ペトラ ツアー。 【イスラエル一人旅】6日目前編 日帰りヨルダンツアー【9】

ペトラの観光・見どころ徹底ガイド|海外旅行・海外ツアー情報のエイビーロード

ペトラ ツアー

お客様がお使いのブラウザは、JavaScriptの設定が無効になっております。 そのため、トラベルコの機能で一部正しく表示されない、動作しないなどの現象が発生しております。 以下の方法でブラウザの設定をご確認のうえ、JavaScriptが無効になっていた場合は有効にしてください。 JavaScriptの設定方法 Internet Explorerの場合• Internet Explorerのメニューバーにある「ツール」から「インターネットオプション」を選択。 「インターネットオプション」画面の「セキュリティ」タブを選択。 「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリック。 「セキュリティの設定」画面の「スクリプト」項目の「Javaアプレットのスクリプト」を「有効にする」にチェックをする。 「スクリプト」項目の「アクティブスクリプト」を「有効にする」にチェックする。 「スクリプト」項目の「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を「有効にする」にチェックして「OK」ボタンを押す。 Firefoxの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Chromeの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Safariの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 更新日:2020年7月14日 トラベルコのWebサイト及びアプリは、以下を閲覧推奨環境としております。 閲覧推奨環境以外をご利用の場合には正常な動作を保証いたしかねます。 恐れ入りますが、以下いずれかの環境でサイトをご利用くださいますようお願いいたします。 上記以外のブラウザ(Opera等)は、一部サービスで正常に表示されない場合があります。

次の

ペトラ

ペトラ ツアー

概要 [ ] ペトラのある地は、自然の要塞であった。 また西に、北に、にも近く、中東での人や物の行き交う要衝の地でもあった。 (Nabataeans)の首都、砂漠を移動していたキャラバン隊の中継基地であったと伝えられてきた。 立地条件の良さのため、紀元前1世紀ごろから、古代ナバテア人の有力都市として栄えた。 ペトラの特徴として、スパイス交易の拠点機能と治水システムがあげられる。 完全な岩礁地帯であるので、農業には不向きであった。 また雨が降ると、鉄砲水となって渓谷内を通過していった。 ナバテア人は、ダムを作って鉄砲水を防ぎ、さらにを通してを作り上げたことが分かっている。 歴史 [ ] 紀元前1200年頃から、たちがペトラ付近に居住していたと考えられている。 エドム人たちの詳細は不明である。 (旧約聖書の創世記第36章からの文書データによると、アブラハムの孫・エサウ系の子孫と、その地のセイル(セラ) 山地に先住していたホリビとセイルの子孫らとの一部混淆による人たちであろうと推定されうる。 ) 紀元前1世紀ごろから、エドム人達を南へ追いやったナバテア人達が居住しはじめる。 ナバテア人はアラビア付近の貿易を独占。 それにともないペトラも古代ナバテア人の有力都市として栄えた。 紀元前64年から紀元前63年ごろ、ナバテア人はローマの将軍、により、その支配下におかれる。 ローマは、ナバテアの自治は認めたものの、税を課した。 また砂漠から進入してくる異民族の緩衝地帯とした。 また、ローマ風の建築物の造営がこのころ始まった。 