キュービクル 耐用 年数。 高圧電力に欠かせないキュービクル(高圧受電設備)とは?役割や耐用年数、保守業務などをわかりやすく紹介!

キュービクルの耐用年数は短い?長寿命の秘訣はメンテナンスにあった

キュービクル 耐用 年数

【目次】 1. キュービクル(高圧受電設備)とは 電気は発電所で作られ、変電所を経て電圧を下げながら私たちのもとに送られてきます。 一般家庭などでは低圧電力契約となっていますが、施設によっては高電圧の電気を受けとり、施設内に設置した装置の中で低い電圧に変圧している場合があります。 この仕組みを担う「キュービクル」について説明します。 1-1. キュービクルの概要と役割 発電所で作られた電気は、当初50万Vを越える高い電圧です。 これが各地の変電所を通る間に徐々に低電圧に変換され、末端の各所まで送られていきます。 通常の家屋では電信柱に設置された柱上変圧器(トランスと呼ばれるバケツ型のもの)で低電圧に変換され、各家庭に送電されます。 これに対して、送られてきた電気を高圧6,600Vで受け取り、100V、200Vなどの低電圧に変圧して、施設や建物で利用できるようにするのが「キュービクル」の役割です。 かつては電圧を下げるための部屋(変電室などと呼ばれる)を施工することが一般的でしたが、安全性の向上と施工費用の削減、また部屋など広大なスペースを必要としないよう設備自体の縮小を図った結果、現在のような変圧に必要となる機器一式(変圧器、制御装置、計測機器、保護装置など)をひとつの「箱」の中に収容した形となりました。 「箱=キュービック」に内蔵したことから「キュービクル」と呼ばれます。 キュービクルは「自社管理する小規模な変電所」ともいえます。 1-2. 高圧受電契約とは 電気を利用するための契約には「高圧受電契約」と「低圧受電契約」があります。 高圧受電と低圧受電の違いは上記で説明したとおりです。 このうち、高圧受電契約をするためにはキュービクルが必要です(変電室なども可能ですが上記のとおりコストや手間がかかります)。 柱上変圧器(トランス)は電力会社が管理しているため、トランスを通して低圧受電すると電気単価がその分高くなります。 高圧受電契約を行い自社管理しているキュービクルで変圧することができれば、電気をトランスを介さず直接引き込めるため、電気単価が安くなり、同じコストで大量の電気を利用できます。 キュービクルの4つのメリットと注意点 ここではキュービクルを設置することのメリットを見ていきましょう。 なお、デメリットらしいデメリットが無いため注意点を見ていきます。 2-1. キュービクルのメリット (1)電気料金が低く抑えられる すでに見たように、キュービクルを利用することで高圧電力契約が可能になり、低圧電圧と比較して安い料金単価で電気が利用できます。 多くの電気を利用する店舗や公共施設などではキュービクルを設置することで電気料金が安くなるメリットがあります。 (2)変電室などより設置スペースが少なく低コスト かつて利用されていた電気室や変電室と比較すると、スペースを取らず、いちから機器を別々に設置するわけではなくワンセットのものを設置するだけなのでコストが削減できます。 (3)設置運用の工期が短く済む 工場であらかじめ組み立てたものを設置するだけのため、現地にキュービクルを運んだら配線工事を行う程度です。 部屋の中に設備を作るより短い工期で完了します。 (4)安全性が高くメンテナンス性に優れる 最初から組みあがったものであり、また金属製の箱の中に一式が収納されていることから感電の危険は少ないでしょう。 故障リスクもかつての変電室などより低いといえます。 また工場で一貫生産されており、コンパクトながら必要十分な部品で構成されているためメンテナンス性にも優れています。 保守点検にも手間取りません。 2-2. キュービクルの注意点 (1)コスト面について把握しておこう 変電室などよりはコストはかかりません。 しかし一定の初期投資費用はかかります(修理・点検なども)。 デメリットとはいえませんが、運用費用を把握しておくことは大切です。 