ジオン クラーク。 コンテイジョン : 作品情報

クラーク記念国際高等学校

ジオン クラーク

効果・薬害等の注意• 石灰硫黄合剤、ボルドー液、ジチオカーバメート系薬剤及び銅水和剤との混用はさける• ベントグラスに対して希釈倍数500~1000倍で散布すると薬害を生じる恐れがあるので、使用しない• 使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい 安全使用上の注意• 桑葉にかからないようにする(蚕毒) ミツバチに対する注意• 巣箱及びその周辺にかからないようにする• 養蜂地区では周辺への飛散に注意する等、危険防止に努める• 医薬用外劇物。 取扱いに十分注意。 誤って飲み込んだ場合には吐き出させ、直ちに医師の手当てを受ける• 眼に入らないように注意。 眼に入った場合は直ちに水洗し、眼科医の手当を受ける(刺激性)• 皮膚に付着しないように注意。 皮膚に付いた場合は直ちに石けんでよく洗い落とす(刺激性)• 散布時は防護マスク、不浸透性手袋、長ズボン、長袖作業衣などを着用する。 作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、洗眼、うがいをして衣服を換える• 作業時の衣服などは他と分けて洗濯する• かぶれやすい人は取扱いに十分注意• 街路、公園などで使用する場合、散布区域に縄囲いや立て札をたて、散布中および散布後(最小限その当日)に関係者以外は立ち入らせない。 小児、人畜等に留意する 治療法…硫酸アトロビン製剤の投与が有効(動物実験で報告) 魚毒性等…河川、養殖地等に飛散、流入しないよう注意(甲殻類)。 使用残りの薬液が生じないよう調製し、使い切る。 散布器具、容器の洗浄水は河川等に流さない。 また、空袋などは水産動物に影響を与えないよう適切に処理する 保管…密封し、直射日光をさけ、食品と区別して、冷涼な所• カギをかける。 盗難・紛失の際は、警察に届け出る• 食べられません• 有効期限内に使用する• 体調の悪いとき、妊娠中、飲酒後等は取り扱い及び作業をしない• 火災時は、適切な保護具を着用し消火剤などで消化に努める• 漏出時は、保護具を着用し掃き取り回収する• 移送取扱いは、ていねいに行う 関連製品.

次の

GNO日記 5月

ジオン クラーク

今日、ご紹介するのはアーサー・C・クラーク著/池田真紀子訳「幼年期の終わり(光文社古典新訳文庫)」です。 言わずとしれた古典SFの名作です。 「2008大学読書人大賞」受賞作品。 21世紀初頭。 地球上空に、突如として現れた巨大な宇宙船。 オーヴァーロード(最高君主)と呼ばれる異星人は姿を見せることなく人類を統治し、平和で理想的な社会をもたらした。 彼らの真の目的とはなにか?異星人との遭遇によって新たな道を歩み始める人類の姿とはいったい・・・。 1953年に発表された本作。 「2001年宇宙の旅」と共に、その後のSF界に多大な影響をもたらしたと言われているアーサー・C・クラークの名作SF小説です。 時代や世界情勢の変遷を経て、第1部だけが書き直されました。 そのことが、著者自身の前書きに記されています。 書き直したとは言え、古めかしい箇所もあるにはありますが、そんなことはどうでも良くなるほど、それ以上に感動的なテーマが新鮮でした。 冷戦は終わったモノの争いや差別が堪えない人類。 そこに突如として、高等文明を持った異星人の巨大宇宙船が現れます。 オーヴァーロードのカレランは、姿を見せずに、人類を統治し、指示を出します。 それを受けるのが国連事務総長のストルムグレン。 第1部はすでに統治されていた地球が舞台で、世界連邦化計画が実施されるまでを描きます。 それから50年後を描くのが、第2部。 穏やかで裕福な世界となった地球。 争いも差別も犯罪もなく、全人類が高等教育を受け、公用語は英語となり、すべてが平等になった世界。 しかし、宇宙進出は妨げられ、人類の世界は地球だけになっていました。 そうさせるオーヴァーロードの真意とはいったい何なのか? 第3部では、真の目的が明かされ、ついに人類は幼年期が終わり、新しい段階へと登っていくのでした。 第1部ではオーヴァーロードの姿形をめぐっての物語が展開しますが、それは、些細なことであることに気づかされます。 どんな異形の外見をしていようが、人類の遠く及ばない文明をもっと異星人なのですから、逆らってみても仕方がない。 人類を抹殺しようとしているわけではなく、人類が進むべき方向へ導いてくれているのですから、その真意が分からないまでも、悪ではないはず。 しかし、第2部で明かされるオーヴァーロードの外見は、まさに古来から伝わる悪魔の姿だったのです。 最初は拒否反応を示す人々もいましたが、次第に偏見は薄れ、神にも等しいその存在を畏怖の念で観るだけでした。 そして、精神的に進化をした人類に最終段階が訪れます。 オーヴァーロードを越える存在。 宇宙の深淵への旅。 新人類の誕生。 種の限界・・・。 これが50年以上も前に書かれていたことに驚くと共に感動さえも覚えました。 未来の予言もさることながら、無限に広がる人類の希望。 その姿を思い描いていた事に素直に感動しました。 SF小説は好きでしたが、クラーク作品を読んだことがありませんでした。 が、今後は温故知新で古典と言われる作品も読んでみたいと思います。 には、他にも「 」「 」「 」「 」等々、海外の名作がラインナップされています。 「いま、息をしている言葉で」をコンセプトに訳されていますから、翻訳物独特の読みにくさはなく、しおりに登場人物の名前が書かれていたりして読みやすくなる工夫がされています。 ぜひ、一度手にとってご覧ください。

