47 歳 生理 が 来 ない。 閉経前の兆候とは? 閉経が近づいているかがわかる「3つの方法」

更年期の生理不順|「それは閉経じゃないかも?」生理が来なかったら確認すべきこと

47 歳 生理 が 来 ない

最近では、更年期が始まったとは思えない20代や30代の女性にも見られる「若年性更年期」、40代になったばかりの「プレ更年期」、更には「早発閉経」なども増えています。 このように、更年期や閉経といったデリケートな問題は、大人の女性なら年代に関係なく押さえておきたい知識とも言えるんです。 では、更年期になると生理がどのように変化していくのか、詳しく見ていきましょう。 知っておきたい更年期&閉経の基礎知識 更年期や閉経は、女性にとって避けては通れない問題です。 ここでは、多くの女性が抱えている、素朴な疑問について確認してみましょう。 更年期っていつから始まるの? 年齢に合わせて、常に変化し続ける女性の身体。 初めて初潮を迎えてから初潮が安定するまでの期間は、妊娠できる身体へと変化している最中なんです。 一方、妊娠できる身体から妊娠できない身体へと変化する期間が、更年期と呼ばれる期間です。 具体的には、閉経する前後5年間が、更年期にあたります。 ユニチャーム・ソフィによると、日本人女性が閉経する平均年齢は50. つまり、45. 5歳~55. 5歳で更年期を経験する女性が多い、という事になりますね。 ポイント!• 更年期かどうかは婦人科で調べられる• 血液採取によるホルモン検査が一般的• 検査するのは、女性ホルモン&性腺刺激ホルモン• 2種類のホルモンの分泌量から、卵巣機能が正常に働いているか判断• 排卵性生理or無排卵性生理の判定も、同じ検査で分かる 閉経の判断基準は? 閉経とは、ある日突然訪れるモノではありません。 閉経前の数年間を通して、卵巣の機能が次第に低下していき、これに伴って徐々に生理が不安定になっていきます。 閉経しても1年~2年は妊娠の可能性が!? 更年期の生理不順を経て、生理が止まって12ヵ月以上経過すると「閉経」と見なされますが、完全に妊娠の可能性が無くなったと判断するのは早計です。 事実、閉経したと思っていた女性が、その後2年以内に予期せぬ妊娠を体験した!というケースも報告されています。 妊娠を望まない場合は、閉経後も数年間は避妊を意識しておいた方が良いでしょう。 ちなみに、更年期の避妊法として、ピルを勧めている婦人科医も少なくありません。 更年期のホルモン治療としても効果的ですし、避妊効果が高い事でも知られています。 2日目のような大量出血が数日続いたかと思えば、翌月には少量の出血だけで終わってしまうなど、その月によって経血量がバラバラになる女性も少なくありません。 タイプC:継続期間が乱れる 正常月経の場合、1回の生理が続く期間は3日~7日と定義されていますが、更年期の生理は継続期間も乱れがちになります。 2日以内で終わってしまう「過短月経」や、8日以上続く「過長月経」を繰り返し、次第に閉経へと向かっていきます。 タイプD:2つ以上の特徴が重なる 更年期の生理不順は、最初は1つだったポイントが複数になり、最終的に閉経へと辿りつくのが一般的です。 今まで順調だった生理が突然止まらなくなり、尚且つ大量の出血量を伴っているなら、「過長月経」と「過多月経」という2つの生理不順が重なっている状態です。 また、生理が数ヵ月おきに1度のペースになり、生理が来ても少量の経血量で僅か2日で終わってしまうなら、• 続発性無月経• 過少月経• 過短月経 これら3つが重なっている状態と言えるでしょう。 標準的な終わり方はない! 閉経へのプロセスは人によって様々ですから、これが更年期の正常な状態だと言える、標準的な終わり方はありません。 しかも、更年期の生理不順は、ある日突然始まってしまう傾向にあります。 自分の年齢が更年期に相当する場合は、前もって心の準備をしておきましょう。 ちなみに、経験者の口コミが掲載されている掲示板では、実母の経験談が最も参考になった!という女性が多いようです。 親子ですから、体質が似ているのかもしれませんね。 更年期の生理不順と思っていたら〇〇だった! たとえ40代後半の女性であっても、生理不順=閉経へのカウントダウン!とは限りません。 確かに、年齢は更年期かどうかを判断する上で重要なファクターです。 ですが、多くの婦人科医が警鐘を鳴らしているように、女性特有の病気が隠れているケースも少なくありません。 子宮ガン• 子宮筋腫• 子宮頸管ポリープ• 子宮内膜症 これらの病気を根治するには、早期発見が何より重要です。 定期的な婦人科検診やガン検診を受けて、万一に備えておきましょう。

