膀胱 炎 の 原因 女。 膀胱炎とは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル

女性が血尿など膀胱炎を繰り返す原因はストレス?性行為や冷えなども!

膀胱 炎 の 原因 女

慢性膀胱炎いずれにしても病院で検査を受けることですよ 抜粋 一般細菌による膀胱の感染症で、膀胱粘膜の炎症が持続している病気です。 膀胱の防御能を低下させる基礎疾患を背景に持つことが多いとされています。 反復性膀胱炎と難治性膀胱炎に分けられることもあります。 抗菌薬治療により、 いったん症状が改善するものの、その後再燃する場合や、抗菌薬を投与しているにもかかわらず症状が改善しない場合があります。 これらに対し抗菌薬の投与を繰り返すことは、その投与量を増加させ、耐性菌の出現を助長します。 また、副作用への注意も必要となるため、適切な対応が必要となります。 原因 慢性膀胱炎では、膀胱の防御能を低下させる基礎疾患を背景に持つことが多いとされています。 具体的には、下記のような泌尿器疾患を有する患者さんにみられます。 前立腺肥大症 神経因性膀胱 尿路結石 尿路腫瘍 尿道狭窄 骨盤内臓器脱 尿路カテーテル留置状態 など また、糖尿病や性交後、閉経後のエストロゲン減少も危険因子といわれています。 症状 急性膀胱炎と同様に排尿痛(特に排尿終末)、頻尿、残尿感の3徴を認めます。 しかし、慢性膀胱炎では急性膀胱炎に比して症状が軽度であることもあり、なかには無症状に近い患者さんもいます。 一般に発熱は認めません。 発熱を認める場合は、腎盂腎炎や前立腺炎、精巣上体炎を併発している可能性があります。 ときに切迫性尿失禁や血尿を認めることもあります。 検査・診断 膀胱刺激症状と尿検査(膿尿、細菌尿)から診断は容易です。 起因菌同定のため尿培養も必須です。 反復性膀胱炎には細菌残存タイプと再感染タイプがあり、前者では尿路に何らかの原因を有していることが多く、CTや膀胱鏡などで精査していく必要があります。 後者では起因菌も前回の尿路感染とは異なっていることがありますが、多くの場合再発をコントロールするのは難しいです。 難治性膀胱炎では、抗菌薬を使用しているにもかかわらず症状が改善せず、膿尿が持続する場合を指します。 この場合、下部尿路の炎症が原因であることが多く、膀胱炎以外の疾患(神経因性膀胱、間質性膀胱炎、尿路結石、尿路腫瘍など)を除外します。 また、膿尿が持続する場合は、膣分泌物の尿への混入の可能性も考えられるため、カテーテル導尿法での検尿も参考にします。 治療 抗菌薬による治療または予防法として、低用量の抗菌薬を持続的に服用する方法と、症状発現時に自己判断で抗菌薬を内服する方法があります。 後者は、膀胱炎症状を自覚した際に病院を受診せずに自己判断で抗菌薬を開始する方法です。 しかし、再発が多い患者さんにはしっかりと病院を受診してもらい尿路の異常がないか精査をする必要があります。 いずれの治療法も抗菌薬の自己管理が重要であると考えられます。