紀元後1世紀の初期には、ナバテア王であったアレタス は隣接するペレアの領主と仲が悪く何度も争い事があり、一度は小康状態になりアレタスの娘がヘロデの元に嫁いだものの、後日ヘロデが兄弟の妻(姪でもある)を夫と別れさせ新しい妻にしようとしたため、アレタスの娘は逃げだして実家に帰り、間もなくヘロデとアレタスの間に戦が起き、ヘロデ軍内の内部分裂もあってアレタスが勝利したものの、宗主国であるローマ帝国が割って入り、戦を仕掛けたアレタスに問題があるとしてとらえ次第処刑の命令を下した。 紀元後105年に、が反乱を起こしたペトラを降伏させ 、には、ペトラとナバテア人はローマのとして完全に組込まれる。 、 ()が発生した。 多くの建物が崩壊し、水路網が破壊されるなどの被害が生じた。 、によってこの地域が征服され、ペトラが主要通商路から外れると、ペトラは次第に衰退していった。 、 ()が発生した。 この地震によって大きな被害が生じると、ついにナバテア人はペトラを放棄した。 、スイス人の探検家、ヨハン・が、12世紀の以降、最初にヨーロッパへ紹介した。 発掘調査 [ ] ルートヴィヒ・ブルクハルトによる紹介以降、20世紀の頭から発掘調査が行われ始めた。 2014年現在でも続いている。 主な史跡 [ ] エド・ディル(修道院の意) 古代のペトラにおいては、アーロン山(Jabal Haroun, : Aaron's Mountain)周辺に通じる行路を南から、ペトラの平野を横切るか、あるいは高地から北に進入していたとも考えられるが、現代の訪問者のほとんどは東より遺跡に入場する。 荘重な東側の入口は、暗く狭い(, : the shaft)と呼ばれる峡谷(所により幅わずか3-4m)を抜けて通じており、それは砂岩の岩盤の深い亀裂より形成された自然の地質特性であり、 に流れる水路の役目もある。 狭い峡谷の終わる先に、砂岩の断崖に刻まれたペトラの最も精緻な遺跡である(一般に「宝物殿」として知られる)が建っている。 エル・カズネは、1 世紀初頭に偉大なナバテア人の王の墳墓として造られたものとされ、切り立った岩の壁を削って造られた正面は、幅 30 m、高さ 43 mにおよぶ。 ホテル、ビジターセンター• ジン・ブロックス ()• オベリスクの墓 ()• エル・ムスリム・トンネル ()• Al-Madras• ファサードの道• ウナイシュの墓 ()• アーン(壺)の墓 ()• コリントの墓 ()• 宮殿の墓 ()• 北の壁• セクスティウス・フロレンティヌス墳墓 ()• Conway Tower• トゥルクマニヤの墓• 列柱通り ()• 翼を持ったライオンの神殿• 凱旋門 ()• カスル・アル・ビント ()• 博物館• 採石場 ()• Umm al-Biyarah (墳墓群)• Jabal al-Deir (山)• 犠牲祭壇• 南の壁• ドロセウスの家• Mughr an-Nasarah (墳墓群)• Al-M'aysrah (聖域)• ビクリニウム• ライオン・トリクリニウム ()• Isis (聖域)• Umm al-Biyarah (聖域)• ヘビのモニュメント• Jabal al-Nmayr (山)• 庭墓 ()• ワシの壁龕• Al-Wu'eira Fort• 大神殿 ()• エル・ハビス• ダム ()• ビザンティン教会 ()• Jabal al-Khubtha (山) ()• Wadi Siyagh ()• シルクの墓 ()• ローマ兵の墓 ()• トリクリニウム ()• ライオンのモニュメント () 登録基準 [ ] この世界遺産はのうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は公表のからの翻訳、引用である)。 1 人類の創造的才能を表現する傑作。 3 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。 4 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。 その他 [ ]• は『』のロケ地として、は『』のロケ地として使われた。 また、『』においても、実写部分のロケ地となっている。 2018年11月9日、が発生して観光客らと一時的に連絡が取れなくなる騒ぎがあった。 脚注 [ ].

