タコ 心臓 位置。 タコ目|海の生物図鑑

ただものではない海洋生物『タコ』が持つ特殊能力4選 まさに忍者!

タコ 心臓 位置

進化は「まったく違う経路で心を少なくとも二度、つくった」。 一つはヒトや鳥類を含む脊索動物、そしてもう一つがタコやイカを含む頭足類だ。 哲学者であり練達のダイバーでもある著者によれば、「頭足類と出会うことはおそらく私たちにとって、地球外の知的生命体に出会うのに最も近い体験だろう」。 本書は頭足類の心と私たちの心の本性を合わせ鏡で覗き込む本である。 「タコになったらどんな気分か」という問題の中には、そもそも心とは何か、それは物理的な身体とどう関係するのかを解き明かす手がかりが詰まっている。 おまけに著者が観察している「オクトポリス」 タコが集住する場所 では、タコたちが社会性の片鱗を示しはじめているという。 味わい深く、驚きに満ちた一冊。 「エキサイティング、ドラマティック、鮮烈で、目から鱗。 ……すべてのナチュラリスト、すべてのダイバー、そして人間以外の生物がどんな経験をしているかに思いをめぐらせたことのあるすべての人の思考を刺激して、愉しませてくれる本だ。 こんなふうにボトムアップで哲学ができるとは。 哲学は常にこうあるべきだ。 シドニー大学教授、およびニューヨーク市立大学大学院センター兼任教授。 著書に、Darwinian Populations and Natural Selection Oxford, 2009, Lakatos Award受賞作 ほか。 夏目大 翻訳家。 シドニー大学科学史・科学哲学スクール教授、およびニューヨーク市立大学大学院センター兼任教授。 専門は生物哲学、心の哲学、プラグマティズム 特にジョン・デューイ 、科学哲学。 著書Darwinian Populations and Natural Selection Oxford、2009。 2010年のLakatos Award受賞 ほか。 翻訳家。 翻訳学校「フェロー・アカデミー」講師 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです 「タコの心身問題」というキャッチーなタイトルや、「進化は全く違う経路で心を少なくとも2度作った」というコピーに惹かれて安易に購入してしまったことを反省している。 この本はタイトルに反して人間、あるいは頭足類の心の問題を殆ど扱っていない。 この本のほぼ全てを占めるのは、著者がオーストラリアの家の近くでたまたま見つけたタコの集住場所の観察日記である。 それらを進化に結びつけようとするが、ああでもないこうでもないと仮説をずらずら並べ立てるだけで、結論らしきものは一切導かれない。 叙述も極めて冗長で、読んでいて飽き飽きしてくる。 最後まで読んで著者が最後に放ったメッセージは「海を大切にしましょう」。 心身問題はどこへ行った。 読むべきところがあると感じたのは第6章「ヒトの心と動物の心」だけだ。 そうは言ってもこの章も極めて表面的に認知理論をなぞっただけという感じで、まったく読み応えはない。 結局のところ、タイトルが悪いのだ。 『私が愛したタコたち』 とでも改名してはどうか。 この本はタコについての観察日記以上のものではないのだから。 新聞や書店がなぜそんなにこの本を持ち上げるのか、全く不思議である。 私がここまでこの本に辛辣になるのは、単純に高すぎるからだ。 こんな内容をタイトルだけ工夫して立派な装丁に仕上げて3000円も取るなど、みすず書房のこれまで築いた良識を疑ってしまう。 ブルーバックスで900円くらいの本ならば、私もここまで書かない。 ああ、本当に悔しい! サルに心があるとか、カラスに高度な知能があるとかいう話を聞くと、それなりに感心はするけれど、ものすごく驚くというほどではない。 彼らはヒトと近縁で、脳の構造もヒトと似ている。 サルに心があるとしたら、おそらく私たちヒトの心と似たようなもので、同じ起源をもっているものだろうと想像できる。 だが、タコに心(らしきもの)があり、ヒトと心を通わせることができるとなると話は別だ。 ヒトとタコは進化の歴史上、約6億年前に袂を分かったとされる。 その頃の動物はやっと原始的な目を持ち始めたという程度で、単純な体をしており、神経細胞は一応持っていたらしいが脳はなかった。 