京都 タカギ。 事業所一覧|株式会社タカギ

高木珈琲店 烏丸店 (タカギコーヒーテン)

京都 タカギ

「ブラタモリ」で紹介できない京都を歩く 京大・高木博志教授の「ブラタカギ」、裏歴史に目背けず 歌舞伎の南座で高木博志さんと待ち合わせ、裏京都案内が始まった 「性や死を隠蔽した観光言説がなにをもたらすのか、考えて」 年間5千万人以上が訪れる京都市は、観光都市として世界的成功例だ。 京都大学人文科学研究所の高木博志教授の「ブラタカギ」は、学生や教職員をガイドする人気授業。 「歴史は正も負も複眼的にみる必要がある。 (テレビの)ブラタモリでは絶対紹介できない京都を歩きます」とは高木さんの前口上である。 この日は新京極から鴨川の河原に隣接する歌舞伎の南座、祇園をへて、豊国神社へと南下するコースだ。 おしゃれな繁華街・新京極は、寺院が並ぶ寺町に隣接する。 「寺とはかつて興行の場でもあった」と高木さんは言う。 江戸時代の寺院境内の興行は、明治維新後、常設の興行地域に変貌(へんぼう)する。 明治時代に歌舞伎や浄瑠璃や寄席、大正・昭和に映画館と、時代に応じた「見せ物小屋」が並んだ。 四条磧(がわら)を含め、あたりは中心部の上京・下京からみると端、周縁部にあたる。 「中世から芸能はマージナル(周縁)な場にある。 周縁は死や性や差別の場でもある」が本日のテーマだ。 鴨川東岸の祇園に入る。 和服姿の外国人や若い女性が目立つ。 祇園町南側は大正期以降に発展し、今日では「もてなしの文化」を象徴する。 しかし、明治時代には現在の祇園甲部歌舞練場の地には、梅毒を検査し患者を収容する駆黴(くばい)院があった。 江戸時代から栄えた花街で、八坂神社に向かう祇園全体では、明治後期には約600人の芸妓、200人を超える娼妓(しょうぎ)もいた。 松原通りを東へ、六道の辻に向かう。 清水寺へと続く辺りは「冥界の入り口」だった。 中近世には葬送地に隣接し、ハンセン病者や下層の宗教者も住んだ。 「ハンセン病者は差別もされたが、福をもたらす存在ともされた」 さらに南下し、豊臣秀吉を祀(まつ)った豊国神社に出る。 明治維新で徳川幕府は否定され秀吉の顕彰が進んだ。 現在「戦後最悪」と言われる日韓関係だが、韓国併合後の大正期も、朝鮮出兵まで称揚される世相だった。 朝鮮出兵の戦功として持ち帰った兵や民間人の耳や鼻を埋めた「耳塚」が、神社近くにある。 高木さんは周囲をめぐらした玉垣を丹念に読み上げた。 片岡仁左衛門、中村鴈治郎、川上音二郎……。 名だたる役者が玉垣を寄進している。 一番目立つ石垣に刻まれたのが小畑岩次郎。 大正時代の興行にもかかわった侠客(きょうかく)。 小畑の音頭で、太閤記物を演じる芸人が寄進に応じた。 闇営業に端を発した「吉本問題」が収まらないが、そもそも芸人と裏世界のつながりは歴史上は当たり前で、こうして可視化されてもいた。 ブラタカギが表の京都観光でスポットの当たらない地を歩くのはなぜか。 「負の歴史は観光資源にならないと思われている。 しかし性や死を隠蔽(いんぺい)した観光言説がなにをもたらすのかを、考えてほしい」 歴史を自分の見たいようにみる。 それを補強するだけなら、観光は不健康だ。 頭で歩いて、足で考える。 ブラタカギ流であった。 (近藤康太郎)=朝日新聞2019年8月28日掲載.

