キャベツレシピ 人気メイン。 【厳選】キャベツレシピ人気15選!簡単おすすめ!炒め・スープ・サラダまとめ

キャベツレシピ 人気 1 位は? クックパッドで殿堂入り・話題入り

キャベツレシピ 人気メイン

【目次】• 「食べすぎてしまったあとに食べるべきおすすめ食材が、キャベツ。 キャベツを食べるべき理由は2つあります。 1つめは、食物繊維が豊富なこと。 食物繊維をたっぷり食べておけば腹持ちがよく、次の食事までの間食が抑えられます。 特に、食べすぎたあとは胃が大きくなっているので、キャベツで過食を防ぐというわけです。 2つめは、食べすぎや飲みすぎでダメージを受けた胃の修復。 食べた物を消化するには胃酸が必要になります。 ところが、食べすぎ、飲みすぎてしまうと胃酸過多に。 胃酸は非常に強い酸ですから、過剰に分泌されると胃を傷つけてしまいます」(菊池さん・以下同) 写真/ゲッティイメージズ そこで登場するのがキャベツ特有のビタミンU(キャベジン)という成分だ。 「ビタミンUには胃酸の分泌を抑える働きがあるので、食べすぎや飲みすぎで荒れて弱った胃の粘膜を修復してくれます。 つまり、キャベツを食べれば食欲が抑えられるとともに弱った胃も元気なるのです」 肌荒れの原因の1つは腸内環境の悪化にあるけれど、菊池さんによるとその改善にもキャベツが有効だとか。 「キャベツに豊富に含まれる食物繊維には水溶性と不溶性があります。 キャベツに多いのが不溶性食物繊維。 これが硬い便を柔らかくし、膨らませて排便を促す。 さらに、発がん性物質など有害物質を体外へ排出してくれるので一石二鳥です」とのこと。 「1回の食事で食べるキャベツの量は70gが目安です。 ビタミンCは熱に弱いため、成分を効率よく摂るためには生食がベスト。 さらに、肌つやの維持にはある程度の油分も必要。 ですから、ドレッシングはノンオイルではないものを使いましょう。 また、ノンオイルはほぼ脂肪を含まないため、ダイエットには有効だと思われがちですが、意外に糖分が多いこともお忘れなく」 『キャベツの丸ごとスープ煮』のレシピ 撮影/鍋島徳恭 家庭料理研究家の松田美智子さんが教えてくれた、キャベツを丸ごと使ったレシピがコチラ。 薄力粉適量を、茶こし等を通してキャベツの内側にふっておく。 【2】余分にくり抜いたキャベツはみじん切りにし、塩を少量まぶして15分置き、しっかり水気を切る。 【3】ボウルに豚ひき肉、みじん切りにしたソフトサラミ、生パン粉、溶き卵、ナツメグ、塩、白こしょうを合わせ、【2】も加えて混ぜる。 撮影/鍋島徳恭 【4】キャベツに【3】を少量ずつみっちりと詰める。 途中、まな板等の上に打ち付けて空気を抜きながら、キャベツより2~3cm盛り上がった状態に形成する。 ベイリーフをのせてタコ糸で十字に縛る。 【5】キャベツがすっぽりはいる深鍋に入れ、チキンスープ、白ワイン、クローブの実を加えてふたをして強火にかける。 沸騰したら弱火に落として30分煮込む。 火を切ってふたをしたまま10分置き、キャベツを取り出す。 【6】鍋に残った煮汁を煮詰めてとろみのあるソースにする。 キャベツをケーキのように切って皿に盛り、ソースをかける。 「キャベツと鮭の蒸し焼き」レシピ 「ABC Cooking Studio(エービーシー クッキングスタジオ)」が教える「キャベツと鮭の蒸し焼き」レシピには、免疫力アップ効果も期待! ウイルスや細菌から体を守るための免疫機能の調整に必要な働きを持つビタミンDを摂ることができる鮭やしらす、しめじと、食物繊維が豊富なキャベツを組み合わせている。 1人分あたり、217kcal。 ・【A】は混ぜておく。 ・キャベツはざく切りに。 ・青ねぎは根元を除き、小口切りに。 ・レモンは厚さ5mm位の半月切りに。 《作り方》 【1】フライパンにサラダ油を熱し、鮭を入れ、両面焼き色をつけ、バットに取り出す。 【2】キャベツ・酒を入れ、しんなりしたら【1】を戻し、ふたをして弱火3分ほど蒸し焼きにする。 【3】【2】に【A】を入れからめる。 【4】器に盛り付け、青ねぎをちらし、レモンを添える。 「スパイスキャベツ」レシピ 「ABC HEALTH LABO(エービーシー ヘルス ラボ)」が教えてくれた春キャベツのレシピから、キャベツが主役の副菜をピックアップ。 「スパイスキャベツ」は、キャベツに脂肪燃焼の働きを持つ「クミン」を和えた簡単サラダ。 レーズンでまろやかさをプラスしている。 おにぎりなどに混ぜ込んでかさまししたり、メイン料理に添えていただくのがオススメ。 1人分あたり、178kcal。 《作り方》 ビニール袋に材料をすべて入れ、混ぜ合わせて1時間ほど置く。 「ポーチドエッグサラダ」レシピ 「ABC HEALTH LABO」のレシピから、さらにもう1品。 1人分あたり、237kcal。 ・さやいんげんは、塩茹でしてヘタを切る。 ・ブロッコリーは、花蕾(からい)を小房に分ける。 茎は根元とかたい部分を除き、長めに2等分から4等分に切る。 《作り方》 【1】キャベツ、ブロッコリーの順に茹で、氷水に取って急冷し、水気を切る。 【2】ボウルに【A】を入れてよく混ぜ合わせ、器に盛り付けておく。 【3】熱湯に酢を加えて弱火にし、カップに割り入れた卵を1個ずつ静かに入れる。 【4】卵を2個入れたら中火にしてひと煮立ちさせ、火を止め、ふたをして3分ほど蒸らす。 【5】穴あきお玉で黄身をこわさないように静かに取り出し、ペーパーを敷いたバットの上でしっかり水気を除き、器に盛り付ける。 【6】皿にキャベツ、さやいんげん、ブロッコリー、ポーチドエッグを彩りよく盛り付け、ドレッシングを添える。 同書から、おからパウダーとキャベツを使った「グルテンフリーお好み焼き」のレシピを紹介。 「おからパウダー」と長いもが一体化するので、ざらつきやつぶつぶ感を意識することなく、いつものお好み焼きをヘルシーにいただける。 小麦粉を使った場合に比べて、焼く前の生地の一体感が弱めなので、焼くときはあまり大きくしない方が形よく仕上がる。 1食あたりの食物繊維量は5. 《材料》(2人前) キャベツ(せん切り)…120g 豚肉…30g サラダ油…少々 【A】「おからパウダー」…大さじ5 豆乳…大さじ5 長いも(すりおろし)…50g 卵…1個 昆布だし(粉末)…小さじ1強 【B】お好み焼きソース、かつお節、青のり…適量 《作り方》 【1】【A】をよく混ぜ合わせたら、キャベツを加え、さらに混ぜ合わせる 【2】うすく油をぬったフライパンに豚肉を並べ、その上に【1】を丸くのせて、弱火でじっくり焼く 【3】両面焼いたら、お好みで【B】をかけて完成 写真/長尾浩之 順天堂大学医学部教授の小林弘幸さんが考案した「長生きみそ汁」の作り方や効果をまとめた著書『医者が考案した「長生きみそ汁」』(アスコム)に掲載されているキャベツたっぷりの長生きみそ汁レシピが「キャベツと桜えびのみそ汁」。 1人分あたり69kcal、食物繊維量は2. 《材料》(2人分) 長生きみそ玉…2個、桜えび…大さじ2、キャベツ…大4枚、しょうが…1かけ 《作り方》 【1】キャベツは4cm幅のざく切りにする。 しょうがはせん切りにする。 【2】鍋にしょうが、水300ml(分量外)を入れ、ふたをしてひと煮立ちさせる、キャベツを加え、しんなりとするまで3~4分加熱する。 【3】火を止め、みそ玉を加えて溶かす。 桜えびをちらし、好みでこしょうをふる。

