差があるので、設置後もこまめにメンテナンスすることを心がけましょう。 シャッターの設置や本格的な点検を行いたい場合は、電動シャッターの修理・点検ができる業者に依頼しましょう。 気になること点があれば質問もできるので、予算や施工日数など不安な点がある方はぜひ一度連絡してみてください。 電動シャッター設置・修理を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

スマートガレージ KIT(ガレージの手動シャッターを電動シャッターに変えスマホで開閉できる)|株式会社システムデザイン

電動 シャッター 後付け

まずはシャッター本体の価格を把握しておこう さっそく、窓シャッターやガレージシャッターの本体価格についてチェックしていきたいと思います。 シャッターの価格は「工事費込み」で表示されていることがほとんどですが、まずは単体の価格にも差があるということを知っておきましょう。 窓シャッター本体価格• 手動:40,000〜180,000円• 電動:80,000〜600,000円 ガレージシャッター本体価格• 手動:120,000〜500,000円• 電動:120,000〜1,200,000円 上記のように、それぞれのシャッターの本体価格は手動か電動かによって大きく異なります。 手動シャッターは手軽に導入しやすいものの、開閉が面倒・静音性に欠けるといったデメリットがあります。 開け閉め動作の億劫さから、せっかく導入したのにも関わらず使わなくなってしまう…というパターンも少なくありません。 一方、電動シャッターは、開閉が楽チン・開閉音が静か・防犯効果が高まるなど、さまざまなメリットが得られます。 電動シャッターの本体価格はややお高めですが、価格に見合った機能性がしっかりと備わっていると言えるでしょう。 初期費用を抑えるために手動シャッターにするか、コストは高くとも利便性を重視して電動シャッターにするか…。 なるべく費用を抑えたい気持ちもわかりますが、導入後の使い勝手もしっかり考えた上でシャッターを検討しましょう。 シャッターの取り付けはどんな業者に頼むべき? シャッターの取り付け工事は、シャッターを購入した取り扱いメーカー、もしくはシャッター取付の専門業者に依頼することになります。 メーカーから販売されている製品の場合、工事費用まで含まれた価格で表示されている場合がほとんどです。 購入の際はしっかり確認するようにしましょう。 また、シャッターの購入と工事依頼を別途で行う場合は、自分で専門業者を調べることになります。 ネットで評判をチェックしたり、業者を紹介してくれるwebサービスを駆使するなどしましょう。 業者を選ぶ際には、 複数の業者に相見積もりをお願いすることをおすすめします。 一箇所だけの見積もりでは、工事費用や施工内容が妥当なのかどうか判断することができません。 複数の業者からもらった見積もりを比較することで、納得のいく金額で施工してもらうことができるはずです。 また、相見積もりをとった際、なるべく安いところに依頼したくなるかもしれませんが、 極端に安い費用を提示してくる業者にはご注意ください。 必要な作業費が含まれておらず、作業費や部品代などオプションで余計に費用がかかってしまう場合もありますので、見積もり時には どのような内訳になっているのかきちんとチェックしましょう。 シャッター取付工事の費用 窓シャッターやガレージシャッターの取付工事にかかる費用の相場は、以下の通りです。 それぞれ、本体価格も含まれた金額になります。 以下の費用はあくまでも相場であり、正確な金額は製品の仕様によって異なりますのでご参考までに! 窓シャッター工事費用相場(本体価格込み)• 手動:約100,000円• 電動:約300,000円 ガレージシャッター工事費用相場(本体価格込み)• 手動:約500,000円• 電動:1台分 約1,000,000円/2台分 約1,500,000円 シャッターの設置だけで完了する手動タイプと違い、電動シャッターの場合は配線工事なども必要になります。 手間がかかるぶん、電動シャッターの方が費用は高くなりがちです。 シャッター取付工事の期間 また、シャッターの取付工事にかかる期間についてもチェックしておきましょう。 窓シャッターの取付工事にかかる時間は、 手動タイプの場合1台約1時間程度。 電動タイプの場合は1台約2時間程度。 1日に工事可能な台数は業者によって異なるため、取り付ける台数が多い場合は工事完了までに数日かかることもあります。 ガレージシャッターの場合、手動タイプは1台約4時間程度。 電動タイプは1台約6時間程度かかります。 ガレージシャッターは 窓シャッターよりもサイズが大きめなので、そのぶん時間も長くかかるようです。 取り付ける台数にもよりますが、 窓シャッターやガレージシャッターの取付工事は1日以内で終わることがほとんどです。 ただ、施工店が現場から遠い場所にある場合は追加で数日かかることもあるようなので、見積もり時に合わせて確認しておくと良いでしょう。 ガレージにシャッターを付けたら固定資産税は変わる? ガレージにシャッターを取り付けるにあたり、固定資産税についてもチェックしておく必要があります。 固定資産税とは、土地と建物にかかる税金のことです。 固定資産税のかかる条件は、 「屋根があり、3方向以上が壁で覆われている」「基礎などで地面に固定されている」「居住・作業・貯蔵に利用できる状況にある」ですので、 前提としてガレージも対象になります。 そんなガレージにシャッターという付属品を取り付けることで、やはり固定資産税も多少は高くなります。 シャッターに限らず、ガレージに窓やドアを取り付けた場合も、固定資産税は変化します。 シャッター付きのガレージの固定資産税は、手動か電動かによって1,000円ほど変わってくることもあるので、導入前に把握しておきたいところです。 また、最近流行しているビルトインガレージも固定資産税の対象です。 ビルトインガレージは通常の部屋と違って簡素なつくりのため、固定資産税は比較的安めですが、電動シャッターを取り付ける場合は「 ぜいたくな設備」とみなされ、固定資産税が高めになる場合も。 さらに、ビルトインガレージの場合、面積の広さも固定資産税に関わってきます。 なるべく固定資産税を安くしたいとお考えの方は、ビルトインガレージの床面積を建物全体の延べ床面積の5分の1におさめるようにすると良いでしょう。 ちなみに、通常のガレージも、ビルトインガレージも、家屋調査の前後に関わらず固定資産税の対象になりますので、施工のタイミングは関係ありません。 新築時にシャッターを取り付けた方が固定資産税がお得!ということもありませんので、後付けでもご安心ください。 なお、ガレージへのシャッターの導入をお考えの方には関係ないかと思いますが、最後にカーポートについても触れておきましょう。 ガレージと同様の用途として使われるカーポートですが、こちらは固定資産税の対象外です。 カーポートは柱と屋根で成り立っていますが、壁によって囲まれているわけではないので、固定資産税の対象から外れます。 手動タイプでも電動タイプでもそれなりにコストがかかるのなら、価格に見合った効果を期待したいですよね。 導入費用の高さ・安さだけでなく、導入後のシャッターの機能性にも注目し検討すると良いでしょう。 また、ガレージにシャッターを取り付けることで固定資産税も変化します。 取り付けるタイミングに関わらず固定資産税は必ずかかってくるものであり、手動か電動かによって1,000円ほどの差があるとはいえ、そこまで変わるものではないのでご安心ください。 住宅の窓やガレージにシャッターを取り付けるにあたり、平均的な費用を知っておくことで後悔のないシャッター選びができます。 今回の記事を参考に、ご自宅にぴったりのシャッターをお選びくださいね。

次の