ヒトとタコの共通祖先に心はまだ無かったのだ。 だから、タコに心があるとすれば、それはヒトの心とは異なる起源を持ち別個に生じたということになる。 「進化はまったく違う経路で心を少なくとも二度、つくった」のだ。 ヒトの心は進化の副産物に過ぎないという考え方があるという。 大きな脳と複雑な神経系、それによって可能となる洗練された行動や高度な知能こそが主産物であって、心はそれに付随して生じた偶然の産物だというのだ。 だが、もしタコに心があるならどうだろう?歴史も環境も身体の構造も共有していない2つの生き物が、心と呼ぶべき類似した精神活動を共におこなっているとしたら?それは、心というものが偶然の産物などではなく、進化の歴史の中で必然的に生まれたものだということの傍証になるのではないか。 そんな想像を掻き立てられる。 本書ではまず、タコが心を持っていると思わせるような行動をとることが紹介される。 また、ヒトとタコが進化上かけ離れた存在であることを示し、全く異なる生き物である両者が「心を通わせる」ことができる不思議さについて触れている。 そして、その後の数章では、生物の進化の歴史を数億年の単位で遡り、心の起源について探っていく。 ヒトとタコは何もかも違うと言って良いほど違っている。 たとえばタコは原口動物で、ヒトは新口動物だ、というレベルで違う。 神経系について言えば、タコにも脳と呼べる構造はあるが、脳とそれ以外の神経系にヒトほど明確な境界線はない。 また、驚くべきことに、消化管が脳の中を突き抜けるような体の構造をしているという。 しかも、「中央集権的」なヒトの脳と異なり、タコは脳よりもむしろ8本の腕に神経が多く分布しているらしい。 進化について述べられている章では、この分野における著者の造詣の深さに驚嘆させられる。 著者の専門は哲学というからびっくりだ。 進化生物学者だと言われても違和感がない。 最近の論文も引用されており、その分野が現在進行形で研究されていることが良く分かる。 ただ、この進化に関する数章は、ヒトとタコの心の違いを考えるという本書の主題からはやや脱線する部分もある。 もし退屈に感じたら、最後の2章を先に読んでもいいかもしれない。 この2章に、タコの持つ心の不思議さが凝縮されていると思うからだ。 第7章「圧縮された経験」では、なんとタコの寿命がわずか2年ほどだということが説明される。 それだけの期間で心を発達させることができるのも興味深いが、それ以前の問題として、そもそもそのような短い寿命の生物で心や知能が進化しうるのか、という問題がある。 複雑な神経系は、経験や学習を蓄積させるほど能力を発揮できるので、基本的に寿命が長いほど価値を持つ。 一方で、脳が大食いの器官と評されるように、神経は「維持費」が多くかかる。 2年という短い期間では、複雑な神経系は、メリットよりもコストの方が大きくなってしまうように思われる。 それにもかかわらず、なぜこれほどの高度な神経が進化したのか。 この点について考察されている。 最後の章「オクトポリス」では、頭足類の心について、より詳細に触れられている。 タコとイカは頭足類に分類される近縁の動物だが、それぞれの高い知能が独立に進化した可能性があるという。 また、頭足類にもエピソード様記憶という、ヒトと同様の記憶の能力があるという。 心は、進化の歴史の中で、二度どころかもっと多くの回数生まれた可能性があるのだ。 全く異なる起源をもち、異なる構造をしているにも関わらず、似た心や知能を持つに至ったのであれば、それは心にも収斂進化が起こっていると言ってもよいのではないか。 最後の訳者あとがきも素晴らしい。 本書の原題はOther Mindsだが、これがMind"s"と複数形になっていることの意味について書かれている。 タコという不思議な動物についてよく知ることができるだけでなく、タコを通して私たちヒトの心について考えることができる本。 面白かった。 進化や、私たちの心がどこから来るのか、ということについて興味のある人は楽しめるのではないかなと思います。 ・原題:Other Minds 原題はアザー・マインズである。 具体的にはタコやイカの頭足類のことであるが、本書では宇宙人も想定されている。 「頭足類を見ていると、心があると感じられる。 