お 宮参り 上 の 子 服装 女の子 夏。 お宮参りの服装は祖父母はどんな服を着ればいいの?

二人目の神社へお宮参り 上の子の服装は?~男の子編【お悩み相談】|cozre[コズレ]子育てマガジン

お 宮参り 上 の 子 服装 女の子 夏

お宮参りの祖母の服装のポイント 1.お祝いにふさわしい服装で 服装を改めると、誕生と成長を祈るお祝いにふさわしい厳粛な気持ちとなります。 2.赤ちゃんやお母さんに服装の格を合わせる(全員が準礼装、全員が略礼装、全員が普段着など) 祖母が派手でママよりも目立ってしまったり、祖母だけが格の高い服や、逆に普段着だったりしないようにします。 3.両家の祖母が参列するのか、一方の祖母だけが参列するのかを事前に確認します。 先方の祖母とのバランスを考えることや、父方の祖母よりも母方の祖母の服装が格上になったり目立つことが無いようにします。 4.祖母が赤ちゃんを抱っこし、赤ちゃんには掛け着(赤ちゃんを抱いた状態で赤ちゃんの上から羽織るための祝い着)を用意する場合でも、祖母の服装は和服でも洋服でもこだわらなくなってきています。 もちろん赤ちゃんも和装の白羽二重でなくても、ベビードレスに掛け着でもOK。 むしろ赤ちゃんが暑すぎたり寒すぎたりしないようにします。 お宮参りの祖母の服装 年代別 年齢にふさわしい服装を心がけます。 主役は赤ちゃんであることはもちろんですが、服装の格を赤ちゃんに合わせ、祖母だけが目立つことが無いようにします。 1)カラー(色・色調)を考える ・無地の赤、朱、金赤、ローズピンク、黄、黄緑、ビビッドオレンジなどは祖母が主役よりも目立ってしまうので避けたいカラーです。 着いた色や、柔らかい優しい色を選ぶようにします。 ・黒、紺などの色は略礼装の色としては定番ですが、注意したいのがリクルートスーツのような服装です。 祖母が紺やグレーのスーツに白いブラウスでは地味な印象になってしまうため、ブラウスで変化をつけたりスカーフ、コサージュ、アクセサリーで華やかにしたりします。 [おすすめのカラーの例] 40代、50代の祖母なら、紺、ネイビー、ベージュ、象牙色、黒、濃いグレー、薄いグレーは定番ですが、それ以外には、ボルドー、濃灰緑、スモークブルー、灰青、カーキブラウン、薄クリーム、ホワイト、薄いピンク、灰桜など。 60代、70代の祖母なら、紺、ネイビー、ベージュ、象牙色、黒、濃いグレー、イエロー系の薄いグレーなどは定番。 それ以外にも、サーモンピンク、カラシ色、ブルーグレー、カーキブラウン、オリーブ、薄クリーム、シェンナ色、レンガ色、バーガンディなど。 2)落ち着いた柄を選ぶ ・赤ちゃんのママよりも派手にならないようにします。 柄が目立つような大胆な絵柄の場合は無地のジャケットを羽織るなどして、おさえめに。 3)素足はNG 参拝に際しては、素足はNG。 ストッキングやソックス着用を。 お宮参りの祖母の服装 季節別(春・夏・秋・冬) 1)季節感のあるカラーを 春はピンク、象牙色、ベージュなどの淡色系カラー、夏は白やベージュを活かして。 秋はボルドー、ワイン、カラシ、オリーブがおすすめ。 冬は紺、黒、グレーが基本だが重くなりすぎないように。 桜なら春、コスモスなら秋など 2)調節のしやすい服装 ・冷暖房が効いている室内と、屋外との気温差が激しい季節では、脱ぎ着がしやすい服装がおすすめ。 ・春 春はスーツ(ジャケット+スカート)インナーはブラウスやコットン・麻系の春らしい透け感のあるニット、あるいはワンピース+ジャケット、上下セットアップ+ジャケットなど。 