次の

「ブラタモリ」で紹介できない京都を歩く 京大・高木博志教授の「ブラタカギ」、裏歴史に目背けず|好書好日

京都 タカギ

「ブラタモリ」で紹介できない京都を歩く 京大・高木博志教授の「ブラタカギ」、裏歴史に目背けず 歌舞伎の南座で高木博志さんと待ち合わせ、裏京都案内が始まった 「性や死を隠蔽した観光言説がなにをもたらすのか、考えて」 年間5千万人以上が訪れる京都市は、観光都市として世界的成功例だ。 京都大学人文科学研究所の高木博志教授の「ブラタカギ」は、学生や教職員をガイドする人気授業。 「歴史は正も負も複眼的にみる必要がある。 (テレビの)ブラタモリでは絶対紹介できない京都を歩きます」とは高木さんの前口上である。 この日は新京極から鴨川の河原に隣接する歌舞伎の南座、祇園をへて、豊国神社へと南下するコースだ。 おしゃれな繁華街・新京極は、寺院が並ぶ寺町に隣接する。 「寺とはかつて興行の場でもあった」と高木さんは言う。 江戸時代の寺院境内の興行は、明治維新後、常設の興行地域に変貌(へんぼう)する。 明治時代に歌舞伎や浄瑠璃や寄席、大正・昭和に映画館と、時代に応じた「見せ物小屋」が並んだ。 四条磧(がわら)を含め、あたりは中心部の上京・下京からみると端、周縁部にあたる。 「中世から芸能はマージナル(周縁)な場にある。 周縁は死や性や差別の場でもある」が本日のテーマだ。 鴨川東岸の祇園に入る。 和服姿の外国人や若い女性が目立つ。 祇園町南側は大正期以降に発展し、今日では「もてなしの文化」を象徴する。 しかし、明治時代には現在の祇園甲部歌舞練場の地には、梅毒を検査し患者を収容する駆黴(くばい)院があった。 江戸時代から栄えた花街で、八坂神社に向かう祇園全体では、明治後期には約600人の芸妓、200人を超える娼妓(しょうぎ)もいた。 松原通りを東へ、六道の辻に向かう。 清水寺へと続く辺りは「冥界の入り口」だった。 中近世には葬送地に隣接し、ハンセン病者や下層の宗教者も住んだ。 「ハンセン病者は差別もされたが、福をもたらす存在ともされた」 さらに南下し、豊臣秀吉を祀(まつ)った豊国神社に出る。 明治維新で徳川幕府は否定され秀吉の顕彰が進んだ。 現在「戦後最悪」と言われる日韓関係だが、韓国併合後の大正期も、朝鮮出兵まで称揚される世相だった。 朝鮮出兵の戦功として持ち帰った兵や民間人の耳や鼻を埋めた「耳塚」が、神社近くにある。 高木さんは周囲をめぐらした玉垣を丹念に読み上げた。 片岡仁左衛門、中村鴈治郎、川上音二郎……。 名だたる役者が玉垣を寄進している。 一番目立つ石垣に刻まれたのが小畑岩次郎。 大正時代の興行にもかかわった侠客(きょうかく)。 小畑の音頭で、太閤記物を演じる芸人が寄進に応じた。 闇営業に端を発した「吉本問題」が収まらないが、そもそも芸人と裏世界のつながりは歴史上は当たり前で、こうして可視化されてもいた。 ブラタカギが表の京都観光でスポットの当たらない地を歩くのはなぜか。 「負の歴史は観光資源にならないと思われている。 しかし性や死を隠蔽(いんぺい)した観光言説がなにをもたらすのかを、考えてほしい」 歴史を自分の見たいようにみる。 それを補強するだけなら、観光は不健康だ。 頭で歩いて、足で考える。 ブラタカギ流であった。 (近藤康太郎)=朝日新聞2019年8月28日掲載.

