ガンバ大阪 掲示板。 クラブ概要|ガンバ大阪オフィシャルサイト

ガンバ大阪 人気ブログランキングとブログ検索

ガンバ大阪 掲示板

スーパーエリートクラスについて ガンバ大阪スーパーエリートクラスは、世界に通じるクリエイティブな選手の育成を目的として、セレクションで選ばれた小学4年生から6年生の選手が、上の年代につながるレベルの高い練習を隔週で実施しています。 スタッフは、ガンバ大阪アカデミーのジュニアユースコーチが中心になり、少数精鋭で人工芝の広いサッカーコートを利用して、幅広いトレーニング内容と先を見据えた指導を行っています。 2015年から始まったこのコースは、ガンバ大阪ジュニアユースへ多くの選手が昇格しただけでなく、卒業生が他のクラブでも活躍しています。 スーパーエリートクラスは、選手登録は行っておりません。 同年代のトップレベルの選手たちと切磋琢磨して良い刺激を受けながら、コーチからレベルに合った指導を受けて、ガンバ大阪アカデミーで一緒に成長していきましょう。 指導者(2020年度) スーパーエリートクラス 統括• スーパーエリートクラス 統括坪倉 進弥 Shinya TSUBOKURA 1976. 28 神奈川県出身 コーチ• 6年生担当コーチ町中 大輔 Daisuke MACHINAKA 1979. 2 大阪府出身• 6年生担当コーチ宗像 剛 Go MUNAKATA 1977. 12 大阪府出身• 6年生担当コーチ河野 将徳 Masanori KONO 1996. 20 兵庫県出身• 5年生担当コーチ明神 智和 Tomokazu MYOJIN 1978. 24 兵庫県出身• 5年生担当コーチ糸田 修輔 Shusuke ITODA 1996. 6 京都府出身• 5年生担当コーチ濱口 純一 Jyunichi HAMAGUCHI 1996. 27 大阪府出身• 4年生担当コーチ峯崎 聖久 Toshihisa MINEZAKI 1992. 4 兵庫県出身• 4年生担当コーチ溝口 大介 Daisuke MIZOGUCHI 1992. 17 大阪府出身• 4年生担当コーチ森山 拳太朗 Kentaro MORIYAMA 1998. 23 兵庫県出身 GKコーチ• 藤ヶ谷 陽介 Yosuke FUJIGAYA 1981. 13 静岡県出身• 己浪 学 Manabu MINAMI 1988. 17 奈良県出身 概要 好環境・少人数制で世界に羽ばたくサッカーのエリートを育てます!! ガンバ大阪では【世界に通じる選手の育成】を目的とした「ガンバ大阪スーパーエリートクラス」を 小学4年生、小学5年生、小学6年生を対象に実施しています。 このクラスは、各年代20名程の少人数を、ガンバ大阪ジュニアユースコーチが直接指導し、高いレベルでのプレーや意識の習得を目指すクラスとなります。 チームとしての活動は行わず、サッカー協会登録はいたしません このたび、このガンバ大阪スーパーエリートクラスに入るためのセレクションを実施します。 セレクションに最終合格された方のみ、2020年度ガンバ大阪スーパーエリートクラスの練習に参加することができます。 高いレベルのGKトレーニングをしたい方も、ガンバ大阪アカデミー専任のGKコーチが少人数に直接指導をします。 2コース(A日程・B日程)を万博で実施!! ・年に数回、2コース合同での特別合同練習会を実施予定です。 すべて当クラブで決定します。 下記の方法でお申し込みください。