心が通じ合ったように思えることもある(p. 10)」と著者は述べる。 本書は、「生物の持つどういう原料から、どのようにして意識が生じるにいたったのか(p. 10)」とあるように、動物にも意識があることが前提され、その主観的経験が進化上どの時点で発生したのかを問題としている。 著者は自分の専門は哲学であると宣言し、本書が生物とその進化の本であると同時に、哲学の本でもあると述べているにもかかわらず、残念ながら本書は生物学の本に分類されている。 その点を日本語で『タコの心身問題』としたのは、よく考えられたタイトルだ。 ・心があると信じられる 私は別の人の意識を体験できない。 これを哲学では「他我問題」というそうだ。 ましてや動物の意識を体験することはできない。 だからタコやイカに限らず、動物はまるで意識を持っているかのように動くとしか思えない。 しかし、われわれは人に対して自分と同じ意識を持っていると信じている。 なぜだろうか。 著者は、ソ連の心理学者、レフ・ヴィゴツキーの内言を持ち出す。 内言とは、自らの内側を見つめてみれば、そこに常に内なる声の流れがあることに気づく(p. 168)、このことである。 それで思いついたのだが、自分の内なる言葉と同じ言葉を発する彼は、きっと私と同じ意識を持っているのだと信じることができるだろう。 「2001年宇宙の旅」のHAL9000のように。 ・色を変える 頭足類は周りの環境に合わせて、自分の体の色を変えることができる。 皮膚が多層構造になっていて、色を発する物質が収められた色素胞が何百万とあり、これを脳が直接コントロールしている(p. 134)。 人間は血流の増減で顔色を変えるが、その変化は感情を表現することがある。 同じように彼らも体の色でコミュニケーションできるのではないかと考えたが、残念なことに彼らは外からの色を識別できるかどうか不明で、その可能性があるに留まっているそうだ(p. 150)。 いろいろと想像を掻き立てる、生物学と哲学が高いレベルで一体となった、読み応えのある一冊である。 イカやタコなどの頭足類の知性、特に「主観的経験」について主に進化論の観点から論じたもの。 これは「意識」とは違うと言っているので、副題にあるような「意識の起源を探る」というのは、正確に内容を反映しているとは言えないだろう。 なお、著者は哲学者であって生物学者ではない。 記述は多くが頭足類の生態で、肝心の哲学的考察についてはあまり掘り下がっておらず、同じ内容の繰り返しも多い。 頭足類が多数の神経細胞を持っているというのはそれ自体興味深い事実である。 しかし、頭足類がどのような知性を持っているかについては、ほとんど生物学者の論文に依拠しているうえ、それに基づいた哲学的考察があるかというと、核心に触れるのをあえて避けているかのような、奇妙な論述だと思える。 あまり理論的な記述がない。 エッセイだと思って読めば楽しめるかもしれないが、それなら3000円は確かに割高である。

次の

やっぱりエイリアン? タコは脳を介さず「8本の足」で意思決定していた

タコ 心臓 位置

タコの脳の数は? タコは大変高い知能を持っていることが知られています。 その理由として、タコは、体の大きさから考えると、非常に大きな脳を持っているため、無脊椎動物の中では、一番知能が高いとさえ言われています。 そんな高い知能を有しているタコですが、タコの脳は全部で9つあるのをご存知でしょうか。 タコには足が8本ありますが、この8本ある足のすべてに神経細胞の塊があり、それらが頭部の脳と連動しています。 そのため、全体的な支持を司る脳が一つと、各脚、一本一本を動かすための脳があるのです。 このため、通常ではできないような複雑な動きが可能となっています。 その知能の高さと、複雑な動きができることを証明した実験として、エサの入った瓶をタコに与えると、自分で瓶のふたを回して開け、中のエサを取ることができるという実験があります。 その他にも、学習能力の高さでは、ハトやネズミを上回るという実験結果も報告されています。 いかがでしたでしょうか?このように、タコの知能は驚くべき高さを誇っています。 <スポンサーリンク>.

次の

ただものではない海洋生物『タコ』が持つ特殊能力4選 まさに忍者!

