名古屋地方裁判所。 全国の裁判員裁判の最新日程をお知らせします|裁判員ネット/「あなたが変える裁判員制度」

お知らせ:名古屋地方裁判所本庁

名古屋地方裁判所

Contents• 交通アクセス• 市営地下鉄名城線 市役所駅 5番出口経由 から西へ徒歩10分 市営地下鉄鶴舞線 丸の内駅 1番出口経由 から北へ徒歩10分 市営地下鉄桜通線 丸の内駅 1番出口経由 から北へ徒歩15分 市営地下鉄鶴舞線 浅間町駅 1番出口経由 から東へ徒歩12分 名鉄瀬戸線 東大手駅から西へ徒歩15分• 市営バス 名駅14系統等 名城病院バス停から西へ徒歩4分 市営バス 幹名駅1系統等 外堀通 西 バス停から北へ徒歩5分• JR・名鉄・近鉄名古屋駅桜通口からタクシーで約10分 約2. 5km• 名古屋高速都心環状線 丸の内出口から北へ約700m 裁判所構内の駐車スペースは限られていますので,できる限り公共交通機関をご利用ください。 より 裁判を傍聴するための手順 裁判を傍聴するのに、事前申込などの特別な手続きは必要ありません。 公開の法廷で行われる裁判は、誰でも傍聴できます。 また、どの法廷でも自由に入れます。 (ただし、傍聴希望者が多い場合には、傍聴券が必要な場合があります) 裁判を傍聴できる曜日・時間 裁判が行われるのは、土日祝日と年末年始を除く、平日のみです。 (とはいえ、夏季休暇中は裁判官が交代でお休みを取られたり、弁護士のお休みの都合もあるので数は少ない傾向にあります。 ) 裁判の時間は通常、平日の10:00~12:00頃までと、13:10~17:00頃までに行われています。 もし時間があれば、お昼を裁判所で食べるとして(地下に食堂があります)、1日空けておくと、余裕を持って複数の裁判を見ることが出来ます。 裁判の傍聴に必要な持ち物 メモと筆記用具。 傍聴席は、学校の視聴覚室のような両隣との位置が近いイスが並んでいます。 コンパクトにメモが取れるように、私はA5サイズのリングノートとボールペンを持参しています。 裁判所へ入るには 名古屋地方裁判所は、南側に正面玄関があります。 正面玄関前には警備員の方が1人立っていらっしゃいます。 会釈などして扉から入ります。 扉を入ってすぐの場所に、鍵付きの傘立てがあります。 法廷で傘を持ち歩くのは不便なので、ここに預けておくと便利です。 手荷物検査を受ける 続いて、一般傍聴者にはエックス線を用いた手荷物検査機があります。 保釈中の被告が裁判所に刃物を持ち込む事件が相次いだことを受け設置されたそうです。 方法は、空港の保安検査場にある手荷物検査と同じ。 ケータイ、お財布、鍵などの金属類が入った手荷物を検査用のかごに入れ、金属探知機でチェックを受けている間に、ヒトは手ぶらで金属探知機のゲートをくぐります。 ゲートをくぐる速度が早すぎると、やり直しになりますのでご注意ください。 また、傘を持ち込んだ場合、問題がないかどうか傘を開いてチェックされます。 なお、ケータイやカメラの持ち込みで止められることは、まずありません。 (ただし、法廷や開廷表など撮影不可エリアがありますし、一度裁判所に入るとどこであっても撮影している人は見かけません。 ) 開廷表を見て、裁判のスケジュールをチェックする 無事に手荷物検査を通過すると、次に向かうのは「開廷表」が並んでいるカウンターです。 