ゆうちょダイレクト メリット。 ゆうちょ銀行の「振替料金改定」 「ゆうちょダイレクト」3つの魅力

ゆうちょダイレクトの使い方

ゆうちょダイレクト メリット

全国約3万台のゆうちょATMならいつでも手数料無料で引き出せる 給与振込用の銀行口座やネット銀行など、さまざまな銀行がありますが、ぜひ持っておきたいのがゆうちょ銀行の口座です。 最大の魅力は、ゆうちょ銀行のATMは全国にあるということ。 旅行や急な出張などでお金が必要になっても困りません。 全国どこでもお金を引き出せる安心感は、ほかの銀行にはないメリットです。 ではATM利用手数料はどうなっているのでしょうか? 【動画でゆうちょ銀行を手数料無料で使う方法を解説】 ゆうちょ銀行のATMは、曜日や時間帯などにかかわらず、手数料なしで預け入れや引き出しが可能です。 つまり 深夜や土日、祝日に関係なく、営業時間内であれば手数料はゼロということ。 低金利でいくら預けても利子がほとんどつかない時代だからこそ、ありがたいサービスです。 ちなみにATM稼働時間は最長で、平日・土曜日は23時55分~0時05分の10分間を除くほぼ24時間、日曜・祝日は午前0時05分から21時までです。 稼働時間は最長でという制限はありますが、たとえば平日21時まで利用できるATMは、東京23区で 約360台あります(ファミリーマート設置のゆうちょATMを除く)。 大手銀行の場合は、通常手数料無料で利用できるのは18時までなので、比較しても断然お得といえるでしょう。 全国約5000カ所のファミリーマートでもゆうちょATMが使える 出先でゆうちょATMが見つけられない……そんなときは、ファミリーマートに設置されたゆうちょATMの利用が便利です。 第3月曜日のみ7時から営業開始ですが、それ以外は曜日にかかわらず、ほぼ24時間利用ができます。 預け入れや引き出し手数料はもちろん無料です。 ゆうちょ銀行のWebサイトでファミリーマートのゆうちょATMを検索すると、2020年6月で全国 約5000店舗に設置されていることがわかります。 さらに、ファミリーマートやデイリーヤマザキなどのコンビニや、ライフ、サミットなどのスーパー、ショッピングセンターなどに設置されたイーネットATMでも、一部の時間帯でゆうちょカードの利用手数料が無料で使えます。 無料で引き出しできる時間帯は、平日8時45分~18時、土曜日9時~14時。 それ以外の時間帯や日曜日・祝日は、220円の手数料がかかります。 ゆうちょ銀行以外のATMで無料で使えるのは、いまのところイーネットATMだけ。 イーネットATMは全国に 約1万3000台設置されています。 ゆうちょ銀行への振り込みもネットなら無料でできる ゆうちょ銀行への振り込みを行うには、現金で総合口座に送金する「電信払込み」と、総合口座同士で送金する「電信振替」があります。 電信払込みはゆうちょ銀行または郵便局の窓口で、現金を添えて手続きするというもの。 払込金額5万円未満で手数料は550円、5万円以上で770円となっています。 電信振替は窓口とATM、ゆうちょダイレクトで手続き可能ですが、ATMの利用なら回数に関わらず1回100円 、ゆうちょダイレクトの利用は月5回まで無料となっています。 ゆうちょ銀行への振込が多い人は、ゆうちょダイレクトを開設しておくといいでしょう。 ゆうちょ銀行口座への振り込みにかかる手数料 税金や各種料金の支払いもゆうちょ銀行なら無料 また、ゆうちょダイレクトを利用すれば、23時55分~0時05分を除くほぼ24時間、税金や各種料金の支払いもパソコンや携帯電話・スマホから簡単に払込みができます。 ペイジーマークのついた払込書の支払いは、「ゆうちょPay-easy ペイジー サービス」が利用でき、ゆうちょダイレクトのほかATMからの支払いが可能。 ゆうちょ銀行や郵便局の窓口に並ばなくても、ATMやネットから手軽に支払いができて便利なうえ、払込み手数料は原則無料です。 このように、ゆうちょ銀行には手数料無料で使えるさまざまなサービスがあります。 まだゆうちょ銀行の口座を持っていないなら、作っておくといろいろと便利です。 【関連記事をチェック】•

次の

ゆうちょBizダイレクトとゆうちょダイレクトの違い、法人口座の手数料が無料なのは?