タコ 心臓 位置

形態 [ ] やがよく発達していて、たいていの種類はに行動する。 からの噴水との収縮・ひれを使って前後に自在に泳ぐ。 10本の腕は筋肉質でしなやかに伸縮し、腕の内側にはの吸盤が並んでいる。 吸盤にはのような歯の付いた角質の環がみられ、筋肉の収縮を利用するタコの吸盤とは構造が異なる。 実際の腕は8本で、残りの腕2本は吸盤が先端に集中する「(しょくわん)」とよばれる構造である。 この触腕を伸縮させてやを捕食するが、釣りの時に触腕をちぎって逃げることや、テカギイカの仲間では成長に伴い触腕を欠くことから、必ずしも必要というわけではないようである。 ・・では触腕は第3腕と第4腕との間にある「ポケット」に収めることができ、普段は8本脚に見える。 (・)では長さを縮めることはできるが完全に収めることはできない。 タコの仲間との違いは腕の数(イカは8本の腕に加え、1対の触腕をもつ)のほか、ミミ(ヒレ)を持つことであるが、これらには例外もある(腕が8本のタコイカやミミのあるなど)。 体内にはを持つが、種によって組成や形状が大きく異なる。 閉眼目・開眼目では有機質の薄膜で、軟甲(gladius、)と呼ばれる。 コウイカ科では石灰質の舟形で、 cuttlebone, sepion と呼ばれる。 トグロコウイカでは、のように巻貝状で内部に規則正しく隔壁が存在し、細かくガスの詰まった部屋に分けられている。 皮膚には色素がたくさん並んでおり、精神状態や周囲の環境によって体色を自在に変化させる。 調理に際して、両目の間にある神経系の基部を刺してしめると、ただちに体色が白濁する。 イカは本来のの他に、2つの鰓(えら)心臓を持っている。 鰓心臓はに血液を急送する働きを担っている。 イカの血は銅タンパク質であるを含むために青色である(ほとんどの脊椎動物血液中に含まれる鉄タンパク質のは赤色)。 特になど一部の深海イカは、浮力を得るために、を体内に保有している。 体の大きさに対してのの割合が大きいことから、行動の多くは視覚による情報に頼っていると思われる。 イカやタコの眼球は外見上脊椎動物の眼球とよく似ているが、まったく異なる発生過程を経て生まれた器官であり、内部構造に明確な違いがある()。 研究によると同じタンパク質とによって並行に獲得された器官である。 脊椎動物と違い視神経が網膜の背面側を通っており、視認の邪魔にならない。 そのため視力に優れ、が存在しない。 嗅覚や味覚に関する研究はほとんどない。 敵に襲われた時など、漏斗から水を勢いよく噴出し、ジェット噴射の要領で空中に飛び出し、腕とヒレを広げた状態で滑空する種もいる。 学術的には、「頭足綱」の名のとおり頭部に足を持つと解釈されているため、イカを縦長に表示する際には足がある方を上に配置する。 生態 [ ] 全世界の浅い海から深海まで、あらゆる海に分布する。 域に生息する種類は確認されていない。 体長は2 cm程度から20 mに達するものまで、種類によって差がある。 イカは小魚や甲殻類を主食とする。 イカは自身の体の大きさに比べてかなり大きい獲物を襲う。 アオリイカの幼体は自身より大きなを襲うことが知られている。 はエビやカニ、小魚を好んで食べる。 がを捕食する際は丸ごと捕食しているのが見られるのに対し、を捕食する際は、触腕で捕らえ、腕で抱え込み、上顎及び下顎で頭部を落とし、胴体のみを食べるように持ち変える様子が確認されており、底生の魚類はこの棄てられた頭部を多く食べている。 しかしスルメイカは小魚よりやなどの甲殻類を好んで食べる。 イカ類は海の蛋白源として重要な位置を占めている。 天敵はや、などの大型魚類・や、やなどの・やなどの海獣・や、などの類を含む海生哺乳類である。 によるミズウオの胃内容物の調査では、150尾のミズウオから10科27種のイカが確認された。 また、マッコウクジラは14科50種のイカを食べているとされ、あるマッコウクジラの胃内容物の調査では、軟体部が残っている830個体中、600個体9科15種が同定されたが、このうちが最多で、次いで、の順に個体数が多かった。 マッコウクジラの食料として、(北太平洋)や(大西洋)が圧倒的に多くみられるが、これは各海域の大型イカ類の多寡を反映していると考えられている。 の60頭の胃の内容物の96. オットセイでは、や、等を捕食することが知られている。 また、もイカ類を捕食しており、捕食するものとしては、、、、、、、、、、、、などの多くの種類が知られている。 