なお、キュービクル設置にはおおむね200万円〜程度がかかります(基本料金のほか、保安管理費用や修繕費用も含む)。 (2)交換と増設には一定の準備が必要 部品交換などには一定の準備期間が必要となります。 とはいえ、これはキュービクルでなくても一定の規模の機械製品であるならば同様のため、こちらもデメリットとはいえないでしょう。 (3)保安点検や電気主任技術者の選任が必要 保安点検の義務、電気主任技術者の選任(雇用)の義務などがあります。 また耐用年数について把握しておく必要があります。 これについては以降で説明します。 キュービクルの耐用年数と保安点検 キュービクルの耐用年数や保守点検について説明します。 キュービクルの耐用年数や保守点検について説明します。 キュービクルは償却資産となるため不動産などと同じく耐用年数が定められています。 またキュービクルの法定耐用年数は、変圧器やヒューズなど、キュービクルの内部に設置される機器類ごとにも定められています。 ほとんどの機器類は法定耐用年数15年となっています(外部設置されるヒューズのみ10年)。 償却資産としての法定耐用年数なので、15年経てばまったく使えなくなるというわけではありません。 そのため実際の耐用年数はおおむね15年から20年程度とされるのが一般的です。 設置には初期費用がかかり保守点検費用もかかりますが、一度設置してしまえば長期間安全に使用できることがわかります。 3-2. キュービクルの保安点検の必要性 キュービクルを設置すると、高圧の電気を直接受け取りキュービクルで減圧して自社設備に利用します。 つまりキュービクルを配備する者は、電気を自分の元で管理運用することになるため、安全などに関して義務を負うことになります。 そのため電気事業法において、「キュービクルの保安点検」が法定点検として定められており、キュービクルを設置した者は、保安管理業務(定期的な巡視と点検、検査)を行う義務が生じます。 点検の頻度は保安規定を取り決め、それに基づいて実施することになります。 この頻度の最低回数は経済産業省告示第249号において定められておりこれを下回ることはできません(月に1度または隔月。 遠隔監視装置の有無により異なる。 このほか年次点検も必要)。 なお、外部委託している場合は委託業者が保安点検を行わなければなりません。 キュービクル設置の際に必要な取り決めと届け出 キュービクルの設置には、電気事業法に基づいた国(産業保安監督部長または経済産業大臣)への手続き申請、承認が必要です。 4-1. 保安規定の制定と届け出 上記でも説明したとおり、キュービクルの設置者が電気事業法に従って保安規定を制定し届け出る義務があります。 4-2. 電気主任技術者の選任と届け出 キュービクルの設置や配電などの工事、稼働および運用、点検と維持、安全性の確保などのために、保安監督者たる「電気主任技術者」を選任します。 電気主任技術者を自社で雇えない場合は電気保安協会などの外部の管理業務請負業者に委託することも可能です。 外部委託する場合も、国へ申請し承認を得なければなりません。 このほか、すでに決定した保安規定や電気主任技術者の変更についても、都度、国へ申請し承認を得る必要があります。 なお、キュービクルを設置し使用している者(ビルオーナーなど)が専任の電気主任技術者を雇うとなると人件費などのコストがかかるため、外部委託する場合が多い傾向があるようです。 まとめ 大規模な施設ほどではないが一般家庭や商店よりは規模が大きく、ある程度の電気を低コストで利用したい場合、キュービクルは非常に便利な設備といえるでしょう。 キュービクルを設置することでさまざまなメリットがあります。 設置コストも比較的抑えられ、一度設置してしまえばメンテナンスを保安規定にのっとって適切に行うことで20年近い年数を使い続けられます。 外部委託承認制度もあるため、難しいことを自社で必ず担う必要もありません。 ビルオーナーや商業施設を抱える企業の方は、キュービクルについて適切に理解し、上手に活用、運用することでさまざまな恩恵を得られるでしょう。 【あなたにオススメ】 ・ ・ ・ ・.