ゆうちょダイレクト メリット

あなたはつみたてnisaでどの 金融機関がいいのか調べていることでしょう。 また、つみたてnisaはゆうちょが良いって評判を聞いたけど、どんな メリット・デメリットがあるのかも知りたいのではないでしょうか。 そして、つみたてnisaを始めるからには 失敗したくないですね。 残念ながらつみたてnisaはゆうちょを選択しても、銀行やネット証券を選択しても必ず 資産が増える保証はありません。 それでは、つみたてnisaを始める時にどの金融機関を選べばいいのでしょう。 それは 「自分の好みにあった金融機関を選ぶこと」です。 金融機関によって商品ラインナップが違ったり、手数料の違いもあります。 さらに窓口の有無などその 特徴は金融機関ごとに違います。 よって各金融期間の評判や、ネット証券であればブログなどを参考にしてもいいかもしれませんね。 そこで、この記事では「つみたてnisaでゆうちょを選ぶメリット」について• つみたてnisaは初心者向き!ゆうちょ銀行を選ぶメリット• ゆうちょのデメリット• ゆうちょ銀行で契約する際の申し込み方法 以上のことを中心に解説していきます。 この記事を読んでいただければ つみたてnisaでゆうちょを選ぶ時に役立つかと思います。 是非最後までご覧ください。 ゆうちょ銀行は、郵便局の 民営化により2007年10月に誕生した銀行です。 郵便局の貯金を取り扱う部門が、 株式会社ゆうちょ銀行として民間の銀行になったのです。 そして、郵便局といえば 定期預金のイメージが強いのではないでしょうか。 そんな郵便局にもつみたてnisaという少額投資非課税制度があるので詳しくみていきましょう。 ゆうちょのつみたてnisaが初心者向きなのは、はじめてつみたてnisaを始める方でも 対面で人に相談できるので安心できるところです。 例えば、つみたてnisaはいくらから始められるのか、毎月の積立金は変更できるのか、初期費用はいくらかかるのか?など色々な 疑問があると思います。 そんな疑問を全て対面で相談できるのは窓口を持っている ゆうちょの強みではないでしょうか。 他にもゆうちょでつみたてnisaを始める メリットがあるのでまとめます。 信託手数料が安いものが多い• 商品ラインナップがシンプル• 対面で何もかも済ませられる• 窓口の充実 このようにゆうちょのつみたてnisaは 初心者に優しい特徴があります。 ゆうちょでつみたてnisaを始めるには ゆうちょ総合口座(通常貯金)を持っている必要があります。 お持ちで無い方は新規に開設します。 その時に通帳を発行しない 無通帳型総合口座 「ゆうちょダイレクト+(プラス)」を開設してつみたてnisaを始めることも可能です。 ゆうちょダイレクトは パソコン及びスマートフォンで投資信託の取引や積立金などの確認ができる便利なサービスです。 このように口座開設するだけでも いくつもの手順が必要です。 また口座開設以外にも積立金はいくらから積立できるのか?などの 疑問もでてくるでしょう。 こういった各種手続きや相談など全てのことが対面で済ませられるのは、つみたてnisaでゆうちょを選ぶ 最大の魅力です。 また、都市銀行では 引っ越し先にその銀行がないと対面での手続き・相談は難しくなります。 しかし、ゆうちょなら 全国どこの店舗でも対面で色々な手続きや相談ができる点もメリットです。 さらに、 ネット証券では手続きや相談などの連絡方法がインターネットか電話のみになってしまいます。 よって、 インターネットが苦手な人や実際に対面で相談したい方はゆうちょのつみたてnisaを選ぶといいでしょう。 つみたてnisaは投資信託に積み立てをするので、自分で銘柄を 選ぶ必要がありません。 しかし、 どの投資信託に積み立てをするかは選ばなくではいけません。 よって商品のラインナップが多いと、どの商品を選べばいいのか 迷ってしまうことでしょう。 ゆうちょのつみたてnisaは商品ラインナップが 8本とシンプルです。 しかしそれでも、初めてつみたてnisaをする方はどの商品を選べばいいのか迷ってしまうことでしょう。 つみたてnisaは20年間の 長期保有で利益が出やすい特徴があります。 よって 初心者の方におすすめなのは「新興国株式、先進国株式、全世界株式」の割合が多い商品です。 「債券」は長期保有だと「株式より利益が低い」「インフレに弱い」という欠点があるので基本的に不要です。 また 「バランス型」と言われる、株式や債券などバランスよく投資する商品もリスクが低いのでおすすめです。 つみたてNISAがいくらから購入できるのかも気になりますよね。 あまり高額だと続けていけなくなる可能性もあります。 ゆうちょのつみたてNISAは、どのファンドでも 1万円以上1円単位で購入することができます。 無理のない範囲で購入することができます。 ただし、非課税での購入は 毎年40万円までと決められています。 