パンツスーツもワーキングスタイルっぽくならないようスカーフなどで工夫したり、インナーを柔らかい印象のものにすればOK。 スカーフの色や柄で季節感を出すこともできます。 春のスカーフは淡い色がおすすめ。 肌寒い季節はスプリングコートと合わせて着ても良い。 また特に春先、暖かくなってきたら無地のノーカラーのジャケットなどがおすすめ。 一枚羽織ると、きちんとした印象になります。 ・夏夏はサマースーツにブラウス、ワンピース+ジャケット、ワンピース+カーディガン、上下セットアップなど。 だらしない格好にならないように注意しましょう。 ・秋 秋はスーツ(ジャケット+スカート)インナーはブラウスや秋カラーのウール系ニット、あるいはワンピース+ジャケット、上下セットアップ+ジャケットなど。 パンツスーツもワーキングスタイルっぽくならないようスカーフなどで工夫したり、インナーを柔らかい印象のものにすればOK。 秋のスカーフは濃い色がおすすめ。 肌寒くなってきたらコートと合わせて着ても良い。 ・冬 冬はスーツ(ジャケット+スカート)インナーはブラウスやウール系のニット、あるいはワンピース+ジャケット、上下セットアップ+ジャケットなど。 パンツスーツもOK。 秋のスカーフは濃い色がおすすめ。 赤ちゃんやお母さんの体調に配慮し、厳寒期は避けるのが一般的ですが、冬期コートやダウンを着ても構いません。 防寒対策を。

次の

お宮参り服装 赤ちゃん》男・女・春・夏・秋・冬・祝い着・ドレス・着物の下

お 宮参り 上 の 子 服装 女の子 夏

お宮参り、初宮詣、初参りとは? お宮参りは、赤ちゃんの誕生を祝い、健やかな成長を願う日本の伝統行事。 赤ちゃんが初めて神様にお参りすることから、「初宮参り」や「初宮詣」とも呼ばれています。 生後1カ月を過ぎた頃に、生まれた土地の守り神である産土神(うぶすながみ)様や住んでいる土地の守り神である氏神様にお参りをして、赤ちゃんが無事に誕生したことを感謝し、これからの健やかな成長を祈願します。 お寺と縁が深いという人は、お宮参り 初宮詣 を神社ではなくお寺で行っても問題はありません。 全国の大きなお寺では「初参り」という名目で、赤ちゃんの健康と成長を願うための祈祷を行っています。 お宮参り 初宮詣 や初参りの日取りは、一般的には男の子なら生後31日目か32日目、女の子なら32日目か33日目といわれています。 地方によっては寒さが厳しい時期は避けたり、猛暑のときには延期する方も多いようですが、中には家族の都合でどうしても避けられない場合も。 そんな7月や8月の猛暑の時期にお宮参りをしなければならない場合、どんな服装がふさわしいのでしょうか。 7月や8月にお宮参りをする場合、絽(ろ)の着物がマナー 絽(ろ)とは何か 絽(ろ)の生地の質感や透けるイメージを伝えるため、撮影時のライティングの設定により、写真では透けて見えますが、服の上から羽織ってしまうと透け感は気になりません。 絽の産着を訪問着の上に着用。 羽織ってしまうと透けません。 着物は季節に合わせて、仕立てや素材が変わっていくものです。 6〜9月の春と秋に着るなら、裏地のない「単衣(ひとえ)」の着物。 10月〜5月の晩秋、冬、早春、には「袷(あわせ)」と呼ばれる裏地のついた着物。 単衣の季節の中でも猛暑厳しい7,8月時分の盛夏には、薄物(うすもの)に分類される、 「絽(ろ)」という素材の裏地のない単衣の着物を着ます。 7月や8月にお宮参りをする場合、本来は赤ちゃんの掛け着も、ママやおばあちゃんの訪問着や色留袖も、この絽の着物を着ることがマナーなのです。 