カナディアンウイスキー。 【楽天市場】【正規品】アルバータ プレミアム カナディアン ライ ウイスキー カナディアン ウイスキー アルバータ蒸留所 700ml 40% ハードリカーALBERTA PREMIUM CANADIAN RYE WHISKY CANADIAN WHISKY 700ml 40%【wineuki_ALB】:うきうきワインの玉手箱

カナディアンウイスキーって?歴史や特徴・種類と楽しみ方を紹介

カナディアンウイスキー

カナディアンウイスキーとはどんな酒か カナディアンウイスキーは、5大ウイスキーのなかでも、軽快な味わいが特徴。 ライ麦が主原料のフレーバリーウイスキーに、トウモロコシが主原料の雑味のないマイルドに仕上げたベースウイスキーを合わせます。 穀物由来のライトでマイルドな風味は初心者にも飲みやすいウイスキーのひとつです。 カナダのウイスキー造りは1776年アメリカが独立宣言をした時期に、独立を嫌った一部のイギリス系住民が五大湖周辺に移住し、穀物栽培をしたのがきっかけでした。 その後、アメリカの禁酒法時代にカナダは酒の輸出を禁止せず生産を拡大、アメリカ市場に広く浸透していきました。 カナディアンウイスキーのライトな味わいは、カクテルにも欠かせないウイスキーとなっています。 カナディアンウイスキーの定義 カナディアンウイスキーにも、ほかのウイスキーと同様、法的定義があります。 1・穀物を原料に、麦芽などの糖化、酵母などで発酵し、蒸留したもの。 2・700リットル以下の木樽で3年以上熟成させること。 3・アルコール度数40%以上で瓶詰めすること。 4・カラメルまたはフレーバリングの添加をしてもよい。 フレーバリングとは、香味を付与するために添加が許されているカナディアンウイスキー以外のスピリッツやワインのことです。 カナディアンウイスキーは、フレーバリングウイスキーとベースウイスキーをあわせたカナディアンブレンデッドウイスキーがほとんど。 スピリッツやワイン以外に、酒精強化ワインやバーボン、フルーツブランデーなどが添加されることもあります。 カナディアンウイスキーの代表格といえば、「カナディアンクラブ」。 バニラのような甘い香りと柑橘系の香りが特徴。 味は、甘味とともに爽快感もあります。 ロックもいいけれど、初心者にはソーダ割りが飲みやすい。 甘味のあるソーダで割るのもおいしいですよ。 その他「クラウンローヤル」「アルバータ」「ブラック・ヴェルベット」「マックギネス」などが有名です。 com カナディアンウイスキーの映画のような逸話 アメリカの禁酒法時代、カナディアンウイスキーは「トラック1台分でシカゴ郊外に16軒家が買える」といわれるほど、引く手あまたな存在でした。 当時、誕生したのがハイラム・ウォーカー社の「ゲートボトル」。 ハイラム・ウォーカー社の門をデザインした扁平形のボトルでした。 この形は、シカゴのマフィヤの大ボス、アル・カポネが「山道を車で運んでも割れないボトルを!」と発注したものだそうです。 ハイラム・ウォーカー社には、このほか密輸の受け渡しなどが書かれた暗号電報や密輸に使われた秘密の地下トンネルの入り口など、当時の繁盛ぶりがわかる貴重な資料が残されているそうです。 禁酒法時代のカナディアンウイスキーの味は、夢のような味に感じされたことでしょう。