次の

エイラットからペトラ遺跡へ日帰りツアーに参加する方法

ペトラ ツアー

基本情報 まずはペトラ遺跡の紹介。 ペトラ遺跡は中東・ヨルダンにある岩をくり抜いて造られた建物で、おそらくナバテア人の王の墓として1世紀ごろに造られたのでは?と言われています。 長らく存在が知られることはありませんでしたが、19世紀初頭にスイス人の探検家、 ルートヴィヒ・ブルクハルトにより紹介されると、発掘調査が進められるようになりました。 映画 『インディー・ジョーンズ』や 『トランスフォーマー』などでも使われた場所としても有名です。 また、一見すると岩と砂ばかりで雨なんて降らなそうなイメージですが、季節によっては大雨が降りシークを土石流が流れる、という場合もあります・・・ スポンサーリンク ツアーの流れ それでは僕が参加した、エルサレム発着の日帰りペトラ遺跡ツアーの流れを紹介します! 集合 集合は 朝4時。 エルサレムの旧市街近くにあるホテル 『デイビッド・シタデル・ホテル』が集合場所なので、徒歩で移動します。 深夜の徒歩移動だったので「危険じゃないかな・・・」と心配していましたが、裏通りでも意外と人が多くて安全な雰囲気。 徒歩15分ほどで到着しました。 ホテルの前まで行くと既に数人が待機。 日本人も数人いました。 そのまま待っていると、 4時半ごろにツアーバスがやってきました。 バスは15人ぐらい乗れそうなマイクロバスといった感じです。 イスラエル側国境へ 出発後、イスラエルとヨルダンの国境へ向かいます。 国境は数カ所ありますが、このツアーで利用するのはエイラット近郊にある イツハク・ラビン・ボーダーです。 途中、2回サービスエリアっぽいところで休憩を取りながら、ずっとバスで移動。 国境に着いたのは 朝9時ごろでした。 同じバスの人は全員ペトラ遺跡に行くと思ったら、一部イスラエルのエイラットに行く人もいたのでここでお別れ。 別れる前に、前もって伝えられていた 国境税65ドルをガイドに渡します。 イスラエル側のガイドともここでお別れ。 国境での手続きは自分で行います。 その後、イスラエル側のガイドと別れて各自イスラエル国境へ。 ここでなぜか、さらにお金を払う必要あり。 窓口で 15ドル支払います。 ただし、ここでお金がかかることは事前に聞いていなかったので、余分に米ドルを持っていなかったら危なかったです。 歩いてヨルダン側の免税店へ。 規模は小さいながらも酒や菓子、水なども売られていました。 なお、米ドルが使えます。 さらに進むと旅行者がいっぱい集まった場所があり、そこで待機とのこと。 おそらくここで目的地別にバスが振り分けられるのだろうけれど、なかなか呼ばれない・・・ 結局1時間ほどここで待たされたので、出発は 10時半。 ペトラ遺跡へ向かうバスは、今までと同じような大きさのマイクロバスでした。 出発前にヨルダンビザを取得していない人は出発前に 65ドル支払いますが、僕は事前に取得していたので支払いはありませんでした。 ペトラ遺跡に向かう途中、さらに SITA GIFT SHOPで休憩。 今までの場所よりお土産が充実しており、屋上は展望台になっています。 展望台からの景色は素晴らしく、「beautiful!! 」と声をあげる人も。 そして、 12時半を過ぎてようやくペトラ遺跡の近くに到着しました。 ペトラ遺跡内部へ バスを降ろされたのは、ペトラ遺跡の入口より数100メートル離れた場所。 そこにはレストランがあったのですが、「途中から自由行動にするから、ここに15時45分に戻ってきて!」ということでした。 その後みんな一緒に入口へ。 ここでツアーガイドがチケットを手配するまで待ちます。 しばらく待ったのちチケットを渡され、案内板の前で説明。 エル・カズネまではガイドするから、あとは自由行動で!とのことでした。 ペトラ遺跡内部 入場後は 1キロメートル近く、なだらかな下り坂が続きます。 岩と砂ばかりの光景が続きますが、その中に見どころも。 まずは歩いて右側にあるのが 『ジン・ブロックス(Djinn Blocks)』。 聖霊が宿ると伝えられる墓で全部で3つあります。 こちらは 『ウッザー』と 『ドゥシャラー』と呼ばれる岩です。 反対側にあるのが 『バーブ・アッシーク・トリクリニウム(Bab al Siq Triclinium)』と 『オベリスクの墓(Obelisk Tomb)』。 4つの尖塔がエジプトのオベリスクに似ているので、そう呼ばれています 上段がオベリスクの墓。 誰の墓かはハッキリしませんが、ナバタイ人の王様 アレタス1世のものでは?と言われています。 下段のバーブ・アッシーク・トリクリニウムでは死者のための饗宴の儀式が行われていました。 しばらくすると 『シーク(Siq)』と呼ばれる峡谷があります。 両側を岩壁に挟まれた路地で、これが 約1. 2キロメートル続きます。 高さは 60~100メートルほどで、ちょっとしたビル群の中を歩いている感じ。 ペトラ遺跡では太陽光をさえぎるものが少ないですが、ここは日陰が多くて歩きやすいです。 ただし馬車が頻繁に走っているので、ぶつかったり馬のフンを踏んだりしないように注意が必要・・・ シーク自体が見どころですが、内部には壁に彫られた彫刻などもあります。 こちらの 『ドゥシャラー&ウッザーの石板』もそのひとつです。 そうして進むと、ようやく最大の見どころ 『エル・カズネ(El Khazneh)』 エル・カズネはペトラ最盛期時代の王である アレタス4世によって、巨大な岩山をくり抜いて造られた建物。 宝物殿と呼ばれることもありますが、実際は葬祭の儀式を行うための墓や葬祭殿だったのでは?と言われています。 一目見た感想は、とにかくデカい! 