「開廷表」とは、その日に行われる裁判の予定が書かれたものです。 インターネット公開はされていません。 当日裁判所へ行くと、当日行われる裁判スケジュールのみ見ることができます。 より 正面玄関から入って左側が法廷棟、右側が事務棟です。 法廷棟の奥(エレベーター前の柱の奥)に、カウンターがあり、その上に「開廷表」が置かれています。 穴あきファイルに何枚かのコピー用紙が挟まれているものです。 ファイルは地裁(民事2冊・刑事2冊)、高裁(民事と刑事で1冊)の5冊に分かれています。 民事裁判…日常生活で起こる法律上の争いを判断すること。 刑事裁判…被疑者の犯罪の有無と刑罰を判断すること。 「開廷表」は自由に閲覧できますので、傍聴したい裁判を選びます。 撮影ができないので、紙のメモ帳などにスケジュールを書き留めることになります。 撮影していないのを監視するためか、カウンターの目の前に、警備員の方が1人座っていらっしゃることが多いです。 法廷の名前は、第401号法廷、第1104号法廷のように番号で記されています。 第401号法廷なら4階の部屋(法廷)、第1104号法廷なら11階の部屋(法廷)で行われます。 裁判所構内における注意事項、禁止事項 1 服装を整え,静かに傍聴する。 2 はちまき,ゼッケン,たすき,腕章,その他これに類するものを着用しない。 3 大きな荷物,危険な物,旗,プラカードなどを持ち込まない。 4 みだりに席を離れたり,発言や拍手など裁判の進行を妨げるような言動をしない。 5 携帯電話は,入廷する前に電源を切るか又はマナーモードにし,法廷内で使用しない。 6 裁判長の許可なく撮影,録音又は送信をしない。 7 裁判長及び裁判所職員の指示に従う。 より 証人尋問の宣誓時には、「ご起立ください」と言われますので、傍聴人を含めて全員が起立して宣誓します。 座ったままでいると、起立を促されます。 (一部刑事では傍聴人全員の起立を求められない場合も) ケータイはマナーモードでも、静かな法廷では音が気になるので、私は法廷に入る前に電源を切っています。 裁判中の法廷に途中から入る場合 裁判には、審理の途中であっても入れます。 法廷の傍聴人入口の扉口の真上に「開廷中」と赤く表示されている場合は、裁判が行われています。 扉には法廷の中の様子を伺える小さな小窓があるので、中を確認してから(満席だと入れない)音を立てないよう、静かに入室します。 何の話か分からなくてもじっと傍聴 裁判で書類を証拠として示す場合「甲第1号証、乙第2号証」のような呼ばれ方をします。 基本的には双方が手元で書類を確認するに留まり、傍聴人に見せたり説明することはありません。 なので、何の話かよく分からなくても裁判が進行していくシーンは少なからずあります。 (ただ、プロジェクター付の法廷で証拠写真が映し出されることはありました。 ) 刑事裁判の「新件=初公判」は、事件の概要が説明されるので比較的理解しやすいように思います。 一方、民事裁判の「第1回弁論」は、当事者不在で代理人と弁護士が提出書類の確認だけで瞬く間に終了してしまうことも。 裁判所の地下1階の食堂でお昼を食べる 地下1階には食堂があります。 食券を購入するスタイルで、大学の食堂のような雰囲気です。 お茶やお水はセルフです。 メニューは日替わり定食はじめ、豊富な種類から選べます。

