ニック カーター インスタ。 アーロン・カーター、顔面に強烈なタトゥーを入れる! モデルはなんと大人気シンガーのリアーナ?

【イタすぎるセレブ達】ニック・カーター、家庭環境を自伝で告白。「初めての飲酒は2歳のとき…」。

ニック カーター インスタ

話題の自伝『Facing the Music and Living to Talk About It』の中で、元恋人パリス・ヒルトン(32)との交際を「最低だった」などと記していたニック・カーター(33)。 同著の中で、ニックはさらに飲酒癖に関する驚くべき事実を暴露していたことが明らかになった。 パーティ、ドラッグ、さらにはアルコールに溺れていたことが有名なニックだが、飲酒問題は数十年前にすでに始まっていた可能性が高い。 アルコールとドラッグに依存し、特にドラッグ過剰摂取が原因で今もウツの発作に苦しむことがあるという「バックストリート・ボーイズ」のニック・カーター。 そんな彼は自伝『Facing the Music and Living to Talk About It』の中で、「最初の家は両親が経営するストリップクラブバーの上にあった」と告白。 さらにそのような家庭環境が災いし、幼くして飲酒に走ったことをこのように綴っている。 「家族の間では、よくこんな話をするんだ。 」 「両親はいつもこの話をして笑っていたし、僕も同じだった。 だけどしばらくすると、もう笑いごとではなくなってしまったんだ。 」 また職業柄もあってか、ニックの両親も大量にアルコールを摂取していたとのこと。 そのような背景もあり幼くしてアルコールを口にしてしまったニックは、少年時代に撮影されたホームビデオの内容をこう明かしている。 僕たちはダンスし、パーティのマネをする。 こんな風に、遊びにまでアルコールが絡んでいた。 それを振り返ると、両親の飲酒がどれほど自分に悪影響を及ぼしていたかを思い知らされてしまうね。 まるで僕は、アルコールを摂取するようにプログラムされているかのようだった。 」 なおニック・カーターは数年前に心筋症との診断を受けて以来クリーンな生活をしているというが、それでもアルコールに関しては時折誘惑に負けてしまうらしい。 そんなニックの弟アーロン・カーター(25)もかつてアルコールに依存、妹レスリー・カーターは昨年わずか25歳にして急逝しており、両親も2003年には離婚してしまった。 とても健全とは言い難い環境で育ったニックだが、手遅れになる前に問題を自覚し更生できた点は立派であろう。 (TechinsightJapan編集部 ケイ小原) 外部サイト.

次の

【イタすぎるセレブ達】「バックストリート・ボーイズ」ニック・カーター、強欲な家族と絶縁か。

ニック カーター インスタ

ニック・カーター(35)とローレン・キット(32)夫妻に第1子が誕生することがわかった。 昨年結婚したバックストリート・ボーイズのニックとフィットネスインストラクターであり女優のローレンは、来年にも第1子を迎える予定だとある関係者がUsウィークリー誌に話している。 「2人はとても幸せでこのうえなく喜んでいます。 長い間待ち望んでいましたからね」 以前に結婚することはないとまで宣言していたニックだが、2013年に出会ったローレンが自分の結婚への考え方を変えたと認めている。 両親と離れて暮した幼少期に苦労を経験しているニックは、バンドメンバーのA. マクリーン、ハウィー・D、ケヴィン・リチャードソン、ブライアン・リトレルがそれまで持ったことのなかった家族であると以前話していた。 「バンドメンバーが当時自分が持っていなかった家族だったんだ。 他のみんなには素晴らしい家族がそれぞれいて素晴らしいモラルを持ちあわせていたんだ。 自分に関連できて学べるようなことをもね。 みんなが僕の家族だよ。 メンバーからたくさんのことを学ぶことができたよ」 さらには、自身の幼少期で何が問題だったか質問を受けたニックは、「ほとんどの問題がお金か持っていないものに関してだったね。 家庭は常に緊張した状態で、アルコールはつねに僕らにつきまとったよ。 だから、何年もの間拷問のようだったし、たくさんのストレスも抱えていたよ。 両親を救うことができなかった、もしくはあれが家族なんだということを知ったよ」「ある意味、彼らによって僕は助けられ、神様が新しい人生を与えてくれたんだ」と答えていた。

次の

お騒がせアーロン・カーター、ドラッグテストの結果をインスタで公開も、PCP陽性を突っ込まれで逆ギレ : 海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

ニック カーター インスタ

バックストリート・ボーイズのニック・カーターが息子の部屋に5万ドル(約530万円)も費やしたそうだ。 妻ローレン・キットとの間に息子オディン・レイン君が4月に誕生したニックは、その第1子の部屋が快適な部屋となるために大金を投じたのだという。 TMZによれば、セレブリティ・デザイナーのステファニー・アヴィラとトリ・スワインに依頼したそうで、スチームパンクの壁紙が貼られたその部屋には2500ドル(約26万円)のソファーや700ドル(約7万4000円)のベビーベッド、550ドル(約5万8000円)のランプに1200ドル(約12万8000円)の照明器具などが用意されているようだ。 先日にはローレンが30時間に渡る困難な自宅出産を経験していたことが報じられていた。 ローレンに親しい人物の1人は「彼女はとても大変なお産を経験したんです。 とても辛かったようですよ。 もちろんその後はハッピーエンドですけどね!」と語っていた。 その出産の前の妊娠期間中はとても落ち着いた生活を送っていたとニックは以前に語っており、「うちの奥さんはすごく冷静なんだよ。 何も行き過ぎたり変化したりなんてしていないんだ。 全ては徐々に心地よく進んでいるのさ。 みんな僕の生活は変わってしまうと言うけど、ローレンのいる人生ならその過程が全て素晴らしく心地よいものになると自信を持って言えるね」「それに準備する時間があるというのも良いよね。 今はこの瞬間を生きて、妻との毎日を楽しんでいるんだ。 この過程を楽しんでいるんだよ。 人も変わるし、優先順位も変わるっていうし、それは素晴らしいことだよ。 だから今は2人の時間を楽しんでいるのさ」と明かしていた。

次の