混同 類語。 「湾曲」の意味と使い方・由来・「屈曲」との意味の違い・類語

検証の意味とは?英語表現・類語「実証・評価・確認」との違いを解説

混同 類語

混ぜ合わせる行為 の意• ミクス 諸成分を完全に溶け合わせる行為 の意• 異なる要素を混ぜ合わせる の意• 綯い交じる• 入混る• 混ざり合う• 綯交じる• 入交る• 綯交る• 混じり合う• 交じり合う• 綯いまじる• まじり合う• 異種の両親(特に白人と非白人)による生殖 の意• 全体を形成するために、組み合わす; 混ぜ合わせる の意• 組みあわす• 結合わせる• 結びあわせる• 煉り合わす• 練り合わす• 練合わす• 練りあわせる• 組みあわせる• 煉りあわす• 結合せる• 混ぜ合わす• 練りあわす• 一緒に、あるいは何か別のものを集める、組み合わせる の意• 雑ぜ合わせる• 混ざり合う• まぜ合わす• 混じり合う• 交じり合う• ミクス• 混える• 合体する の意• 入合せる• 雑ぜ合わせる• 混ざり合う• 入り合わせる• 混ぜ合す• まぜ合わす• 交ぜ合わす• 混じり合う• 交じり合う• 交ぜ合す• ミクス• まじり合う• 混ぜ合わす• 入合わせる• 混える ベースを混ぜることによって加えられる追加成分 の意• 2つの異なる単語を合わせ、意味を複合させる新しい言葉 の意• 混成語 ものを混ぜ合わせて結びつける出来事 の意• ごった雑• 綯いまぜ• 綯まぜ• 綯交ぜ• ミクス• ごった交ぜ• ごった雑ぜ• ごった交• 異なる要素を混ぜ合わせる の意• 綯い交じる• 入混る• 混ざり合う• 綯交じる• 入交る• 綯交る• 混じり合う• 交じり合う• 綯いまじる• まじり合う• 一緒に、あるいは何か別のものを集める、組み合わせる の意• 雑ぜ合わせる• 混ざり合う• まぜ合わす• 混じり合う• 交じり合う• ミクス• 混える• 合体する の意• 入合せる• 雑ぜ合わせる• 混ざり合う• 入り合わせる• 混ぜ合す• まぜ合わす• 交ぜ合わす• 混じり合う• 交じり合う• 交ぜ合す• ミクス• まじり合う• 混ぜ合わす• 入合わせる• 混える その仲間に加わる の意• 立ちまじる• 立混じる• 立ち交る• 立交る• 立ち混じる• 異なる要素を混ぜ合わせる の意• 綯い交じる• 入混る• 混ざり合う• 綯交じる• 入交る• 綯交る• 混じり合う• 交じり合う• 綯いまじる• まじり合う• 一緒に、あるいは何か別のものを集める、組み合わせる の意• 雑ぜ合わせる• 混ざり合う• まぜ合わす• 混じり合う• 交じり合う• ミクス• 混える• 合体する の意• 入合せる• 雑ぜ合わせる• 混ざり合う• 入り合わせる• 混ぜ合す• まぜ合わす• 交ぜ合わす• 混じり合う• 交じり合う• 交ぜ合す• ミクス• まじり合う• 混ぜ合わす• 入合わせる• 混える その仲間に加わる の意• 立ちまじる• 立混じる• 立ち交る• 立交る• 立ち混じる.

次の

「混同」に関連した英語シソーラスの一覧

混同 類語

新しいモデルの開発はなし。 30nmの製品を終息させて25nmの販売を開始するとは、製品の大きさが小さくなり、商品の小型化に対応できるよう半導体メモリチップもどんどん小さくしていくというもの。 容量も大容量化をすすめるという開発スケジュールになっています。 どの製品が生産されているときに、どの製品が開発段階にあるのかなど、このようなロードマップがあると一目でわかりますよね? 他にも、フローチャート形式のロードマップやシンプルな計画表形式など、たくさん種類があります。 もっと見てみたいという人は『ロードマップ 見本』で画像検索をしてみてください。 ロードマップと混同しやすい類語 ロードマップについてはだいたいわかりましたか?それではここで、 混同しやすい類語についていくつかご紹介しておきますね。 英語が苦手・・・、勉強してるけどどうしても身につかない・・・という人は、一度オンライン英会話スクールを体験してみるのもおすすめです。 体験レッスンで外国人講師と会話をし、現在の英語力を確認してみましょう。 体験レッスンは 無料で実施しているスクールもあるため、英語を習得したい人は利用しないと損です。 CHEWYのおすすめは、東京オリンピックのオフィシャルパートナー(語学トレーニング)も務める「EF イングリッシュライブ」です。 「EF イングリッシュライブ」の特徴はこちら!• 英語圏出身のネイティブ講師がレッスンを担当• ライブレッスンが24時間いつでも受講可能• 16段階のレベル分けで初心者から上級者まで対応•