次の

キャベツのレシピ35選!つくれぽ1000以上だけ!人気1位は?大量消費にもおすすめ!メインや簡単サラダなど

キャベツレシピ 人気メイン

キャベツを使った常備菜レシピ特集 キャベツは使い勝手が良く、ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれている野菜です。 さらにキャベツはお肉と一緒に食べると、消化を助けてくれる働きをしてくれます。 ここではお弁当やおつまみのカテゴリーに分けていますが、好きなシーンで使ってくださいね。 キャベツは少し太めの千切りにすることで、食感がよくなります。 コールスローは常備菜として便利なおかずなので、たくさん作っておくと良いでしょう。 お弁当の隙間おかずとして重宝しますよ。 お酢や塩の加減はお好みで調整してみてくださいね。 コーンなどを入れて少し甘味をプラスしても。 常備菜で作り置き!人気のロールキャベツ 出典: この料理は常備菜に人気のレシピです。 キャベツの中にはウインナーとベーコンを入れているため、ひき肉を包むよりも楽にできます。 じっくりと煮込むとキャベツがトロトロになり、甘味が増しますよ。 ソースは野菜ジュースを使用しているのでお手軽に作れるレシピになるでしょう。 しっかりと食べ応えもあり、お弁当に入れると子供たちが喜んで食べること間違いなしです。 常備菜におすすめ!ゆかりdeコールスローサラダ 出典: このおかずはふりかけの「ゆかり」を使用した人気の常備菜です。 千切りしたキャベツを塩揉みし、水気を切っておきます。 あとはコーンとツナを入れて、マヨネーズと砂糖、ゆかりとめんつゆを加えて味を馴染ませて完成です。 ツナの旨味やゆかりの塩味がうまく合わさり、やみつきになるおかずに。 ツナのオイルを入れるとべちゃっとなってしまうので、しっかり切ってから入れるのがポイント。 簡単な常備菜!さっぱりキャベツのツナ和え 出典: このおかずはごま油の香りが良く効いたさっぱりしたレシピです。 ツナが入ることでキャベツがより美味しく食べられます。 キャベツをさっと茹でるのでほんのりと甘味が感じられますよ。 しっかりと水気を切って調味料と合わせていきましょう。 キャベツの芯も捨てずに使用でき、無駄なく使えます。 芯は薄くスライスして火の通りを良くしてくださいね。 作り置きで常備菜!人気の塩だれキャベツ 出典: このおかずは常備菜として人気のレシピです。 キャベツを加熱して水分を切り、調味料を合わせるだけで作れます。 千切りをする時はスライサーを使用すれば均一な太さになり、食感がグッと良くなりますよ。 ごま油をたっぷり使用して香ばしさを出しています。 たくさん作ればお弁当に重宝するでしょう。 レンジで加熱するとキャベツがしんなりして、いくらでも食べられます。 簡単な常備菜に!梨入りコールスローサラダ 出典: このレシピは梨を使用してアクセントをつけた人気の常備菜です。 キャベツと人参は千切りにして塩揉みをしておきます。 しっかりと水分抜いたら梨とかいわれ大根を加え、ポン酢と砂糖、塩胡椒で味を馴染ませれば完成です。 マヨネーズを使用せずポン酢でさっぱり食べるおかずは、ずっと食べていられる美味しさに。 梨のシャキシャキした食感が絶妙な味バランスになっています。 人気の常備菜に!簡単塩だれ春雨キャベツ 出典: このおかずは春雨を加えてボリューム満点に仕上げた常備菜です。 キャベツをたくさん消費できるので、使い切れない時に活用してみましょう。 にんにくの風味も感じられて美味しく食べられますよ。 ささっとフライパンで作れて、お手軽なのでお弁当のおかずにぴったりです。 中華スープの素の塩分によって、塩の量を調整してくださいね。 仕上げにブラックペッパーでスパイシーに。 簡単な常備菜に!キャベツの漬け込みサラダ 出典: このおかずはドレッシングを使用せず、簡単に作れる常備菜です。 キャベツと人参を千切りにして、調味料に漬け込むだけで完成します。 ジップロックや少し浅めの入れ物に入れておくと味が馴染みやすくなりますよ。 このレシピは5分もあればあっという間にできるので、野菜が不足している献立にも重宝します。 コーンを入れると甘味が良いアクセントに。 ヘルシー常備菜!