次の

カナディアンウイスキーって?歴史や特徴・種類と楽しみ方を紹介

カナディアンウイスキー

もくじ• カナディアンウイスキーとは? 世界5大ウイスキーのひとつに数えられるカナダで造られたウイスキーのことです。 すべての地域のウイスキーがそうですが、「カナディアンウイスキー」と呼ぶには法律で条件が定められています。 カナディアンウイスキーの場合は• 原料がトウモロコシやライ麦などの穀物であること• カナダ国内で蒸留されていること• 麦芽の持つデンプン分解酵素によって糖化した後に酵母で発酵させること• 熟成は180リットル以下の樽で3年以上カナダで行うこと が条件とされています。 それでは「カナディアンウイスキー」とはどういうウイスキーかというと・・・ カナディアンウイスキーの特徴 スコッチやジャパニーズウイスキー、バーボンを飲み慣れている人にとっては、正直なところ「薄い!香りがない!特徴がない!」といったところでしょう。 アイリッシュもそうですが、アイリッシュよりも薄くて味に特徴がありません。 カナディアンウイスキーはだいたい、 ソーダやジンジャーエール、セブンアップで割って飲むというのがポピュラーな飲み方と言われています。 カクテルベースに使うにはちょうどいいかな、くらいの感じです。 しかし!アイリッシュ同様、カナディアンもハンドクラフトでいろんな試みをするマイスターが出てきているようですので今後を見守っていきましょう。 カナディアンウイスキーには種類が2種類あって、通常はその2種類をブレンドしたものが多いのですが、その説明を致しましょう。 カナディアンウイスキーの種類 カナディアンウイスキーには• フレーバリングウイスキー• ベースウイスキー という2種類のウイスキーがあります。 ベースウイスキーというのは、トウモロコシを原料とした蒸留酒のことで、個性をあまり持たないウイスキーなので、単体で使われることはほとんどなく、フレーバリングウイスキーとブレンドして使われます。 この2種類のウイスキーを別々に造って3年以上熟成させ、ボトリングする時にブレンドするという製法が一般的です。 ということは、 「ライウイスキー」と「ブレンデッドウイスキー」が主流ということですね。 カナディアンウイスキーはカクテルベースに向いていると先ほど述べましたが、それは個性が強くないので他の素材のじゃまをしないからです。 それでは、カナディアンウイスキーを飲む時、その個性を引き出す方法が欲しいでしょう? そこで、こういうのもひとつの方法である、というご紹介です。 ハイボールもおすすめ! そう、みんな大好き、ハイボールですね。 炭酸の蒸発と共に香りが立ち上るので、そのまま飲むより香りが楽しめるというわけです。 ただ、味は余計に薄まってしまうこともあるので、銘柄は選ばなければいけません。 ハイボールにすると味がなくなってしまうようなら避けた方が良し、中には加水で味が変わらないものもありますので、いろいろ楽しんでみると良いのではないでしょうか。 味が薄まってしまうようなら、ソーダではなく、ジンジャーエールなどで割る方が良いでしょう。 それでは、カナディアンウイスキーのおすすめの銘柄のご紹介をしていきたいと思います。 カナディアンウイスキーおすすめ銘柄10選! カナディアンウイスキーは歴史の古いものから、新しいものまでいろいろあります。 その中から定番から個性的なものまで興味を引かれる銘柄を集めてみました。 それではまずはこれぞ、ド定番!という誰でも名前だけは知ってる!というこのボトルからご紹介致しましょう。 カナディアンクラブ - 2019年 4月月26日午前7時51分PDT 日本ではいちばん有名な銘柄といっていいでしょう。 一言に「カナディアンクラブ」といってもご紹介しきれないほどの種類があります。 とりあえず、現在手に入りやすいものだけのご紹介とさせていただきます。 私はカナディアンクラブのレギュラーボトルは12年ものだと思っていたのですが、今はノンエイジが出ているらしく、アルコール度数40度、700mlで1000円程度で手に入るようです。 軽く、華やかな味わいのライトタイプのボトルなので初心者の方にはいいかもしれません。 そして、写真にも映っていますが、「ブラックラベル」、こちらもアルコール度数40度、700mlで3700円前後です。 