夏のフォーマルとしても欠かせない絽(ろ)の着物は、裏地のない単衣(ひとえ)の中でも薄くて透け感があるため薄物(うすもの)とも呼ばれ、見るからに涼しげなのが特徴です。 生地の目の間隔が適度に空いていますから、見た目だけでなく着心地も涼やか。 盛夏のお宮参りでは着物は暑いからと避けられがちですが、7月や8月のお宮参りでは赤ちゃんの服装では絽(ろ)の掛け着、ママの服装としては絽(ろ)の訪問着が活躍します。 立場別に紹介 お宮参りにふさわしい夏の服装 赤ちゃんの服装 生まれて間もない赤ちゃんは体温調節が苦手です。 季節ごとの服装には気を使って準備をしましょう。 高価なセレモニードレスや羽二重の内着を準備されてもOKですが、カバーオールで済ませるご家庭も増えています。 何よりも赤ちゃんが着慣れて快適に過ごせる服装が大事です。 掛け着も袷仕立ての掛け着となります。 冬はおくるみなどを利用して防寒対策をしましょう。 夏の場合(6月下旬〜7月・8月くらいまで) 透け感のある絽の産着は、裏地がない、単衣(ひとえ)仕立て。 見た目にも涼しく、軽くて通気性に優れています。 写真では透けて見えますが、服の上から羽織ってしまうと透け感は気になりません。 ある程度の時間産着を着用する場合は絽の産着がおすすめです。 夏の時期のお宮参りの掛け着の和装スタイルには、 風通しの良い衣装や下着を選ぶのがポイント。 肌着はガーゼ素材のものを。 風通しの良い素材のベビードレスやカバーオールを着せてあげるといいでしょう。 猛暑のときには涼しさを優先して、思い切ってロンパースや肌着を着せずに、直接ベビードレスを着せてしまうのも涼くする方法のひとつ。 洋装の場合は、セレモニー用のベビードレスやカバーオール姿の赤ちゃんも多く見受けられます。 掛け着は、祈祷中の祝詞(のりと)をあげてもらうときや、記念写真の時だけ、羽織らせるケースが増えています。 実際に赤ちゃんが着るのは参拝する時と写真撮影の数時間だけのため、夏であっても仕立てや素材に関係なく、気に入ったデザインの掛け着を選ぶ方が多いようです。 ところが、昔の人が考えた着物のマナーというのはよくできたもので、絽で作られた掛け着は見た目に涼しげなだけでなく、通気性にすぐれているため、夏のお宮参りでは赤ちゃんの暑さ対策にも役立ちます。 暑い時期に袷の掛け着を着せるのではなく、やはりマナー通り、絽の掛け着を選んであげるほうが赤ちゃんのカラダのためになるというわけです。 赤ちゃんがお宮参りで絽の掛け着を着る時の注意点 お宮参りの服装を絽の掛け着にしたからといって、赤ちゃんの暑さ対策が万全というわけではありません。 いくら風通しが良い絽の掛け着でも、真夏の炎天下に長時間羽織っていては、だんだんと熱がこもってしまいます。 やはり神社に到着してから掛け着を羽織ったり、祝詞を上げてもらうときや、記念写真を撮影するときにだけ掛け着を羽織らせるといいでしょう。 もしも自宅を出るときからずっと掛け着を羽織るのなら、赤ちゃんにはベビードレスやカバーオールは着せずに、掛け着の下は肌着だけでもかまいません。 できるだけ風通し良く涼しく過ごせる工夫をしてあげることが大切です。 上の子(兄弟)の服装 お宮参りに上の子(赤ちゃんの兄弟)を連れていく場合には、どのような服装がよいのでしょうか? お宮参りでの主役は赤ちゃんですから、上の子が赤ちゃんより目立ちすぎるのは避けること、また子どもであってもフォーマルな装いに見えることが大切です。 男の子の場合、キッズ用のスーツもありますが、衿のあるワイシャツに黒や紺のパンツを合わせるだけでも、きちんとした印象に。 夏なら通気性のよい半袖のポロシャツにハーフパンツを。 