メス イキ バクテリア で 世界 を 征服 する ん だ。 【乳首イキ】乳首の感度を上げる3つの方法と自己開発法

宿主を性転換させる寄生バクテリア

メス イキ バクテリア で 世界 を 征服 する ん だ

寄生バクテリアの一種、ボルバキアに感染したハチの卵。 染色により感染の様子が観察できる。 Photograph courtesy Merijn Salverda and Richard Stouthamer via NSF 急速にその数を増やしている寄生バクテリアがいる。 このような大惨事ともいえる生殖異常を引き起こす仕組みが最新の研究で解明された。 その方法とは、免疫系を停止させることだという。 キョウソヤドリコバチをはじめとする寄生ハチ3種のゲノムを初めて解読した研究者チームによると、バクテリアの一種であるボルバキアはハチの遺伝子を操作し、バクテリアの侵入に対して警報を発するタンパク質を抑え込んでしまうという。 その結果、バクテリアに対する防御機構が機能せず、ボルバキアは悪事を働くことができる。 この仕組みは、ボルバキアが宿主とするダニやクモ、線虫などの昆虫への感染でも使われている可能性がある。 これらの生物すべてにおいて、宿主の生殖システムが改造される現象が起きているのだ。 その結果は実に奇妙で、明らかにオスを不要とする生殖戦略が取られている。 ボルバキアに感染したオスは、生殖能力のあるメスに性転換するか命を奪われる。 メスの場合はオスを必要とせず、単独で子を作らせる。 また感染したオスの精子は、非感染のメスと交配しても正常に受精できず子孫を残せない。 オスがこれほどひどい仕打ちを受けるのは、ボルバキアは最小限の細胞質しかない精子に潜り込めないためだ。 卵子に感染したメスのみがボルバキアを子孫に伝えることができる。 「人間の世界ではSFかもしれないが、昆虫の世界では正真正銘の現実だ」と、アメリカ、テネシー州のヴァンダービルト大学で生物学の教授を務めるセス・ボーデンスタイン氏は話す。 同氏は今回の研究を行った国際コンソーシアムの一員である。 宿主を殺すことなく繁殖できるため、宿主の繁殖とともに宿主の子孫へと広がっていくチャンスが大きいのだ。 ボーデンスタイン氏によると、クモやダニが属する節足動物の約70%に感染しているという。 「腐った果物などに留まるハエはどこにでもいるが、ボルバキアが感染している可能性が高い」。 ただし、ボルバキアの仕事は常に正確なわけではない。 ボルバキアが遺伝子に破壊行為を仕掛ける正確な方法はわかっていない。 ただし、ボルバキアが単に感染するだけではなく、宿主のゲノムに自身の遺伝子の一部を移しているのは確かだ。 具体的なプロセスははっきりしていないが、ボルバキアは宿主の生殖システムに感染することで、自身の遺伝子が宿主の遺伝子に吸収される可能性を高めているとボーデンスタイン氏は考えている。 ボルバキアが宿主の間で広がっていく仕組みの中でも、特に宿主の子孫への伝播方法がわかれば、昆虫によって媒介されるマラリアやデング熱などの感染症の拡大を抑制できるかもしれないとボーデンスタイン氏は期待を寄せている。 例えば、蚊に遺伝子を挿入し、マラリアの原因となるバクテリアへの耐性を持たせる方法は既にわかっている。 ただし、この遺伝子をすべての蚊に広げる効果的な方法は見つかっていない。 ボーデンスタイン氏は将来的な用途に期待しつつ、「基礎科学の見地からも非常に興味深い。 バクテリアのように単純な生物が複雑な宿主の性や生殖を操作できるなんて」と今回の研究成果を喜んでいる。 この研究成果は「Science」誌の1月15日号に掲載されている。 Photograph courtesy Merijn Salverda and Richard Stouthamer via NSF 文=Christine Dell'Amore.