陸生のやでさえ、偶然浜に打ちあがったイカを食べることが観察されている。 敵から逃げるときは頭と胴の間から海水を吸い込みから一気に吹きだすことで高速移動する。 さらに体内の(墨汁嚢)に墨を蓄えており敵が現れるとを吐き出して敵の目をくらませる。 と比較すると、タコの墨はイカの墨より脂質が少なくさらさらしており、これをのようにして外敵の視界をさえぎることを目的とする。 イカの場合は墨の粘度が高くタコの墨のように拡散せず塊のようになる。 イカの墨が紡錘形にまとまるのは自分の体と似た形のものを出し、敵がそちらに気を取られているうちに逃げるためと考えられている。 分類 [ ] 十腕形類(イカ) コウイカ目 コウイカ目 ツツイカ目 十腕形類(イカ)は八腕類(タコ)と近縁だが、の関係にはなく、イカの姉妹群はコウモリダコだとする説が有力である。 十腕形類は伝統的には、触腕を収納できる Sepioidea, Sepioida と、収納できない Teuthoidea, Teuthoida の2目に分けられ、ツツイカ目はがある閉眼亜目 Myopsina と験膜がない開眼亜目 Oegopsina に分けられてきた。 しかし 近年 [ ]は目を細分する傾向にあり、細かく分けた場合は、ツツイカ目は閉眼目・開眼目に、コウイカ目はコウイカ目・ダンゴイカ目・トグロコウイカ目に分割され、5目となる。 ツツイカ目は分割せず4目とする分類、コウイカ目からダンゴイカ目のみを分離し3目とする分類もある。 これらの目のうち開眼目に、科・属・種の大半が含まれる。 近年 [ ]の によると、伝統的な2目はいずれも単系統ではない。 細かく分けた5目間の系統関係は解析法により異なる結果が出ており、ダンゴイカ目・コウイカ目・閉眼目・トグロコウイカ目がこの順に分岐したか、あるいは、開眼目が最初に分岐し残りが単系統をなす。 ただし、狭義のコウイカ目も単系統ではない可能性がある。 コウイカの仲間 コウイカ目 [ ] : Cuttlefish• ハナイカ属 - ・• コウイカ属 - ・()・・• シリヤケイカ属 -• ミミイカダマシ属 -• 科 ダンゴイカ目 [ ] 広義にはコウイカ目に含める。 ヒカリダンゴイカ亜科• Iridioterthis• ボウズイカ亜科• ボウズイカ属 -• ダンゴイカ亜科• ダンゴイカ属 - ・ トグロコウイカ目 [ ] 広義にはコウイカ目に含める。 トグロコウイカ属 - ( Ram's Horn Squid) 閉眼目 [ ] ヤリイカ目とも。 ツツイカ目内の亜目(あるいは下目)とすることも。 : close-eyed squid• (ジンドウイカ科)• ヤリイカ属 -• ジンドウイカ属 Loliolus - (ヒイカ)• フクロジンドウイカ属 Lolliguncula• ピックフォードイカ属• アオリイカ属 -• Uroteuthis 開眼目 [ ] スルメイカ目とも。 ツツイカ目内の亜目(あるいは下目)とすることも。 : open-eyed squid• シチクイカ属• Chiropsis• ユウレイイカ属• ヒレギレイカ属• サメハダホウズキイカ亜科• サメハダホウズキイカ属• トウガタホウズキイカ属• ホウズキイカ属• クジャクイカ亜科• メナガイカ属• スカシイカ属• ゴマフホウズキイカ属• ホホホウズキイカ属• ダイオウホウズキイカ属 -• ナミダホウズキイカ属• クジャクイカ属• サヤボソイカ属• トガリウチワイカ属• ウチワイカ属• ナンヨウホタルイカ属• ニセホタルイカ属• ホタルイカモドキ属• ホタルイカ属 -• ドスイカ属• ニセテカギイカ属 Eogonatus• タコイカ属 Gonatopsis• テカギイカ属• ムチイカ属• Alluroteuthis• Neoteuthis• Nototeuthis• ヤツデイカ属 Octopteuthis• ヒロビレイカ属• マツイカ亜科 Illicinae• マツイカ属 Illex• アカイカ亜科 Ommastrtrephinae• アメリカオオアカイカ属• スジイカ属 Eucleoteuthis• シラホシイカ属 Hyaloteuthis• アカイカ属 Ommastrtrephes• ヤセトビイカ属 Ornithoteuthis• トビイカ属 Sthenoteuthis• スルメイカ亜科 Todarodinae• ニセスルメイカ属 Martialia• ニュージーランドスルメイカ属• スルメイカ属 Todarodes -• ニセマツイカ属 Todaropsis• ホソツメイカ属• ニュウドウイカ属• ホンツメイカ属• ヤワライカ属• Tetronychoteuthis• マダマイカ属 -• 利用 [ ] 科学 [ ]• - 巨大軸索と呼ばれる普通の生物に比べて極端に太く扱いやすい神経があり、これを利用して神経細胞やの仕組みや薬理作用の解明が進んだ。 