蝶ネクタイやサスペンダーをつけてあげれば、おしゃれでフォーマルな装いになります。 女の子の場合は、紺色のワンピースや白のブラウスに黒や紺のスカートの組み合わせがおすすめです。 暑い時期でもノースリーブのものは避け、できれば半袖のブラウスやワンピースを。 レースのついた白のソックスやエナメルの靴などを合わせてあげると、フォーマルでかわいい印象に。 ママの服装 お宮参りのママの服装の主役である赤ちゃんの服装の格に揃えましょう。 赤ちゃんが和服の正式な祝い着を着る場合は、母親や祖母は赤ちゃんの衣装に合わせて着物がおすすめです。 何より掛け着を着た時、和服の方が調和が取れます。 気品を感じさせる優しい色調のグリーンや水色、淡いオレンジ、薄いピンクなどの明るめだけど、派手にならない着物を選ぶとよいでしょう。 赤ちゃんがベビードレスの場合は、ママも洋装が基本。 紺や黒、ベージュなど落ち着いた色のフォーマルスーツやワンピースが一般的です。 洋装ならば夏用のフォーマルスーツやワンピースを。 どんなに暑い日でもノースリーブや襟元が大きくあいたデザインなど、露出の多いものは避けて。 足元もサンダルやミュールなどはNG。 フォーマルな装いにふさわしいローヒールのパンプスを。 夏のお宮参りのママに絽(ろ)の訪問着がオススメの理由 盛夏のお宮参りにママが着る着物は「絽(ろ)」の生地の着物ですが、夏の着物の生地には、「絽(ろ)」のほかに「紗(しゃ)」があります。 どちらも、もじり織 からみ織 という生地に隙間ができる織り方のため、通気性に優れ、透ける感じになるのが特徴。 ではなぜ、お宮参りのママの着物には絽がオススメかといえば、 絽が紗よりも格が上になるため。 どちらも同じもじり織ですが、紗は全体的に生地に隙間ができる織り方のため、繊細な柄を染めることが難しいといわれています。 ところが絽の場合、生地に隙間ができる織り方の途中に、平織という平らな部分を入れるため、そこに繊細な柄を美しく描くことができることから、フォーマルな場面でも重宝されるようになりました。 このことから、 夏のフォーマルな場面には絽の着物、セミフォーマルやカジュアルな場面では紗の着物がマナーとなったのです。 また、少し前まではレンタルできる絽の着物は数が少なかったのですが、今では上質で絵柄も多彩な絽の着物、とくにさまざまな場面で活躍してくれる絽の訪問着を数多く扱うレンタルショップが増えてきました。 おかげで、盛夏のお宮参りでも気に入った色や柄の訪問着を着ることが可能に。 着物のマナーとしてだけでなく、気に入った着物を楽しみながら暑さ対策できることから、夏のお宮参りのママの服装には、絽の訪問着がオススメです。 ママがお宮参りで絽の訪問着を着るときの注意点 絽の着物はその透け感が大きな魅力なのですが、その一方で、必要以上に透けて見えてしまう心配があります。 対策としては、白い長襦袢だけでなく、肌襦袢、裾除けもしっかりと身に着けておくことが大切です。 この時、色物や柄物の長襦袢はNG。 確かにおしゃれな着こなしにはなりますが、お宮参りはフォーマルな場ですので、白い長襦袢を着用しましょう。 絽の着物には絽の袋帯や帯締め・帯揚げ・長襦袢・半襟を用意するのがマナーです もうひとつ覚えておいてほしいのが、フォーマルな場に着ていく絽の訪問着には、やはり絽や紗の袋帯を合わせるのが基本。 帯の柄はおめでたいものや格式高いものを選びましょう。 絽のコーディネートが難しかったり、絽の着物を一式揃えるのは予算的に厳しい場合はレンタルという手もあります。 