次の

ワガママハイスペックOC【萌えゲーアワード2017 ファンディスク賞 受賞】

メス イキ バクテリア で 世界 を 征服 する ん だ

寄生バクテリアの一種、ボルバキアに感染したハチの卵。 染色により感染の様子が観察できる。 Photograph courtesy Merijn Salverda and Richard Stouthamer via NSF 急速にその数を増やしている寄生バクテリアがいる。 このような大惨事ともいえる生殖異常を引き起こす仕組みが最新の研究で解明された。 その方法とは、免疫系を停止させることだという。 キョウソヤドリコバチをはじめとする寄生ハチ3種のゲノムを初めて解読した研究者チームによると、バクテリアの一種であるボルバキアはハチの遺伝子を操作し、バクテリアの侵入に対して警報を発するタンパク質を抑え込んでしまうという。 その結果、バクテリアに対する防御機構が機能せず、ボルバキアは悪事を働くことができる。 この仕組みは、ボルバキアが宿主とするダニやクモ、線虫などの昆虫への感染でも使われている可能性がある。 これらの生物すべてにおいて、宿主の生殖システムが改造される現象が起きているのだ。 その結果は実に奇妙で、明らかにオスを不要とする生殖戦略が取られている。 ボルバキアに感染したオスは、生殖能力のあるメスに性転換するか命を奪われる。 メスの場合はオスを必要とせず、単独で子を作らせる。 また感染したオスの精子は、非感染のメスと交配しても正常に受精できず子孫を残せない。 オスがこれほどひどい仕打ちを受けるのは、ボルバキアは最小限の細胞質しかない精子に潜り込めないためだ。 卵子に感染したメスのみがボルバキアを子孫に伝えることができる。 「人間の世界ではSFかもしれないが、昆虫の世界では正真正銘の現実だ」と、アメリカ、テネシー州のヴァンダービルト大学で生物学の教授を務めるセス・ボーデンスタイン氏は話す。 同氏は今回の研究を行った国際コンソーシアムの一員である。 宿主を殺すことなく繁殖できるため、宿主の繁殖とともに宿主の子孫へと広がっていくチャンスが大きいのだ。 ボーデンスタイン氏によると、クモやダニが属する節足動物の約70%に感染しているという。 「腐った果物などに留まるハエはどこにでもいるが、ボルバキアが感染している可能性が高い」。 ただし、ボルバキアの仕事は常に正確なわけではない。 ボルバキアが遺伝子に破壊行為を仕掛ける正確な方法はわかっていない。 ただし、ボルバキアが単に感染するだけではなく、宿主のゲノムに自身の遺伝子の一部を移しているのは確かだ。 具体的なプロセスははっきりしていないが、ボルバキアは宿主の生殖システムに感染することで、自身の遺伝子が宿主の遺伝子に吸収される可能性を高めているとボーデンスタイン氏は考えている。 ボルバキアが宿主の間で広がっていく仕組みの中でも、特に宿主の子孫への伝播方法がわかれば、昆虫によって媒介されるマラリアやデング熱などの感染症の拡大を抑制できるかもしれないとボーデンスタイン氏は期待を寄せている。 例えば、蚊に遺伝子を挿入し、マラリアの原因となるバクテリアへの耐性を持たせる方法は既にわかっている。 ただし、この遺伝子をすべての蚊に広げる効果的な方法は見つかっていない。 ボーデンスタイン氏は将来的な用途に期待しつつ、「基礎科学の見地からも非常に興味深い。 バクテリアのように単純な生物が複雑な宿主の性や生殖を操作できるなんて」と今回の研究成果を喜んでいる。 この研究成果は「Science」誌の1月15日号に掲載されている。 Photograph courtesy Merijn Salverda and Richard Stouthamer via NSF 文=Christine Dell'Amore.