なおこの実験で用いられたのはであった。 ヤリイカはに「人工飼育が不可能な唯一の動物」とさえ呼ばれるほど飼育が難しい生物であったが、がその飼育に成功した。 ローレンツは実際に水槽で生きたヤリイカを見るまで、そのことが信じられなかったという。 - 平衡石という平衡感覚をつかさどる組織を持つ。 平衡石には特定の周期で樹木の年輪と同じ様な環状の模様が形成される。 これを使い、イカの年齢や生育環境を知ることができる。 放射性物質 - 肝臓には、 108mAg 或いは 60Co が蓄積されやすく、海洋の放射性物質による汚染の状況を知ることが出来る。 中央水産研究所では、蓄積量を継続的に調査している。 また、 108mAg の蓄積には、分子量70kDaの蛋白質が関与している。 工業 [ ]• - 1980年代に函館にあった日本化学飼料がイカの肝を原料としたダーク油からコレステリック液晶を製造販売していた。 また、この液晶をアクセサリーとして販売していた会社も存在する。 液晶ディスプレイにイカが使われているという話には2つの系統があり、一つは、コレステリック液晶を使ったカラーテレビという、まったく実現されなかった話で、もう一つは、TN型液晶ディスプレイにイカ由来の原料が使われているという話である。 後者に関しては、TN型液晶ディスプレイでコレステロール誘導体が使用されていたのは事実であるが、イカ由来のコレステロール誘導体の使用は確認されていない。 また、イカ墨が天然の液晶物質であるという話も流布しているが、これも事実ではない。 (甲骨)はとして利用される。 - 墨がやに使われる。 食材 [ ] イカ、生 100 gあたりの栄養価 385 kJ 92 kcal• 出典: (英語) 食用になる種類が多く、日本ではやクチバシを除くほぼ全身が食される(クチバシも周囲の肉は「」と呼ばれて珍味とされる)。 料理・加工法も、焼き、揚げ、カレーやパスタの具を含めた煮物・炒め物、、など多彩である。 のとしても好まれる。 は、お祭り・の屋台の定番となっている他、・などが収穫量の多い地域の特産品となっている。 では、古くから保存食として用いられていた塩いか(茹でたイカの腹に、ゲソと共に粗塩を詰めたもの)が、現在でも食べられていて学校給食でも供される。 干したイカは取り用として東アジア・東南アジア全域で好まれる。 しかし、中にはのように食用には適さない種も存在する。 日本は世界第一のイカ消費国であり、その消費量は世界の年間漁獲量のほぼ2分の1(2004年現在 約68万トン)とも言われている。 また、イカの一種であるは、日本で最も多く消費される魚介類である。 他になどが多い東地中海地方では、のためイカ料理がよく食される。 スペインやイタリアなど地中海の国でも常食される。 逆にでは鱗がない海生動物はでないためイカを食べることは禁じられ、欧米諸国でもと同様不吉な生き物とされ、イカを食べない地域は多い。 栄養的には、・ほかアミノ酸が多く独特のうまみを感じさせる。 他にも・・などの有用な栄養分も豊富である。 イカは消化しにくく、胃もたれの原因と思われがちだが、は魚類と大差ない。 アニサキス [ ] イカは寄生虫の宿主である。 食材として用いる際は、加熱または-20度以下の環境で24時間以上するのが望ましい。 生食する場合は、目視で確認し、かつ刃物で切れ目を入れて提供する。 醤油、酢、わさびでは死滅しない。 内臓は生食してはならない。 日本における主な料理法 [ ]• (から「当たり目」とも)• (焼きイカ・イカの姿焼き・)• (イカの活造り・イカ刺し・)• (イカリング)• (カラス・トンビ)• イカ墨汁(シロカ汁)• イカゴロ(内臓)の• さきいか 他、の類など様々な揚げ物の具として使用される。 イカゴロ [ ] はイカゴロと呼ばれ、イカ塩辛の特徴的な味を構成する。 として食べられることもある。 加熱するとの中腸腺であるのような味となる。 しかしイカ加工時の発生量に対して需要は少なく、廃棄物として処理されるものが多い。 