世界 の ナベアツ お札。 いたずら

[B!] 世界のナベアツと書かれた千円札が「大量に出てきた」 お札を故意に汚すのは犯罪?→日本銀行と弁護士に聞いてみた

世界 の ナベアツ お札

不審な印刷がされたお札が出回っています。 一見、普通の千円札ですが、肖像画の下に「世界のナベアツ」の文字が。 一体、どういうことなのでしょうか。 単なるいたずらか、それとも国家への挑戦なのか…。 不適切な行為は、複数の日本銀行券で見つかりました。 一見、普通の千円札ですが、右下をよく見てみると「世界のナベアツ」と書かれていました。 情報を提供してくれた男性によれば、ATMで現金を引き出した際、こうした札が5枚も出てきたといいます。 情報を提供してくれた真浦誠さん:「(飲食店で)お金を出した時、スタッフから『何か面白いことが書かれているよ』と…」 3と3の倍数の時だけ変になるギャグで有名なナベアツさん。 確かに野口英世に似ている気もしますが、いたずらだとしたらあまりに稚拙。 発行元の日銀も戸惑いを隠せません。 お札の落書きをインターネットで探すと、おつかい先のような書き込みや足し算を発見。 これらはメモ用紙代わりということなのでしょうか。 また、教科書のいたずら書き風のものや幸せを授ける謎のメッセージなどなど、ジャンルは多岐にわたっています。 これらの落書きと世界のナベアツが大きく異なるのは、同じものが何枚も作られたという点です。 なかには、ATMで15枚も出てきたという人もいました。 日本銀行札幌支店・大内幸男発券課長:「(落書きの文字が)同じ位置でまとまった枚数が見つかるのが珍しい。 プリンターとかありますので、作ることは可能なんだと思います」 専門家によれば、こうしたいたずら書きは具体的に取り締まる法律がないといいます。 お札に落書きがあるとどんな問題が起きるんでしょうか。 お金を引き出したり預けたりするATMの製造会社によりますと、落書きがあると、紙幣の識別や読み取りができなくなることがあるそうです。 さらに財務省によりますと、あるはずのない書き込みや印字がされていると偽札かどうか見分けがつきにくくなるということです。 もし、落書きが気になるようであれば日本銀行で引き換えが可能です。 お近くの日本銀行の本店や支店に相談してほしいということです。 2019年12月26日 19時33分.

次の

1000円札に「世界のナベアツ」の落書き

世界 の ナベアツ お札

貨幣損傷等取締法とは? 貨幣損傷等取締法とは、貨幣を損傷することを禁じた法律です。 日本の硬貨はそれぞれ以下のような素材でできています。 1円玉: アルミニウム• 5円玉: 真鍮• 10円玉: 銅• 50円玉・100円玉: 白銅• 500円玉: ニッケル黄銅 金属相場は変動しやすいので時期にもよりますが、1円玉を作るのに2~3円程度のコストがかかるといわれています。 そのため、工業製品を作るときに、業者からアルミニウムを仕入れるよりも1円玉を集めてつぶした方がコストが安くなる場合があります。 「アルミニウムの原価+加工賃」で2~3円なので、アルミニウムだけで考えると原価は1円を下回る場合がほとんどです。 しかし、災害復興で建築材が大量に必要となる場合などに資源が高騰したり、社会情勢によっては相場が上昇したりします。 それらのことを見越して、「硬貨を潰すのは禁止」という法律があります。 1円玉を溶かして再利用するようなことが多発すると、国庫へは打撃となります。 現在400億枚程度の1円玉が流通していると言われています。 仮にすべての1円玉が世の中からなくなり、400億枚を作り直すとしたら1200億円のコストがかかります。 お札に落書きしたり破り捨てたりするのはセーフ 「硬貨」の場合は、硬貨としての価値を毀損するような行為をすると違法になります。 しかし、「お札」の場合は取り締まる法律がありません。 なぜかというと、「お札」の原料となる紙は結構いいものを使っているのですが、それでも原価が1000円を上回ることはまずありません。 「お札」を加工して転用するメリットがないので、普通はそんなことはしません。 だから、わざわざ取り締まることは想定しておらず、法律による規制がない状態です。 ただし、違法じゃないなら何をしてもいいという訳ではなく、想定の範囲外だからルール作りが追い付いていないだけです。 お札を破り捨てるような動画をYoutubeやTwitterに上げたらたぶん炎上します。 法的にはセーフでも、モラル的にアウトな行為は控えましょう。

次の

いたずら

世界 の ナベアツ お札

何や「世界のナベアツ」と読める、隠し文字でも見つかったんやと思ったら、落書きか。 コレは真似する奴が多そうやな。 紙幣・貨幣は汚損・改変したら、犯罪に成るんやなかったんかいな。 <北海道>千円札に「世界のナベアツ」!? — らんだむ Beatmach 視聴者の方からびっくりするような情報が寄せられました。 一見、普通の千円札ですが、右下をよーく見てみると…「世界のナベアツ」と書かれています。 いったいこれはどういうことなのか取材を進めてみると… こんなお札を手にしたら、我が目を疑ってしまいそうだ。 千円札に描かれた見慣れた野口英世の肖像画。 そこには「世界のナベアツ」、の文字が…いったい、これは…情報を寄せてくれた札幌市の真浦誠さん。 飲食店で会計をする時にそれは発覚したという。 情報提供者 真浦誠さん「(店の)スタッフに面白いこと書いてあると言われて見てみると、このように書いてあって…マジで!?って」 実はこのお札、ATMで引き出したときに5枚出てきたのだが、その時には気が付かなかったという。 真浦さん「な…なんでこんなことになっているのか訳がわからなかった」 佐藤俊記者「実際にこちらの千円札が使用できるのか、自動販売機に入れてみたいと思います。 購入のボタンが光っているので千円札として使えるようです」 インターネットで検索すると…道外でも同じお札が出回っているようだ。 ナベアツ保有者「お金おろしたら訳わからんハンコ押された千円札大量に出てきた」 紙幣を発行する日本銀行に「世界のナベアツ」と書かれたお札を見てもらった。 日本銀行 札幌支店 大内幸男発券課長「あきらかに本物(の紙幣)ですね」 意外に多いというこうした紙幣への「落書き」。 いつ、誰が、何の目的でやったのかは分からない。 大内発券課長「(落書きの文字が)同じ位置でまとまった枚数が見つかるのは珍しい。 いま(の時代)プリンターなどがあるので作ることは可能」 日本銀行によると汚れたり傷んだりして紙幣を交換した枚数は昨年度だけで250万枚。 このうち落書きが何枚含まれているかはわからないという。 大内発券課長「本来このような落書きはあるはずのないもの。 そうした紙幣を手にしたとき偽物かどうか判断がつきにくい。 紙幣は落書きをせず大切に扱ってほしい。 」 こうした落書き、法律に触れないのか調べてみました。 刑法の専門家によると、紙幣への落書きは具体的に取り締まる法律がないが、ただ偽造や紙幣を切って貼ったり額面を書き換える変造をすると犯罪となる、ということです。 yahoo.

次の