毎月同じ金額を積み立てていく場合の上限額は33,000円となります。 これを12か月続けると396,000円となるからです。 毎月同じ金額でなくてはならないかと言うと、そういう訳ではなく、年に2回まで設定した積立金額を増額することもできます。 そのため、普段は少なめの投資金額にし、ボーナスが出た際に多くの積み立てを行う、ということもできるのです。 ゆうちょのつみたてNSAのメリットをご紹介してきましたが、 デメリットもあることを覚えておきましょう。 ゆうちょでのデメリットは、言い換えるとネット証券の楽天証券やSBI証券のメリットになります。 商品数が少ない• ポイント還元が無い などがゆうちょで行う際のデメリットとなります。 どちらのデメリットも初心者の方が気にするほどのデメリットではありません。 しかし、つみたてNISAに慣れてきたのであれば、金融機関を切り替えることを考えてもいいかもしれません。 ただし、金融機関を切り替えるといってもそれまで積み立ててきたお金を他の金融機関にそのまま 移動することはできないので注意してください。 つみたてNISAの切り替えを行うと言っても、今まで積み立ててきたお金はそのままで、新たに開設した金融機関で積み立てが 再スタートすることになります。 楽天証券のつみたてnisaは引き落としに楽天カードが選択できて、 ポイントが貯まります。 そして、その貯まったポイントで支払いが可能です。 また、貯まったポイントはつみたてnisaだけではなく、 普段のお買い物時に使用できます。 楽天カードの還元率は1%ですが、年間を通してみると 大きな差がでます。 例えば毎月30,000円積み立てをした場合は年間で3,600ポイント、20年間で72,000ポイントです。 さらに投資信託の残高によってもポイントが付与されます。 ゆうちょにこのような 制度はありません。 なので、ゆうちょと楽天証券で同じ金額を支払っていても最終的に 72,000円もの差が出る計算です。 ポイントなどの還元制度についてはブログなどで詳しく説明している人がいるので知りたい方はご覧になってみてもいいかと思います。 つみたてNISAをゆうちょで行う場合、まずはゆうちょ銀行の 投資信託口座を開設する必要があります。 投資信託口座を開設するには、 ゆうちょ銀行の口座が必要となります。 お近くの郵便局やゆうちょ銀行で総合口座を開設しましょう。 すでにゆうちょ銀行の口座を持っている場合は、「 ゆうちょダイレクト」で開設手続きを行うことができます。 ゆうちょダイレクトはインターネットや電話で申し込むことができます。 ゆうちょダイレクトでの投資信託口座開設方法は、• ゆうちょダイレクトにログインする• 投資信託口座・NISA口座の開設を選択(スマートフォンの場合はメニューボタンから)• 注意事項をよく確認する• 投資信託口座を開設する口座を選択する• メールアドレスを入力する• 次へを選択する• 口座・メールアドレス確認後、口座開設ページに遷移を選択する• ゆうちょダイレクトをログアウトする• 申込内容を入力する• 情報入力を行う• 入力内容を確認し、申し込みを選択する 以上で口座開設の申し込みが完了です。 ゆうちょダイレクトで投資信託口座を開設する場合、 本人確認書類のアップロードを行う必要があります。 必要な書類は、• マイナンバーを確認できる書類• 本人確認書類 となります。 本人確認書類は顔写真がある運転免許証などの場合は1つでいいのですが、保険証や国民年金手帳、住民票の写しなどを使用する場合は2つ必要となります。 つみたてNISAを始めた際に気になるのがその 運用状況ですよね。 どうなっているのか、ちゃんと資金が増えているのか気になる方がほとんどだと思います。 ゆうちょのつみたてNISAでは、どのように運用状況を知ることができるのでしょうか? ゆうちょのつみたてNISAでは、 運用報告書によって運用状況を知ることができます。 この運用報告書は、 決済末期時に郵送で送られてきます。 運用報告書に書かれている内容としては、• 運用状況• 今後の運用方針 などが書かれています。 通常の場合は決算が年1回となるため、運用報告書も年に1回送付されますが、中には決算が年2回のものもあり、この場合は年2回送付されます。 制度名 NISA つみたてnisa 非課税期間 5年 20年 年間上限金額 1,200,000円 400,000円 対象商品 株式、投資信託 投資信託 このような違いがあります。 そしてこの少額投資非課税制度はどちらか 一つしか選択できないので注意してください。 たとえば、今までNISAで積み立てをしてきたけどつみたてnisaに変更したいとお考えの方はNISA口座からつみたてnisaへ 変更手続きをとらなければいけません。 そしてNISAで積み立てたお金や運用利益は 移動できません。 よってNISAの非課税期間が終わるとそれ以降は 課税対象なので売却するか、課税対象のままでも 保有し続けるか選ぶ必要があります。