次の

生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

47 歳 生理 が 来 ない

更年期と言われる年齢は45歳から55歳。 この10年間の間でしばらく生理が来ない というときに疑われるのは 【妊娠】か【閉経】ですよね。 更年期の年齢でも妊娠する可能性はある? 閉経と妊娠の違いって何? といった疑問について、ご紹介します。 「閉経or妊娠?」 更年期でも妊娠の可能性はゼロではありません 更年期だから妊娠しない ということはありません。 実際、私のいとこは47歳(48歳間近)で妊娠、出産しましたから。 50代になって妊娠して出産した方もいるのです。 もちろん、20代、30代と比べれば格段に妊娠する確率は下がります。 が、卵巣から卵子が排卵されている限りは常に妊娠の可能性はあるのです。 生理が来ない というときに妊娠の可能性のある出来事があれば、妊娠の可能性は否定できません。 まずは「更年期の妊娠は閉経していない限りあり得る」ということだけは頭においておきましょう。 ただし、更年期に生理が来ない場合に妊娠意外に疑われるのは閉経です。 閉経の場合、徐々に生理の間隔が長くなる、または生理の間隔が短くなったり長くなったりして不定期な生理になってゆき、 1年以上生理がこない状況になって はじめて閉経した と判定されるのです。 今までの生理の状況を振り返ってみて、今回生理が来なくなるまでに、生理周期が短くなったり、長くなったりといった生理不順はありましたか? 生理不順が続いていたのであれば、妊娠よりも閉経しつつある可能性が高い と言えるでしょう。 更年期にさしかかったら生理ダイアリーをつけておくと安心ですよ。 本当に閉経していたら 妊娠はありえないので、ダイアリーをつけておきましょう。 本当に閉経したなら、「妊娠」はあり得ません 閉経は卵巣に卵子がなくなり排卵しなくなった状態。 本当に閉経したのであれば、いくら性行為があった、としても妊娠することはありえないのです。 ごくまれに 1年以上生理が来なかったけど妊娠した というケースがあります。 これは閉経したのに妊娠したわけではなく、閉経をしていなかった、というのが本当のところでしょう。 1年も開いたのに?と思われるかもしれませんが、ごくまれにこういうことはあるのです。 閉経は本当に千差万別で症状も経緯も個人差が大きいのです。 「閉経」は、卵巣に卵子がなくなった状態です。 つまり、本当に閉経したら、いくら性行為があったとしても、妊娠することはあり得ません。 もし、いま妊娠を望んでいないのであれば、いくら更年期だからと言っても、油断は禁物です。 相手の理解を得て、避妊に努めるように心がけましょう。 少しでも妊娠の可能性があるなら、早めに病院で検査を! 更年期に生理の間隔が数か月開くのは珍しいことではありません。 が、妊娠の可能性も捨てきれない という場合には早めに病院で検査をすること。 妊娠検査薬を使ってみるのもよいでしょう。 万が一妊娠している場合には、早い人では5週目あたりでつわりやお腹の張りが出始めます。 高齢出産は若い頃と比較してリスクを伴うため 出産を希望するのであれば、早いうちからのケアが必要。 出産できないのであれば、早めに妊娠検査を受けたほうが良いでしょう。 また、閉経が近づいているのかどうかも、病院の血液検査で調べることができます。