次の

ソフトドリンクが28円!激安スーパー『卸売ひろばタカギ』のヒットの秘密とは

京都 タカギ

自粛生活明けた人も明けてない方も、みなさんお疲れさまです。 いろんな状況の方が混在していて、価値観がバラバラな世の中になっちゃいましたね。 ライフスタイルがごろっと変わってしまった方なんかも結構いらっしゃるかもしれませんね。 私たちのような飲食関係で働く者にとってもまた同じで、今までの常識みたいなものが 通用しなくなってしまいました。 まあでも、へこたれててもしょうがないんで、じゃー新しい常識にノッテいこうじゃないか! というわけで、超アナログで世界的に有名な「高木珈琲」にもレヴォリューションが起こりました。 以前から、そして最近は特にご注文も多くなってきた、「テイクアウト」の充実作戦として PICKS (ピックス)というアプリを導入しました。 あとは、取りに来ていただくだけ! もちろん、今まで通りのお電話のご注文でもノープロブレム。 今まで以上に便利になった高木珈琲のテイクアウト。 どうぞよろしくお願いいたします! あと、本日より通常営業(高辻本店は7:00〜18:00、烏丸店は7:00〜19:00)に戻ります。 お客様には、新しい常識、 食事の際以外のマスクの着用、咳やくしゃみのエチケット、手指の消毒、 長時間の滞在禁止、などを守っていただき、我々とともに誰もが楽しい高木珈琲を作っていきましょう。 明日、5月7日から営業再開の高木珈琲です。 実はずいぶん前からひっそりとテイクアウトやってました。 しばらくはまだお家でゆっくりしなきゃいけない人も多いと思います。 お店に行きたいけど、ちょっと不安な方もいらっしゃるでしょう。 そんなアナタには高木珈琲のテイクアウトがぴったり。 お家で喫茶店気分に浸ってもらうために、なんと!今だけ!コーヒーが付いてきます! お湯を注ぐだけのドリップバッグだから、持って帰る途中にこぼれる心配もなし! オムライスにカツカレー、サンドイッチにトンカツ定食…たらふく食べたら、食後にコーヒー! 皆さん、最高のお家喫茶店ライフを楽しんでくださいませ! ご注文は店頭でもお受けしますが、電話 075-341-7528 でのご予約が待たずにスムーズにTo Go!できます。 どしどしご注文くださいませ〜! 誠に急ではありますが、政府の非常事態宣言を受けて、高木珈琲 高辻店、烏丸店ともに一定期間、臨時休業させていただきます。 期間は、 4月19日〜5月6日まで です。 迷いに迷いながらもここまで営業を続けてきましたが、ここでガッツリ休んで、感染拡大を少しでも押さえたい一心での決断です。 必要としてくださっているお客様、取引先の方々、従業員、とにかく全ての方にご迷惑をおかけすることをお許しくださいませ。 しかしながら、再開した暁には変わらぬご愛顧を何卒よろしくお願いいたします。 私どもは、みなさまの無事を祈って、しばらくの間は「ステイ ホーム」で日々を過ごしたいと思っております。 楽しい日常が戻りますように。 そしてまた必ずお会いしましょう! 高木珈琲 店主 まいどー!高木珈琲どすえー。 皆さま、お元気でしょうか? 色んなウイルスやら花粉やらが今そこにある危機、状態でありまして、いまいち明るい話題がないかと思われます。 そんなモヤモヤする毎日に、高木珈琲からグッドなニュースのプレゼント! 昨年秋ごろからいただいておりました、「高辻本店」の「木曜日の定休日」を 3月より解除 させていただきます! 長い間まっことご迷惑をおかけいたしました! ようやくお客様を迎える態勢が整いそうだ、という事で再開させていただきます! とはいえ、「態勢が整いそう」な状態であり、まだまだ「整いました!」とはなっていないんですね、これが。 やはり一番の問題は、まだまだ従業員が足りぬということでございます。 そこで、またまたアルバイトの募集も再開します! 土、日、祝の午前中 時給1000円 美味しい賄い付き これらのキーワードにズキューンと来た人はすぐにプリーズ コール ミー! 075-341-7528 まで! 今から約一週間、受付人数を倍に増やしてご対応させていただきます! あなたの熱いラブコール、お待ちしておりまーす! 全国10億人の高木珈琲ファンのみなさま、お久しぶりです。 そう、もう年末、もう今年も終わりですよ。 思えば、今年は求人につぐ求人で、ずーっと求人ばっかりしてた当店ですが、この様子ですとまだまだ求人が続きそうな予感がします。 そろそろどなたかウチで働いてくれませんかね? お正月にのんびり餅でも食べながら、ふと人生について悩んじゃったりした方、高木珈琲へ来ましょう。 そして働いてみましょう。 きっと楽しい人生送れますよ。 だって私がそうだったから。 さて、本題。 この年末年始の営業時間のお知らせでーす! 12月30日までは 通常営業。 12月31日は 7:00〜17:00 2020年1月1日〜1月3日は 7:00〜12:00 (高辻本店は休業) そして、1月4日からはまた通常営業に戻ります! 全日閉店1時間前にオーダーストップなので、1月1日〜3日まではモーニングメニューのみの営業とさせていただきます。 年末年始、豪華な料理やお節に飽きたら、いつもの高木珈琲にお越しくださいませー! おはこんばんちは〜! お久しぶりの高木珈琲だよー。 みんな元気だったー? こちとら相変わらずのらりくらりと毎日やっとりますが、ひとつだけ困ったことが。 一緒に働いてくれる同士が足りません! 喫茶店の仕事って人気ないんですかねぇ…私なんかもう15年ほどやっとりますがザックリ考えてみると、まぁそれほど悪い職場ではないと思いますよ。 確かに、朝は早いし、体力的にしんどい時もあるし、休みたい時に休めない時もあったり、と、一般的なサラリーマンとは違う部分も多いと思います。 もちろんお給料だって、そんなに高くはないと思います。 だけども、朝は早いけど夜も早く帰宅できて、毎日家族とゴハンも食べられるし、長期休暇を取って安い値段の時に旅行に行けたりもします。 あと、毎日知らない誰かと出会いがあり、別れがあり、会話や笑顔があります。 毎日、いろんな人に「ありがとう」「ごちそうさま」とか言われて嬉しくなります。 それから結構毎日チャキチャキと動くから、メタボとは無縁だし、ゴハンも美味しくモリモリ食べられます。 休みは少ない分、大切に過ごそうと考えるので、すごく楽しんでます。 人によってそれぞれでしょうが、私はこんな働き方、生活のリズムが、「人間らしい」って思います。 毎日、満員電車に詰め込まれて、朝から晩まで会社でクタクタになるまで働いて、また満員電車で帰宅して、冷めたゴハンを食べてる時に、 「あー、何の為に生きてんだろうなぁ…」 て、ぼんやり遠くを眺めてしまうことが多々ある方は、ぜひご連絡ください。 違う人生がここにはありますよ。 とまあ、色々書きましたが、人生色々、男も色々、女だってい〜ろいろ咲き乱れるんですから、私らみたいな人生を送ってみたい方、お話だけでもどうぞ聞きに来てくださいませ。 で、従業員の「人間らしい生活」の為に、 しばらくの間、高辻本店のみ 木曜日を定休日とさせていただきます。 烏丸店はいつも通り、年中無休で営業します。 みなさま、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

次の