ホストには進行中の別のミーティングがあります。 Zoom「ホストには進行中の別ミーティングがあります」と表示される原因と対処法を解説!

Zoom会議で『共同ホスト』を設定する方法【Zoom講座・セミナー主催者の補助役に設定】

ホストには進行中の別のミーティングがあります

オンライン会議ソフトの 「Zoom」を使ってる方は、いますよね? コロナウイルスの影響で、在宅でのテレワーク化が進み、 いろんな企業が研修や会議などでも、Zoomを導入している。 でも、先日から「Zoomでミーティングに参加できない」 というトラブルがいろんな方から聞こえてきました。 その理由ですが、セキュリティーとプライバシーの強化の為、 仕様変更があり、Zoomで「パスワード設定」が必須となったからです。 ホスト以外の参加者は入室時に、 毎回、パスワードが要求されるようになりました。 このZoomで入室時にパスワードが要求される件について、 対応策と解決策を用意したので、最後までご覧下さい。 Zoomの会議室(ミーティングルーム)は、2種類ある まず、覚えておいてもらいたいのですが、 Zoomには、 「PMI」と普通の 「ミーティング」があります。 「PMI」とは、パーソナルミーティングIDの略で、 デフォルトで割り当てられる個別のミーティングIDです。 「PMI」のミーティングIDは、10ケタですが、 「定期的なミーティング」など、普通のミーティングIDは9ケタです。 普通の「ミーティング」は、いくらでも新規作成できますが、 「PMI」に関しては、別のアカウントを使わないと新規取得できません。 「PMI」は、1アカウントに1個までとなる。 Zoomで入室できない理由!参加するクライアントはパスワード必須 今後、「PMI」を利用した場合は、 ホスト以外は入室時に、パスワードが要求されます。 ただし、「PMI」以外の「ミーティング」は対応が異なる。 すでに作成済みの 既存の「ミーティング」では、これまで通り、 ホスト以外でも入室時に、パスワードは要求されません。 しかし、今後新たに「ミーティング」をスケジューリングする場合は、 ホスト以外は入室時に、パスワードが要求されます。 既存の「ミーティング」を使えば、パスワードの要求はありません。 ただし、既存の「ミーティング」でも編集して保存すると、 パスワードが強制付与されますので、注意が必要です。 ですので、既存の「ミーティング」は編集しないほうが良いです。 Zoomの使い勝手が悪化!対応策はひとつだけ? 今回の仕様変更で、使い勝手が著しく悪化しました。 Zoomで「勉強会」や「説明会」を開催する場合、 参加者は、毎回 パスワードを入力する必要があります。 つまり、参加するのに「ひと手間」増えるので、 そこで離脱される可能性もある 笑 ここの改悪部分は、ホストにとって「いい迷惑」だと思います。 対応策は、既存の「ミーティング」を使う事のみ。 また、スマホのZoomアプリでミーティングIDを入力して、 入室する場合も、パスワード入力が必須となる。 例えば、電話口でミーティングIDを言って、 その場で、入室してもらう場合もパスワードが要求されます。 これを避けるには、やはり既存の「ミーティング」を使うしか、 回避手段はありません。 Zoomで、パスワードを回避する「解決策」が見つかった 「Zoomが、使いにくくなるな」と思っていたら、 なんと解決策がありました。 しかし、新たに別の問題が発生しました 笑 URLが長くなり、怪しくなったので、 参加者がURLのクリックをためらう可能性がある。 「スパム」や「騙しリンク」だと思われかねない。 また、URLが長いので、 端末やメールソフトなどによっては、URLが2行に分かれ、 リンクが有効にならない可能性がある。 これらの問題をホスト側が解決するには、「短縮URLソフト」を使いましょう。 まとめ Zoomでミーティングに参加できない、入室できない理由は、 パスワード設定の仕様変更があったからでした。 いくら、セキュリティーとプライバシーの強化の為とはいえ、 私は、改悪だと思っています。 参加者の離脱要因が増えた事だけは間違いないので、 上記の対策を打たないと、 対策した人間と対策しなかった人間で大きな差が生まれます。 大きな差というのは、「収入」の事です。 自分がZoomに参加する時に、 怪しい長いURLをクリックするかを考えるとわかります。 普通の人間なら、ためらいますよ 笑 特に、ネットリテラシーの高い人間ほど、 「フィッシングサイトじゃないのか?」みたいに、警戒すると思います。