次の

生理がこない場合に知っておきたいこと

47 歳 生理 が 来 ない

生理がこない、という経験を持つ女性は多いと思います。 生理がこない原因には、ストレス、睡眠不足、ダイエット、激しいスポーツなど日常的に経験することが関係しています。 もちろん、妊娠も生理がこない原因ですが、生理がこない原因の一つには女性ホルモンの分泌量が深く関わっています。 また、病気が原因で生理がこないということもあります。 今回は生理がこない理由や生理不順の理由、原因を知る方法を紹介します。 何日くらいで生理が遅れているといえるのか? 通常、生理は25~38日の周期で起こり、3~7日間出血が持続します。 これが正常な生理と言われています。 生理が遅れるというのは、前回生理が始まった日から数えて39日以上経っても生理がこないことをいいます。 生理が 24日以内の周期や 39日以上の周期で起こることを「月経不順」といい、 3ヶ月以上遅れた場合は「続発性無月経」といいます。 生理の遅れや不順を知る方法は簡単です。 手帳やスマホに「生理開始日」をメモしておきましょう。 自分にだけわかるような星やハートなどの記号を付けておくだけでも OKです。 これを数ヶ月間続ければ、自分の周期がわかってきます。 ルナルナを使えば、月経開始日をメモするだけで排卵予定日や次の生理予定日を教えてもらえて便利ですよ! 生理がこない!10日遅れていたら妊娠かも? 生理が遅れる代表的な原因に「妊娠」が挙げられます。 妊娠は「基礎体温」や「妊娠検査薬」で確認することができます。 基礎体温の測定 女性の体温は女性ホルモンの影響で高い時期と低い時期に分かれます。 この体温差は微妙で通常の体温計では測定できません。 必ず「婦人体温計」で測定するようにしましょう。 朝、目が覚めた直後(体を動かす前)に布団の中で測定します。 毎朝測定して、値をグラフに書き出します。 最低でも 3ヶ月間は測定してグラフの変化をチェックしましょう。 生理が始まると低温期になり、排卵後は高温期になります。 高温期は約 14日間続き、再び低温期になって生理が始まります。 そして、妊娠すると高温期が継続します。 このように、基礎体温をつけておくと自分の体のリズムを視覚的に知ることができます。 妊娠検査薬 妊娠すると、妊娠状態を維持するためのホルモン( hCG)が分泌されるようになります。 日が経つに連れて hCGの分泌量はどんどん増えていきます。 分泌量が増えれば尿中にも hCGが出るようになり、濃度が増していきます。 この仕組みを利用したのが、妊娠検査薬。 使い方は簡単で、棒状の検査薬に尿をかけるだけで OK。 尿中の hCGが一定量を超えていたら妊娠検査薬は「陽性」と反応するようにできています。 妊娠検査薬は生理予定日から使えるものと、生理予定日一週間後から使えるものがあるのをご存知でしょうか? 精度は非常に高く、結果は 9割以上の確率で正しいと言われています。 ただし、 検査する時期や方法が正しくないと正確な結果が出ないことがあります。 使用前に付属の説明書を読むようにしましょう。 基礎体温や妊娠検査薬で妊娠の確認をすることはできますが、これだけでは十分とは言えないので、 妊娠の可能性があると思われる方は必ず産婦人科に行きましょう。 妊娠以外で生理がこない原因 もし、生理予定日から 10日経っても生理がこず、妊娠検査薬でチェックしても陰性の場合は妊娠以外の原因を探りましょう。 原因はいろいろ考えられますが、ただの生理の遅れと侮ってはいけません。 無排卵やホルモン異常、生殖器の病気などが原因の場合は将来的に不妊になる可能性もあります。 腹痛などの症状がなくても、産婦人科を受診して原因を探り、自分の体に合った方法で改善していくようにしましょう。 生理がこない原因 1:ホルモンバランスの乱れ 女性ホルモンには複数の種類があり、それぞれの分泌量が増えたり減ったりして生理の周期ができています。 分泌量を変化させる神経の働きが規則正しくないと、生理不順になります。 自律神経と言われる交感神経と副交感神経の働きは、ストレスや睡眠不足、不規則な食事、暴飲暴食などによって乱れることがよくあります。 自律神経の乱れは生理以外にも体調不良から来ることもありますので、体調にも注意してくださいね。 生理がこない原因 2:急激な体重減少 ダイエットや激しいスポーツが原因で体重が急激に減少すると 「体重減少性無月経」という症状がでる可能性があります。 成長期の激しすぎる運動や、食事を抜くなどの過度なダイエットが引き金になります。 適正体重や体脂肪率の正常値を知り、バランスのいい食事と適度な運動を心掛けましょう。 生理がこない原因 3:病気が原因の生理不順 卵巣、卵管、子宮、子宮頸部など、 女性の生殖器に関わる病気が原因で生理周期が乱れたり、生理が止まったりすることがあります。 こうした病気は婦人科検診で発見することができます。 「忙しくてなかなか検診を受けにくい」という人もいるかもしれません。 ですが、病気は早期発見・早期治療が基本です。 年に一度は婦人科検診を受けるようにしましょう。 生理がこない原因 4:早発閉経 一般的に女性は 40歳半ばから 50歳半ばの期間に閉経します。 閉経前後の 5年間を更年期といい、女性ホルモンの分泌量減少などによる体のトラブル「更年期障害」が多く起こる時期です。 早期閉経は通常よりも早く閉経を迎え、30歳代などで更年期障害になることをいいます。 原因に遺伝や卵巣の病気が挙げられますが、まだ分かっていない点も多いといわれています。 甲状腺や副腎の病気が関係していることもあるようなので、健康診断も定期的に受けておきたいですね。 生理がこないのは、カラダからのメッセージ まず、自分のカラダのリズムを知る意味でも「生理開始日」をチェックしたり、基礎体温を測定したりしましょう。 そして生理が遅れている時は生活を見直し、体のリズムを整えるように心掛けましょう。 自律神経の乱れを治すためにも、まずリラックスし、体を温め、睡眠時間を充分に取るようにしてくださいね。 過激なダイエットも避ける必要があります。 生理予定日を10日過ぎても生理が来ないようなら、それは体からのメッセージかもしれません。 病院で検査を受け、将来の自分のためにも生理がこない・不順という状態を改善していきましょう。

次の