夏のお宮参りは赤ちゃんとママの体調を優先 真夏のお宮参り 初宮詣 や初参りで心配なのが熱中症。 どんなに涼しい着物を着ていても、猛暑の中で直射日光に当たり続けていては熱中症になってしまいます。 ベビーカーを持ち込んでも許される神社やお寺なら、赤ちゃんをベビーカーに乗せるなどして、少しでも日差しを避けることを意識しましょう。 こまめな水分補給も必要です。 とくに赤ちゃんは体内の水分量が多く、体重の7〜8割は水分なのだとか。 そんな体のほとんどを占める水分がしっかり維持されないと、脱水症状を起こしてしまうことに。 必ず赤ちゃん用の水分を準備しておきましょう。 産後一か月でまだまだ体調が万全でないママ自身も、こまめに水分を補給するなど、自分の体調にも気をつけなくてはいけません。 楽しみにしていたお宮参りでも、ママや赤ちゃんの具合が悪い時には、思い切って日程の変更を。 まずは家族の体調を第一に考えて、柔軟に対処しましょう。 まとめ 7月、8月という真夏のお宮参り 初宮詣 や初参りには、赤ちゃんは絽の掛け着、ママは絽の訪問着で、できるだけ涼しく過ごせる服装にしましょう。 最近はレンタルでも絽の掛け着や訪問着があるので、好きな色や柄を選ぶことができます。 お宮参り当日の熱中症対策もしっかり準備していくことが大切。 それでも、お宮参りをするのがつらいような猛暑や、ママや赤ちゃん、家族の誰かが体調をくずしているなら、無理をせず日程を変更することも必要です。

次の

夏のお宮参りの服装。男の子や女の子の赤ちゃんに選んだ服装と気をつけたいこと|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

お 宮参り 上 の 子 服装 女の子 夏

タグ 100均 10代 20代 20代 20代後半 26歳 27歳 28歳 2人っきり 2回目 30代 30歳 31歳 35歳 3回目 40代 40代女性 40代後半 40歳 50代 80年代 NG PC アイテム アイロン アウター アクリル アップ アップスタイル アピール方法 アプローチ アプローチをしない アプローチ法 アラサー アラフォー ありがとう アルバイト アレンジ いい女 イギリス イケメン いない イライラ インナー オーバーグラス オイル おしゃれ おすすめ おとなしい女性 お呼ばれ お宮参り お札 お祝い お風呂 カジュアル かすみ草 カタログギフト カップル カラコン かわいい キス きっかけ きれい クール くま クリスマス グループ クローゼット ケーキ ゲスト コーデ コート コサージュ コスメ コツ コテ コントロール ご祝儀 ご祝儀袋 サイン サプライズ サングラス シースルー しつこい しない しまい方 シャイ ショート ショートカット ショートネイル シルバー スーツ スエード スキニー スキンケア すく スタイル ストレート すね毛 スペイン人 スマホ セミロング タイミング ダニ ダメ男 チャンス つまらない ツヤ肌 デート デート後 できない できない理由 できる テクニック デザイン デメリット トラウマ ドレス どんな感じ ネイル ネット パーティー ハイスペック バイト ハイライト パウダー バツイチ バツイチ女性 バツイチ男性 バランス バレた バレる原因 ハンキング パンプス ブーケ ファッション ブス プチプラ プライド高い プラチナ フリーター フレーム プレゼント ベース顔 ヘアアレンジ ヘアスタイル ヘアセット ポイント ポニーテール ボブ マイペース まとめ髪 マナー マフラー ママ マンネリ むくみ メールが来ない メイク