次の

Zoomでミーティングに参加できない!入室できない理由はパスワード設定

ホストには進行中の別のミーティングがあります

ミーティングをすぐに開始する場合 ここで「新規ミーティング」のオレンジ色のボタンをクリックすると開始することができます。 この場合zoomのミーティングID(仮想空間の部屋番号のようなもの)が自動で割り振られます。 すぐにミーティングを始めたい場合にはこの方法で開催するのが簡単です。 但しこの場合は、事前に参加される方にZOOMの参加URLをお知らせしたりできません。 なので、自分でZOOMミーティングを開催する練習などにはお勧めですが、実際に主催する場合は次の定期ミーティングの開催方法をご覧になって、そちらの方法で開催されると良いと思います。 定期的なミーティングを開催する場合 定期的にミーティングを開催する場合は、ミーティングIDを常に同じ番号に設定することが可能です。 その場合は、プロパティのスケジュールという青いボタンをクリックして設定していきます。 試しに2019年10月1日の13時半と設定してみました。 図の赤丸で囲んだ定期ミーティングのところにチェックを入れると定期開催(同じミーティングID番号を継続使用)が可能となります。 下の方の「スケジュール」という青いボタンをクリックすると細かい設定ができる画面に移動します。 定期ミーティングにチェックを入れると下記のように頻度を選べるようになりますので、決まっているなら毎日とか毎月を選択しますが、不定期の場合は固定時刻なしを選択します。 ビデオとオーディオ設定 先の画面の赤丸の下にビデオとオーディオの設定ボタンがあります。 ビデオはホストも参加者もONにします。 オーディオの設定はホストとして重要なのですが、 青丸で囲んだコンピューターオーディオにチェックを入れてください。 zoomには電話でも参加可能ですが、海外通話になって高い電話代を請求された・・という事例もありますので、インターネット回線で参加して頂くようにホスト側が設定しておくと参加者は安心ですね。 このようにミーティングIDが発行されましたので、この番号を事前に参加される方に伝えることで、このミーティングIDで待ち合わせをすることが可能になります。 2020年の5月30日からバージョンアップして、セキュリティ強化のため、参加用URLの他にパスワードが標準設定にされました。 招待する場合には、参加URLの他にパスワードも合わせてお伝えしましょう。 PMI(パーソナルID)とは? ZOOMミーティングを開催しようとする場合に 〇「PMI(パーソナルミーティングID)」を使用する という項目があります。 これは、ZOOMに登録した際に一人ひとりに割り当てられる個人のミーティングIDです。 この番号でミーティングを開催すると参加者にこの番号が知れ渡ってしまいます。 知り合いだけなら問題ないかも知れませんが、無料でZOOMを愛用している場合はPMIを変更することができません。 (有料になると変更が可能となります。 ) なのでセキュリティの問題からも、PMIを使ってミーティングを開催するのは避けることをお薦めします。 【方法2】zoomのHPのマイミーティングの画面から開催する zoomに登録しますと、zoomの中にマイミーティングという自分のミーティングを管理するページが自動生成されます。 マイミーティングの画面からは直接細かい設定も行うことが可能ですので、マイミーティングのページをお気に入りに登録しておいて常にこちらか設定するのも便利かと思います。 【方法3】スマホ・タブレットで開催する Zoomのアイコンをタップして開くと、パソコンと同じように新規ミーティングのオレンジのボタンから新規のミテーィングを開催することが可能です。 また定期開催をしたい場合は、スケジュールの青いボタンがありますので、そちらをタップすると設定画面が出ますので、それに従って入力してください。 下の方に「パーソナルミーティングIDを使用する」というチェック項目がありますが、これは、zoomをダウンロードした場合に自動で割り振られた自分専用のIDとなります。 この番号ならばいつでもミーティングを開催することが可能ですが、不特定多数にその番号を知らしめてしまうと、関係ないときに入ってこられる可能性も無きにしも非ずですので、パーソナルID以外の番号を使うことをお薦めします。 (ちなみにパーソナルIDは有料コースでは変更することが可能となっています。 ) マイミーティングの詳細設定 マイミーティングではオプションから詳細を設定することが可能です。 オプション• 開始時にホストのビデオをオン(自分がビデオで見えるようにすることです)• 詳細オプション• ミーティングパスワードの必須 9月29日からパスワードが標準になりますので、パスワードを標準化したくない方は、パスワードの設定をオプトアウトといって、標準装備から外す必要があります。 ホストより前の参加を許可(開始時の前にzoomのミーティング会場に入っても良いかどうかの設定です。 ホストが入るまで参加できないようにするとただお待たせすることになりますから、これは許可した方が良いと私は思います。 ミーティングを自動記録(記録したい場合には最初にここで設定しておくと取り忘れ防止になります。 代替ホスト(万が一自分が遅れる場合などがあった際に、代わりのホストを指名しておくことが可能です。 ) まとめ ご自分でマイミーティングを主催する方法をご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?意外と簡単にできるんだ!と思って頂ければ幸いです。 【方法1】パソコン上のプロパテからのミーティングを開催• 【方法2】ZoomのHPのマイミーティングの画面から開催• 【方法3】スマホ・タブレットで開催• マイミーティングの詳細設定 是非ご自身でもzoomで マイミーティングを開催なさってみてください。 また、2020年にコロナ騒動がありZOOMの愛用者が激増し、セキュリティの胒弱さが問題となりましたが、その後パスワードや待機室を設定するなどセキュリティ強化がなされています。 ホストをされる場合には、ZOOMのバージョンアップをこまめにすることと最新の情報をチェックすることをお薦め致します。

次の

Zoomの招待方法やチャットの使い方など超基本的な始め方を解説!