お値段が高いだけあって、8年熟成の豊かな香りとコクのあるなめらかなボトルになっているようです。 そして「クラシック12年」、750mlで1800円前後くらいだそうです。 芳醇な風味に、深い味わいが楽しめるボトルになっています。 それからこちらは少し希少なものでしょう、「20年」もあるようです。 長熟の年月を経たウイスキーの持つ柔和さ、コクに気品を感じられるボトルになっているようです。 - 2018年 1月月13日午前7時01分PST シーグラムVOはシーグラム社のメイン商品になっているボトルで1912年から販売されています。 アルコール度数40度、750mlで2000円前後で手に入るようです。 ボトルネックのリボンは同社が所有していたサラブレッドに騎乗するジョッキーのレース騎乗時の服の色だそうです。 現在、VOの原酒はカナダの国内の6つの工場でコーンとライ麦を原料として造られています。 その原酒を熟成したものをブレンダーたちがブレンドしてVOとなります。 ライトでスムースな香味が特徴のウイスキーになっています。 - 2018年11月月22日午後10時39分PST 写真はレギュラー商品のアルバータプレミアムです。 アルコール度数40度、750mlで2000円前後で手に入るようです。 アルバータ州の良質なライ麦で造られた5年もののウイスキーでライ麦由来のコクを抑えたライトタイプのウイスキーに仕上がっています。 他にも、「アルバータライ・ダークバッチ」という商品もあり、こちらはバーボンとシェリー酒が加えられていて、芳醇な香味とドライフルーツやバニラの甘みのある味わいが特徴になっています。 アルコール度数は45度、750mlで3000円前後で手に入るようです。 「アルバータ・スプリングス」は10年熟成の高級品で、チャコールフィルター処理で原酒をマイルドにした上にさらに長期熟成によって、ライウイスキーのコクをさわやかな丸みのある味わいにしたソフトなウイスキーに仕上がっています。 アルコール度数は40度、750mlで2,000円台で手に入るようです。 - 2018年 1月月28日午前3時07分PST コリンウッドはホワイトオーク樽で熟成させた後、樽の内側を赤外線で焙った「メープルウッド」でトウモロコシとライ麦で作った原酒を後熟させるという製法で造られためずらしいウイスキー。 アルコール度数40度、750mlで3000円前後で手に入るようです。 メープルシロップのような優しく甘い香味が特徴のウイスキー。 最近、 カナダではメープルウッドで熟成させたウイスキーを造るメーカーが増えてきていますが 、コリンウッドがその筆頭なのです。 ボトルも普通のボトルもあるのですが、今回の写真は分かりにくいかなぁ。 この写真しか見当たらなくて・・・男性用の香水の瓶のような形をしているんですよ。 今までと違う製法を考えだした上に、ボトルの形まで今までなかったものを考え出してしまうそのアイデアはこれからのカナディアンウイスキーを変えていく素質をものすごく感じます。 実際にアメリカの市場でマーケットを拡大中の話題作になっています。 次もちょっとおもしろいアイデアで人気のウイスキーですよ! レゼルヴ・デ・MFM - 2018年 2月月10日午前4時35分PST どうですか!珍しいでしょう!レゼルヴ・デ・MFMは初めからスキットルに入っているのです。 中身はグレーンとモルトのブレンデッドだし、メキシコで詰め替えられているのでメキシコ産と思ってしまうのですが、中身はれっきとしたカナディアンウイスキーなのです。 アルコール度数40度、200mlで2000円前後です。 実はこのウイスキー、1750mlで6000円前後でも売っていて、ちゃんとスキットル型の容器に入っています。 ・・・ポケットに入らんやろ! 味はすっきりライトなカナディアンウイスキーらしい味わいです。 飲み終わった後、ちゃんとスキットルとして使えるので、それを目当てに買う人が多いようです。 余談ですが、このシリーズ、ウォッカとテキーラのバージョンもあってそれぞれ色が違うのですよー! コレクター心をくすぐりますねー。 原材料を見てもちゃんとモルト、グレーン、香料と書いてあります。 いる?ウイスキーに香料いる??? 普通はウイスキーの香りって樽で付けるじゃないですかー、シェリー樽使ったりバーボン樽使ったり。 