三菱 電機 ライフ サービス 株式 会社。 三菱プレシジョン

福利厚生

三菱 電機 ライフ サービス 株式 会社

1966年6月 TRW社と宇宙分野の技術の実施権及び技術交換契約 期間10年間 を締結。 1968年2月 科学技術庁宇宙開発推進本部の宇宙開発計画に参画、同分野のシステム・エンジニアリング作業を開始。 1968年4月 資本金5億円とする。 1970年3月 丸の内の三菱電機ビルより、現在の浜松町の世界貿易センタービルに本社を移転。 1974年10月 TRW社との合弁事業契約を終了。 1976年6月 三菱スペース・ソフトウエア株式会社と社名を変更。 1978年7月 製造部門の拡充発展に伴い、鎌倉分室 現、鎌倉事業部 を開設。 1982年4月 通信制御分野へ進出。 1984年5月 通信制御分野事業の拡大に伴い、関西地区の拠点として通電分室 現、関西事業部 を開設。 1986年7月 防衛システム技術分野へ進出。 1988年4月 システム研究所 現、鎌倉事業部 を開設。 「H-Iロケットの開発」の功績により日刊工業新聞社選定「第17回日本産業技術大賞・内閣総理大臣賞」を受賞。 1988年5月 筑波分室 現、つくば事業部 を開設。 1988年12月 通商産業省 当時 よりシステムインテグレータとして認定。 1989年1月 関連会社「日本アドバンス・テクノロジー株式会社」を設立 1990年5月 有人宇宙システム株式会社に資本参加。 1991年 カーナビゲーションシステム分野へ進出。 1992年10月 システム運用センター 現、鎌倉事業部 を開設。 1993年 DNA情報管理利用システム分野へ進出。 1994年 ETC ElectronicTollCollection システム分野へ進出。 1995年 防災システム分野へ進出。 1995年4月 情報エンジニアリングセンター 現、つくば事業部 を開設。 1998年6月 つくば、鎌倉、関西、三事業部体制を導入。 2000年 ゲノム解析及びSI(システムインテグレーション)事業の拡大。 2000年3月 ISO9001認証取得。 2000年7月 東京地区にSE拠点を設置。 2002年11月 新衛星ビジネス株式会社に資本参加。 2003年 セキュリティ分野、インターネット・通信分野へ進出。 2003年4月 ISO14001認証取得。 2004年4月 東京事業部 当時 を開設し、東京、つくば、鎌倉、関西、四事業部体制を導入。 2006年4月 JISQ15001/プライバシーマーク認定取得。 2007年3月 創立45周年。 2008年10月 営業本部体制を導入。 2009年4月 東京事業部を再編し、つくば、鎌倉、関西、三事業部体制を導入。 2010年10月 中部地区 名古屋 に営業拠点を設置。 2012年2月 中部分室 現中部事業所 を開設。 2012年3月 創立50周年 2013年4月 中部地区 名古屋 に中部事業所を開設。

