時候 の 挨拶 7 月 上旬。 7月の時候の挨拶例文集・上旬中旬下旬に適した季語選び

7月の時候の挨拶!上旬・中旬・下旬ごとの例文と結び文100選!

時候 の 挨拶 7 月 上旬

7月の時候の挨拶:書き出し例文集 7月の上旬 初旬 、中旬、下旬に使える、 時候の挨拶 時候のあいさつ 、 季節の挨拶文 季節のあいさつ文 、 季語を用いた季節の言葉の例文です。 7月の上旬 初旬 向け時候の挨拶• 夜空にかかる美しい天の川を仰いでは、よしない夢に思いをはせている今日この頃です。 じっとりと汗ばむ蒸し暑さに閉口する毎日が続きます。 梅雨さなかですが、真夏のような日差しが照りつけています。 久しぶりにのぞいた青空はまさに夏のものでした。 夏の日盛りに木陰の恋しい季節となりました。 晴天続きで夏本番かと思っていましたら、また梅雨空に逆戻りでがっかりです。 梅雨寒が続くところから、今年は冷夏に終わりそうな様子です。 梅雨が例年になく長引き、うっとうしい日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 ようやく梅雨が明けたばかりですのに、早くも近年にないほどの猛暑におそわれております。 夏空がひときわまぶしく感じられる季節となりました。 白南風が、ようやく梅雨明けの知らせを届けにやってまいりました。 七夕の短冊にお願いごとをしたのがなつかしい季節となりました。 梅雨が明けたとたんこの猛暑、体調などくずされてはいらっしゃいませんか。 憂うつな梅雨も明け、青空がひときわ爽快に感じられる今日この頃です。 海開き、山開きの時期を迎え、いよいよ本格的な夏の到来となりました。 梅雨というのに雨が少なく、夏場の水不足が気がかりです。 暦の上では暑中に入りましたが、本格的な暑さはまだ少し先のようです。 7月の中旬向け時候の挨拶• 例年にないこの猛暑、いかがおしのぎになっていらっしゃいますか。 雷鳴とともに激しい雨が降りました。 恐らくこれで梅雨明けでないでしょうか。 梅雨明けと共に猛暑が到来していますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。 街行く人に日焼けした肌が目立つ夏真っ盛りの候となりました。 夏の日盛りに木陰の恋しい季節となりました。 炎暑の日が続き、いささかバテ気味の毎日です。 お元気ですか。 今年も盛大に暑気払いといきましょうか。 大暑と申しますとおり、今日は暑さの絶頂を思わせる一日でした。 日の暮れかかる頃には、夕顔が白い花を咲かせる季節となりました。 あじさいの大きな花房が、雨を受けていっそう鮮やかに咲き誇っております。 夏はまだ始まったばかりだというのに、うだるようなこの暑さに早くも音を上げております。 炎暑続きの毎日に、突然の白雨で心地よい涼を得られました。 ほおずき市に参りましたところ、大変な人出でにぎわっておりました。 今日この頃のこの炎暑、いかがおしのぎでしょうか。 お伺い申し上げます。 この夏の暑さは格別でございますが、ご健勝にてお過ごしですか。 暑さ厳しき折ではございますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。 今年は冷夏とのことで、お陰様で例年になく過ごしやすい日々が続いております。 盛夏のみぎり、皆様にはますますご活躍のことと存じます。 7月の下旬向け時候の挨拶• 酷暑の中、久しぶりの雨で草木が息を吹き返したかのようです。 アスファルトもとろけてしまうような猛暑。 いかがおしのぎでしょうか。 今年もまた、海に山に忙しい日々となりそうです。 日照り続きの毎日に、外出もひかえがちとなっております。 近年では珍しい炎暑に、そろそろ水不足が心配されております。 連日息もつけぬ厳しい暑さが続いておりますが、つつがなくお過ごしでしょうか。 夜空に響く花火の音に、ふとなつかしく童心にかえったりなどしております。 炎天下にひまわりの花がたくましく咲いています。 汗をかいた後のビールがたまらなくおいしい季節となりました。 ふるさとの夏祭りがなつかしく思い出される季節となりました。 酷暑のみぎり、庭先のおじぎ草のかわいらしい姿に心をなごませています。 夕立のあとの涼風が心地よい今日この頃です。 連日寝苦しい夜が続いておりますが、お障りなくお過ごしでいらっしゃいますか。 夏祭りのおはやしがどこからか聞こえてきそうな季節となりました。 学校が夏休みに入り、朝から近所の子供の元気な声が響いています。 はや大暑を迎え、暑さもいっそう厳しくなってまいりました。 熱帯夜続きで熟睡ができずにまいっている昨今です。 >>すべての月の例文集.

