引き こもり の 原因。 病気でもないのに耳がこもる!耳鼻咽喉科の先生に聞いた改善策。

耳がこもる原因&治し方!聞こえない、治らない時の対処法、病気が原因の可能性も

引き こもり の 原因

声がこもる原因は「舌」 舌というのは声を出す上でとても大切な役割があります。 舌の動きで、言葉のキレが変わったり 舌の位置で、声の高さが変わったりするのです。 そして声がこもる人にはある特徴的な 舌の動き方があります。 それは 舌の位置が変わらず、固定されてしまっていること。 声がこもってしまうのは、 舌の位置が固定されているからです。 通常は、高い声を出す時には、 舌は高い位置にあり、 低い声を出す時には 低い位置にあるものです。 ところが、舌をスムーズに動かせないと、 どっちつかずの曖昧な声しか出せなくなってしまいます。 これを意識して、 舌をしっかりとコントロールできるようになれば 声がこもることは解消されるようです。 そして誰からもはっきりと聞き取ってもらえるような 透きとおった声を出せるようになるということですね。 また本書ではその舌を鍛えるための方法についても 触れられているので一部ご紹介します。 声がこもるのを改善する[ラヌ]トレーニング まずあなたの滑舌の良さをチェックしましょう。 「ラヌ」と8回連続で言ってみて下さい。 スムーズに言えましたか? スムーズに言えた人は舌がしっかりと動いている証拠で 滑舌もいいはずです。 「ラヌ」がいつの間にか「ナヌ」になってしまうなどで、 うまく言えなかった方は 滑舌を良くするためにも 以下のトレーニングをしてみましょう。 日本語では、 舌を使う音はそれほど多くありません。 主に舌を使うのは 「ラ行」「タ行」「ナ行」「カ行」 の4種類です。 これらの音を繰り返し発声することで、 舌はスムーズに動くようになります。 [ラ行]舌全体• [タ行]舌先• [ナ行]舌の中央• [カ行]舌の奥 各行を発声するときは このように、舌の位置が変わります。 その位置にある舌をしっかりと動かすようにして 発声すると効果的とのこと。 慣れてきたら、 [タ行][ナ行][カ行] の各行の頭に [ラ]を加えて発音してみましょう。 発声するときも、 舌の一部分だけではなく、 舌全体が上下に動くように 意識しながら声を出すようにトレーニングしましょう。 滑舌がよくなります。 [ラヌ]が8回スムーズに言えるようにまで 練習ですね。 声がこもるのは解消できる いかがでしょうか。 じっくりトレーニングするよりも すぐに解決できる方法があれば 誰でもそちらを選びますよね。 なので、声がこもる人はまず、• 舌を固定させて話さない• 舌を大きく動かすことを意識する この2つをたった今から意識してみて下さい。 またAmazonでの評価が抜群に高い「」のようなアイテムを利用することで継続もしやすいですし、効果もすぐに表れやすいはずですので一度試してみることをオススメします。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