次の

中小企業投資促進税制~キュービクルは建物附属設備か機械装置か?

キュービクル 耐用 年数

キュービクルの耐用年数はどのくらい? キュービクルは、様々な受電用の電気機器及び配線などをひとつの四角形の金属箱にコンパクトにまとめた高圧受電設備です。 その為、キュービクルの耐用年数は内部の機器類によりそれぞれ異なってくるので一概に何年とは言えません。 ただ、キュービクル内に設置されている基本的な電気機器類には、 法定耐用年数と呼ばれる基準の目安となる数値が設定されています。 法定耐用年数はやや短めに設定されている キュービクルの耐用年数は、法定耐用年数によって定められています。 法定耐用年数は現実的な実年数と比較すると、やや短めに設定されている事が多いです。 ですので、キュービクル自体が法定耐用年数を越えたら使い物にならない、というわけではありません。 キュービクル法定耐用年数に分類される項目 キュービクルの耐用年数は、内部の機器類それぞれに詳細に耐用年数が設定されています。 キュービクルの内部の機器類の項目には、• 変圧器• ヒューズ• コンデンサ• 高圧遮断器• 断路器 など様々な項目がありそれぞれ法定耐用年数が異なってきます。 キュービクル機器ごとの法定耐用年数と キュービクル内に設置される基本的な電機機器類、JIS規格で定められておる電気機器類には「法定耐用年数」と呼ばれる機器類の交換時期の目安となる指標が示されています。 これらの法定耐用年数は、実際の実用年数よりもやや短めに設定されている点が、ポイントです。 以下にキュービクル内に設置される基本的な電気機器類の法定耐用年数、及び、「実用耐用年数の目安」をまとめておくので参考にして頂ければと思います。 【キュービクル内電気機器類の 法廷耐用年数、実用耐用年数の一覧表】 【変圧器】 法定耐用年数:15年 実用耐用年数の目安:20~25年 【ヒューズ 屋内 】 法定耐用年数:15年 実用耐用年数の目安:15年 【ヒューズ 屋外 】 法定耐用年数:10年 実用耐用年数の目安:10年 【コンデンサ】 法定耐用年数:15年 実用耐用年数の目安:15~20年 【高圧遮断器】 法定耐用年数:15年 実用耐用年数の目安:20年 【断路器】 法定耐用年数:15年 実用耐用年数の目安:20年 【高圧負荷開閉器】 法定耐用年数:15年 実用耐用年数の目安:20年 【高圧カットアウト】 法定耐用年数:15年 実用耐用年数の目安:20年 【避雷器 】 法定耐用年数:15年 実用耐用年数の目安:15~20年 【計器用変成器】 法定耐用年数:15年 実用耐用年数の目安:20年 【保護継電器 】 法定耐用年数:15年 実用耐用年数の目安:20年 こうしてみてみると、法定耐用年数と実際の耐用年数では5年ほどの差があることが分かります。 キュービクルはメンテナンスは必要ですが、一度設置すればかなり長期間使用することが可能です。 定期的なメンテナンスがポイント キュービクルは電気設備の一つであり、耐用年数や寿命を考慮した管理が必要です。 屋外設置と屋内設置で大きく寿命が変動し電流の流し方や使い方によっても大きく変動します。 先程記述した通り、税法上の償却資産の耐用年数としてキュービクルの耐用年数は15年と定められています。 ただ、実際に運用するキュービクルについては、メンテナンスを十分に実施していれば、15年を超えても問題なく稼働出来ます。 キュービクルの外箱は単なる鋼板ですので清浄な屋内環境で、再塗装、補修、清掃をしっかりと行っており、劣化が進んでいる内部機器の一部交換などを続ければ、30年という長い期間であっても使用可能です。 しかし、屋外設置の場合は雨、潮風、酸化ガスの影響を受けるため、外箱や内部機器に対し数年で錆が発生するおそれがあります。 頻繁なメンテナンスを実施しても20年も経過すれば外箱が全体的に腐食し内部機器にも深刻な腐食が発生します。 もし定期的な保守が行われないようであれば、キュービクル本体の交換といったことも検討しなければなりません。 キュービクル内部に収容されている高圧機器については、外箱とは別に、個別管理を行います。 負荷開閉器、遮断器は、短絡電流など事故電流を経験していなければ、15年~20年は問題なく使用でき実際に30年近くも運用し続けている高圧機器もございます。 しかし、大きな負荷電流を繰り返し開閉していたり、事故電流の遮断などを経験している遮断器は、短期間での故障が見られる傾向にあります。 長期間使用した高圧機器は、交換部品が手に入りにくくなります。 交換部品が手配できない機器が故障すると、新規品への交換に時間を要し、事故の復旧がなかなかできず、長期間の停電のおそれがあります。 交換部品の手配が困難になった機器は、すぐに新品に交換するよう計画すべきです。 事故の前兆を早期発見し交換する 定期点検で、異常な絶縁低下や、異音異臭・焦げ跡の発生が確認された場合は、運用年数にかかわらず即座に交換すべきです。 不良が発生している開閉器、遮断器を使用していると、負荷開閉時や遮断時にアークを消弧できず、短絡事故などが発生します。 電気事故により波及事故を起こした場合、経済産業省への電気事故報告の義務があり「なぜ事故が起きたのか」の詳細を報告しなければなりません。 絶縁低下を引き起こしている機器を放置していたことが判明すると電気主任技術者は法的責任を問われてしまいます。 高圧ケーブルや母線は、屋内であれば30年~40年程度、屋外であれば20年~30年で使用限界となり交換が必要である。 因みにケーブルや母線は、目視で異常を発見することが困難ですので、絶縁抵抗、絶縁耐力の試験を定期的に行い、事故の前兆が発見された場合は早期に交換するよう手配すべきです。 まとめ、定期メンテンスをすればキュービクルは30年使用可能 キュービクルは一度設置すれば15年から長くて30年も使用することが出来ます。 ただ、そのためには定期的なメンテナンスと異常が見つかり次第即部品交換をするという早期発見がとても大切になってきます。 キュービクルの設置にかかる費用は決して安いものではありません。 ただ、設置後と設置前での年間のコストカット額を比べるとすぐに元が取れるほど費用を削減することが可能です。 メンテナンスをしっかりと行い長期間キュービクルを使用して頂き大幅なコストカットを実現して下さい。