メガネ メリット メリット・デメリット めんどくさい メンヘラ モード系 モテたい モテる モテる顔 モラハラ男 モルディブ やめさせたい やめられない女性 やめる やり方 ゆっくり ユニットバス ライン ラッピング リスク リスト リメイク ルール レイアウト レディース ロング ワンピース 一人 一目惚れ 三十代 上司 上手くいかない 上着 不倫 不安 両思い 主催者 主婦 予防 二人きり 交換 人嫌い 仕事 仕組み 仕草 付き合い方 付き合う 付き合うコツ 付き合う前 仲直り 会いたくない 会社 会話 会話が続かない 似てる 似合う 体型 体目的 何でも 何色 作り方 依存 依存しない 保存 信用できない 値段 傷消し 優しい 優しい話し方 優しくしたい 元カノ 元カレ 兄弟 先輩 克服 克服方法 克服法 入学式 再婚 写真 冬 冷たい 冷めた 冷めている 処分 処理 出会い 出会いがない 出会う 出張 出産後 分かってくれない 切り方 初デート 初めて会う男性 初期化 判断 別れた彼氏 別れる 前髪 前髪なし 効果 動機 化粧 半年 卒業 卒業式 印象 危険 原因 友情 友達 友達いない 友達と浮気 友達の元彼 反応 収納 収納ケース 叔母 可愛い 可愛女の子 台湾 合コン 同棲 同窓会 名前 名字 向き 向き合い方 告白 告白される方法 商品券 喧嘩 地雷 基本 場所 変わる 夏 外し方 外国人 多い 大人 大人の恋愛 大好き 大学生 太い 失恋 奥手な男性 奥手男性 女 女の浮気 女友達 女子 女性 女性から 好き 好きな人 好きな女性 好み 好印象 好意 妊娠 妊娠中 婚活 嫉妬 子供 子供がほしい 子供好き 子持ち 子連れ 季節 学校 学生 宝石 実家暮らし 実際は 家 家デート 寂しい 寝る前 対処 対処法 対策 将来 小指 少ない 履歴書 工夫 常識がない 平均 平服 年の差 年下 年齢 幸せ 広い 式典 引かれる 引きずる 引き出物 彼 彼女 彼女に興味ない 彼女の浮気 彼氏 彼氏いない 彼氏いない歴 彼氏いる 彼氏がいない 彼氏ができない 彼氏できない 彼氏なし 彼氏作る方法 彼氏優先 彼氏欲しい 往復はがき 後悔 復縁 復縁したい 心理 心配 忙しい 忙しい彼氏 応募 性格 性格美人 恋 恋愛 恋愛したくない 恋愛しない 恋愛上手 恋愛下手 恋愛効果 恋愛対象 恋愛感情 恋愛相談 恋愛観 恋愛諦め男子 悩み 意味 意識 愛される女 愛される女性 愛を感じない 愛情表現 感情 感想 態度 成就 手作り 手紙 手続き 手首 抜けない 押し花 持ち物 指輪 指輪をくれない 振られた 捨てる 掃除機 接し方 換気扇 整理 断り方 新婚旅行 方法 方角 既婚 既婚女性 既婚男性 既婚者 日にち薬 旦那 早い結婚 春 時短 暴言 書き方 服 服装 期日 期限切れ 未使用 末路 本命 本気 本音 条件 東京 柔らかい印象 楽勝 欲しい 正しい 段階 母 母親 毛穴 気づかない 気になる 気持ち 気難しい男性 決め手 沈黙 沖縄 泊まる 法事 注意 注意点 注文 洗い方 洗顔 流行 浮気 浮気される女 浮気の心理 浮気対策 浮気男 浴衣 清潔感 準備 焦る 片思い 特徴 独身 独身女性 理想 理由 甘えたくなる 生地 生活感 生涯独身 男 男友達 男女 男心 男性 男性から 男性心理 異性 異性の友だち 疲れた 痛い 癒やし系 発展しない 目 直し方 相手 相談 着こなし 着付け 着物 知性 短い 確定 確率 確認方法 磨き 社会人 社会人男性 社内恋愛 祖母 神社 種類 突然 立ち直り方 立ち直る方法 