声がこもる原因・よく聞き返される人へ【10の改善方法】

引き こもり の 原因

ある現象に注目するとき、その現象が起きた原因は何だろうかとわたしたちは考えます。 ひきこもりに関しても、「原因は何ですか」と質問されることが多いです。 この質問にはいろいろな答え方がありうるのですが、現段階で言えそうなことをここで記してみたいと思います。 まず、ひきこもりの原因と言う時、一般の人々がイメージしやすいものには2つあるように思います。 一つはひきこもりに入った具体的な「きっかけ」です。 もう一つは青年がひきこもるに至った「背景」の問題であり、その場合は本人の性格や家庭環境、社会環境などとの因果関係が想定されています。 背景を知りたがる心境には、「うちの子をひきこもりにさせないために」といった具体的・予防的な関心が含まれている場合も多いようです。 二つとももっともな関心だと思うのですが、ひきこもりの場合、この二つだけで原因を説明するには無理があるとわたしは思います。 ひきこもりの第一の特徴は、本人の意図を超えて長期化してしまうことであり、入り込むと抜け出しにくい構造があることです。 精神病や発達障害を背景にしたひきこもり事例を除けば、このような悪循環構造こそ、ひきこもりを考えるうえでの重要ポイントだと思います。 多くの支援者も援助する際には、こうした悪循環構造の解消を意識しています。 どうしてひきこもりが始まったかという「きっかけ」や、本人や家族や社会がもともとどういう問題を持っていたかという「背景」に関心を寄せるより、「なぜ、長引いてしまうのか」という構造に目を向けたほうがひきこもりの全体的な特徴を理解しやすいとわたしは考えています。 そのうえで、「きっかけ」について言えば、それは様々であるとしか言いようがありません。 わたしが知る範囲だけでも「挫折一般」としか表現のしようのないほど多様です。 教師が体罰する場面を見て怖くなった、いざ就職という時期に動けなくなってしまった、仲間から暴力を受けた、いじめにあった、会社を辞めたとたん外に出にくくなった・・・・などがあります。 また、「ある朝、なぜか突然気力が失せて起きられなくなった」「なんとなく少しずつ外に出なくなっていった」など、きっかけらしいものが見つけにくい事例も少なくありません。 「背景」については、本人の性格と家庭環境と社会環境の三つの視点から語られるでしょう。 ただし、精神医学や心理学が教えるように、これら三つのどれかが影響しているというよりは、三つが絡まりあってひきこもりの背景を構成していると考えるべきだと思います。 本人の性格傾向に関しては、ひきこもる人には大別して二つの傾向があるように思います。 それは「燃え尽き息切れ型」と「一人遊び嗜好型」です。 前者は小さいときから親や周りの過度の期待に応えながら過ごしてきましたが、受験の失敗などで燃え尽きて人生の先が見えなくなり、ひきこもってしまうタイプです。 後者はもともと内向的かつ神経質、几帳面な性格の子が多く、思春期以降に周りとの人間関係を強制されると集団への苦手意識や不自由感が強まり、ひきこもりに入りやすいです。 精神科医の近藤直司氏は、ひきこもる人に見られやすい心の傾向として「スキゾイドの病理」や「自己愛の病理」などを挙げています。 スキゾイドの病理について氏は「他者と関係することへの願望と、自分の欲求が他者を傷つけてしまうという恐怖との間に生じる葛藤に悩まされており、その葛藤に対する防衛手段として情緒的ひきこもりが生じている」という研究者フェアバーンの指摘を紹介し、ひきこもり現象を理解するために有益だと述べました。 自己愛の病理については、自己評価が極端に低下した状態と肥大化した状態との両極の状態がありその間で動揺する傾向が強い、という研究者ギャバードの指摘を引用し、これがある種のひきこもり事例の特徴を表していると述べました。 家庭環境については、ひきこもりの家族に見られる平均的な家族パターンとして、精神科医の斉藤環氏は「父親は大卒の会社員、とりわけ管理職が多く、母親も高卒かそれ以上で専業主婦というパターンが平均的で、多くは現代日本の中流以上の階層が占めています」と述べています。 また、極端に破綻した家庭環境や虐待などといった「大きな」問題が控えていることは少ないという印象も述べています。 氏の示した家族像はわたしの得ている印象とおおむね近いのですが、「父親は大卒の管理職が多い」という指摘は、わたしの印象よりやや富裕層が多いように読めました。 わたしの場合、「中流以上」でない階層の家族にも比較的出会っているためかもしれません。 それはおそらくわたしが、援助を利用していないひきこもり事例も見ているためだと思われます。 虐待などの大きな問題が少ないという指摘は同感です(ただし、福祉系の援助者は、虐待を背景にしたケースに出会うこともあるようです)。 つまり階層の話と合わせて言えば、ひきこもりが起きる家庭とはまさに普通の家庭だといえると思います。 なお虐待が少ないという事実からは、親の悪意の不在という印象を受けます。 しかし、悪意がなければ問題なし、とばかりも言えないようです。 たとえば臨床心理士の田中千穂子氏は、ひきこもりの人が子ども時代にたどりやすい経緯をこうわたしに語っています。 「親に悪意があれば、子どもはむしろ逃れたり、それをはねのけたりすることができるでしょう。 実際には『よかれ』という善意の中で子どもとのズレが蓄積されていくから、思春期になって爆発したりするんです」 社会環境の問題としてよく言われるのは、コミュニケーションの希薄化や行動のパーソナル化、いじめの陰湿化、青年の自立意識の希薄化、成長や拡大の止まった社会で夢を見ることの難しさ、高齢化に伴う「子どもを養える親」の増加、個室を持つ子どもの増加、学歴社会がもたらす価値観の画一化、子どもの一人遊びの増加などでしょう。 すべてにそれなりの説得力があると思うし、一つひとつについて語ることに意味はあると思います。 しかし、社会環境の問題も実際には複雑に絡み合っていて、何項目かについて語ればひきこもりの社会背景を特定できるとは、とうてい思えません。 むしろそのような考察は、ありがちな常識を互いに確認しあうだけの非生産的な印象論に陥る恐れのほうが大きいでしょう。 そのためここでは、あえてこの問題に深く立ち入らないことにします。 ひきこもり現象の明確な原因を知りたいという心理の背景には予防的な関心もあるだろう、と先に記しました。 しかし「わが子をひきこもらせないための子育て法」を探すことについては、あまり成果は期待できないようにわたしには思えます。 なぜなら、親のできることには限界があるからです。 子どもは親からだけではなく、周囲の人や社会全体から様々に影響を受けて育ちます。 また、親との関係だけを考えて行動を決めるのではなく、周りの人々や社会との関係も視野に入れながら判断していくものです。 もし、現実的で意味のある対策があるとすれば、それは子どもがひきこもり傾向を始めた当初に悪循環への落ち込みを防ぐような配慮でしょう。 メニュー• Copyright C 2020 All Rights Reserved.