次の

『公私混同』とは?公私混同してしまう人の特徴&対処法を解説|MINE(マイン)

混同 類語

「検証」とは、「立てた仮説を実際に調べて、現実であることを証明すること」という意味を持つ言葉です。 検証という言葉は使いやすく一般にも使われる言葉なので、何となくわかったつもりで使ってしまっている方も多いのではないでしょうか。 「検証結果」「検証評価」「再検証」…などと使うケースも多いです。 使いやすい言葉なので、無意識に使っているという方も多いかもしれません。 しかし、あなたの使い方によっては間違っている可能性があります。 正しい意味でボキャブラリーを高めていきたいとあなたも考えているはず。 そこで今回は、 検証の本来の意味や定義を解説するとともに、ビジネスシーンでの例文や使い方について解説していきます。 また、検討や確認などの類語との違いや言い換え、対義語の意味についても触れていきます。 「検証の意味、ちょっとあやふやだな」という方はぜひ参考にしてください。 INDEX• 「検証」とは?|意味と定義を解説! 「検証」にはどのような意味・定義があるのでしょうか? ビジネスシーンでも日常生活でも、あなたの環境では使われることが多いはずです。 だからこそ、検証の意味を検索窓に打ち込み、意味を調べようとしているのではないでしょうか。 しかし、検証の意味・ニュアンスや内容は職場や個人の使い方によって異なります。 もともとの意味、本来の定義をおさえておくことが大切になります。 検証の本来の意味・定義を知れば「こんな使い方があったのか!」「もともとこんな意味があったのか!」ということが分かるようになります。 もちろん、気になるポイントだけをかいつまんで見てみるだけでもOK。 ぜひ活用してください。 検証とは?|意味・定義 検証とは 「立てた仮説を実際に調べて、現実であることを証明すること」という意味で用いられます。 検証 けんしょう verification 一定の理論によって立てられた仮説が具体的に現実に適合するか否かをテストすること。 この場合,仮説の限定と観察の客観性が重要である。 引用: ある問題に対して「〇〇をすれば解決するのではないか?」と仮説を立てて実行したあと、それが本当に問題解決に繋がったのかを調べることが「検証」になります。 そのため、ただ気になったことを調べたり、思いつきで試してみたりすることは検証に当てはまらない点に注意が必要です。 たとえば、「現場検証」「実地検証」などで裁判官や警察・警察などの捜査機関が事件・事故現場を調査刷る際にも用いられます。 検証は過去のデータを使ってもよく、以前発生した事件の情報を駆使して直近で起きた事件を解決するなども「検証」にあたリます。 検証は人の感覚や感情、思い込みで行われると意味がありません。 そのため、検証作業は実際の事実に基づくデータか、コンピュータを使った実験などで行われます。 つまり、「批評」「感想」とはまったく違う意味です。 どちらかというと、「分析」「検査」などに近い厳格なイメージです。 人口が最も多い地域に出店すれば売上が最も多く上がる。 競合店が少ない地域に出店すれば売上が最も多く上がる。 一見、当たり前そうな仮説ですが、人口が多くてもその土地の人々が好まない料理を出す店ならお客さんは増えません。 そのため、アンケートや実地調査などをもとに、実際にどのくらいの人が店舗に来店してくれるかを検証する必要があります。 また、競合店が少ないということはつまり、その土地で類似サービスをすることが難しいことを表しているかもしれませんよね。 この場合、「すでに競合がその土地に出店したことはないか?」「あるとすればどのくらいの売上があったのか?」といったデータを調べ、検証する必要があります。 検証すると、さらに新しい仮説が生まれるので、それをさらに検証していき、客観的に見て「売上が最も上がる」と考えられる土地に出店することがゴールになります。 このように、一般的なビジネスでも「仮説を立てて検証する」という仕事が求められます。 要するに、「細かな改善をするためには仮説を立てて検証する作業が必要だ」ということ。 論理学における検証の意味 論理学とは、人が正しい判断や認識をするうえで必要な思考の進め方を明らかにする学問のことです。 