アダル と サイト 請求 画面 対処。 請求画面の削除方法、5つの対処とワンクリック請求の手口

突然表示されたアダルトサイトの請求画面で詐欺被害に遭わないための対処法

アダル と サイト 請求 画面 対処

こうしたケースは、「ワンクリック料金請求」、「ワンクリック詐欺」、あるいは「ワンクリック架空請求」とも呼ばれます。 サイトの利用契約が成立するためには、料金が明示された上で利用の意思確認が行われる必要があります。 利用の意思や申込内容を確認する措置が取られていない場合は、契約自体が不成立である可能性が高いです。 下記の情報を参考にしてください。 (ご参考) 国民生活センター『あわてないで!! クリックしただけで、いきなり料金請求する手口』 国民生活センター『クリックでパソコン画面上へ自動的に請求書が作成される手口』 あたかも個人情報を取得済みであるような文言で支払いを迫るケースがほとんどですが、パソコンでネットサーフィン中に偶然アクセスしたのであれば、入会登録処理されたというサイト側で把握出来るのは主にネットワークに関する情報(IPアドレスや利用しているプロバイダ名、使用しているOSやWebブラウザのバージョン情報など)に限られ、個人を特定出来る情報はありません。 ワンクリック料金請求業者が、これらの情報を基にプロバイダに対して個人情報を開示するよう求めたとしても、プロバイダが個人情報を開示することは有り得ません。 メールアドレスを知られている場合でも同様です。 基本的には無視し続けていれば良いと思われます。 しかしながら、料金を支払う必要があるのか心配で、法的な相談をしたい方は、お近くの消費生活センターや国民生活センター、もしくはお住まいの自治体の無料弁護士相談などへご相談ください。 万が一、サイト側からしつこい請求などを受けるようでしたら、最寄りの警察機関にも相談されることをお勧めします。 (ご参考) 全国の消費生活センター(下記リンク先は国民生活センターのホームページ内です) 国民生活センター インターネットホットライン連絡協議会 都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧 なお、裁判所等の公的な機関から書類が郵送されて来た場合は、無視すると不利益を被る場合がありますので、所在地や連絡先をNTTの電話番号案内 104 などで確認した上で、訪問や電話するなどにより当該機関に直接問い合わせてください。 消費生活センターや国民生活センター、弁護士、弁護士会、警察機関等に相談してみるのも良いでしょう。 パソコンに不正プログラムが埋め込まれた恐れがある場合の対応 最近ではスパイウェアなどの不正プログラムによって、パソコンから勝手にメールアドレス情報を盗み取られて料金支払督促メールが送られてくる事例も報告されています。 メールアドレスを相手に知らせた覚えが無いのに、料金支払督促のメールが送られてくる• いつの間にか、デスクトップ上に「請求書」などというアイコンが貼り付いている• インターネットに接続していなくても、定期的に料金請求画面が出現する といった症状がある場合は、スパイウェアなどの不正プログラムがお使いのパソコンに埋め込まれている可能性が高いため、まずは、最新の状態にしたウイルス対策ソフトでウイルスチェックを実施してください。 もしウイルス対策ソフトをお持ちでない場合、インターネットに接続してホームページを見ることが可能であれば、下記のサイトでウイルスチェックを実施してください(無償)。 もしウイルスが検出された場合は、ウイルスの名称やファイル名、発見場所などをご連絡いただければ、適切な処置方法についてご案内が可能です。 ウイルスチェックサイト トレンドマイクロ(トレンドマイクロ オンラインスキャン) シマンテック(Symantec Security Check) マカフィー(McAfee Security Scan Plus) 3. 今後のセキュリティ対策.

次の

アダルトサイトから高額請求が!? 最新の詐欺事例と対処法を解説!