次の

引きこもりの原因となる9個の要素とは?

引き こもり の 原因

アメリカでは、メンタルヘルス(心の健康)を保つためのカウンセリング・クリニックが身近な存在にある。 人生のライフハック術として、症状が悪化する前に、1人はもちろんのことカップルや夫婦、時には子連れで「カウンセリングに行ってきた」なんていう話は、日常的によく聞く。 移民の多いニューヨークには、慣れない外国生活に適応するためのプログラムも各種提供されている。 センター長で心理療法士の松木史さんは、1983年の日本部門創設時から36年間、ずっと在留邦人の心のケアをしてきた。 5年のキャリアを持つ心理療法士、竹島久美子さんと共に、患者から「心の拠り所」として信頼を寄せられている。 2人のカウンセラーに、アメリカのセラピー事情や在米日本人の心の悩みを聞いた。 とは? 1898年に設立された非営利団体のカウンセリングセンター。 アジア諸国の言語を話すカウンセラーが約30人常駐。 松木さん:日本人の患者さんだけで80人近くです。 1回45分のカウンセリングで、1週間に1~3回、2週間に1回、月に1回などの頻度で通っていて、私は毎日4~5人の患者さんを診ます。 松木さん:この国では、高級官僚や大企業のビジネスマンにお抱えセラピストがいるくらいですから、一般の人も日常生活をより楽に生き抜くために、気持ちの整理でセラピーに来ている印象です。 症状が重くなる前に予防として通うクライアントさんも多いです。 予防は、自分の分析にもなります。 分析すると生き方、考え方、感じ方、どのような防御体制を取っているかなど、自分をわかってきます。 そうすることで、これから深まる問題の防御に繋がります。 松木さん:そうですね。 健康保険を受け付けているのも、利用しやすい理由の1つです。 うちのセンターでは、通常の健康保険はもちろん、メディケイドやメディケア(低所得者、高齢者、障害者向け公的医療保険制度)、旅行者保険などが使えます。 保険がない方でも、60ドルから(収入によって変更)受診ができます。 竹島さん:オバマケアのおかげで留学生も無料でメディケイドに加入できるので、日本人の学生さんもたくさん来ています。 学業が大変で、言語の壁もあるので、ストレスをたくさん抱えていますが、ここで一生懸命に問題を解決していっています。 松木さん:ニューヨークにこのようなセンターがたくさんあるというのも、気軽に通える一因です。 私たちのようなソーシャルワーカーの免許保持者の数が多く、ホームレスシェルターにもいるくらいですから。 日本では精神科医の受診しか健康保険が使えませんので、ここのように心理療法士にも保険が適用できるようになれば、気楽に通えてより楽に生活できるようになると思います。 心理療法士の松木(Fumi Matsuki Raith, LCSW)さん。 竹島さん:プライマリケアドクター(主治医)からの紹介が多いです。 体調が悪くなって受診して、医師から紹介状を書いてもらっているようです。 最近はどうですか。 松木さん:阪神・淡路大震災(1995年)の後くらいから、マスコミで「心のケア」という言葉を少しずつ聞くようになり、心の悩みに対して偏見が取れていったように感じます。 松木さん:鬱(うつ)が多いです。 眠れない、食欲がない、気分が落ち込む、気力がない、ベッドから起き上がれない、会社や学校に行くことができないなどの症状です。 パニックアタックも多いです。 松木さん:簡単に言うと人間関係なんですよ。 恋人や夫婦の関係、親子の関係、上司との関係...。 竹島さん:職場でのセクシャルハラスメントの相談件数も増えています。 日本人やアメリカ人の上司から「言ったら大変なことになる」雰囲気を作り出され、悩んでもなかなか言えなかったけど、最近はMeTooムーブメントの影響で打ち明けやすくなったようです。 パワハラの相談も多いですね。 (アメリカ滞在許可の)労働ビザで縛られて、仕事を辞められず悩んでいる人が多いです。 それから、ニューヨークの環境に適応できないという相談も多いですね。 松木さん:それが、日本に帰れない場合も多いんですよ。 メンツもあるし。 でもそのような患者さんでも、友だちにグチるのではなく、ここで問題解決して生きていこうっていうんだから、私は尊敬する気持ちしかありません。 