論理学においては、ものごとを証明するための方法として、2つの方法を挙げています。 2つの方法とは「検証(実証)」と「反証」と呼ばれる方法です。 論理学における検証とは「ある命題を肯定するために命題の対象範囲の全ての証拠を見つけること」とされています。 たとえば、「猫には尻尾がある」という命題が真であることを検証するために過去から今まで世の中に存在した猫のすべての尻尾を確認することが検証になります。 一方、反証は「命題が偽がどうかを確認するために命題を否定できる証拠を見つけること」です。 たとえば、「猫には尻尾がある」という命題を偽であることを証明するために「尻尾がない猫」を見つけることが反証になります。 検証とは、物事が現実的に本当のことであるかを確認する作業です。 そのため、効率的にデータを探す方法を探さないと、長い時間と労力がかかったり、逆に途中で投げ出してしまったりするような作業になってしまう恐れがあります。 検証結果を上司に報告する• 検証評価のプロセスを見直すべきだ• 検証の基準があいまいなので、再検証を要求する• 行政機関の検証結果は公表されている• 仮説を通して効果的な方法を検証していく• これまでの検証結果から、次のアクションを決める 「検証結果」「検証評価」という言葉を使われた場合には、すでに検証作業自体が終わり、検証した最後の結論部分のみが判明していることがほとんどです。 そのため、たとえばあなたがビジネスのプロジェクト立ち上げを担当しているときなどは、仮説に対してどのように検証していくのか、しっかり自分自身でも把握しておく必要があります。 検証の類語・言い換え語 検証には似ている言葉が複数ありますが、本来の意味を深掘りしていくとまったく違う言葉であることが多いです。 そのため、 安易に検証の言い換えはできません。 ここでは、よく混同されて使われている類語との違いを解説していきます。 検証と確認の違い 確認とは「確かにそうだと認める」「はっきり認める」というさまを指します。 検証と同じ意味で使われる言葉には「妥当性確認」という言葉がありますが、意味が違うのでわけて覚えましょう。 検証とは目的とするものごとが最初に立てた仮説や用件を満たしたうえで作られているかどうかをチェックすること。 一方で、妥当性確認とは目的とするものごとが意図したかたちで作られているかをチェックすることです。 検証と検討の違い 検討とは「物事を詳しく調べ考えること」を指します。 そのため、検証と同じような意味を持ちますが、検証ほど具体的ではないときに使う言葉です。 たとえば、「検討します」という場合「どちらにするかを後から考えてみる」といった程度のニュアンスでも使いますよね。 検証は「〇〇という仮説を証明するためには〇〇と〇〇を証明しなければならない」と明確な基準を決めて取り組むことなので、用いるシチュエーションが大きく異なります。 その他の検証の類語|論証と実証 検証には様々な類語がありますが、論証や実証といった言葉も多く使われるので使い分けが肝心です。 論証:論理的な説明だけで証明すること• 実証:事実やデータによって証明すること ビジネスにおける検証作業では、論証と実証のどちらも必要になります。 事実や根拠となるデータを集め、それを論理的に整理して報告することまでが検証作業に当てはまるでしょう。 検証の対義語・反対語 検証にははっきりとした対義語があるわけではありません。 しかし「立てた仮説を実際に調べて、現実であることを証明すること」が検証ですから、その逆の行動が対義語になります。 そのため、「あることを目にしているのにもかかわらず、それを見逃すこと」を表す「看過(する)」といった言葉が当てはまるでしょう。 検証の意味や定義、そしてビジネスシーンにおける使い方・使われ方などを解説してきました。 ここまで読んできた方は、検証の本来の意味や定義について、これまで自分が知っていたこと以上に深い教養が身についたと感じるのではないでしょうか? ぜひ、今回知った知識を活かし、さらにスキルアップを目指したり、教養を深めていってくださいね! 次では、ビジネスパーソンとして成長したいあなたに向けて、 「転職活動のコツ」を解説しています。 あなたが下記の項目に当てはまるなら、ここでページを戻さず、ぜひ次をお読みください。

次の