他の生物の中腸腺と同様にの含有濃度が比較的高く、通常食する量では健康に影響はないが、廃棄物として大量に処理したり、として家畜類の主食に用いる場合は問題となる。 観賞用 [ ] イカは魚類などより飼育が難しいため、一般的な趣味とはなりえていないが、一部の水族館では展示が行われている。 のがある富山県では、ホタルイカ漁が観光資源として生かされている。 漁期には、青白く光るホタルイカが漁獲される様子を間近に見られる他、の博物館「ほたるいかミュージアム」やで捕獲個体が展示される。 また安価なことから水族館で他の魚やの餌として広く用いられる。 漁業・水産 [ ] イカ漁船 漁法としては、イカ釣り漁船によるものがあり、によって集まった(一般的にはイカは光を求めて集まる習性があるとされるが、本来夜行性であるため、むしろ集魚灯の強い光を避けて船の陰に集まっているだけという説もある。 )イカを自動イカ釣り機 で釣り上げる。 日本におけるシーズンはイカの種類により異なる。 日本の陸揚げ漁港 [ ] 2002年度 第1位 第2位 第3位 第4位 第5位 北海道 文化 [ ] 語源など [ ] 「いか」の語源については、いかめしい形に由来するとの説などがあるが、はっきりとしていない。 漢字「烏賊」の由来は、海に飛び込んでイカを食べようとしたをイカの方が巻きついて食べてしまったとの故事に由来するとの説や黒い墨を吐き出すことから黒を意味する「烏」の賊という字があてられたとの説など諸説がある。 イカのは状態によって異なる。 生きている時はだが、水揚げされると、干すとである。 水揚げ漁港におけるイカ食振興 [ ]• ではスルメイカを市の魚に指定 している。 イカを捩った名称の北海道初の「()」を発売しているほか、架空キャラクター「」を使った観光客誘致を図っている。 では「」が踊られる。 は遠洋漁業を含めたイカの水揚げ量が日本一で、「イカの街はちのへ」を宣言している。 イカの足の数から毎月10日を「イカの日」、市名をかけて8月10日を「八戸イカの日」としている。 の観光協会では2007年から2014年まで、イカの生態・産業をはじめとした食に関する問題や自然・歴史・文化等について「唐津・呼子イカ検定」を実施していた。 合格者は呼子朝市通りにあるモニュメントに名前が掲示されて栄誉が称えられた。 慣用句・比喩 [ ]• イカを決める - ので、勝負事やに勝ったまま勝ち逃げすることを意味する。 イカがスミを吐いて姿をくらますことにするである。 大相撲の世界には、このようなシャレ言葉が多く、「」などの隠語もある。 に「そうはいかの金玉」というフレーズがある(は「そうはいかないいかのきんた…」と言う)。 関西や新潟県の一部などではを「イカ」と呼ぶ方言がある。 一部ネット上では、腹筋が弱くての状態になっている幼児のお腹のことを、凹凸の無い体型と相まった身体のシルエットがイカの外套膜を想起させる事から、胃下垂( いかすい)とイカをかけて、「イカ腹」と呼ばれている。 脚注 [ ] []• 海の自然史研究所. 2019年10月18日閲覧。 マイナビニュース. 2013年2月7日. 2013年2月7日閲覧。 193-195• 15-21• 仲谷 2011, pp. 80-182• Strugnell, J. ; Nishiguchi, M. Mollus. Stud. 73 4 : 399—410, :• 中央水産研究所 中央水産研究所主要成果集 第5号(平成19年 9月発行)ISSN : 1881-5944• 2015年9月26日. 毎日新聞(2017年5月8日)2017年5月9日閲覧• 厚生労働省. 2016年6月10日閲覧。 【参考】 (全国いか加工業協同組合HPより)• 【参考】(水産大百科より)• フリーランス雑学ライダーズ編『あて字のおもしろ雑学』 p. 48 1988年• フリーランス雑学ライダーズ編『あて字のおもしろ雑学』 pp. 47—48 1988年 永岡書店• 佐賀新聞(2014年2月20日) 参考文献 [ ]• 『イカはしゃべるし、空も飛ぶ』〈講談社ブルーバックス〉、2009年、183-195頁。 原著、監修『イカ4億年の生存戦略 Squid Empire: The Rise and Fall of the Cephalopods 』訳、X-Knowledge、2018年7月2日、100-102頁。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (原色世界イカ類図鑑がある)• (唐津観光協会).

次の