でもこのウイスキーはそんなことしない、香りなんか香料でつけてしまえばいい!ある意味潔い。 アルコール度数40度、750mlで1000円前後で手に入るようです。 バターのような甘い香りがしてちょっとベトつきを感じるのですが、ほのかに苦味も感じます。 ストレートではちょっと飲みにくいですねー。 ロックでベトつきが消えて、ハイボールでかすかなスパイシーさとドライな味わいに変わります。 ハイボールがいいですね。 サゼラック社のウイスキーなのですが、日本ではイオンとやまやの合同出資によってコルドンヴェール社から輸入されています。 次は残念ながら終売してしまったウイスキー、高くなったけどまだ買えるようですよ。 キャプテンズテーブル - 2018年 4月月18日午前2時59分PDT キャプテンズテーブルは「船長のウイスキー」という異名のあるウイスキーです。 その謂れは航海中に船がどんなに揺れても倒れないというデザインから来ています。 確かに安定感のある形ですねー。 アルコール度数40度、750mlで8500円前後くらいでしょうか。 カナディアンウイスキーにしては厚みのある味で、樽香がしっかり感じられます。 メープルや穀物の甘さも感じますし、ピートは使っていないはずですが苦味や香ばしさがちょっとスコッチを感じさせるような、バーボンに近いような・・・ 値段は高めですがコレクションに加えてみたいボトルです。 次で最後、実はいちばんのおすすめだったりするリーズナブルなボトル。 フォーティークリークバレルセレクト - 2018年 4月月10日午前1時15分PDT フォーティークリーク蒸留所はもともとはワインを造っていたオーナーのジョン・ホール氏がウイスキーを造りたくてウォッカを造っていた工場を買い取ってウイスキー造りを始めた蒸留所です。 しかし、ウイスキーは熟成に長い年月がかかるため、しばらくはワイン造りをしながらウイスキーを造っていたそうです。 そして、やっと念願のウイスキー造りに専念できる時が来て、ワインをやめたそうです。 そうまでしてできたこのウイスキーは、バニラの甘さと樽の香り、シェリーのような香りもして、喉越しもすっきりしていてキレもいい! アルコール度数40度、750mlで1000円くらいで手に入ります。 リーズナブルなのに香りも甘さもあるこのウイスキーはリピーターも多いそうですよ。 さて、カナディアンウイスキーのおすすめ銘柄紹介はこれにて終了です。 まとめに入りましょうか。 まとめ さて、まとめです。 カナディアンウイスキーとは「原料が穀物であること、麦芽のデンプン分解酵素によって糖化した後に酵母で発酵させること、カナダ国内で蒸留、熟成させること、蒸留の際は180リットル以下の樽で3年以上熟成させること」の条件を満たしたウイスキーのことである。 カナディアンウイスキーは個性的な味わいや香りが少なく、ほんのりと甘い香りで飲みやすいのが特徴である。 カナディアンウイスキーには2種類の種類があり、フレーバリングウイスキーはライウイスキーとして単独でも使われるが、ベースウイスキーはトウモロコシを使用したブレンデッドウイスキーのための土台となるウイスキーなので単独では使わず、フレーバリングウイスキーとブレンドしてボトリングする。 カナディアンウイスキーはそのままでは味が薄く、香りも優しいので、ソーダやジンジャーエールなどと割って飲むと香りも立っておいしい。 薄くて味気ないウイスキーと言われていたカナディアンウイスキーも近年は優秀なマイスターの手によっておいしいウイスキーが造られている。 こんなところでしょうか。 アイリッシュウイスキーもそうですが、カナディアンウイスキーもアメリカの禁酒法の影響を強く受けて衰退した時期がありました。 アイリッシュウイスキーは輸入が禁じられて衰退、カナディアンウイスキーはアメリカと隣接していたために闇でアメリカのギャングと取引きをして大富豪になったカナダ人もいましたが、禁酒法がなくなってからはアメリカでのウイスキー造りも始まり、いつの間にか衰退していきました。 しかし、アイリッシュウイスキーもカナディアンウイスキーもまた、復活の時代が来ています。 「薄くてまずい」の思い込みを捨てていろんなウイスキーにチャレンジしていきましょう。 きっとお気に入りのボトルが見つかりますよ。 この記事でそのお手伝いができたなら幸いです。 それではみなさま、ごきげんよう!!.