第一印象 節約 簡単 糸 素敵な女性 素材 紫 細い 紹介 結婚 結婚が怖い 結婚しない 結婚できない 結婚の条件 結婚前の浮気 結婚式 結婚祝い 続かない 美人 美容室 美容院 美意識 職場 職場恋愛 肌 肩幅 肩掛け 脈あり 脈アリサイン 脈なし 腹筋 自信がない 自信ない 自分 自分らしい 自分大好き 自分磨き 興味がない 色 花 花束 花柄 苦手 苦手な男性 落ちない 落とす 虫 行動 街コン 裏技 見た目 見分け方 見極め方 覚悟 解消 言ってくれない 言わない 言われた 言葉 許す 許す理由 許せない 詰まり 話し方 話し方が優しい 誘うコツ 調べる 貯金 資格 賢い女性 赤ちゃん 赤口 足 辛い 返信 返信がない 送り方 連絡 連絡がこない 連絡がない 連絡なし 運命の人 運転用 過ごし方 違い 違和感 遠距離 遠距離恋愛 選び方 部屋 重い女 重ね付け 金持ち 金持ちになる 長続き 関係修復 隠れ 雰囲気 電子レンジ 電気代 電話に出ない 青 非モテ女子 面接 靴 音信不通 頭のいい男性 頼み方 顔 顔のパーツ 風呂 食事 食事会 高い 高収入 高学歴 高校生 髪型 髪飾り 魅力 黄色 黒 甥っ子や姪っ子のお宮参りに行くのは楽しみでもありますよね。 かわいい甥や姪の大切な行事に一緒できるのは嬉しいことです。 ですが、いざ行くとなると困るのが服装です。 両親でもないし祖父母でもないという立場ですから、正装をするとオーバーのような感じもしますし、だからといって普段着ではあんまりです。 周りから浮いてしまうと居心地も悪いでしょう。 どの程度の服装にしたら良いのかがわからなことと思います。 七五三の服装には正式な決まりなどはありません。 ですが、神社で行われる行事ですから、神様に敬意を表す服装であることが望ましくなります。 七五三のような場面においては、両親など他の人たちは礼装をしていることがほとんどです。 叔母の立場であっても、お宮参りでは礼装又はそれに近い服装が良いでしょう。 フォーマルな服装やあらたまった服装をすると考えてください。 一緒に行く親族たちの服装と合わせることも大切です。 最近では礼装までしないケースも多いようです。 一緒に行く人たちがカジュアルな服装をしているのに、叔母だけが礼装をするのも気がひけますよね。 一緒に行く人たちの服装に合わせることも大切です。 いきなり礼装を用意するのではなく、お宮参りの前に服装についても相談しておくことをおすすめします。 叔母としてお宮参りに行くなら、スーツかワンピースの服装がおすすめ 姪っ子や甥っ子のお宮参りに行くときは礼装が基本になります。 では実際にどのような服装が良いのかがわからない場合もありますよね。 結婚式に着るような服装ではパーティーぽさがありすぎますし、お葬式っぽくなるのも避けたいところです。 叔母の服装は、両親や祖父母よりも格が上の服装は避けるようにしてください。 礼装よりは準礼装又はそれにあった服装が良いでしょう。 お宮参りの叔母の服装にはスーツ又はワンピースをおすすめします。 七五三の主役は当然ながら甥っ子や姪っ子になります。 次いでその両親、祖父母となるので、叔母なら少し控えめなくらいでバランスが良くなります。 主役たちよりも派手になりすぎないこと、目立ちすぎないように注意してください。 スーツやワンピースならキチンとした格好になりますし、目立ちすぎる心配もありません。 仕事で使うようなスーツは堅くなりすぎますので、フレアースカートのスーツやワンピスなどを選び、少し華やかさを感じられる服装が良いでしょう。 