いつもこちらが力をもらっています。 竹島さん:私も日々、クライアントさんはすごいと思っています。 日本にいるときに鬱を発症して引きこもり状態だったのに、その問題を解決するためにアメリカに来て、大学を卒業して就職する行動力は、本当に素晴らしいです。 心理療法士の竹島(Kumiko Takeshima Asiedu, LCSW)さん。 松木さん:引きこもりの人でも生活がしやすいのは、インターネットのおかげです。 ネットでゲームをして、他人とコミュニケーションして社会と繋がって、日常生活を十分楽しめますから。 松木さん:早い人は3ヵ月くらいですね。 自分を知りたいということで、その後も通い続けている方もいますし、治療で元気になり帰国する人もいます。 そういう方から「日本で出世しました」という現状報告のクリスマスカードが届くと、毎年うれしく思います。 松木さん:30年以上通い続けている方がいらっしゃいます。 精神統合失調症という非常に重い、治らない脳の病気です。 社会復帰もできず友人作りも難しいため、唯一の繋がりである私と1週間に2回、日本語で会話します。 この方は、ベッドから起き上がり日常生活ができるまで10年かかりました。 それまではのたうち回りながら、どうしたら問題を解決できるか必死に考えていました。 良い薬が見つかってかろうじて生活ができるようになり、観葉植物の手入れをしたり金魚を飼ったりして、自分でできる範囲で喜びを見つけています。 強くてしっかりした方で、尊敬しています。 彼は以前、出世欲の野心であふれていましたが、この10年で哲学が完全に変わりました。 彼にとって一番幸せなのは、笑顔で健康で朝日を迎えることなので、日常生活に満足しています。 私の患者さんの中で彼が1番幸せな人です。 そしてその幸福感はボディランゲージに表れています。 穏やかで威厳があって落ち着いた印象なので、何も知らない人が見るとどこの社長かと思うような人です。 竹島さん:精神統合失調症の人は幻聴や幻覚に悩まされたりしますし、不安症の人も普通の人から見ると信じられない点で不安を感じたりするので、変人のように扱われます。 それで、ますます落ち込んでいくんです。 松木さん:深刻なケースでは専門医や精神科医を紹介していますが、どのような病気だとしても、 人間とのコンタクトは生き延びていくには絶対に必要なんだろうと思います。 松木さん:その人がどのような問題を抱えているのかを実際に診ないことには、さっぱり判断できないですね。 例えば、差別的な人もいるだろうし、統合失調症で精神が分裂して「殺さないと自分の命が危ない」と悪魔の声が聞こえるケースもあるし、殺人で快感を得る人もいます。 どんなケースでも、病んでいることは事実でしょうね。 病んでいる場合、コミュニティの大切さが鍵になるのです。 自分だけが出世してお金を稼いでいい生活をして幸せになる、のではなく、近所の人がどういう生活をしているのか、気配りをすることが大切なんです。 「あの人は病んでいるんじゃないか」と気づいたら、コミュニティ全体で何ができるか考え、助けてあげる社会を作っていかないと、今度はいつ自分が被害に遭うかもわからないです。 自分も社会と繋がっているのだから、弱い人や困っている人を見捨てないことです。 これは自分のためにもなることです。 例えばうちの近くでホームレスが寝ていると、私も気分が悪いです。 自分が気持ちよく生活するために、ホームレスの人に何かやってあげなければという考え方に自然となります。 「自己責任」や「負け犬」などという言葉がありますが、あれは危険な考え方です。 そのような考え方が蔓延る社会は、病人や自殺者をどんどん出していきます。 勝ち犬だと思っても、ある日突然負け犬にやられますよ、繋がっているから。 竹島さん:そもそも何を持って「勝ち」かもわからないですしね。 以前ニューヨークタイムズ紙に、働くお母さんのが掲載されていましたが、あれを読んで「もっとコミュニティが温かい目でお母さんを見守ってあげなければ」とも思いました。 母親が幸せだったら、子どもも伸び伸び育って社会がよくなると思います。 早い段階で気づいてあげれば、救われることも多いですよ。 「気軽にこのようなセラピーを利用してほしい」と2人。 120年以上の歴史があるハミルトン - マディソン・ハウスにて。 c Kasumi Abe.

次の