次の

【楽天市場】【正規品】アルバータ プレミアム カナディアン ライ ウイスキー カナディアン ウイスキー アルバータ蒸留所 700ml 40% ハードリカーALBERTA PREMIUM CANADIAN RYE WHISKY CANADIAN WHISKY 700ml 40%【wineuki_ALB】:うきうきワインの玉手箱

カナディアンウイスキー

By Hammersbach at en. wikipedia Transferred from en. gnu. html or CC-BY-SA-3. もし、あなたが比較的多くの地域のウイスキーに手を出しているなら、軽めなウイスキーだという認識はあろう。 代表的な「カナディアンクラブ」という銘柄はかなりの知名度があるが、カナディアン全体を考えると、実はよく飲んだことがないという方が多いのが現実問題としてあるのではなかろうか。 今回は、そんなカナディアンウイスキーの 世界のウイスキー五大生産地として、日本、スコットランド、アメリカ、アイルランドと並んで数えられるているカナダ。 この地域のウイスキーは、島国日本ではあまり取り上げられないという不遇な面を持っているが、じっくりと向き合えば、きちんとした個性を持ち、他のウイスキーに負けない多様性が存在していることが分かる。 その個性とは、ストレートからハイボール、カクテルまで対応できるスムーズな飲み口と甘さ、そして、ライ麦由来のスパイシーなアクセントだ。 なぜ、そのような香味のウイスキーになっているかといえば、ベースウイスキーとフレーバリングウイスキーという二つのウイスキーをブレンドしているからである。 ベースウイスキーはトウモロコシ主体のクセのないウイスキーで、カナディアンの飲みやすさに寄与している。 それに対しフレーバリングウイスキーは、ライ麦、トウモロコシ、ライ麦麦芽、大麦麦芽などを原料に用いた、スパイシーでコクのあるウイスキー。 個性の違うスピリッツを別々に蒸溜し、これらを熟成後、ないし熟成前に混ぜ合わせることで香味のバランスを調整しているのである。 また、他の地域のウイスキーと異なる点として、香味液としてブランデーやワインを用いることができる。 その上、ウイスキーにシナモンやジンジャーなどのスパイスを加えたスパイスウイスキーなどもあり、ことフレーバーの多さで言えば、他の地域には存在しない個性を持った銘柄もあるのだ。 地域的な近さや後述する歴史から、極めてアメリカンに近い特徴を持ったウイスキーであると言える。 その飲みやすさを個性と捉えられるかは人によってまちまちであるが、アメリカンでなく、カナディアンを好む向きも一定数いるのである。 初心者にオススメなカナディアンウイスキーの主要銘柄 まずはカナディアンウイスキーを飲んだことのない方に向けた、手に入れやすい1000円台の2本のウイスキーからご紹介。 この価格帯で、ライ麦由来のスパイシーさはにわかに感じられる程度で、その分甘く飲みやすいものが揃っている印象がある。 カナディアンクラブ 白いラベルの不動のカリスマ。 日本でもカナディアンといえば必ずコレを思い浮かべるほど、象徴的なウイスキーだ。 明確なラベル表記はないが、6年以上熟成された原酒を用いているとされている。 メープルシロップのような甘い香りと味わいが、いかにもカナダらしい。 焦がした砂糖や、八角のような甘い香味も感じられる。 クッキーやビスケット、チョコレートなどの甘めのおつまみと合わせると、ロックやストレートでも飽きがこない。 カナディアンミスト 最近アサヒから発売された、ウイスキー。 香りも味もカナディアンらしい甘さがあり、スムーズ。 カナディアンクラブはメープルの雰囲気を持つが、こちらはナッティで、バニラ寄りの香味を感じる。 カナディアンクラブのような甘さの中に苦味が感じられる。 