アダル と サイト 請求 画面 対処

パソコンの画面上に、アダルトサイト ワンクリック詐欺サイト などの不正サイトの 料金請求画面が表示されるようになってしまった場合、その料金請求画面の表示を 消す方法はちゃんとあります。 アダルトサイトで誤ってクリックしてしまっただけ なのに、料金請求画面や登録完了画面が何度も出てくるのは本当に迷惑ですし、 実際に料金を支払う必要はありません。 アダルトサイトの料金請求画面を消す方法は、 いつくかあります。 このページでは、画面上にしつこく表示される 料金請求画面の 消し方 料金請求画面を消す方法 を説明しています。 あの請求画面を二度と出て こないように消せますので、消えなくて焦っている方は安心してください。 【料金請求画面を消す方法にはいくつかあります。 】 パソコンを立ち上げるたびに料金請求画面が随時表示されて困っている方は、 ちゃんと請求画面を消す方法があります。 請求画面を消すには、いくつか方法が ありますので、自分のパソコンレベルに合った方法を選んでください。 請求画面を消す方法その1(パソコン初心者向け) これはパソコン初心者向けの方法です。 パソコン初心者の方には、簡単に駆除できる無料の駆除ソフトがありますので、 こちらを使用することをおすすめします。 下記のサイトに行って、 無料の駆除ソフトをダウンロードして使いましょう。 請求画面を消す方法その2(パソコン中級者向け) これはパソコン中級者向けの方法です。 システムの復元機能を使用し、料金請求画面が表示される前の状態に パソコンを戻します。 これで、請求画面は表示されなくなります。 請求画面を消す方法その3(パソコン中級者向け) コンピュータウイルスからパソコンを守るためのセキュリティソフトが インストールされている パソコンに入っている 場合、セーフモードでパソコン PC を 起動した後に、セキュリティソフトでスキャンを実行し、請求画面を表示させている 悪質なプログラムを駆除します。 これで、請求画面は表示されなくなります。 もし、セキュリティソフトがパソコンにインストールされていない人は、 高機能の無料セキュリティソフトがありますので、そちらの使用をおすすめします。 下記のサイトに行って、無料のセキュリティソフトをダウンロードして使いましょう。 セキュリティソフトをパソコンに入れておけば、 インストールしておけば 、 インターネットをしていても、セキュリティソフトがコンピュータウイルスから しっかりとパソコンを守ってくれるので安心です! 請求画面を消す方法その4(パソコン上級者向け) パソコン上級者ならば、もはや消す方法を説明する必要はないと思いますが 笑 、 スタートアップやレジストリやシステム構成(msconfig)などを調べ、 請求画面を表示させている悪質なプログラムを見つけて削除したり、 タスクマネージャを起動させて、請求画面を表示させている常駐プログラムを突き止め、 削除すればOKでしょう。 最近は、不正請求業者側も アダルトサイトの請求画面を 表示させるプログラムの作者 も、請求画面表示プログラムを削除しても、別の場所に 隠してあるプログラムで消されたプログラムを再度復活させるような手口を 使ってたりしますが、パソコン上級者なら、その辺も簡単に突き止められるでしょう。