次の

「名古屋地方裁判所本庁」不動産競売物件情報一覧

名古屋地方裁判所

概要 [ ] 煉瓦・鉄筋コンクリート造で、を基調とする3階建ての。 1922年に、および名古屋を1つの(名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎)にまとめるために建設され、戦後も、名古屋高等・地方・簡易裁判所庁舎として利用され、長らく中部地方における司法の中心であった。 1979年の裁判所移転に伴い取り壊されるところであったところ、保存を望む声を踏まえて、名古屋市により、保存修理等の工事を経て内のとして利用されるとともに同資料館により保存・公開されることとなった。 1984年5月には、本建物(玄関、中央階段室および三階会議室以外の内装を除く。 )が国のに指定されている。 所有者は。 日本全国に8つ建設された控訴院のうち、庁舎が現存するのは名古屋控訴院(本建物)と札幌控訴院()のみである。 様式・構造 [ ] 3階建ので、玄関ポーチおよび正面中央の塔屋を有する。 赤い煉瓦と白い花崗岩の外壁、緑色の上屋銅板、屋根の黒いスレートが組み合わさった荘重で華やかなを基調とする官庁建築。 内部の意匠は基本的には簡素であるものの、2階と3階を吹抜けとした中央階段室はの窓や塗り・塗りによる仕上げが施されており、3階会議室とともに優れた意匠として知られる。 構造は煉瓦壁と鉄筋コンクリート造の梁や床を組み合わせたもの。 煉瓦造としては最末期の大規模であり、日本の近代建築における大正末期の建築物の特徴を忠実に備えている。 沿革 [ ] 本建物の沿革は概ね以下のとおり。 1918年4月:着工。 1922年9月:竣工。 「名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎」に。 1947年5月:施行に伴い、名古屋高等・地方・簡易裁判所庁舎に。 1959年9月:により大きな被害。 修理の際、屋根は銅板葺きに。 1976年12月:および、名古屋簡易裁判所の移転に伴い本建物を取り壊す計画に対し、本建物の保存を望む声が起こる。 1977年10月:、本建物の保存方法等について検討開始。 1978年12月:文化庁、本建物の保存について現地調査。 1979年3月:名古屋高等裁判所および名古屋地方裁判所三の丸一丁目へ移転。 「旧名古屋高等・地方裁判所庁舎」と呼ばれるように。 1980年10月:名古屋市、本建物の利用について検討させるため、「旧名古屋高等・地方裁判所庁舎利用計画検討会」を設置。 1981年3月:同検討会、名古屋の政治・経済・文化に関する文献など、資料の収集、保存、展示及び市民の文化活動の場を提供する施設とすることが望ましい旨を答申。 1982年6月:名古屋市、本建物を資料館として利用するための具体的な方策を検討させるため、「資料館計画検討委員会」を設置。 1982年11月:同委員会、本建物を文化遺産として保存、公開する部分と再利用する部分とに分けるなどの具体的計画を報告。 1984年1月:名古屋市、に本建物につき指定を申請。 1984年3月:名古屋市、との間で本建物を対象とする国有財産無償貸付契約を締結。 1984年5月:文部大臣、本建物を「旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎」の名称で27条1項による国の重要文化財に指定。 名古屋市、「名古屋市資料館(仮称)整備計画」を決定。 1984年8月:、文化財保護法32条の2第1項の規定により、名古屋市を本建物の管理団体に指定。 1984年10月:本建物の重要文化財としての保存修理実施設計の調査、設計図書の作成のため調査工事を実施。 1984年12月:名古屋市、改修方針を検討のうえ具体的な改修工事の方法を審議させるため、「名古屋市資料館(重要文化財旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎)改修委員会」を設置。 