次の

ワガママハイスペックOC【萌えゲーアワード2017 ファンディスク賞 受賞】

メス イキ バクテリア で 世界 を 征服 する ん だ

ペニスを下向きに収納保持することで女性の股間ラインを維持し、 一番感じる亀頭を女性器の位置にキープすることで女性の性感覚を体感し、 女性の位置での用足しを可能にするアイテムです。 多くの方からその効果についてのご反響をいただいてきました。 ですが、短時間でいいから強い股間牽引をしてみたいというお声を受けて ひたすら牽引力に特化したペニストッキングを開発してみたのです。 その結果亀頭の牽引位置は従来より3センチ後退しました。 そして、思いもしない効果が生まれました。 これまでより深い位置でペニスの根本が折り曲げられることで ペニス根本の折れ曲がりによって前立腺が刺激されるようになったのです! *通常時の股間状態(で画像が表示されます) *従来のペニストッキングによる股間牽引イメージ(で画像が表示されます) *メスイキベルトによるより根本からの股間牽引イメージ(で画像が表示されます) これは股間下向き牽引という世界中で当研究所しか専攻していない分野だからこそ 見つけられた効能です。 そして今回、ペニストッキングの新効能としてこれまでの 「股間収納」、 「性感帯(亀頭)の女性位置への移動」、 「女性の位置での用足し」に次ぐ新効果 「女性的ドライオーガズム(メスイキ)の体感」をこの商品でお届けします! *左が従来のペニストッキングの牽引状態、右がメスイキベルトの牽引状態(で画像が表示されます) 全く新しい前立腺刺激ライフ 前立腺刺激によるドライオーガズムの男性の性感としての周知は近年広まりつつあり、 インターネット等でも解説サイトが見られるようになってきましたが その手段は基本的には「尿道」か「直腸」への挿入による前立腺への到達です。 事前の準備と後の始末が必要であり、身構えて行わなければいけないものです。 会陰部への圧迫も方法としてありますがやはり専念して手を使う必要があります。 ですが、ペニス強力牽引による前立腺刺激はペニスそれ自体による圧迫であり 手で触れる必要も異物を使う必要もありません。 日常生活の中で、デスクに腰掛けながら前立腺を刺激されることを意識できるのです。 もちろん従来のペニストッキングよりは強い牽引ですので一日中というわけにはいきません。 お身体に負担を感じられたらすぐに外してください。 後部ホックをワンタッチで外せばすぐにペニスは普段通り解放されます。 前立腺の入門にメスイキベルト 前立腺は開発を必要とする性感帯です。 女性が開発によって膣の性感を覚えていくように 前立腺もただ圧迫するだけで最初から感じるものではありません。 メスイキベルトによる圧迫は尿道や直腸経由の直接刺激よりはゆるやかな愛撫です。 日常生活の中で少しずつ前立腺の感じ方を、メスイキの感覚を養ってください。 もちろんすでに前立腺感覚を体得済みという方でしたら、 メスイキベルトでの感じ方もすぐに理解いただけるでしょう。 前立腺開発テクニックなどの詳細な解説は専門のインターネットサイト等でお調べください。 当研究所の開発者視点での、本商品における前立腺刺激感覚は 以下リンク先の開発ブログ記事もご参照くださいませ。 従来同様のペニスト効果も ここまでメスイキベルトという画期的効果ばかりを説明してきましたが もちろん製品構造の基本は従来のペニストッキングの延長ですので お手洗いなどは従来のペニストと同様に装着したまま行えます。 長時間の装着にはやや不向きですが、女性下着のインナーとしてもご使用いただけます。 *2つのパーツ *ペニスト筒装着表からと裏から *ベルトを履いて前ホック、後ホックを接続して装着完了 腰回りはベルトのエイトカンで調節可能です。 ペニス牽引力も同様にエイトカンで、くわえて穿きの深さでも調節いただけます。 着用したままでも女性型の排尿が可能ですし、 後部ホックを外せば立っての用足しも可能です。 強力牽引ベルトはお尻の割れ目に沿っていますが、 ベルト後部のソフトガードにより肛門にベルトや亀頭は接触しません。 排便時は後部ホックを外すかベルトをずらしてください。 また、付属品として別売り商品「」をおつけします。 強力牽引は従来より亀頭周辺への圧迫も強くなりますので、 長時間のご着用をされる場合はこちらを利用されて亀頭淵の刺激を緩和ください。 従来の力強い黒ベース ベルト:黒 ホック:黒 ラインカラー:黒 控えめな存在感で隠しやすい白ベース ベルト:薄ピンク ホック:白 ラインカラー:白 その他併用商品 前立腺の刺激を強く感じられると亀頭への分泌物も発生します。 「」や「」は女性のナプキンのように亀頭からの分泌物をキャッチします。 こちらも必要に応じてお求めください。 これらは従来のペニストッキングとも併用いただけます。 洗い替え用に筒パーツのみ複数欲しいというご要望を多くいただきましたのでパーツ販売も開始しました。 こちらよりお求めくださいませ。

次の