ストロング チューハイ やばい。 ストロング系缶チューハイ、なぜアルコール依存症患者増加?「缶」ゆえの危険性、がんリスク増も

【ストロングゼロ】ストロング系チューハイがやばい3つの理由

ストロング チューハイ やばい

「gettyimages」より アルコール度数が高い「 ストロング系」と呼ばれる 缶チューハイが大人気となっている。 コンビニエンスストアに行くと、アルコール類の棚の大部分をストロング系の缶チューハイが占領し、その人気によって缶チューハイ市場はこの5年間で1. 5倍に拡大した。 しかし、気になるのは健康面への影響だ。 通常の缶チューハイのアルコール度数が6%未満なのに対し、ストロング系のアルコール度数は缶ビールよりも高い7~9%となっている。 そんな強いお酒を100~140円(350ml缶、税別)といった安い価格で飲むことができるのだ。 「手軽で安いから」とすぐに酔える強いお酒を飲み続ければ、健康リスクも高まるだろう。 そこで、ストロング系缶チューハイの危険性について医師に聞いた。 お酒が強い人ほどストロング系を飲むのは危険? まず注意が必要なのは、アルコール依存症だ。 2017年12月放送の『ニュースウオッチ9』(NHK)が、ストロング系缶チューハイを大量に飲み続けてアルコール依存症と診断された男性の例を報じていたが、近年はストロング系の常飲によるアルコール依存症患者が増えつつあるという。 なぜ、ストロング系がアルコール依存症に結びつくのか。 久里浜医療センターでアルコール依存症患者を専門に診ている医師の横山顕氏は、最大の問題は「アルコール度数が10%近いお酒が、缶単位で販売されていること」と指摘する。 「たとえば、瓶で売られている焼酎、ウイスキー、ワインなどは、自分が飲みたい量だけグラスに注ぎ、残りはとっておくことができます。 しかし、缶チューハイの場合、プルタブを一度開けると1本飲み切るしかありません。 そのため、必要以上にアルコールを摂ってしまう可能性があるのです。 当然、アルコールの摂取量が多いほど依存リスクは高まります」(横山氏) 通常の缶チューハイとストロング系のアルコール度数の数%の差は、想像以上に大きい。 それにもかかわらず、缶で販売されているので「度数が高いから、半分だけにしておこう」とはならない。 しかも、甘みや炭酸特有の爽快感もある。 その結果、つい飲みすぎてアルコール依存症の入り口に立ってしまうのである。 そう聞いて「自分はお酒が強いから大丈夫」と思った人は、さらに注意が必要だ。 横山氏は、「いくらお酒を飲んでも赤くならず、酔いにくい人ほど、むしろアルコール依存症に気をつけるべき」と言う。 「アルコールから生じる有害物質のアセトアルデヒドの分解能力が強い体質の人は、多量の酒を飲めてしまうために、かえって依存症になりやすいのです。 その中にアルコールの分解が遅い体質の人がいて、この体質は血中に長時間アルコールが残りやすく、それがさらにアルコールへの依存性を強めるケースもあります」(同) アルコールの分解が遅い人は日本人の約3~7%で、一見すると少数派だ。 しかし、100万人ともいわれる国内のアルコール依存症患者のうち、約30%がこのタイプにあたるという。 「お酒が強いからストロング系をいくら飲んでも大丈夫」というのは、単なる思い込みでしかないのだ。

次の

【危険】「アルコール度数9%」なのに飲みやすすぎると話題の缶チューハイ『99.99』を飲んでみた! ゴックゴク飲めちゃうぞォォォオオ!!