キャベツとささみのゴマサラダ 出典: この料理はささみを加えてヘルシーに食べる人気の常備菜です。 ささみにお酒をふってレンジで加熱すれば固くならずに作れます。 キャベツを茹でてしっとりした食感にしましょう。 めんつゆやマヨネーズで味付けをしているので、やみつきになるおかずに。 これなら子供も喜んで食べてくれますよ。 すりゴマもたっぷりと入れて香ばしく仕上げていきましょう。 人気の常備菜に!美味しいミネストローネ 出典: この料理は野菜をたくさん使用した体に優しい常備菜です。 玉ねぎやキャベツ、セロリなどを入れてじっくりとトマトソースで煮込んでいくだけ。 これなら冷蔵庫に中途半端に余ってしまった野菜たちを使えて便利ですよ。 まとめて作っておけば温め直し、スープジャーに入れてお弁当として持っていけます。 焦がさないように弱火で煮込むのがポイントです。 簡単な常備菜に!キャベツの塩チャプチェ 出典: このレシピは鶏ひき肉や春雨などを一緒に炒めたお手軽な常備菜です。 鶏肉の旨味が感じられて美味しく食べられます。 キャベツの芯を薄くカットすれば、火の通りが早くなりますよ。 栄養バランスの取れたおかずは、お弁当のメインとしても活用できるでしょう。 オイスターソースを少し入れて旨味をアップさせています。 仕上げにネギをちらして召し上がってくださいね。 人気の常備菜!作り置きには温野菜 出典: このおかずは小松菜や人参、キャベツやパプリカなどの野菜を使用した色鮮やかな常備菜です。 あらかじめ常備菜として冷蔵庫に置いておけば、様々な献立に活用できますよ。 色合いが悪くなってしまったお弁当の副菜としても重宝するでしょう。 それぞれの野菜を火にかけるタイミングを測れば、ちょうど良い食感になります。 キャベツは少しシャキシャキ感が残るくらいが良いでしょう。 簡単なキャベツの常備菜!和風コールスロー 出典: このレシピはかつおだしが効いた和風テイストの副菜です。 きゅうりを入れるとシャキッとした食感になり、美味しく食べられますよ。 キャベツや人参、きゅうりは同じような太さに千切りをすると良いでしょう。 塩揉みをしたらしっかりと水分を抜くのがポイント。 そうすることで時間が経っても味がぼやけず美味しく食べられます。 これならキャベツを大量消費できて、余った分を使い切れます。 ツナの旨味がしっかりと全体的に馴染んで絶妙なテイストに。 レシピも難しくないのでぜひ試したい一品です。 おつまみのアテとして簡単にできて、重宝するでしょう。 鰹節も入れているので良い香りが口の中に広がります。 簡単な常備菜に!キャベツとエビの炒め物 出典: このレシピはエビをたっぷり使用した豪華な常備菜です。 たけのこやキャベツを加えて食べ応えのあるおかずになっています。 簡単に味付けができる中華調味料のウェイパーを使用していて、程良い塩味が感じられるでしょう。 フライパンで食材を炒めて調味料を加えるだけなので、あっという間に完成します。 おつまみとして便利な一品に。 レモンを添えて召し上がりましょう。 常備菜の作り置きに!簡単ケバブサラダ 出典: このおかずはいつものコールスローをアレンジした人気の常備菜です。 いつものようにキャベツと人参を千切りにして塩揉みして水分を出します。 あとはツナも加えてマヨネーズとケチャップ、砂糖とお酢、チリパウダーを合わせれば完成です。 お酢が全体的に味を引き締めてくれて、美味しく食べられます。 チリパウダーは好きなだけ入れて、少しピリッとした刺激を与えましょう。 常備菜に!粒マスタードのコールスローサラダ 出典: このおかずはコールスローに粒マスタードを加えた人気の常備菜です。 粒々した食感がアクセントになって美味しく食べられます。 作り方は人参とキャベツを千切りにしてから塩揉みをして水分を良く切ってください。 あとはオリーブオイルとサラダ油、お酢と砂糖、粒マスタードと胡椒を入れて味を馴染ませれば完成です。 しっかりしたテイストになっていて、おつまみにおすすめ。 人気の常備菜!豚バラキャベツのオイスター炒め 出典: このレシピは豚バラの旨味を利用して作る美味しい常備菜です。 キャベツもたっぷり加えればボリュームのあるおかずになります。 オイスターソースや味噌を入れてこってりと仕上げてみてください。 これならお酒のお供としてぴったりなレシピになりますよ。 