次の

時候の挨拶で7月に使える時候の挨拶を上旬・中旬・下旬毎に解説

時候 の 挨拶 7 月 上旬

7月の時候の挨拶を入れるメリット ビジネスメールや手紙は、用件を分かりやすくまとめ、読む側の負担にならないように配慮するのが基本です。 そのために、決まった書式や、テンプレートなどが用意されていることが多いようです。 ですが、例えば皆さんが、大切な取引先へ書く場合を想像してみてください。 宛先とタイトルを入れ、用件を書き、署名を入れて送信するだけでは、事務的で物足りない印象がありませんか?そこで、ぜひ、時候の挨拶をビジネスメールの中に取り入れてみましょう。 普段は事務的な印象になりがちなビジネスメールに、時候の挨拶を入れる事により、読み手側を気づかうような、柔らかな印象を与える事が出来ます。 その意味で ビジネスシーンで大切とされるクッション言葉と同じような役割を果たします。 ぜひ実践して、他の手紙やビジネスメールと差を付けましょう。 そもそも時候の挨拶ってなに? 本来、時候の挨拶とは日本の文化独特のものであり、手紙やはがきを書く時の文章の冒頭に、現在の季節に合った挨拶を入れる礼儀文のことを指します。 また、時候の挨拶には、その季節に合った季語を入れる事が決まりになっています。 決まりとして、時候の挨拶は、文章の冒頭の頭語の後に入れ、それとセットで、文章の末尾に結びの文章を入れます。 それでは、実際に7月での例を見ながら実際に解説して行きます。 7月の時候の挨拶を入れた手紙やメールの構成 手紙やメールは以下のような構成にすると素敵な文章になります。 時候の挨拶• 時候の挨拶の結び• 結語 1.頭語という「こんにちは」の意味の言葉を入れる 頭語で一般的に使われるのは、以下のような言葉です。 「拝啓」• 「拝呈」• 「啓上」 2.7月の時候の挨拶を入れる 7月の時候の挨拶は• 「梅雨明けの候」• 「向暑の候」• 「仲夏の候」• 「盛夏の候」• 「大暑の候」• 「炎暑の候」• 「酷暑の候」• 「猛暑の候」 などの季語が一般的です。 この季語の後に、挨拶文を続けます。 ここで使う挨拶文は、以下のような普段使っているビジネス用の挨拶文で構いません。 「貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 「〇〇様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。 「平素は格別なご高配を賜りまして厚く御礼申し上げます。 」 3.用件を書く ビジネスでもプライベートな相手でも日頃の感謝の気持ちを丁寧に書いていきます。 相手を思いやる気持ちは文章でもしっかり伝わるので気持ちを込めてしたためましょう。 4.7月の時候の挨拶の結びの文章を入れる• 「暑さ厳しき折り、皆様のご健康をお祈りいたします。 「時節柄、くれぐれもお身体ご自愛下さい。 」 5.最後に結語という「さようなら」の意味の言葉を入れる 結語で一般的に使われるのは、以下のような言葉です。 「敬具」• 「敬白」• 「拝具」 実は、季語にはもっと細かな分類があります。 7月だけでも初旬、中旬、下旬それぞれに合った様々な季語があります。 また、挨拶文に関しても、もっと丁寧で個性的な表現が強くなるものもたくさんあります。 ですが冒頭でも書きましたが、あくまでも、時候の挨拶の入った手紙やビジネスメールであることは忘れないようにしましょう。 仕事で忙しい相手先のことを考え、 端的に用件を伝える内容に時候の挨拶はちょっとした心づかいを添えるものです。 なので、余り細かくは考え過ぎずに、シンプルにまとめる方が、より親切なものとなります。 ですが、季語の使用にはくれぐれも、気を付けましょう。 季節にそぐわない間違った季語を使ってしまうと、せっかくの時候の挨拶が台無しになってしまいます。 下記に7月の初旬、中旬、下旬に合った季語を使った、時候の挨拶を紹介します。 7月初旬の時候の挨拶• 梅雨明けの候、〇〇様にはますますご壮健のこととお慶び申し上げます。 向暑の候、皆々様お健やかにお過ごしのご様子、なによりと存じます。 