1985年4月:再利用のための一般改修工事実施設計開始• 1985年12月:解体・危険防止のため、保存修理第一期工事開始• 1986年6月:保存修理第一期工事終了。 1986年1月:名古屋市、文化庁長官に重要文化財旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎の現状変更許可を申請。 1986年3月:文化庁長官、文化財保護法43条1項の規定により現状変更許可• 1986年7月:保存修理第二期工事開始。 1987年1月:名古屋市、常設展示計画案を検討させるため「展示企画懇談会」を設置。 1987年6月:同懇談会、名古屋市資料館常設展示計画案を答申。 1987年9月:名古屋市、常設展示基本計画決定。 1985年6月:名古屋市、常設展示実施設計に必要な事項の調査研究を行わせるため、「名古屋市資料館展示企画委員」を設置。 1989年4月:名古屋市、名古屋市市政資料館条例を公布。 1989年10月:同条例施行により、設置。 1989年6月:保存修理第二期工事終了。 常設展示製作開始。 1989年9月:常設展示製作終了。 1989年10月:名古屋市市政資料館開館。 1991年11月:国有財産の所管の東海財務局から文化庁への移転予定を踏まえ、文化庁長官に土地等の国有財産使用許可を申請。 1992年3月:国有財産の所管の東海財務局から文化庁への移転に伴い、国有財産法18条3項および19条の規定による国有財産使用許可。 1918年から1922年の建設工事の概要 [ ] 設計監督は当時の営繕課が行い、司法技師の(工事計画総推主任)と(設計監督工事主任)が主任として工事を担当した。 1985年から1989年の保存修理等の工事の概要 [ ] 1985年12月から1989年6月にかけて行われた工事の概要は以下のとおりである。 保存修理工事• 構造補強工事(概要)• 3階煉瓦頂部:を廻す。 中央階段室背面煉瓦壁など:垂直・水平・斜め方向に鉄筋を入れを注入し壁自体の強度を高める。 階段室外部の東・西露台:天井を支え小屋組の崩壊を防ぐための控壁を新設。 中央階段室2階の独立煉瓦造柱:柱内部に鋼管を入れて耐震補強。 木造小屋組:重ね梁や継ぎ手のボルトにより補強。 復原修理工事(概要)• 屋根:昭和34年の伊勢湾台風により大きな被害を受け銅板葺きに変えられていたが、創建当時の天然スレート葺きに復原し、中央塔屋の銅板は全て葺き替え。 外観:建物西側入口の庇、窓回りの復原、北側別館との渡り廊下・東中庭の渡り廊下の一部を復原し、タイル・人造石塗り・石貼り・磨き煉瓦などを修理。 3階会議室(重要文化財の内装指定):天井・壁の漆喰塗り、腰壁の羽目板、シャンデリアを修理するとともに、天井・壁の貼紙、じゅうたん、カーテン設備を復原。 中央階段室:天井・壁の漆喰塗り、腰回り・床のリグノイド塗、天井・壁のステンドグラスをそれぞれ修理し、鉄製手摺格子、階段室回りの柱上部のマーブル塗りを復原。 以上のほか、増築された室を撤去、煉瓦壁・鉄筋コンクリート造り床の亀裂を樹脂注入などにより補修、避雷設備および自動火災報知設備を設置。 市政資料館としての利用のための工事(概要)• 内装工事• 空調設備・電気設備の改修• 屋内消火栓設備・エレベーター設備の新設 本建物の現状 [ ] 本建物は、現在、名古屋市の公文書館の役割を果たす名古屋市市政資料館として利用されており、その現状は概ね以下のとおりである。 展示内容等については、を参照。 1階 資料保管の場としての書庫および収蔵庫、館運営のための電気室および機械室が配置されているほか、留置場1室と便所1室が復原されている。 2階 名古屋市の公文書館として、閲覧室、ビデオ・マイクロリーダー室、資料整理室などが配置されているほか、市民利用施設としての集会室、喫茶室、その他事務室、警備員室、資料研究室などが配置。 3階 常設展示室と市民利用施設としての展示室。 前者においては、建物展示、市政展示および司法展示がなされている。 脚注 [ ] [].

