高須克弥リコール 署名。 河村たかし市長&高須院長が大須ハガキ配りで密必至!大村知事リコール運動に非難殺到

「知事は支持できない」…“高須院長”らが大村愛知県知事の“リコール請求”へ 吉村知事らも賛同

高須克弥リコール 署名

愛知県の大村秀章知事への解職請求(リコール)運動をアピールするため、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長は28日、名古屋市の河村たかし市長とともに、市内の繁華街でキャンペーンを展開した。 大村氏は、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展で、昭和天皇の写真をバーナーで焼き、その灰を足で踏み付けるような映像作品などの公開を認めた。 高須、河村両氏の「大村氏NO」の訴えに、声援を送る県民も多かった。 本当の力を持つのはみなさんだ。 実現すれば、愛知県民は日本の民主主義の英雄になれます」 高須氏は同日午後、名古屋市中区の大須商店街でこう呼びかけた。 代表を務める政治団体「お辞め下さい大村秀章愛知県知事 愛知100万人リコールの会」の本格始動にあたり、高須氏はリコールの署名を集める「受任者」の募集用はがきを汗だくで配った。 河村氏も応援に駆け付け、「大村氏は、トリエンナーレの負担金を支払えと名古屋市を訴えた。 あまりにむちゃくちゃだ。 みなさん、このはがきに名前を書いてちょーよ」と声を張り上げた。 2人の周りには黒山の人だかりができ、「かっちゃん(=高須氏)頑張れ!」「大村知事は辞めろ!」という大合唱が起こった。 途中、休憩を挟み、2人はスタッフらとはがき計2万枚を1時間半ほどで配った。

次の

河村たかし市長&高須院長が大須ハガキ配りで密必至!大村知事リコール運動に非難殺到

高須克弥リコール 署名

本サイトで「会員登録」された方は 受任者登録済みのため、 下記ハガキを送る必要は有りません。 署名を集めるためには、 まずは受任者に成って下さい。 実際の署名書は8月にお送り致します。 「会員登録」済みの方は 受任者としても登録済みですので、 ハガキを送る必要は有りません。 やろまい愛知県知事リコール お辞め下さい大村 秀章愛知県知事 愛知100万人 リコールの会 会長 高須克弥 「僕は(生まれ育った)愛知県を愛しております」「あいちトリエンナーレでは、英霊を辱めるような作品が公開された。 大村秀章愛知県知事は税金から補助を与えるという。 それが一番許せない」国にとって恥ずかしい、愛知県民にとって恥ずかしい、そういうことをしてくれる知事は支持できない。 新型コロナ対策でも疑念は深まりました。 愛知県のウェブサイトに先月(5月)、感染者490人分の個人情報が誤って掲載される問題が発生した。 個人の微妙な人間関係まで記されていた例もあったそうです。 「個人情報の流出は大変な失態だ。 部下の失態は上司が自ら腹を切って申し訳ないというのが僕らの考える作法だ」。 愛知県民の皆様、世界・全国の方々でも愛知県民のお知り合いをご紹介ください。 現実を知っていただいて、大村秀章愛知県知事解職請求(リコール)を県民(全国)の皆様(愛知県民知人)の声で行動を共にいたしましょう。 令和2年6月2日:河村たかし 名古屋市長訪問写真 左から高須克弥代表、 百田尚樹先生との握手 あいちトリエンナーレの 件につき表敬訪問 設立主旨 【1】あいちトリエンナーレ表現の 不自由展における芸術教育憲法 問題の疑惑• 昭和天皇陛下のお写真をバーナーで焼き下足で踏みつぶす動画の表示許可• 慰安婦像の展示許可• 日本軍人、間抜けな日本人と称する展示許可• 県民・市民・国民の税金(血税)による展示会を、独断開催、展示一時中止後の独断再開と県民・市民・国民(主権在民)の多数反対意見の無視• 名古屋市の負担金未払い結果による、あいちトリエンナーレ会長名での提訴• 新コロナ感染症対策、日本中国難である、新コロナ対策中におけるあいちトリエンナーレ提訴行為 【2】新コロナ対策• 大村秀章知事が2011年の知事選立候補の政策公約で掲げた、中京都構想の推進と、自立する大都市圏に向けた取組については、当選後愛知県民に対しの中京都構想の説明、議論がまったく無いまま放置された事が問題 【4】愛知県と名古屋市財政一体改革・ 減税政策実現性の疑惑.

次の

高須院長 愛知県知事リコール周知へ新聞広告にOKサイン「感謝。なう」(東スポWeb)

高須克弥リコール 署名

美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長は17日、愛知県の大村秀章知事の不信任決議を求める請願書を、愛知県議会に提出した。 高須氏は、芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展への対応をめぐり、大村氏への解職請求(リコール)運動を始めたことも表明している。 議会と有権者に呼びかけて、大村氏に「NO!」を突き付ける意気込みだ。 「税金支出は県民への裏切り。 議会も不信任の気持ちは同じだと思う。 誰かが火を付ける必要がある」 高須氏はこう語った。 請願の理由について、企画展に出展された、昭和天皇の写真をバーナーで焼き、その灰を足で踏み付けるような映像作品などを挙げた。 リコールの署名集めを8月1日に開始するとも明らかにした。 リコール運動をめぐっては、名古屋市の河村たかし市長が賛同を表明しており、17日の県議会への請願も河村市長が代表を務める政治団体「減税日本」の県議が紹介議員となっている。 高須氏は2日、名古屋市内で、作家の百田尚樹氏や評論家の竹田恒泰氏らとともに記者会見を開き、リコール運動の開始を表明した。 芸術祭実行委員会会長としての大村氏の対応に強い不信感を抱いたという。 高須氏のツイッターには、「勇気と行動力を尊敬します」「成就することを願うばかりです」などと賛同の声が寄せられている。

次の