「梅雨明けの候」と「向暑の候」は、7月初旬に合った時候の挨拶です。 また 「小夏」という言葉も、この時期にあった季語になります。 7月中旬の時候の挨拶• 仲夏の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。 盛夏の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。 「仲夏の候」は、まさに夏の暑さの半ばに合った季語を使った、7月中旬に使える時候の挨拶です。 また 「盛夏の候」は、同じく7月中旬に合った時候の挨拶ですが、7月中を通して使う事が出来ます。 7月下旬の時候の挨拶• 大暑の候、貴社いよいよご隆盛のことと存じます。 猛暑の候、皆様にはいよいよご清栄のこととお慶び申し上げます。 「大暑の候」「猛暑の候」は、日本の季節を表す二十四節気の「大暑」が7月23日頃にあたる事から、その時期やそれ以降の7月下旬に合った時候の挨拶になります。 年によっては、気温が上がらない涼しい夏であったり、逆に猛暑の夏であったり、その時々で体感する暑さも変わって来ますよね。 また、地域によっても7月の暑さの体感も変わって来ます。 そんな時は、ぜひ 「冷夏」や「炎暑」などの、暑さを表現する季語を使い分けてみましょう。 時候の挨拶の結び文も同様です。 季節にそぐわない季語を使わないように気を付けましょう。 7月の時候の挨拶の結び文も、いくつか例を紹介します。 7月の時候の挨拶の結び文の例• 梅雨明けの暑さひとしおでございますが、くれぐれもご自愛下さい。 暑さ厳しき折り、くれぐれもお身体をご自愛下さい。 本格的な夏を迎えました。 皆様のご健康をお祈りいたします。 暑さ厳しき折柄、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 通常のメールと7月の時候の挨拶が入ったメールを比べてみる それでは、実際に同じ用件で作成した、通常のメールと7月の時候の挨拶を入れたメールを比べてみましょう。 以下の例は、見積もりの依頼をするメールの内容です。 (株)〇〇〇 営業部の〇〇でございます。 早速ではございますが、先日ご提案いただきました案件につきまして ぜひ一度、弊社から費用についてのお見積りをいただきたきたくお願い申し上げます。 ご多忙中恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。 (2.時候の挨拶) (株)〇〇〇 営業部の〇〇でございます。 早速ではございますが、先日ご提案いただきました案件につきまして ぜひ一度、弊社から費用についてのお見積りをいただきたきたくお願い申し上げます。 ご多忙中恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。 (3.用件) 暑さ厳しき折り、皆様のご健康をお祈りいたします。 (4.時候の挨拶の結び) 敬具(5.結語) いかがでしょうか。 同じ内容の文章の冒頭と末尾に、時候の挨拶を入れただけで、事務的な印象のビジネスメールから、ちょっとした心づかいや配慮が感じられませんか? 時候の挨拶は事務的な印象を和らげる、クッションのような役割も感じられますよね。 また、これらは元々、電子メールが普及する前から、書面でのビジネス書簡のやり取りでも使われていましたので、ビジネスマナーの一つとしても重視される大切なものです。 また、 ビジネスメールだけでなくもちろんビジネス書簡や手紙へも応用が出来ますので、ビジネススキルの一つとして、マスターしておくのが良いでしょう。 忙しい7月のビジネスシーンにこそ時候の挨拶を使ってみましょう 毎日が忙しい、ビジネスメールの送受信。 数ある電子メールの中で、形式ばかりの文章のやり取りだけでは、読み手の気持ちを惹きつけることは難しいでしょう。 きっと、似たような大量のメールの中に、埋もれてしまう事もあるかも知れません。 そこでぜひ、この7月の時候の挨拶を取り入れた手紙やビジネスメールを使ってみてください。 ちょっとした心づかいひとつで皆さんのメールが読み手に取ってより印象深いものになりますよ!.