次の

クラブ概要|ガンバ大阪オフィシャルサイト

ガンバ大阪 掲示板

某掲示板に書き込んでもよいのですが、こちらから、誰が伝えたほうが良いかと思い、こちらに書き込みます。 タナタツに厳しいコメントを掲示板やSNSへ書き込んでいる方へ。 是非、下記参照ください。 プロA契約枠は、25名です。 現在、ガンバの選手は下記。 ここまでで計9名。 ここまでで計20名。 合計25名。 ここに、宇佐美、井手口が加入。 前述は、既にジェソクは外れています。 恐らく、藤春。 藤春は怪我から復帰しても、、、 来年は、ここに黒川、山本が加入。 更にレンタルバックしたい場合は、、、 これを読んで、田中への厳しいコメントを書かれた方は、早めに考え直したコメントを早期に書き込んでは如何でしょうか? リリースのコメントは、選手、チームが気を遣いあってのコメントと理解された方がよいかと。 某掲示板に書き込んでもよいのですが、こちらから、誰が伝えたほうが良いかと思い、こちらに書き込みます。 タナタツに厳しいコメントを掲示板やSNSへ書き込んでいる方へ。 是非、下記参照ください。 プロA契約枠は、25名です。 現在、ガンバの選手は下記。 ここまでで計9名。 ここまでで計20名。 合計25名。 ここに、宇佐美、井手口が加入。 前述は、既にジェソクは外れています。 恐らく、藤春。 藤春は怪我から復帰しても、、、 来年は、ここに黒川、山本が加入。 更にレンタルバックしたい場合は、、、 これを読んで、田中への厳しいコメントを書かれた方は、早めに考え直したコメントを早期に書き込んでは如何でしょうか? リリースのコメントは、選手、チームが気を遣いあってのコメントと理解された方がよいかと。 クルピ監督から宮本監督へ。 現状、井手口がいない状態で、今野選手もいないのを前提にチームを構築していたが、攻のみうまくいっているケースは何度かあるのですが、その状態で、守の修正がうまくいっていない状態ではないかと。 攻の形をいくつか確立したうえで、守を修正するのが一番良いと思います。 長沢が出たときと、出てない時のサッカー。 後は、ファンウィジョとアデの1トップがあり得るか否か。 優先順位から行くと緊急事態でない限り、2トップから確立した方がよいかと。 基本そのサッカーを構築するのは、時間を掛からずできると思うので、そこでボールが奪われた時や、そこにボールが通るまでのサポート、カバーリングなどを想定したところからのリスクヘッジを中心とした守備を構築することで、早ければ、2〜4試合でいい状態になるのではと思います。 MFの攻守の修正が重要になり、それと連動した最終ラインのポジショニング、ラインの上下がキーになりますね。 恐らく、クルピ監督の時より、選手の距離感とオフザボールの時の動き指示が多くなると思いますが、選手自身がケースバイケースで目的が違うので、その目的を意識した選手の距離感とオフザボールの動きで、攻守に1歩遅れることがあったり、スムーズになったりしますが、ずれるとそこがバランスを崩すきっかけになる。 この辺がベテラン選手の価値と、宮本監督の見極めのキーになるでしょうねぇ。 練習で体が重いというか、体が切れていないのは、シーズンに入ると戻ると思っていましたが、そうでもないみたいですね。 ルヴァンの後というのもあると思いますが、昨日のフロンターレ戦、ほとんどのプレーにおいて、フロンターレ選手より1歩は遅く、プレーしていました。 攻守の切り替えもほとんどで負けていました。 そこで、負けていたり、遅かったりするので、フロンターレの選手的にはカテゴリーの違うチームとやっていたくらい、やりやすかったのでは。 監督が選手に自由を求めることによって、選手は、攻守の切り替えに敏感にならず、ひとつひとつのプレーに厳しさがなくなって、楽を選んでいるようです。 恐らく、ここは、監督、コーチが、自由を与える前提として、攻守の切り替えの早さ、プレースピードなど厳しく一定のルールは設定してクリアした選手のみ使うなどした方がようですね。

次の

ガンバ大阪掲示板

ガンバ大阪 掲示板

水戸には、看板選手なる選手がおらず、せめて元日本代表だった選手とか、取れないのかなと、思います。 あれこれ言っても、強化資金の問題もあるしで、そこまで思うだけで、意見は出来ません。 ただ今年は、レンタルではありますが、ブラジル人2名を、加入させることが出来ただけでも、御の字かなと思います。 さて、明日はガンバさんの試合ですね。 ガンバさんには勝って貰い、ホーリーホックは、翌日ガンバさんに次いで、勝利をめざします。 中部スタは、一度行ったことがありますが、西が丘フィールドは、まだ行ったことがありませんが、スタグルが1店舗しかないそうです。 一層のこと、味スタで開催してほしいですが、空席が目立つほどの観客動員数ですので、採算が合わないのかもしれません。 西が丘フィールドは、よく日テレベレーザが、練習や試合で、使っているそうです。 二川選手が、栃木SCにレンタル移籍になりましたね。 大黒選手もいるしで、数ヶ月先に、アウェイ試合があるので、侮れません。 明後日は、ガンバさんはアウェイ・FC東京と試合ですね。 来月になれば、ホームゲーム2試合が待ってますし、まずは勝ち点3を大阪に持ち帰って、ホームゲームに望みましょう。 こちらも、ホームゲームで1日に、町田ゼルビア戦! 上位対決とはいえ、怪我人続出の水戸が、どこまで出来るか、少し不安ありです。 ガンバっぺ!水戸ホーリーホック! ガンバろうや!ガンバ大阪! 慣れない関西弁で、すみません。 ケーズデンキススタジアム水戸は、スタグルが充実しておりますが、7日に行く甲府でも、スタグルは充実しているみたいです。 ただ21日の東京ヴェルディ戦では、味の素スタジアム西が丘フィールドのため、グルスタは、あまり期待出来ないみたいです。 なので、行く前にコンビニで、買い出ししてから行く予定です。 以前から、スタ飯はしょぼいと聞いていましたので、買い出ししてから行きます。 お互いにやるべきですね。 怪我人続出のなか、厳しい試合になりますが、上位対決を制してみせます。 ガンバさんも、状況は厳しいですが、ここからか勝負でしょう。 怪我人が多いなか、これからGKに負担がかかりますが、懲りずに頑張ってほしいですね。 ガンバさんには、東口選手がいるんですね。 今度チェックして、みたいと思います。 水戸は、場所によって、桜が咲いているみたいです。 来週日曜日の町田ゼルビア戦では、ケーズデンキススタジアム水戸でも、桜の花が咲きそうです。 咲いていれば、桜の下でスタグルを、楽しみたいです。 それが終われば、今年2度目の遠征で、甲府に行く予定です。 昨年いた、笠原よりセーブ力は、あるかもしれません。 伊藤涼太郎は、レギュラーで使っても良いと言えるでしょう。 今年は、早々と怪我人が多く、先々不安ですが、今度の町田ゼルビア戦だけは、勝ちたいです。 その後も、ヴァンフォーレ甲府戦も、アウェイで控えてますし、今は一つ一つの試合を大事に戦っていくしか、ありませんね。 ガンバさんも、アウェイではありますが、J1リーグ戦で、勝ち点を積み上げて、ガンバってほしいです。 勝って、大阪に帰りましょう。

次の