次の

意外と知らない!郵便局の貯金「ゆうちょ」便利な4つのメリット! | ガジェット通信 GetNews

ゆうちょダイレクト メリット

ゆうちょダイレクト+(プラス)は、インターネット上で取引を行います。 よって、ゆうちょダイレクト+(プラス)では、セキュリティ対策をしています。 ゆうちょダイレクト+(プラス)のセキュリティ対策には、ワンタイムパスワードがあります。 ゆうちょダイレクト+(プラス)のワンタイムパスワードとは、取引を実行する際に入力する、1回限りのパスワードのことです。 このパスワードは、登録しているメールアドレスで受け取ることもできますが、トークンで表示させることもできるようになっています。 トークンとは、一度しか使えないパスワードの生成機です。 ボタンを押すだけでワンタイムパスワードが表示されるので、取引の際に入力するだけです。 ゆうちょダイレクト+(プラス)のセキュリティ対策には、不正送金対策ソフトPhish Wallがあります。 不正送金とは、インターネット上でユーザーのPCにウイルスを感染させ、虚偽の画面を表示させることで、暗証番号などを盗み不正送金させるサイバー攻撃のことです。 このサイバー攻撃を防ぐために、ゆうちょダイレクト+(プラス)では、不正送金対策ソフトPhish Wallのインストールを推奨しています。 不正送金対策ソフトPhish Walは、無料でインストールできるようになっています。 ソフトをインストールすることで、不正なサイトを確認することができるため、ウイルスに感染することを防ぐことができるのです。 ゆうちょダイレクト+(プラス)への変更方法ですが、ゆうちょ銀行の口座を持っていない場合は、新規で口座開設する必要があります。 ゆうちょダイレクト+(プラス)で新規口座開設を行う方法は、 「ゆうちょ銀行WEBサイト」にアクセスして、 「ゆうちょダイレクト+(プラス)利用申込書」を請求します。 ゆうちょダイレクト+(プラス)の利用申込書が届いたら、 「記入・押印」します。 そして、 「本人確認書類」と一緒に郵送します。 郵送してから2週間程度で、ご利用案内とキャッシカードが届きます。 あとは、ゆうちょダイレクト+(プラス)で、 「パスワード」・ 「メールアドレス」を設定することで利用できるようになります。

次の