テフロン加工のフライパンであれば油を引かなくても豚バラから脂が出てきます。 作り置きの場合はしっかりと水分が飛ぶまで炒めてください。 人気の常備菜!豚こまとキャベツのレモポン炒め 出典: このおかずは豚こまとキャベツを使用したさっぱり仕立ての常備菜です。 味付けはポン酢とレモンだけなのでとても簡単に作れます。 レモンはお好みで加えると酸味が増すため、夏にぴったりなおかずになるでしょう。 シンプルなのに美味しいおつまみがあると嬉しくなりますよね。 キャベツは少し大きめにカットすると食べ応えが出ます。 フライパン一つでできるおかずです。 簡単な常備菜に!キャベツの麻婆豆腐 出典: このレシピはいつもの麻婆豆腐に使用する野菜を、キャベツに変えた人気の常備菜です。 調味料に豆板醤や紹興酒などを使用して本格的に仕上げています。 さらに豆豉が入ると旨味が増して麻婆豆腐がぐっと美味しくなりますよ。 仕上げに水溶き片栗粉を入れて食材と調味料を良く絡ませましょう。 辛いのが好きな人は糸唐辛子をたっぷりトッピングすると良いですよ。 常備菜に!オリーブオイルの桜エビコールスロー 出典: このおかずは桜エビの香ばしい香りがたまらない人気の常備菜です。 作り方は簡単でキャベツをみじん切りにして塩揉みし、水分を切っておきます。 あとは桜エビとコーンを入れ、オリーブオイルとお酢、砂糖と醤油、塩胡椒で味を馴染ませましょう。 キャベツをみじん切りにすることで食感も良くなり、食べやすくなりますよ。 桜エビが使い切れない時にもおすすめなレシピです。 人気の常備菜に!キャベツの浅漬け 出典: このレシピは即席でできる簡単な常備菜です。 食材をカットして調味料を加えてレンジで加熱することで、キャベツや人参に味が染み込みます。 お酢の種類はツンとこないようなまろやかな味わいのものがおすすめ。 冷蔵庫に入れておくとさらに味が馴染んで美味しく食べられます。 加熱した直後の野菜はとても熱いので、火傷に注意してくださいね。 常備菜に!鶏肉とキャベツのレモンバター炒め 出典: このおかずはキャベツを千切りにして鶏肉と炒めた美味しい常備菜です。 レモンバターの良い香りがして、食欲がそそる一品に。 あっさりしていそうですが、バターと粉チーズのコクが効いていてしっかりしたテイストです。 キャベツをフライパンに入れてから蒸し焼きにすることで、甘味が増して美味しくなります。 これならちびちび食べられて、お酒との相性も抜群でしょう。 人気の常備菜!豚バラとキャベツの酒蒸し 出典: このレシピはキャベツに豚バラの旨味がしっかりと絡んだ絶品の常備菜です。 あらかじめキャベツを焼き色がつくようにフライ返しなどで押し付けることで、風味や甘味が増して美味しくなります。 あとは豚バラや人参も乗せて酒蒸しにしていきましょう。 梅も入っているので、さっぱりと食べられるレシピです。 人参はピーラーでカットすると薄くなって火の通りが早くなります。 常備菜用に作り置き!美味しいザワークラウト 出典: このおかずは常備菜として定番のレシピです。 白ワインビネガーを使用しているので、お酢と違った酸味が楽しめます。 おつまみにもぴったりで、ビールに良く合う副菜になるでしょう。 白ワインビネガーがない場合は、白ワインとお酢を合わせたものを活用するのもOK。 酸味のあるおかずは疲労回復の効果があるので、夏にたくさん作りたい一品。 キャベツの芯も活用しましょう。 常備菜におすすめ!キャベツのゴマだれ 出典: このおかずはたくさんの調味料を使用して複雑な味わいを出した常備菜です。 キャベツはしっかりと塩揉みして水分を取り、調味料に合わせて良く味を馴染ませましょう。 だし粉も入っていて旨味が感じられる一品に。 副菜としても重宝するので、たくさん作っておくと良いですよ。 塩揉みして水分をしっかり出したいので、時間がある時は30分以上置いておくのがおすすめです。 ここで紹介したレシピはどれも常備菜としておすすめのおかずばかりです。 キャベツは毎日でも食べたいくらい栄養がたっぷり詰まっています。 これらのおかずを常備菜として冷蔵庫に保存しておけば、いつでも美味しく食べられますよ。 キャベツレシピのバリエーションを増やして、毎日栄養を補っていきましょう!.

