ちゃん みな コール。 【ちゃんみな】韓国ハーフでいじめの過去!ヤンキーからラッパーへ

【ちゃんみな】韓国ハーフでいじめの過去!ヤンキーからラッパーへ

ちゃん みな コール

多分夢を見てたみたい 一瞬だけど光が見えた すごく綺麗でとても綺麗で だから涙がでるの 君もちょっとだけ私の事好きだったのは 気付いてたのも気付いたでしょ 顔だけ可愛い子が好きなのね あの子は甘えて君はニヤける 超わかりやすいんだね 性格良いけど私はタイプじゃない just friends よくわかった今夜さよなら 付き合っちゃいなよ あの子と 浮気されろ されろ 傷ついても don't don't don't don't don't Don't call call call call call あの子みたいに わたし 軽くないんだよ きみは 落ちてけば? どんどんどんどんどん Don't call call call call call me baby 私だって出来る限りの 愛情表現はしてたよ 上手い下手は置いといて You know 減多に送らない 会いたいなって LINE なのに比べて君は no no 何がしたいのかわかんないんだよね 私をちょっと気にしてるくせに 決定的な事はいつまでも言わないし 君のその感じすっごい嫌なんだ just friends よくわかった今夜さよなら 夏のせいだ せいだ 都会なのに なのに 星が降る だんだんだんだんだん No call call call call call もう嫌になって わたし 背を向ける頃 いつも 引き止める君 don't don't don't don't don't Just don't don't don't don't make me crazy She looks so perfect I'm so happy for you 付き合っちゃいなよ あの子と 浮気されろ されろ 傷ついても don't don't don't don't don't Don't call call call call call あの子みたいに わたし 軽くないんだよ きみは 落ちてけば? どんどんどんどんどん Don't call call call call call me baby 解釈 あなたとうまくいっているなんて夢だったんだ。 ほんの一瞬だったけれど楽しかったな。 その思い出が綺麗で、美しくて、失ったことが悲しくて涙が出るの。 あなただって私のことがちょっと気になっていたって気付いていたでしょ? 「夢」とは、 付き合う前に順調に関係が進展していったはずだったのに、それは幻想に過ぎなかった。 ということを表現したいのだと思います。 すごく綺麗、とても綺麗、と繰り返し「綺麗」と歌詞にされていることから、主人公は「あなた」のことがものすごく好きだったということがわかりますね。 顔だけ可愛い子が好きなのね あの子は甘えて君はニヤける 超わかりやすいんだね 性格良いけど私はタイプじゃない just friends よくわかった今夜さよなら 解釈 結局、顔が可愛い人が好きなんだね。 可愛いあの子が君に甘えればすぐ鼻の下伸ばすし。 誰から見てもわかるよ。 「性格がいい」って結局私は友達止まりなんでしょ? わかった。 もういい。 先ほど「付き合う前に順調に関係が進展していったはずだったのに、それは幻想に過ぎなかった」と考察しましたが、幻想に過ぎない気付いた理由は、「主人公が君にとって友達でしかないと気付いたから」ということがわかりましたね。 自分は好きだけど、相手は自分のことを友達としか思っていない。 まるで、叶わない片思いのようで、私たちまでもなんだか切なくなってきますね。

次の

ちゃんみなの歌詞一覧リスト

ちゃん みな コール

Contents• ちゃんみなのCallの意味と解釈は? まず歌詞からちゃんみなの気持ちを解釈してみましょう。 君には愛情いっぱいで付き合ったつもりだけど、君の反応ははっきりしないし、決定的なことは言わないし、かわいい子には目移りするし、 とても分かりやすい性格だけど君は私のタイプじゃないということ。 あのかわいい子と付き合って見れば!! 浮気されて、傷ついても私を呼ばないでね 傷ついてどんど落ちていきなさいよ もう私は君が嫌になった 君は私を引き止めるけど 私はもう君に背を向けるころなんだ 引き止めて私をクレイジーにさせないで 彼女はとても完璧に見えるから私はあなたのためにとても嬉しい 私を引き留めないでね インタビュー記事からのちゃんみなの恋愛体験のリアルな気持ちとは? ちゃんみなはエンタメステーション music インタビューの中でCallについて触れています。 Callは 好意を寄せている相手が自分より可愛らしい子に気移りしていることをうたったラブソング。 私はこんな感じなんで、どうせ黒髪で可愛い子がいいんでしょ見たいな。 嫉妬もあるし、私は自分の気持ちをうまくはっきり言えない人なんで、だからこその悔しさもあります。 不甲斐なさもあるし。 といった内容の記事でした。 Callでつづられているちゃんみなの気持ちは、今の私には、君を止めることができない。 でも私には戻ってこないでね。 彼氏には未練がないと言ったらうそになるけど ちゃんみなの観察眼からしたら 君は私にはふさわしくないとも冷静に判断している自分がいるわけです。 ミュージックビデオからのCallの解釈のポイントは ちゃんみなの8月7日に発売される「Call」は2ndフルアルバム「Never Grow Up」の収録曲です。 ちゃんみなと「Doctor」を手がけたJIGGが共作した楽曲で、ちゃんみなが直近で実際に経験した恋愛体験を赤裸々に歌っているとか。 ちゃんみなのCallの意味と解釈は?恋愛体験のリアルな気持ちとは?まとめ 彼氏はかわいい女の子には目移りするし、私の愛情へのお返しがほとんどないし、 決定的なことを言わなし、いまさら引き止められても嫌気がさしてしっまた私。 題名のCallは彼氏からの引き止めの電話を意味しているのでしょう。 その電話をきっかけにしてちゃんみなの彼氏に対する思いが展開していくわけです。 決論は、愛想が尽きたから引き止めないで!!