こちらも甘めのおつまみと合わせるのがオススメ。 個人的に、チョコでコーティングされたバニラアイスがカナディアンウイスキーの筆頭おつまみだと考えている。 これら二つのウイスキーを飲んだなら、次に飲んでもらいたいのは2000円台のカナディアンたちだ。 クラウンローヤル クラウンローヤルは、カナディアンクラブと並んで、日本で知名度のあるカナディアンウイスキーだ。 キャラメルやバニラの甘みがじっくりと口に広がっていき、舌触りもリッチで角がなく余韻も長い。 突出した個性を見るのではなく、ブレンデッドウイスキーとしての総合的なバランスの妙を味わうコンセプトだと言えるだろう。 アルバータプレミアム こちらもカナディアンミスト同様、最近発売されたカナディアンウイスキー。 通常いくつかの穀物のスピリッツをブレンドして作るカナディアンの中で、ベースウイスキーもフレーバリングウイスキーも100%ライ麦で作られたウイスキーがこちら。 味わいはバニラやブラウンシュガー。 苦さを残した甘みが広がる。 後味の、バニラとオレンジが続く中にタンニンも感じられる点がいい。 上記を飲みなれた中級者に向けての次なる一本をオススメするならこちらだ。 フォーティークリーク ダブルバレルリザーブ 日本未発売なので入手はかなり難しいが、このウイスキーを是非飲んでもらいたい。 カナディアンとしてのスムーズでクリーミー。 甘い個性を持ちながら、レモンピールやココナッツのニュアンスも感じられる。 余韻や奥行きも申し分なく、飲んで納得のいく一本である。 主にカナダやアメリカで販売されており、価格は60ドルほど。 カナディアンの隆盛、それはアメリカの禁酒法によって作られた。 カナディアンウイスキーの生産量の7割以上は、実はアメリカで消費されている。 アメリカでは、バーボンをはじめとしたアメリカンウイスキーがあるにもかかわらず、カナディアンウイスキーも多く消費されているのだ。 その陰には、アメリカの禁酒法の存在がある。 カナダのウイスキー生産の歴史は、18世紀ごろに始まったとされている。 初めは過剰生産された穀物を使ってウイスキーが作られていた。 この頃のカナディアンウイスキーは劣悪な品質だったと言われ、「one day whisky」などと呼ばれていた。 その名の通り、蒸溜後、数日で出荷をするというウイスキーで、ほとんどニュースピリッツ。 熟成されていない蒸溜酒である。 そんな状態が続いていたカナディアンウイスキーであったが、1920年にアメリカで禁酒法が施行されたことにより、その品質が向上していくこととなる。 禁酒法により、自国はおろかそれまで頻繁に輸入していたアイリッシュウイスキーも輸入不可となってしまったアメリカ。 しかし、隣国にあるカナダからは長い国境に面しているために密輸しやすく、多くのカナディアンウイスキーが非公式な形で流入した。 また、それまで劣悪であった品質の問題も改善され、アメリカの大衆に広く受け入れられていった。 およそ13年にわたる禁酒法が撤廃された後も、カナディアンウイスキーはアメリカの大衆に浸透していたため、今日までのアメリカでの地位を獲得したのである。 このような背景を持つため、カナディアンウイスキーは、アメリカでも支持されるような、アメリカンウイスキーに非常に似た味わいを特徴としているのである。 そのメインシェアは今もアメリカであり、残念ながら、なかなか日本に流れてくることが無い。 個人的には、近年発売されたアルバータに続く、プレミアムレンジのカナディアンウイスキーのバリエーションの増加を願うばかりである。 もしあなたがカナダやアメリカへ旅行した際には、バーボンもさることながら、カナディアンウイスキーを頼んでみてはいかがだろう。 そして捨て置けぬボトルがあったならば、是非ともHIDEOUTCLUBアプリに投稿してもらいたい。

次の