ストロング チューハイ やばい

写真AC 「安くてすぐに酔える」「コスパが良い」と人気を集めるストロング系チューハイ。 1本を飲み終える頃には、しっかり酔えるというお得感がある一方で、これまで飲んでいたアルコール度数3%前後のチューハイと同じペースで何本も飲んでしまい、翌朝、なんとなく頭がボーっとしたり、軽い二日酔い状態になってしまったりした経験がある人も多いのではないでしょうか? 何も考えずこのまま飲み続けると、気づいたらアルコール依存症になってしまうかも…? そんな不安がよぎり、東京アルコール医療総合センター長の垣渕洋一医師にお話を伺いました。 【取材:石川奈津美】 ストロング系チューハイは「新たなアル中御用達」 ここ数年、コンビニの棚でストロングゼロなどを目にする機会がぐっと増えました。 味の種類も柑橘系からビター系までどんどん増え続け、飲料会社が幅広い層をターゲットにしているのがわかります。 では、ストロング系チューハイが分類されるRTD(Ready to Drink・そのまますぐ飲める)市場は10年連続で伸び続け、過去最大規模に達しています。 (サントリー調べ) 垣渕医師は、「ここ2、3年で患者さんと話しているときにも、ストロング系チューハイの話を良く聞くようになりました」と話します。 「アルコール依存症になる人の場合、元々高価格帯の良いお酒を飲んでいても、飲み続けていくうちにだんだん経済的に苦しくなったり、飲酒量が増えてくると、コスパを意識します。 そして、より安いお酒を飲むようになります。 以前から患者さんの話でよく飲むお酒として挙がったのは、4リットルペットボトルの甲類焼酎と紙パックの安価な日本酒の2つでした。 つまり、「安くて大容量」のお酒です。 そこに最近、ストロング系チューハイが加わり、アルコール依存症の方の御用達のお酒になっているなという印象です。 ここの病院は開放病棟で外出することができるので、入院中に外出し、近くのコンビニでお酒を買って飲んでしまう患者さんがいるんです。 その後、患者さんから許可を得た上で、買ってしまったそのお酒をお預かりして処分するのですが、ストロング系チューハイが本当に増えました。 「アルコールには、人間が抑えを効かせている前頭葉の機能を脱抑制するなど、薬理作用があります。 不安を取るし、気分は晴れるし、痛みも取れる。 つまり、嫌なことを忘れることができるわけです。 (かすみがうらクリニック猪野亜朗医師より提供) 日本人は元々「シラフでシャイな民族だ」といわれており、このお酒の作用を使い時々抑制を取って「無礼講」をすることで、普段がまんして生活していることのバランスを取ってきたという歴史があります。 たとえば、会社でシラフな状態で上司のネクタイをつかんで『お前ばかやろう』と言うと、懲戒ものですよね。 でも、職場の飲み会でたくさん飲んで酔っ払った後に同じことをしても、次の日、『すみません…覚えていないんです』となると、しょうがないねと許されることがあります。 これは一例ですが、シラフでは言えない本音を、お酒の力を使って相手に伝えることは良い面もあり、一概に「アルコールは飲まないほうが良い」とは言い切れません。 私は、依存症の人が増えた原因の1つは日本が経済的に豊かになったことによって、アルコールの値段が相対的に安くなったことにあると思っています。 昔は今よりも相対的にお酒の価格が高かったので、アルコール依存症まで飲める人というのはある程度裕福ではないとできませんでした。 なので、そういった『無礼講』も昔はハレの日など特別な日限定で起こることでした。 でも、今は特別な日以外でも、それこそ24時間いくらでも飲めて好きなときに酔えるようになった。 つまり、アルコール依存症という病気が大衆化したのです」。

次の

ストロング系缶チューハイ、なぜアルコール依存症患者増加?「缶」ゆえの危険性、がんリスク増も

ストロング チューハイ やばい

あらゆる事象を忘却の彼方に追いやる魔剤『ストロングゼロ』。 アルコール度数9%を誇るこのチューハイは、多くの酒飲みから熱い支持を得ている。 しかし、酒に弱い人からすると、味的にもかなり抵抗がある代物らしい。 そりゃそうだ、9%だからな。 そんな中、彗星のように現れた1本のチューハイがネットで話題である。 『99. 99(フォーナイン)』と名乗るそのチューハイは、アルコール度数9%にもかかわらず、 とんでもなく飲みやすいのだとか。 ほほう、そいつは穏やかじゃないな……。 ・話題の新商品 2018年8月28日より全国で新発売となった『 サッポロチューハイ 99. 99(フォーナイン)』。 クリアドライ味とクリアレモン味の2種類があり、価格は350ml 缶だと141円(税抜)、500ml 缶だと191円(税抜)となっている。 ・アルコール度数9% 『99. 99』というのはその純度を表しており、エタノール以外の有機物割合が0. 01%未満のウォッカを使用していることが由来になっているようだ。 別に アルコール度数が99. 99%ってわけじゃないから誤解すんなよ。 ・実際に飲んでみた結果 それではさっそく、クリアドライ味から飲んでみることにする。 私(あひるねこ)は『ストロングゼロ』のようなアルコール度数の高い酒も抵抗なく飲む方だが、果たしてこの『99. 99』はどうか? グググっと喉に流し込む。 すると……。 ああああ~~~~~! そういう感じか~~~ッ!! 分かった分かった、なるほどなぁ。 こいつぁ…… 危険だぜ。 ・ヤバさの理由 よくある9%のチューハイには、 特有のガツンとしたパンチがあるように思う。 そのため、久しぶりに飲んだ時は「うおおお、やっぱストロングはクるなぁ~」なんてことを思うし、弱い人にとってはそれがキツく感じる要因のはずだ。 しかし、この『99. 99』はそういった引っかかりの部分があまりないせいか、 やけに飲みやすいのである。 なんというかこう、 スルスルと喉に入っていく感じなのだ。 ・グイグイいけちゃう 「水のよう」とまでは言わない。 ハッキリと酒である。 だが、これは本当に9%なんだろうか? こんなもんアンタ、ゴックゴク飲めてしまうがな! いや~いかんいかん。 次はクリアレモン味を飲んでみるか。 でもやっぱり……。 ゴックゴク飲めてしまうがな!! ・飲みやすさに注意 もしかするとコレは、普段から強い酒を飲んでいる人よりも、 酒は好きだけどあまり強くないという人にこそ効くチューハイなのかもしれない。 今日は酔いたい……という日にもってこいだが、あくまでアルコール度数9%のチューハイである。 各自、飲みすぎには十分注意するように! 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の