次の

キャベツの人気レシピ13選|子どもも喜ぶ!メイン料理、サラダ、豚肉と一緒に…などを厳選!

キャベツレシピ 人気メイン

【作れぽ数は2017年8月現在のものです】 SPONSORED LINK おすすめのキャベツレシピを随時追加していくので、ぜひブックマークしておくことをおすすめします! 【厳選】キャベツレシピ人気15選!簡単おすすめ! キャベツのメイン料理レシピ キャベツと鶏むね肉のオイスター炒め つくれぽ4800越えの超人気キャベツレシピ!キャベツの甘みが引き立つ絶品人気レシピです。 材料も作り方もとってもシンプルで簡単なのに、オイスターソースがキャベツの甘みを引き出してくれるのでご飯がすすむキャベツの簡単人気レシピです。 みそとマヨネーズは最強の組み合わせ!みそマヨが鶏肉やキャベツに絡まって箸が止まらないおいしさ!おつまみにもご飯のおともにも最適な一品です。 簡単!キャベツと卵だけでも美味しい中華 つくれぽ5900以上!雑誌にも掲載された大人気キャベツレシピです。 大き目にふんわりと炒り卵を作るのがポイント!とろみをつけるのでキャベツから水分が出ることもありません。 キャベツをたっぷり使うので、シャキシャキとした食感も楽しめます。 お弁当のおかずにも最適な一品です。 ロールキャベツはおいしいけど、ちょっとめんどくさいって思ったことありませんか? このレシピならキャベツをまく必要がなく一緒に煮るだけなので簡単です!子供に大人気でおかわり必死のレシピです。 簡単にロールキャベツを作りたいならこのレシピで決まり! 簡単!キャベツとウインナーのパスタ。 つくれぽ1600越えのキャベツを使った絶品パスタレシピです。 キャベツはパスタのゆであがり前に一緒に入れてしまえばわざわざキャベツだけゆでなくても済むのでお手軽です。 ランチにパパッと作れるので、ぜひお試しあれ。 とろとろふわふわの半熟卵が絶品。 冷蔵庫の残り物でササッと作れるのが嬉しいですよね。 殿堂入りもなっとく!の人気キャベツレシピです。 メインはキャベツ!あさりのさかむし つくれぽ数2300以上の人気キャベツレシピ!テレビでも紹介されたキャベツレシピです。 全部フライパンにいれたらあとは蒸すだけの簡単キャベツレシピ。 材料を混ぜるだけと手順も簡単なので、何回でもリピートしたくなるキャベツレシピです。 とにかくドレッシングがおいしいので、キャベツがモリモリ食べれちゃいます。 ゆで卵の相性も抜群!ぜひ作ってみてくださいね。 ヤミツキ!ツナキャベツ つくれぽ4300越えのやみつきサラダキャベツレシピです。 簡単なのにおいしい!2人分作っても気が付けば一人で全部食べちゃうことも。 ダイエット中のヒトにも嬉しいおすすめの人気ヘルシーレシピです。 キャベツとにんじんのコールスローサラダ。 つくれぽ3300越えのコールスローサラダのキャベツレシピです。 僕も本当によく作るレシピ!多い時は週2で作ってました笑 キャベツを少し炒めることで、より一層キャベツの甘みが引き出されて何倍でも飲めちゃいます。 キャベツがとにかくおいしいので卵はお好みで入れてくださいね。 SPONSORED LINK キャベツとハムのチーズスープ つくれぽ1200以上の忙しい朝にピッタリの簡単キャベツスープです。 材料を細かく切ることで火が通りやすいので時間がかからずにおいしいスープの出来上がり!優しい味なので小さいお子さんにもおすすめの人気キャベツレシピです。

次の