インフルエンザ ワクチン。 インフルエンザ徹底予防!予防接種の効果・自分でできる予防法解説

インフルのワクチンなぜ毎年? 麻疹は一生に2回なのに:朝日新聞デジタル

インフルエンザ ワクチン

インフルエンザが猛威をふるう季節がやってきました。 みなさんはきちんと予防接種を受けていますか? 「予防接種は病院が儲けるためにやっているんでしょ?」「予防接種は副作用が心配……」そう思って予防接種を受けていないあなたは要注意! 「嫌ワクチン論」に染まっているかもしれません。 16世紀のイタリアでは、インフルエンザは天体の影響によって起こると考えられ、イタリア語の「影響」を意味するinfluenzaという名前がつきました。 インフルエンザは、日本では12月から3月にかけて患者が増えます。 最近では、2018年9月から2019年2月の6ヵ月間に、累積の推定患者数が1000万人を超え、総人口の8%以上もの人が感染したと考えられます。 一定期間において、インフルエンザワクチンを接種した人100人と接種しなかった人100人を比べてみます。 Photo by iStock では、ワクチンの有効率を50%とした場合、どのような効果が期待されるのでしょうか。 まず、インフルエンザが流行しても、実際に発症するのは、成人では100人中10人程度なので、インフルエンザの発病率を10%と仮定しましょう。 この条件のもとで、「ワクチン有効率50%」とは、もし100人全員がワクチン接種しなければ発症者が10人になるところ、100人全員がワクチン接種を受けると発症者が5人に減るということです。 言い換えると、インフルエンザにかからない人が90人から95人に増加するということになります。 しかし、100人の集団の中だと、発症者が5人増えても、これは気がつかないぐらいのわずかな差でしょう。

次の

弱毒生インフルエンザワクチン

インフルエンザ ワクチン

人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 6ヵ月以上3歳未満のものには0. 25mLを皮下に、3歳以上13歳未満のものには0. 5mLを皮下におよそ2~4週間の間隔をおいて2回注射する• 13歳以上のものについては、0. 5mLを皮下に、1回又はおよそ1~4週間の間隔をおいて2回注射する• (用法及び用量に関連する注意)7. 1. 接種間隔2回接種を行う場合の接種間隔は、免疫効果を考慮すると4週間おくことが望ましい• 2. 他のワクチン製剤との接種間隔生ワクチンの接種を受けた者は、通常、27日以上間隔をおいて本剤を接種すること(ただし、医師が必要と認めた場合には、同時に接種することができる)、また、他の不活化ワクチンの接種を受けた者は、通常、6日以上間隔をおいて本剤を接種すること(ただし、医師が必要と認めた場合には、同時に接種することができる)〔14. 1.1(3)参照〕 インフルエンザHAワクチン「生研」の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• アナフィラキシー• 予防接種を行うことが不適当な状態• 重篤な急性疾患• アレルギー• 肝機能障害• 間質性肺炎• 肝臓疾患• 気管支喘息• 免疫不全• 血液疾患• 腎機能障害• 心臓血管系疾患• 腎臓疾患• 発育障害• 全身性発疹• 生ワクチンの接種を受けた• 不活化ワクチンの接種を受けた• 鶏肉由来のものに対してアレルギー• 鶏由来のものに対してアレルギー• 鶏卵由来のものに対してアレルギー• 先天性免疫不全症• 予防接種で接種後2日以内に発熱• 呼吸器系疾患• けいれん 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 新生児 低出生体重児を含む• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 低出生体重児 0日〜27日• 新生児 0日〜27日• 6か月未満の乳児 0日〜183日 インフルエンザHAワクチン「生研」の注意が必要な飲み合わせ.

次の

今年のインフルエンザワクチン不足の原因は何?どうして不足するの?|五本木クリニック院長ブログ

インフルエンザ ワクチン

インフルエンザの予防接種は毎年うけるようにしましょう 人間は、何らかのウイルスに感染すると、そのウイルスを体から排除するはたらきをもった物質である「抗体」を作りだします。 これにより、次に同じウイルスが体の中に入ってきても、感染症にかかりにくくなるわけです。 このはたらきを「免疫」といいます。 ワクチン接種は、こうした抗体や免疫のはたらきを利用して、無害化したウイルスであるワクチンを体内に入れて免疫をつくるのが目的。 感染する前にワクチンを接種すれば、感染症の予防や症状が重くならないようにすることができます。 しかし、インフルエンザウイルスは遺伝子が変化しやすいので、一度感染して免疫ができていても安心はできません。 新たに変異した遺伝子をもつウイルスには、過去のインフルエンザでつくられた免疫は効かないからです。 このため、WHO(世界保健機関)は毎年、流行する可能性のあるインフルエンザ株を発表し、それを元に国内の専門家がその年の流行を予測してワクチンの基となるウイルス株を決定。 これに基づいてワクチンを製造しているのです。 以上の点から、インフルエンザの予防に充分な免疫を保つためには、毎年インフルエンザワクチンの接種を受けることが推奨されています。 インフルエンザウイルスは、抗体をつくらせる性質(抗原性)の違いから、大きくA型、B型、C型に分類されます。 このうち大流行の原因となるのがA型とB型です。 近年、国内で流行しているインフルエンザウイルスは、上記の2つのA亜型とB型の3種類です。 この3種類は、毎年世界中で流行を繰り返していますが、流行するウイルス型や亜型の割合は、国や地域で、その年ごとに異なっています。 ワクチンで感染自体を防止することはできない 現在、日本で使われているインフルエンザのワクチンは、「不活化ワクチン」といわれる安全性の高いものです。 以前は、A型の2種類、B型の1種類と計3種類のインフルエンザウイルスに対して効果がありましたが、2015~16年以降は、A型が2種類、B型が2種類と、合計4種類のインフルエンザウイルスに対応するようになりました。 ところで、「ワクチンを打ったのにインフルエンザにかかった」という話を聞くと、ワクチン接種の効果に疑問をもつ人がいます。 そこで覚えておいてほしいのが、インフルエンザワクチンは感染を防ぐものではなく、「抗体による免疫のはたらきで、症状の発症を防ぐ、あるいは軽くする」ために接種するのだということです。 またインフルエンザは発症後、その多くは1週間ほどで症状は回復しますが、場合によっては肺炎や脳症といった重い合併症を引き起こすことがあります。 そうなると入院が必要になったり、最悪の場合死亡したりするケースもあります。 ワクチン接種により、こうした重症化を予防することもできるのです。 インフルエンザ脳症については「」をぜひご覧ください。 インフルエンザワクチンの効果に関する研究では、65歳以上の健常な高齢者について約45%の発病を防ぎ、さらに約80%の死亡を阻止する効果があったとされています。 乳幼児に対するインフエルエンザワクチンの有効性に関する研究でも、報告によって多少幅がありますが、概ね20~50%の発病防止効果があったと報告されています。 インフルエンザワクチンは、接種による効果が出現するまでに2週間程度かかり、それから5カ月間ほどは効果が持続するとされています。 インフルエンザは例年12~3月に流行するので、12月までにはワクチンを接種することをおすすめします。 なお、ワクチンの接種は病気に対する治療ではないため、健康保険は適用されません。 原則的に全額自己負担で、費用は医療機関によって異なります。 ただし自治体によっては助成制度もあるので、調べてみるとよいでしょう。 65歳以上と一部の60歳以上の高齢者では定期接種となっていて、費用が異なります。 インフルエンザワクチンの副作用や水銀が含まれているのではないかといった予防接種のリスクが不安な方は、「」「」もぜひあわせてご覧ください。

次の