次の

お知らせ:名古屋地方裁判所本庁

名古屋地方裁判所

Contents• 交通アクセス• 市営地下鉄名城線 市役所駅 5番出口経由 から西へ徒歩10分 市営地下鉄鶴舞線 丸の内駅 1番出口経由 から北へ徒歩10分 市営地下鉄桜通線 丸の内駅 1番出口経由 から北へ徒歩15分 市営地下鉄鶴舞線 浅間町駅 1番出口経由 から東へ徒歩12分 名鉄瀬戸線 東大手駅から西へ徒歩15分• 市営バス 名駅14系統等 名城病院バス停から西へ徒歩4分 市営バス 幹名駅1系統等 外堀通 西 バス停から北へ徒歩5分• JR・名鉄・近鉄名古屋駅桜通口からタクシーで約10分 約2. 5km• 名古屋高速都心環状線 丸の内出口から北へ約700m 裁判所構内の駐車スペースは限られていますので,できる限り公共交通機関をご利用ください。 より 裁判を傍聴するための手順 裁判を傍聴するのに、事前申込などの特別な手続きは必要ありません。 公開の法廷で行われる裁判は、誰でも傍聴できます。 また、どの法廷でも自由に入れます。 (ただし、傍聴希望者が多い場合には、傍聴券が必要な場合があります) 裁判を傍聴できる曜日・時間 裁判が行われるのは、土日祝日と年末年始を除く、平日のみです。 (とはいえ、夏季休暇中は裁判官が交代でお休みを取られたり、弁護士のお休みの都合もあるので数は少ない傾向にあります。 ) 裁判の時間は通常、平日の10:00~12:00頃までと、13:10~17:00頃までに行われています。 もし時間があれば、お昼を裁判所で食べるとして(地下に食堂があります)、1日空けておくと、余裕を持って複数の裁判を見ることが出来ます。 裁判の傍聴に必要な持ち物 メモと筆記用具。 傍聴席は、学校の視聴覚室のような両隣との位置が近いイスが並んでいます。 コンパクトにメモが取れるように、私はA5サイズのリングノートとボールペンを持参しています。 裁判所へ入るには 名古屋地方裁判所は、南側に正面玄関があります。 正面玄関前には警備員の方が1人立っていらっしゃいます。 会釈などして扉から入ります。 扉を入ってすぐの場所に、鍵付きの傘立てがあります。 法廷で傘を持ち歩くのは不便なので、ここに預けておくと便利です。 手荷物検査を受ける 続いて、一般傍聴者にはエックス線を用いた手荷物検査機があります。 保釈中の被告が裁判所に刃物を持ち込む事件が相次いだことを受け設置されたそうです。 方法は、空港の保安検査場にある手荷物検査と同じ。 ケータイ、お財布、鍵などの金属類が入った手荷物を検査用のかごに入れ、金属探知機でチェックを受けている間に、ヒトは手ぶらで金属探知機のゲートをくぐります。 ゲートをくぐる速度が早すぎると、やり直しになりますのでご注意ください。 また、傘を持ち込んだ場合、問題がないかどうか傘を開いてチェックされます。 なお、ケータイやカメラの持ち込みで止められることは、まずありません。 (ただし、法廷や開廷表など撮影不可エリアがありますし、一度裁判所に入るとどこであっても撮影している人は見かけません。 ) 開廷表を見て、裁判のスケジュールをチェックする 無事に手荷物検査を通過すると、次に向かうのは「開廷表」が並んでいるカウンターです。 「開廷表」とは、その日に行われる裁判の予定が書かれたものです。 インターネット公開はされていません。 当日裁判所へ行くと、当日行われる裁判スケジュールのみ見ることができます。 より 正面玄関から入って左側が法廷棟、右側が事務棟です。 法廷棟の奥(エレベーター前の柱の奥)に、カウンターがあり、その上に「開廷表」が置かれています。 穴あきファイルに何枚かのコピー用紙が挟まれているものです。 ファイルは地裁(民事2冊・刑事2冊)、高裁(民事と刑事で1冊)の5冊に分かれています。 民事裁判…日常生活で起こる法律上の争いを判断すること。 刑事裁判…被疑者の犯罪の有無と刑罰を判断すること。 「開廷表」は自由に閲覧できますので、傍聴したい裁判を選びます。 撮影ができないので、紙のメモ帳などにスケジュールを書き留めることになります。 撮影していないのを監視するためか、カウンターの目の前に、警備員の方が1人座っていらっしゃることが多いです。 法廷の名前は、第401号法廷、第1104号法廷のように番号で記されています。 第401号法廷なら4階の部屋(法廷)、第1104号法廷なら11階の部屋(法廷)で行われます。 裁判所構内における注意事項、禁止事項 1 服装を整え,静かに傍聴する。 2 はちまき,ゼッケン,たすき,腕章,その他これに類するものを着用しない。 3 大きな荷物,危険な物,旗,プラカードなどを持ち込まない。 4 みだりに席を離れたり,発言や拍手など裁判の進行を妨げるような言動をしない。 5 携帯電話は,入廷する前に電源を切るか又はマナーモードにし,法廷内で使用しない。 6 裁判長の許可なく撮影,録音又は送信をしない。 7 裁判長及び裁判所職員の指示に従う。 より 証人尋問の宣誓時には、「ご起立ください」と言われますので、傍聴人を含めて全員が起立して宣誓します。 座ったままでいると、起立を促されます。 (一部刑事では傍聴人全員の起立を求められない場合も) ケータイはマナーモードでも、静かな法廷では音が気になるので、私は法廷に入る前に電源を切っています。 裁判中の法廷に途中から入る場合 裁判には、審理の途中であっても入れます。 法廷の傍聴人入口の扉口の真上に「開廷中」と赤く表示されている場合は、裁判が行われています。 扉には法廷の中の様子を伺える小さな小窓があるので、中を確認してから(満席だと入れない)音を立てないよう、静かに入室します。 何の話か分からなくてもじっと傍聴 裁判で書類を証拠として示す場合「甲第1号証、乙第2号証」のような呼ばれ方をします。 基本的には双方が手元で書類を確認するに留まり、傍聴人に見せたり説明することはありません。 なので、何の話かよく分からなくても裁判が進行していくシーンは少なからずあります。 (ただ、プロジェクター付の法廷で証拠写真が映し出されることはありました。 ) 刑事裁判の「新件=初公判」は、事件の概要が説明されるので比較的理解しやすいように思います。 一方、民事裁判の「第1回弁論」は、当事者不在で代理人と弁護士が提出書類の確認だけで瞬く間に終了してしまうことも。 裁判所の地下1階の食堂でお昼を食べる 地下1階には食堂があります。 食券を購入するスタイルで、大学の食堂のような雰囲気です。 お茶やお水はセルフです。 メニューは日替わり定食はじめ、豊富な種類から選べます。

次の