次の

アダルトサイトを通じて架空請求の被害に…被害に遭ったときの対処法や対策とは|【NTTドコモ】ネットトラブルあんしんサポート

アダル と サイト 請求 画面 対処

アダルトサイト請求でよくあるワンクリック詐欺は絶対に無視! 最初にワンクリック詐欺の特徴をお話します。 もし以下の点に該当するのであれば、相手の目的は金銭を巻き上げることか個人情報を抜き取ることです。 間違っても連絡を入れたり、お金を支払ったりしないようにしましょう。 ワンクリック詐欺とは ワンクリック詐欺とは、メールやウェブページに記載されているURLをクリックすると、いきなり契約完了といった画面が表示され、多額の利用料金を請求してくる詐欺のことです。 利用者のIPアドレスを表示して個人情報を奪ったように見せかけたり、身元調査をすると言ったような脅し文句を並べたりしてくるので、何も知らずに出くわしてしまうと、ただただ恐怖心を煽られるばかりです。 しかし、 ワン クリックで契約が成立することはありませんので、基本的には無視してOKです 無視してはいけない場合に関しては後述します。 焦って表示されているURLをクリックしたり、メールアドレスや電話番号を教えたりしないようにしましょう。 ワンクリック詐欺の目的は? お金を奪い取る ワンクリック詐欺の目的は『お金を奪い取る』『個人情報を集める』の2つ。 怖くなってお金を振り込まなければと思ってしまいがちですが、 振り込んだからと言って相手からの要求がとどまる保証はありません。 むしろその後もいいカモにされるのがオチ。 お金を払うのだけは絶対にやめましょう。 個人情報を集める 契約した覚えのない方はこちらまでご連絡くださいと言った旨の文句がサイトの一部に表示されていることがあります。 高額な請求に怯んで連絡したくなるかもしれませんが、それこそがワンクリック詐欺を仕掛ける側の目的です。 連絡してしまうとメールアドレスや電話番号が相手側に知られるため、執拗に請求が来たり、リスト化されて他の悪徳業者に個人情報を売られたりしてしまいます。 ワンクリック詐欺は断固無視しましょう。 請求を無視しても良い理由は 架空請求を無視していい理由は、法的に契約が成立していないから。 契約には申込みと承諾2つのプロセスが必要です。 クリックする前に「こういう契約を締結します、よろしいですか?」と相手からの申込みがないので、承諾も成立しません。 民法上利用料金を支払わないでいい根拠として次のようなものがあります。 民法第95 条 意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。 ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。 簡単に言うと、勘違いによる契約は無効になるということです。 表意者に重大な過失があったときには無効を主張できないとありますが、たった一度のクリックは重大な過失には当てはまりません。 ワンクリック詐欺のパターンは 一度クリックしただけで料金を請求される 上記のようなページが表示され、ENTERの部分を押すと架空請求のページに飛ばされます。 ENTER以外にも、『はい』や『入口』などの表現が使われていることもあります。 通常ENTERを押しただけで契約が成立することはないので、このようなページが表示されたらワンクリック詐欺を疑いましょう。 請求額が法外 上記のページでENTERをクリックすると、次のようなページに飛ばされます。 動画を見るだけで98,800円という金額は明らかに法外です。 また、50,000円程度と払えないことはない金額に設定されていることもあります。 また、支払い期限が短期なのも特徴です 料金名の一例 架空請求の料金名は『有料サイト登録料』『アダルトコンテンツ利用料』『デジタルコンテンツ利用料』など、さまざまなバリエーションがあります。 しかし、料金の詳細には触れていない特徴があります。 IPアドレス等が表示される お客様の登録情報といった名目で、あなたのIPアドレスやプロバイダなどが表示されることがあります。 パソコンに詳しくない人は個人情報が抜かれたと思って不安になるかもしれませんが、誰でもやり方がわかれば簡単にIPアドレスを取得できます。 詐欺業者がIPアドレスから個人情報を特定することはできないので、ご安心ください。 料金の支払いが確認できない場合、法的手段に出ます• 身辺調査を行います• 取り立てに伺います といった表現で、利用者の不安を煽ってくるのもワンクリック詐欺の特徴です。 アダルトサイトの架空請求が来た場合の対処法 アダルトサイトの架空請求が来たら、まずは冷静になることです。 基本的には無視してOKなので、問い合わせをして不用意に個人情報を漏らしたり、お金を支払ったりしないようにしましょう。 無視するのが基本 契約は双方の合意がなければ成立しません。 支払い義務がないので、脅し文句で不安になったとしても放置しましょう。 IPアドレスから個人情報を取られることもありまあせんので、取り立てが来ることもありません。 焦らないで大丈夫です。 