次の

ダレン・クラーク プロフィール|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

ジオン クラーク

医師紹介 当診療所のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。 私は、これまで地域の皆さまのかかりつけ医として、様々な疾患に対応出来る総合診療医を目指し研鑽して参りました。 そして、多数の先輩医師や看護師、その他のスタッフにも、多くの事を学び貴重な経験を積む事ができました。 私が枚方市で開業しようと決意したのは、幼少期より住み慣れた土地で『地域の皆様に貢献したい』という想いがあったからです。 また、地域の皆さまのかかりつけ医として、出来る限りの診療と対応をしていく気持ちで「診療所」と名付けました。 現在、当診療所は小さなお子様からご高齢の方まで幅広い年代の方にお越しいただいています。 症状も発熱や咳などの風邪症状から、糖尿病や高血圧などの生活習慣病、そのほか睡眠時無呼吸症候群の検査・治療、外傷・皮膚科疾患や泌尿器疾患に対する治療にお越しいただいています。 今後も幅広い年代の方の幅広いお悩みに対応するべく当診療所、そして隣にある調剤薬局、2階にある介護サービス事業所を含む「御殿山みらいビル」が地域にお住まいの方の「健康相談の窓口」そして「憩いの場」となれば幸いです。 どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。 当診療所のロゴマークは、ハリネズミです。 ハリネズミは、昔のヨーロッパにおいて、四つ葉のクローバーのように、見付けたら幸せになれる象徴的な動物と言われていました。 当診療所が、地域の皆様にとって、幸せな場所になれるよう、スタッフ一同協力し、丁寧な診察と説明を心掛けてまいります。 何卒よろしくお願い申し上げます。 院長 諏訪 洋志(すわ ひろし) 経歴 京都大学附属病院、公立甲賀病院、大津赤十字病院にて、胃癌、大腸癌等の悪性疾患、その他良性疾患、乳腺や痔核等の手術を中心に研修、その後、美杉会佐藤病院、京都武田病院、諏訪外科内科にて、外科に加え整形外科、一般内科、皮膚科、特別養護老人施設の管理医や在宅医療の診療に携わる 所属学会• 日本外科学会認定医• 日本消化器外科学会認定医• 内痔核硬化療法 ジオン注射 講習終了 院内紹介• 入り口 入り口には緩やかなスロープを設置しており、車椅子・ベビーカーの方でも安心してご来院いただけます。 受付( 8:30〜診療開始) どんなことでもお気軽にお声かけください。 待合 体調不良の方は、横になっていただくことも可能です。 キッズルーム 小さなお子様が楽しく過ごせるキッズルームをご用意しております。 お子様連れの方も安心してお越しください。 診察室 診療及び簡単な処置、手術に対応します。 レントゲン室 従来よりも被ばくの少ないレントゲン機器を使用しています。 点滴室 快適にお過ごしいただくためにリクライニング・チェアをご用意しております。 処置室 採血や注射、健診を実施します。 検査室 超音波検査(エコー検査)、骨密度、心電図検査、血管年齢など検査が可能です。 お手洗い 車椅子にも対応しています。

次の