次の

7月の時候の挨拶例文集・上旬中旬下旬に適した季語選び

時候 の 挨拶 7 月 上旬

みなさんにとって、7月はどんな季節でしょうか。 学生なら夏休みが始まり、社会人にとっては夏休みまだもう一分張り、と言ったところでしょうか。 梅雨が終わり、本格的な夏の到来を告げる季節となるのが7月です。 また、お盆に向けての挨拶や暑中見舞いを送る時期でもあり、手紙を書く機会も増えるのが7月です。 そこで気になってしまうのが時候の挨拶です。 7月にふさわしい時候の挨拶とはどんなものがあるのでしょうか。 7月にぴったりな時候の挨拶をビジネスで使えるフォーマルな挨拶、親しい相手に使えるやわらかい口語調の時候の挨拶と別けてご紹介します。 どんな言葉を選んだら良いのか、詳しく見ていきましょう。 7月上旬・初旬の時候の挨拶 7月上旬・初旬は夏とはいえまだ全国的には梅雨のシーズンです。 7日前後に相手に届くのであれば七夕と言った季節感のある言葉や、梅雨や雨と言った言葉を選ぶと良いでしょう。 フォーマルな時候の挨拶 ・梅雨の候、みぎり、折 ・梅雨晴れの候、みぎり、折 ・七夕の候、みぎり、折 ・星祭の候、みぎり、折 ・長雨の候、みぎり、折 ・小暑の候、みぎり、折 季語の後に続く言葉は、候、みぎり、折のどれでもかまいません。 口語調の時候の挨拶 ・梅雨明けが待ち遠しい季節です ・暦の上では夏ですが、本格的な暑さはもう少し先のようです ・長雨が続きますが、いかがお過ごしでしょうか ・町のあちこちに七夕飾りが揺れています ・庭の紫陽花が見ごろを迎えました 口語調の時候の挨拶は、やわらかい印象で親しい相手に手紙を書く際にぴったりです。 身近にある季節ならではの草花や行事などを季語として使いましょう。 7月中旬の時候の挨拶 7月中旬は早いところでは梅雨明けの時期ですが、地域によってはまだ梅雨が明けていない地方もあります。 「梅雨明け」と言う時候の挨拶を使うときは、しっかり確認してからにしましょう。 フォーマルな時候の挨拶 ・梅雨明けの候、みぎり、折 ・仲夏の候、みぎり、折 ・暑中の候、みぎり、折 ・驟雨 しゅうう の候、みぎり、折 驟雨とは、突然降り出す雨のことで、にわか雨のことを言います。 口語調の時候の挨拶 ・やっと梅雨の季節が終わりました ・いよいよ夏がやってきます ・もうすぐ夏休みです ・暑い日が続きます ・朝顔の季節となりました ・海が恋しい季節になりました ・ビールが美味しい季節がやってきました 夏本番、と言った時候の挨拶が7月中旬らしくておすすめです。 7月下旬の時候の挨拶 ・盛夏の候、みぎり、折 ・大暑の候、みぎり、折 ・炎暑の候、みぎり、折 ・猛暑の候、みぎり、折 ・酷暑の候、みぎり、折 ・炎夏の候、みぎり、折 いかがでしょうか。 文字を見ているだけで7月の暑さが想像できそうな言葉ばかりが並びます。 口語調の時候の挨拶 ・うだるような暑さが続きます ・寝苦しい日々が続きます ・蝉の声が響く季節になりました ・いよいよ夏本番を迎えます ・向日葵が見事な季節になりました ・例年にない厳しい暑さが続きます ・連日の真夏日ですが、体調はいかがでしょうか ・子どもたちは夏休みに入りました 夏休みや、蝉など身近で夏を連想させる時候の挨拶が、7月下旬にはぴったりです。 ビジネスでの7月の時候の挨拶の例文 ビジネスでの時候の挨拶は、今まで紹介してきたフォーマルな時候の挨拶を使いましょう。 7月上旬・中旬・下旬で時候の挨拶を使い分けてください。 時候の挨拶の後には、相手の安否を気遣う挨拶を続けるのが一般的です。 7月に使える時候の挨拶に続けて、安否の挨拶までを例文としてご紹介します。 ・盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 ・大暑の候、貴社におかれましてはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 ・暑中お見舞い申し上げます。 ・仲夏のみぎり、みなさまにおかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 内容別7月の時候の挨拶の例文 何かを頂いたときのお礼状や、ビジネスでお世話になったときのお礼状など、ケースごとに7月の時候の挨拶を取り入れた挨拶文をご紹介します。 商談などのお礼状 盛夏の候、貴社ますますご発展のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご愛顧を賜り、深く感謝申し上げます。 さて、先日はわたくしどものためにお時間を頂きましたこと誠にありがとうございました。 貴社からの貴重なご意見をいただき、さらに精進していく所存です。 まずは書面にてお礼申し上げます。 面接のお礼状 大暑の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 このたびは、お忙しいところ貴重なお時間を頂きまして、誠にありがとうございました。 面接で貴社の説明を伺って、ますます貴社で活躍したいという気持ちが強くなりました。 貴社の一員となれましたら、精一杯努力する所存です。 取り急ぎ、書面にてお礼申し上げます。 物を頂いたときのお礼状 暑い日が続きますが、体調など崩していませんか。 こちらは家族一同、元気でおります。 さて、この度は結構なものを頂ましてありがとうございます。 さっそく、みんなでおいしく頂きました。 まだまだ夏はこれからですが、熱中症などにはお気をつけください。 案内状 いよいよ夏本番を迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか。 この度、ささやかではございますが亡き父を偲ぶ会を開かせていただこうと考えております。 お忙しいとは思いますが、ご家族様一同でお越しいただければと思います。 学校 学校では保護者向けへ出す手紙と、子ども向けに出す手紙の2種類があります。 保護者向けと子ども向け、両方の7月の時候の挨拶の例文をご紹介します。 保護者向け 暑さ厳しき折、いかがお過ごしでしょうか。 保護者のみなさまには、日ごろより本校PTA活動に多大なるご協力・ご支援を賜り、心より感謝申し上げます。 ぜひご出席くださいますよう、お願い申し上げます。 学級通信 梅雨も明け夏休みが近づいてきました。 みんなが楽しみにいている夏休みですが、規則正しい生活を心がけましょう。 いつも通りに起きて、朝の涼しいうちに宿題を済ませてしまうのが先生のおすすめです。 宿題が終わったら、夏休みにしかできないことを思いっきり楽しみましょう。 夏休み明けに、みんなが成長している姿を見るのを楽しみにしています。 7月の結びの時候の挨拶 結びの挨拶とは文章を締めくくる終わりの挨拶のことです。 せっかく素敵な内容の手紙を書いても、終わり方がイマイチでは印象が良くありません。 7月ならではの素敵な結びの時候の挨拶をご紹介します。 フォーマルな結びの時候の挨拶 ・炎暑が続きますが、貴社の更なる発展を心よりお祈り申し上げます。 ・暑さ厳しき折、くれぐれもご自愛ください。 口語調の結びの時候の挨拶 ・気温が安定しない時期ですが、お体に気をつけてください。 ・本格的な夏を迎えましたが、くれぐれも体調管理にはお気をつけください。 ・暑さの厳しい日が続きますが、お互い大好きなビールで夏を乗り切りましょう。 ・夏休みにはそちらへ伺います。 会えるのを楽しみにしています。 夏本番へ向う季節感を大事にしよう.

次の