高さ 45メートルと、15階建てのマンションと同じぐらいの高さです。 残念ながら内部には入れませんでした。 しかし外からでも細かな彫刻が楽しめます。 僕の参加したツアーの自由時間は3時間弱しかなかったので、この先見られるかな?と思いましたが、せっかくなので奥に進んでみました。 エル・カズネを過ぎると、40以上の墓が連なる 『ファサード通り』があります。 さらに進むと見えるのが 『ローマ円形劇場』。 紀元前1世紀ごろ アレタス4世により建設されました。 劇場は8,500人が収容できるほどの大きさですが、4世紀の大地震により破壊され現在の多くの箇所がそのままです。 さらに進むと歴代の王が住んだ 『王家の墓』があります。 王家の墓という名前が付いていますが「墓ではなく宮殿、または神殿では?」という説もあり、現在でもわかっていません。 ここには 『壺の墓』『シルクの墓』『コリント式の墓』『宮殿の墓』『セクスティウス・フロレンティヌスの墓』といった、それぞれ特徴をもった墓があるので見比べるのも楽しいです。 王家の墓からしばらく歩いた場所にあるのが、朽ち果てたかつての市街地である 『柱廊通り』。 この時点で時間いっぱいだったので、近くには寄らず遠くから眺めて戻ります。 ペトラ遺跡の最奥部にはペトラで最も大きな神殿でもある 『エド・ディル(Ed Deir)』がありますが、片道2時間かかるので今回は諦めました。 柱廊通りまででペトラ遺跡の入口から 約3キロ。 疲れきった体で戻るのは本当にシンドかったです。 馬車もありますが、この時ヨルダンの現地通貨も米ドルも持っていなかったので、ひたすら歩き続けました・・・ ようやく昼食 時間どおり15時45分に、集合場所である 『Sand Stone Restaurants』に到着。 食事はビュッフェ形式でした。 ヨルダンをはじめとした中東料理が中心で、味も思っていたよりおいしかったです。 なかでも アワメ(Awameh)と呼ばれるデザートは、疲れた体にしみる甘さ! ヨルダン側国境へ 午後4時半レストランを出発します。 さすがにみんな疲れていたので、バス内は静か・・・ 帰りはアカバ観光が予定されていたけれど、立ち寄る気配なく国境である アラバ・ボーダーへ向かいます。 イスラエルにあるイツハク・ラビン・ボーダーのヨルダン側の呼び方が アラバ・ボーダーです 19時ごろアラバ・ボーダー着。 陸越えの国境手続きは2回目なので、同じように行います。 またイスラエル側でバスを乗り換えて出発。 すでにあたりは暗くなりつつあります・・・ 出発したあとは2度の休憩をはさみながら、ひたすらイスラエルに向かって移動し続けます。 外は真っ暗で窓からの景色は楽しめないし、疲れもあってひたすら眠りました・・・ ようやくツアー終了 解散場所は集合場所と同じくデイビッド・シタデル・ホテル。 到着した時点ですでに 23時45分。 夕食を食べていなかったので、スーパーマーケットで食材を購入しながら帰ったらホテル着は日付が変わった午前0時15分に。 それほど若くないので非常に疲れました・・・ ヨルダン発着ツアーかオーダーメイドツアーがオススメ 僕が参加したツアー(Fun Time主催)をオススメするか?と言われればオススメしません。 理由は次の4つ。 行程がハード• イツハク・ラビン・ボーダーで事前に知らされていなかったお金の支払い(15ドル)があった• 昼食時間が遅すぎる(16時~)• アカバ観光がなかった(返金もなし) イスラエル旅行中にペトラ遺跡に行きたい場合は、ヨルダン発着ツアーかオーダーメイドツアーがおすすめです。 ヨルダン発着ツアーであれば日程的にも余裕があり、ツアーも複数選べます。 》》 また、イスラエルからヨルダンへの移動や、ほかの観光地も合わせて好みのプランを組み立てたい場合はアレンジツアーがオススメ。 アレンジツアーであれば、日程に余裕を持たせてスケジュールを組むことが可能です。 たとえば 『タウンライフ旅さがし』なら無料で見積もってもらえます。 観光についての不明点を事前に相談をしたり、現地に着いてから困りごとがあっても、サポートデスクが設置されているので難なく解決できますよ。 スポンサーリンク 夜のペトラ遺跡を楽しめるショーもあります ペトラ遺跡を楽しむのは昼だけではありません。 夜もロウソクに照らされた遺跡内を歩き、エル・ハズネ前でベドウィンの奏でる音楽を楽しむことができる 『ペトラ・バイ・ナイト』というショーもあります。 昼間とは違うペトラ遺跡の姿を見られることもあって、とても人気です! 》》 観光についての注意点 定休日・営業時間について 定休日はありません。 所要時間について チケット売り場からエル・ハズネまでの往復だけでも、だいたい 2時間かかります。 最奥部のアッディルまで行くと、往復で 5時間ぐらい必要です。 服装について シーク以外は日差しをさえぎるものがないので、帽子やサングラスを持っていった方が良いです。 僕は油断して持っていかかったので、ずっとタオルを被っていました・・・ トイレについて チケットオフィスやエル・ハズネから先に進んだ場所など、内部に何カ所かありました。 売店・レストランについて チケットオフィス近くやエル・ハズネの目の前など、いたるところに売店があり、水も売っていました。 エル・ハズネから先に進んだ場所にも売店やカフェがあります。 ツアーについて 予定されていなかった出費が発生するので、余分に米ドルを持っていった方が良いです。 1人あたり30ドルあれば大丈夫です。 また、昼食が遅くなる場合があるので、空腹を抑えるぐらいのお菓子を持っていくのがオススメ。 ただしチョコレートは溶けやすいので注意してください。

次の