お宮参りに着ていく丁度よい服がないのなら、持っている服でキチンと見える服装をするようにしてください。 カジュアルな洋服であっても、組み合わせや着こなしで周りとバランスが取れる服装にすることもできます。 トップスには襟がついたブラウスを選んでください。 白いブラウス、又は白に近い淡い色や控えめなストライプなどでも大丈夫です。 ボトムはパンツでもスカートでも好きな方で大丈夫ですが、カジュアルになりすぎないことを意識して選んでください。 パンツならフルレングスのものにします。 アンクル丈は避けてください。 スカートなら膝丈が良いでしょう。 長めの丈でも良いですが、ふくらはぎまでとし、足首までくるロングスカートや膝上のミニスカートはよくありません。 日常着でもきちんとした印象の服装をしてください。 アクセサリーもつけすぎじず、パールや控えめなデザインを選び、上品にしあげてください。 お宮参りの際は主役よりも控えめな服装を心掛けよう お宮参りだからといって、主役よりも目立つ服装はしないようにしてください。 七五三の主役はあくまでも甥っ子や姪っ子です。 主役よりも目立つ服装にする必要はありません。 また、甥っ子や姪っ子の両親、祖父母よりも控えめであることも大切です。 叔母という立場を意識した服装を心がけてください。 礼装が必要でも、叔母が着物を着るのは避けてください。 甥っ子や姪っ子の両親、祖父母が洋服を着るのに叔母が着物を着てしまっては、主役の親と勘違いされてしまいます。 両親や祖父母が着物を着る場合でも、叔母はスーツやワンピースが良いでしょう。 着物を着るのなら、着物の格にも注意をしてください。 着物には格があります。 主役の両親や祖父母よりも格上の着物を着てはいけません。 叔母だからといって、カジュアルな服装も良くありません。 周りは礼装をしていますので、カジュアルすぎると場違いになってしまいます。 一緒に行く人達と服装を合わせ、少し控えめなくらいがちょうど良くなります。 主役である甥っ子や姪っ子の他に小さな子どもが一緒に行く場合も考えられますよね。 その場合は、その子どもたちも面倒をみることも考えてください。 きちんとしつつも、少し動きやすい格好の方が良い場合もあります。 お宮参りの時期や作法についても知っておこう お宮参りは赤ちゃんの成長を祈るための大切な行事です。 七五三が有名ですが、初めてのお宮参りは生後1ヶ月の頃にあります。 正式には男の子なら生後31日目、女の子なら生後32日目というしきたりがありますが、生後まもない日ですから、赤ちゃんと母親の体の都合などを考慮して日にちを選ぶと良いでしょう。 寒さが厳しい冬なら春を待って暖かくなってからという人もいます。 七五三のお宮参りは、お子さんが3歳、5歳、7歳になるときにその成長を祝って行いますが、お子さんの性別によっても違いがあります。 3歳の場合は男の子と女の子の両方、5歳は男の子のみ、7歳は女の子のみとなります。 地域によっては男の子は5歳のみというところもあるようです。 七五三はかつては11月15日に行われていいましたが、最近では日にちにこだわらず、11月15日に近い土日に行われることが多いようです。 お宮参りで神社を訪れたら、鳥居をくぐる前に神社に向かって会釈をします。 鳥居を抜けたら、まずは手水舎で身を浄めてください。 柄杓に水をくんだら、最初に左手から浄め、次に右手を浄めます。 最後に左手の手のひらに水をため、その水を口に含んで口の中も浄めてください。 神殿の前ではます最初に鈴を鳴らます。 神殿に向かって2回礼をし、2回手を叩きます。 最後にもう一度神殿に向かって礼をしてください。

次の