次の

ちゃんみな Never Grow Up 歌詞

ちゃん みな コール

(当日のTSUTAYA O-EASTの様子) 高い実力に、ものすごい速さで人気が追いつき始めている。 開演時間は約20分押しで、場内は汗をかくほどの熱気にみちていた。 来場者の男女比は、前回のワンマンライブに比べると男性の比率が増えただろうか。 男女分け隔てなく支持されていることがわかる。 『THE PRINCESS PROJECT』へようこそ:バンド編成でスタート ステージには紗幕が貼られ、森の中にたたずむ城と『PRINCESS PROJECT』の立て札が映し出される。 客電がおちれば、「みなさん、ようこそいらっしゃいました」と呼びかけるナレーションが流れ出す。 ホーンテッドマンションのゴーストホストを思わせる男性の声が、観客をPRINCESSが住む城へと案内する。 エンタメ意識の強い ちゃんみなは、初めてのワンマンライブでも「城から逃げだしたPrincessが旅をする」という設定をもうけていた。 今回は「自分の住む城へみんなを招いて楽しませる」というコンセプト。 まるでテーマパークのアトラクションのようなオープニングに、フロアからは歓声があがった。 城へ入ると、映像が消え、紗幕の向こう側がうっすらと見える。 1曲目『 Princess』が始まる。 ちゃんみなの歌声が紗幕の向こうから聞こえてくるが、彼女の姿はまだ見えない。 いつもと雰囲気が違う。 何が違うのか? 音が違う。 実はこの日、 ちゃんみなはライブに生バンドを取り入れた。 それによって、楽曲の持つ強さがさらに引き出された。 1サビを歌い終えると、2曲目『 FXXKER』が始まり、紗幕がおちる。 ステージ上にはドラム、ベース、ギター、キーボードという4人のバンドメンバーと男女8人のダンサーがずらっと並ぶ。 中央には赤い階段がセットされ、一段上がった場所には2人のオネエダンサーを両脇に従え玉座に鎮座する ちゃんみなの姿が。 ゆっくりと立ち上がり、階段をおりてくる。 重厚な生バンドの演奏と激しく踊るダンサーたちに囲まれフロアを見おろす。 すでに、女王の風格すら漂っている。 ちゃんみな流アラビアンナイトの始まりということか。 伝統と革新、国境を感じさせない様々な文化の融合、これらは ちゃんみなのライブのひとつの特徴だ。 それはインターネット以降に生まれた時代性と、韓国・アメリカ・日本の3カ国で育った彼女の背景に由来するものなのかもしれない。 かと思えば、『 BEST BOY FRIEND』では脇のサブステージにベッドルームを設置し、恋人役のダンサーと激しいラブシーンを繰り広げる。 あまりにもリアルなベッドでの演出にフロアは大興奮。 この時の様子を表現する正確な言葉が見つからないが、「かつて、ここまで大胆な表現をした19歳の日本の女性アーティストがいただろうか?(いや、いない)」とでも記しておこうか。 初めて ちゃんみなを見た人は驚いたに違いない。 演劇的なこだわりは、ライブを通して強く見えた。 『 TO HATERS』では戦闘服姿のダンサーと怒りを込めたダンスを力強く披露。 ステージに歌詞を投影し、レーザーを放って感情の昂りをあおった。 また『 WHO ARE YOU』では4枚の鏡を用意。 それをフロアに向けると、観客の姿が写り、 ちゃんみなと観客が一緒にステージに立っているように見える。 これは楽曲に込められた意味を可視化するための素晴らしい演出だった。 「わたしが誰なのかを教えてくれた」のは、目の前にいる観客たちなのだ。 中盤では『 OVER』をアコースティックver. で披露。 原曲のトロピカルな要素を取り除き、透き通る歌声でラグジュアリーに歌いあげ、しっとりと大人っぽいステージを演出した。 さらには自身の原点でもある曲、の『 HARU HARU』をカヴァー。 しかも韓国語、英語、日本語と3つの言語を織り交ぜたハイブリット・アコースティックver. で披露。 3ヶ国語を操るトリリンガルの ちゃんみなだが、母語である韓国語を楽曲に取り入れたのはこれが初めてだ。 さまざまな文化の融合と、若者たちの代弁者として 遊び心や面白さも忘れない。 スクリーンに映し出されたVTRでは、 ちゃんみなの相棒である2人のオネエダンサーが「アイドルになりたい」と言い出し、3人で「ミス・ペイン」なるユニットを組むといったコント的なコーナーもあった。 VTR内でうさぎの着ぐるみや制服姿といったコスプレ(?)も披露し、そのコミカルなやり取りにフロアからは笑いが起きた。 VTRからそのまま出てきたようなピンクのスカートで登場した「ミス・ペイン」によるデビューライブ(?)『 LIGHT IT UP』や、続く『 未成年 feat. めっし』で ちゃんみなの親友・が登場した時は、本公演でもっとも和やかな空気が流れた。 