ホストには進行中の別のミーティングがあります

オンライン会議ソフトの 「Zoom」を使ってる方は、いますよね? コロナウイルスの影響で、在宅でのテレワーク化が進み、 いろんな企業が研修や会議などでも、Zoomを導入している。 でも、先日から「Zoomでミーティングに参加できない」 というトラブルがいろんな方から聞こえてきました。 その理由ですが、セキュリティーとプライバシーの強化の為、 仕様変更があり、Zoomで「パスワード設定」が必須となったからです。 ホスト以外の参加者は入室時に、 毎回、パスワードが要求されるようになりました。 このZoomで入室時にパスワードが要求される件について、 対応策と解決策を用意したので、最後までご覧下さい。 Zoomの会議室(ミーティングルーム)は、2種類ある まず、覚えておいてもらいたいのですが、 Zoomには、 「PMI」と普通の 「ミーティング」があります。 「PMI」とは、パーソナルミーティングIDの略で、 デフォルトで割り当てられる個別のミーティングIDです。 「PMI」のミーティングIDは、10ケタですが、 「定期的なミーティング」など、普通のミーティングIDは9ケタです。 普通の「ミーティング」は、いくらでも新規作成できますが、 「PMI」に関しては、別のアカウントを使わないと新規取得できません。 「PMI」は、1アカウントに1個までとなる。 Zoomで入室できない理由!参加するクライアントはパスワード必須 今後、「PMI」を利用した場合は、 ホスト以外は入室時に、パスワードが要求されます。 ただし、「PMI」以外の「ミーティング」は対応が異なる。 すでに作成済みの 既存の「ミーティング」では、これまで通り、 ホスト以外でも入室時に、パスワードは要求されません。 しかし、今後新たに「ミーティング」をスケジューリングする場合は、 ホスト以外は入室時に、パスワードが要求されます。 既存の「ミーティング」を使えば、パスワードの要求はありません。 ただし、既存の「ミーティング」でも編集して保存すると、 パスワードが強制付与されますので、注意が必要です。 ですので、既存の「ミーティング」は編集しないほうが良いです。 Zoomの使い勝手が悪化!対応策はひとつだけ? 今回の仕様変更で、使い勝手が著しく悪化しました。 Zoomで「勉強会」や「説明会」を開催する場合、 参加者は、毎回 パスワードを入力する必要があります。 つまり、参加するのに「ひと手間」増えるので、 そこで離脱される可能性もある 笑 ここの改悪部分は、ホストにとって「いい迷惑」だと思います。 対応策は、既存の「ミーティング」を使う事のみ。 また、スマホのZoomアプリでミーティングIDを入力して、 入室する場合も、パスワード入力が必須となる。 例えば、電話口でミーティングIDを言って、 その場で、入室してもらう場合もパスワードが要求されます。 これを避けるには、やはり既存の「ミーティング」を使うしか、 回避手段はありません。 Zoomで、パスワードを回避する「解決策」が見つかった 「Zoomが、使いにくくなるな」と思っていたら、 なんと解決策がありました。 しかし、新たに別の問題が発生しました 笑 URLが長くなり、怪しくなったので、 参加者がURLのクリックをためらう可能性がある。 「スパム」や「騙しリンク」だと思われかねない。 また、URLが長いので、 端末やメールソフトなどによっては、URLが2行に分かれ、 リンクが有効にならない可能性がある。 これらの問題をホスト側が解決するには、「短縮URLソフト」を使いましょう。 まとめ Zoomでミーティングに参加できない、入室できない理由は、 パスワード設定の仕様変更があったからでした。 いくら、セキュリティーとプライバシーの強化の為とはいえ、 私は、改悪だと思っています。 参加者の離脱要因が増えた事だけは間違いないので、 上記の対策を打たないと、 対策した人間と対策しなかった人間で大きな差が生まれます。 大きな差というのは、「収入」の事です。 自分がZoomに参加する時に、 怪しい長いURLをクリックするかを考えるとわかります。 普通の人間なら、ためらいますよ 笑 特に、ネットリテラシーの高い人間ほど、 「フィッシングサイトじゃないのか?」みたいに、警戒すると思います。

次の