次の

三菱プレシジョン

三菱 電機 ライフ サービス 株式 会社

三菱プレシジョン株式会社 Mitsubishi Precision Co. , Ltd. 市場情報 非上場 本社所在地 〒135-0063 3丁目5番7号 イーストタワー13階 設立 事業内容 精密電子機器及び情報処理関連機器の開発、製造、販売及び保守サービス 代表者 代表取締役社長 藤本 聖二 資本金 31億6,725万円 売上高 200億円 (2018年度) 従業員数 876人 (2019年5月末現在) 決算期 3月 主要株主 株式会社 66. ,Ltd. )は、に本社を置く、のなどを製造・販売する系列の製造会社。 概要 [ ] 、航空用電波事業、パーキングシステム事業を行っている。 の企業で、の会員会社である。 沿革 [ ]• 1962年(37年) 4社(三菱電機株式会社、株式会社、株式会社、株式会社(現 株式会社))と米国 の合弁によって設立される。 1970年(昭和45年) 日本初の人工衛星「」の打上げロケット「L - 4S - 5」ロケットの姿勢制御に成功• 1981年(昭和56年) CGI 方式のビジュアルシステムを自社開発• 1988年(昭和63年) との合弁を解消(旧ゼネラル・プレシジョン(General Precision,Inc. ) 1968年にシンガー(The Singer Company)系列になったため社名変更)• 1994年(6年) H - II ロケット試作1 号機の姿勢制御に成功• 1999年(平成11年) 「環境マネジメントシステム」の認証を取得• 2000年(平成12年) 「品質マネジメントシステム」の認証を取得• 2003年(平成15年) の精密測位サービス「PAS」、「PASデータセンター」を開設。 PAS サービスのデータ配信、サポートサービスを提供開始• 2005年(平成17年) 鎌倉事業所 湘南工場を新設(神奈川県鎌倉市)• 2006年(平成18年) 本社を江東区有明に移転• 2007年(平成19年) 初の国産高速回転ホイールとしてGOSAT用リアクションホイールを納入、「情報セキュリティマネジメントシステム」の認証を取得 主な事業 [ ] シミュレーション事業 [ ] 日本で最初にを手がけた会社で、を始め、、など操縦技術の訓練や、また交通系博物館などアミューズメント用の装置を製作している。 また、この技術を応用し実際では困難な実験や、バーチャル的に運用する事などのシミュレーションも行っている。 航空・宇宙・慣性事業 [ ] 慣性機器として加速度計およびジャイロをセンサーとした慣性航法装置、電波機器としてドプラ効果を利用したドプラ航法装置の開発・設計・製造を行っている。 これは、航空機などの搭載機器に使われており、日本初の人工衛星「」にこの技術が使われている。 パーキングシステム事業 [ ] 三菱プレシジョン独自の駐車場システムを開発。 簡単に入庫・出庫ができるチケットレス化や、精算のキャッシュレス化、利用車両を特定管理できる高セキュリティシステムなどを製造している。 主な製品 [ ] シミュレータ [ ]• 訓練用ヘリコプターシミュレータ• 二輪車運転教育シミュレータ• 訓練用電車シミュレータ• 鉄道乗務員研修生用シミュレータ• マイクロシミュレータ• アミューズメント用電車シミュレータ• 起震装置• バーチャルモーション機械 パーキングシステム [ ] 業種、規模、システムから様々な製品がある。 全自動精算システム• 車番認識システム• 割引・認証システム• キャッシュレスシステム• ロック板システム• 車路管制システム• 総合管理システム• 入退場管理システム• バイク駐車システム 脚注・出典 [ ] [].

次の

三菱電機の役員 社長の年収給料まとめ【役員報酬、ボーナス賞与】

三菱 電機 ライフ サービス 株式 会社

1966年6月 TRW社と宇宙分野の技術の実施権及び技術交換契約 期間10年間 を締結。 1968年2月 科学技術庁宇宙開発推進本部の宇宙開発計画に参画、同分野のシステム・エンジニアリング作業を開始。 1968年4月 資本金5億円とする。 1970年3月 丸の内の三菱電機ビルより、現在の浜松町の世界貿易センタービルに本社を移転。 1974年10月 TRW社との合弁事業契約を終了。 1976年6月 三菱スペース・ソフトウエア株式会社と社名を変更。 1978年7月 製造部門の拡充発展に伴い、鎌倉分室 現、鎌倉事業部 を開設。 1982年4月 通信制御分野へ進出。 1984年5月 通信制御分野事業の拡大に伴い、関西地区の拠点として通電分室 現、関西事業部 を開設。 1986年7月 防衛システム技術分野へ進出。 1988年4月 システム研究所 現、鎌倉事業部 を開設。 「H-Iロケットの開発」の功績により日刊工業新聞社選定「第17回日本産業技術大賞・内閣総理大臣賞」を受賞。 1988年5月 筑波分室 現、つくば事業部 を開設。 1988年12月 通商産業省 当時 よりシステムインテグレータとして認定。 1989年1月 関連会社「日本アドバンス・テクノロジー株式会社」を設立 1990年5月 有人宇宙システム株式会社に資本参加。 1991年 カーナビゲーションシステム分野へ進出。 1992年10月 システム運用センター 現、鎌倉事業部 を開設。 1993年 DNA情報管理利用システム分野へ進出。 1994年 ETC ElectronicTollCollection システム分野へ進出。 1995年 防災システム分野へ進出。 1995年4月 情報エンジニアリングセンター 現、つくば事業部 を開設。 1998年6月 つくば、鎌倉、関西、三事業部体制を導入。 2000年 ゲノム解析及びSI(システムインテグレーション)事業の拡大。 2000年3月 ISO9001認証取得。 2000年7月 東京地区にSE拠点を設置。 2002年11月 新衛星ビジネス株式会社に資本参加。 2003年 セキュリティ分野、インターネット・通信分野へ進出。 2003年4月 ISO14001認証取得。 2004年4月 東京事業部 当時 を開設し、東京、つくば、鎌倉、関西、四事業部体制を導入。 2006年4月 JISQ15001/プライバシーマーク認定取得。 2007年3月 創立45周年。 2008年10月 営業本部体制を導入。 2009年4月 東京事業部を再編し、つくば、鎌倉、関西、三事業部体制を導入。 2010年10月 中部地区 名古屋 に営業拠点を設置。 2012年2月 中部分室 現中部事業所 を開設。 2012年3月 創立50周年 2013年4月 中部地区 名古屋 に中部事業所を開設。

次の