MVでもおなじみのこの女性は、ダンスユニット(アヤバンビ)の(バンビ)。 のワールドツアーにバックダンサーとして同行したり、のキャンペーンビジュアルに起用されたりするなど、世界的なダンサー・モデルだ。 Bambiと暗黒舞踊のようなやり取りを見せたあとは、メインステージに戻って椅子を使ったパフォーマンス。 これはK-POPのアーティストが時々やるもので、タフさとセクシーさの両方が際立つ。 日本のホラー、アングラ、ゴシックとK-POP的要素という様々な文化の融合が見られた。 (ちゃんみな『MY NAME』MV。 特にラストのホラー演出に注意) ラストは『 CHOCOLATE』。 歌い出しから終わりまで大合唱が起き、一体感が生まれた。 (ちゃんみな『CHOCOLATE』MV。 豪華ゲストに注目。 「配達メーン」からの「俺やでーっ!」) この曲に限ったことではないが、今回のライブでは、まるで人気ロックバンドのライブのように、多くの場面でシンガロングが起きたことが印象的だった。 もともとラップの文脈で登場した ちゃんみなの曲は、言葉数が多く、歌うことはそれほど簡単ではない。 メロディーが良いので耳にはよく馴染むが、しっかりと歌詞を読んで歌い込まないと、フルで歌うことはちょっと難しい。 それなのに、かなり多くの観客が、曲のはじめから終わりまで ちゃんみなと一緒に歌を歌っていた。 これはどういうことか? ちゃんみなの楽曲がファンたちの「自分の歌」として定着しているということだろう。 楽しい曲にも怒りにみちた曲にも、彼女の曲には「自分たちの言ってほしいことが代弁されている」と感じさせる力がある。 20歳の誕生日はZepp DiverCityで アンコールでは「まだデビューして1年だけど、こんなにたくさんのみんなと会えてよかった。 こんなに素敵な時間を過ごせて、曲を聴いてもらえて、本当に嬉しい」と涙ながらに語る。 フロアから「大好きー!」という言葉が何度も飛び交った。 さらに、20歳の誕生日となる10月14日に、Zepp DiverCityでのバースデーワンマンライブが決定。 「もっともっとパワーアップしたわたしを見にきてください!」と意気込むと、フロアからはこの日いちばんの大歓声が起きた。 最後はこの日出演したすべてのダンサーたちが集結し、全員で『 LADY』を披露。 一体感と多幸感に包まれ、まるで上質なミュージカル映画のようなライブは幕を閉じた。 ちゃんみなの特徴は、ジャンルを越えて様々な要素を取り入れながらも、どのジャンルにも属さないハイブリット感ではないかと思う。 それは音楽のジャンルだけではなく、映画、演劇、舞踊などの芸術や、日本、韓国、アメリカ、その他様々の国や地域の文化などを取り入れていることにも表れている。 バンドメンバーやダンサーを見ても、人種や性別に多様性があって偏りがない。 真の意味でボーダレスであり、彼女を見ていると、それが世界の縮図のような気がしてくる。 こうした点から考えると、すでに ちゃんみなは、アーティストとして 世界基準にあると言えるかもしれない。 JKラッパーとしてシーンに登場し、未成年の怒りを代弁してそのキャラの強さで注目された ちゃんみなだが、メジャーデビューを経て、音楽家としても演出家としても、内に秘めていた才能がいままさに開花しつつある。 今年、ついに「未成年」ではなくなる ちゃんみな。 その瞬間、10月14日、Zepp DiverCityでは何が起きるだろうか? かつて ちゃんみなは、ミーティアのインタビューにて「20歳になれば20歳でしか歌えない歌がある(中略)そういうことは結構細かく考えてて、未来の歌をストックしてます」と語った。 真の「LADY」となる約半年後の彼女に思いを馳せて、このレポートを締めたい。 セットリスト 2018年2月25日 渋谷TSUTAYA O-EAST M1. Princess M2. FXXKER M3. GREEN LIGHT M5. FRIEND ZONE M6. BEST BOY FRIEND M7. TO HATERS M8. WHO ARE YOU M9. OVER M10. Haru Haru BIG BANGカバー M11. LIGHT IT UP M12. 未成年 feat. めっし M13. MY NAME M15. ダイキライ TeddyLoid feat ちゃんみな M16. LAST NIGHT M17. CHOCOLATE EC1. 03-3499-6669 平日12:00-18:00 さらに今回の渋谷O-EASTワンマンライブを記録した初のフォトブック『THE PRINCESS PROJECT 0』の制作も決定している。 リハーサル風景や撮り下ろし写真などなどが一冊に。 GWには購入者イベントも開催予定。

次の