お金は払わないでよい 契約が成立していないのでお金は払わないで大丈夫です。 もし払った場合も法律上は返してもらってもよさそうですが、相手は最初からだまし取るのが目的なので、戻ってくるとは考えないほうがよいでしょう。 ですので最初から絶対にお金を支払わないこと。 利用規約をよく見る このようなページが表示されたときに、ページ下部に小さく利用規約が表示されていることもあります。 登録料が50,000円発生しますと言ったように、あまりにもメチャクチャなことが書いてあれば十中八九ワンクリック詐欺です。 不用意にリンクなどをクリックしない 架空請求のページに記載されているリンクを不用意に押さないようにしましょう。 アプリやゲーム、ウイルス対策ソフトに見せかけてワンクリックウェアをインストールさせられることがあります。 メールや電話で問い合わせない 身に覚えのない方はお手数ですがこちらまでご連絡くださいと書いてあり、メールや電話で問い合わせできる様になっています。 先にもお話したように、個人情報を集めることもワンクリック詐欺の目的なので、二次被害を起こさないよう注意しましょう。 怪しげなサイトからダウンロードやインストールをしない 架空請求をされた段階では個人情報を盗まれたわけでないので無視して大丈夫です。 しかし、 不用意に怪しいサイトからインストールをしてしまうと、ワンクリックウェアに侵入され個人情報を盗まれる場合があります。 セキュリティソフトをインストールする 何度も登録完了のページが表示されたり、動作が重くなったり、今まではなかった広告が表示されたりした場合はワンクリックウェアに感染している恐れがあります。 放置すると個人情報を抜かれてしまうので、ウイルス対策ソフトをインストールし駆除することをおすすめします。 警察か国民生活センターに問い合わせる どうしても不安な方や、個人情報を漏らしてしまった方、料金を支払ってしまった方はかに相談しましょう。 請求を無視してはいけない2つのパターン 例外として、ワンクリックウェアに感染した場合と、裁判所から書類が届いた場合は放置してはいけません。 ワンクリックウェアとは ワンクリックウェアとは、料金請求の画面を定期的に表示させるソフトウェアのことです。 電話番号やメールアドレスと言った個人情報を抜き取られるおそれがあるので、放置してはいけません。 ワンクリックウェアはどこから侵入してくる? ワンクリックウェアの侵入経路には以下あのようなものがあります。 『お使いの動画プレイヤーは古いため、最新のものに更新してください』と表示がありインストールさせられる• アプリや動画に扮してインストールさせられる• 『あなたのパソコンがウイルスに感染しました。 駆除するにはこのウイルス対策をインストールしてください』と表示がありインストールさせられる 怪しげなサイトからはアプリ、動画、ウィルスソフトなどを含め、何もインストールしないことです。 ワンクリックウェアの対策は まず大前提としてアダルトサイト経由で何かをインストールしないことです。 すでにインストールしてしまった場合は、ウイルス対策ソフトやアプリをインストールしましょう。 パソコンやスマホは個人情報の塊ですから、あらかじめ対策しておくことをおすすめします。 裁判所から書類が届いた場合も無視してはいけない 裁判所から『特別通達』と書かれた書類が届いたときは無視してはいけません。 名前と住所がわかれば誰でも民事訴訟を起こすことができます。 無視すると必然的に裁判で負けたことになりますので、財産を差し押さえられてしまいます。 しかし、裁判所の真似をしてさらなる個人情報を引き出そうとしている場合もあります。 書類に書かれている連絡先が本物の裁判所のものか確認したり、裁判所に問い合わせて自分の手続きが本当に進行しているのかを確認したりしましょう。 まとめ いかがでしたか?ワンクリックでされたアダルトサイトからの請求は基本的に無視してOKです。 そもそも法的に契約が成立していないため、あなたがお金を支払う義務はありません。 ただし、ワンクリックウェアに感染した場合と裁判所から書類が届いた場合は無視してはいけません。 本文で述べた対策をしていきましょう。 今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、への加入がおすすめです。 何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。 そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。 弁護士費用保険メルシーに加入すると 月額2,500円の保険料で、 ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。 もちろん労働問題に限らず、自動車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。 (補償対象トラブルの範囲はからご確認下さい。 ) ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

次の