次の

ビルの屋上・コンビ二の横にある謎の箱?キュービクル(高圧受電設備)の耐用年数

キュービクル 耐用 年数

キュービクル・高圧受変電設備の法定耐用年数とは? キュービクル・受変電設備を構成している電気部材には法定耐用年数が決められています。 ですが、取り換え・新品に交換にはかなりの費用がかかってしまします。 資格者による点検で不備個所があると言われ改修工事か新品に交換を迫られるお客様からのご相談を数多く頂きます。 予算がある会社様は良いのですが、今期予算が無いお客様には改修工事費用が出ない、、、 『どうにかなりませんか?』の声に対応する為に、リースなどのご提案も可能となっております。 キュービクル・高圧受変電設備の寿命ってどれくらい?法定耐用年数とは? 20年実際には少し短めに設定がされています。 毎月の点検で改修工事が必要と言われた、、、どうすれば? 有資格者による点検業務が法律で決められています。 そこで改修が必要と言われたお客様は 一度、ご相談ください。 事故の危険性 キュービクルの故障で一番恐いのが、波及事故です。 これはお客様のキュービクルが原因で 近隣の電気設備が故障し停電になってします事です。 設備の老朽化によりこのような事故が 起こらないように点検業務が義務づけれられています。 20年以上、キュービクル・受変電設備をご使用のお客様は一度、ご相談ください。 電気設備年次報告書などをご用意頂きご相談頂ければ、最善のプランをご提案致します。

次の