次の

膀胱炎の原因・治し方……頻尿・痛み・血尿症状など [腎臓・膀胱・尿管・尿道の病気] All About

膀胱 炎 の 原因 女

圧倒的に女性に多い病気です。 女性の方が尿道が短く、細菌が膀胱まで簡単に到達してしまいます。 多くの場合、おしっことともに細菌は膀胱の外へ洗い出されますが、おしっこを我慢したり、体調が悪かったりすると膀胱の中で細菌が繁殖して膀胱炎を起こします。 急性膀胱炎 原因となる病気が特になく、大腸菌などの細菌が尿道から侵入し感染することでおこります。 膀胱炎の大半で、若い女性がかかる膀胱炎はほとんどがこのタイプです。 急性膀胱炎の3大症状• 排尿痛:排尿時に差し込むような痛みが生じ、排尿の終わりに特に痛みが強くなります。 頻尿:排尿回数が増え、30分〜1時間ごとにトイレに行きたくなることもあります。 尿の濁り:細菌と戦うために集まった白血球や炎症部分の分泌液やはがれた膀胱の粘膜が混入するために、尿が濁ります。 そのほか、残尿感、血尿などが現れることもあります。 発熱がある場合には、腎盂腎炎の可能性があります。 診断と治療 膀胱炎の疑いがある場合、尿検査を行います。 尿を採取する場合、出はじめの尿より途中の尿(中間尿)をとります。 出はじめの尿には膣のおりものなどが混入しやすいからです。 正確を期するために導尿(どうにょう)をすることもあります。 尿検査で、一定数以上の白血球や細菌が見つかれば膀胱炎と診断できます。 さらに尿中の細菌を培養して菌の種類を調べます。 膀胱炎の治療には抗菌薬が用いられます。 3〜4日の服用で症状はよくなります。 尿量が少なく、膀胱にたまっている時間が長いと膀胱内で菌が繁殖しやすくなるので、水分を多めに摂取して尿量を増やすように心がけてください。 こまめに排尿することも大切です。 薬の服用が終わったら、再び尿検査を受け、膀胱炎が完治していることを確認しましょう。 再発を繰り返さないためには確実に治しておくことが大切です。 薬を服用してもなかなか症状が良くならない場合には、あらためて細菌を培養して、細菌の種類や薬との相性をチェックします。 最近、耐性菌と呼ばれる抗菌薬の効きにくい細菌が増えています。 完全に治るまできちんと治療して下さい。 さらに、膀胱炎の誘因となる病気について検査を行う場合もあります。 再発予防のために次のことに注意しましょう• 水分を多めにとる 尿量を増やしましょう。 普段からお茶やお水を多めに飲む習慣をつけましょう。 排尿を我慢しない 我慢して尿が膀胱にたまる時間が長くなると、それだけ菌が繁殖しやすくなります。 外出時などには、前もって排尿を済ませておきましょう。 過労や冷えに注意する 過労がたまったり、からだが冷えたりした時に膀胱炎は起こりやすくなります。 冷房のきき過ぎには注意が必要です。 入浴や下着交換はまめに 身体を清潔に保てば、膀胱炎は起こりにくくなります。 排便後,前から後ろに拭く 肛門部にいる菌が尿道口につきにくくなるよう、前から後ろに拭くようにしましょう。 洗浄機能付き便器も上手に使えば膀胱炎予防に有効です。 セックスのあとは、すぐに排尿する 性行時には尿道口に細菌がつきやすく、膀胱炎を発症させる重要な原因です。 重大な病気がないことを確認しましょう 膀胱炎の背後に、重大な病気が隠れていることがあります。 特に、男性の膀胱炎では、前立腺肥大症や膀胱癌が潜んでいる可能性があります。 女性でも、膀胱炎を繰り返す場合や、なかなか治らない場合には、腎臓や膀胱の病気に注意が必要です。 専門の泌尿器科医の診察を受けるようにしましょう。

次の

女性が膀胱炎になるとオリモノに症状は出る?原因は性行為って本当?|おりものケアサイト

膀胱 炎 の 原因 女

膀胱炎は、デリケート・ゾーンや肛門周辺にいる常在菌[じょうざいきん]の大腸菌が尿道から侵入するために起こります。 性器周辺には膣内の細菌や大腸菌などもいるので、清潔でない状態でのセックスでは、そういった細菌を尿道に押し入れていることになってしまうことから起こります。 また女性は排便時にも尿道口に細菌が入ってしまうことがあります。 これはとくに風邪をひいていたり、疲れがたまっているなど、カラダの抵抗力が落ちているとき、感染しやすくなります。 トイレを長時間ガマンしたり、ナプキンを替えずに1日中つけっぱなしにすることなども、発症のきっかけとなります。 また、一度膀胱炎になると習慣化しやすいので、注意が必要です。 予防には、カラダの抵抗力を高めることが大切です。 疲れをためず、睡眠をしっかりとり、食生活も栄養バランスを考えて摂るように努めましょう。 習慣化しやすい病気ですが、生活習慣を見直すことで、ずいぶん改善されます。 また、下半身が冷えていると膀胱炎になりやすいので、冷房の効いた室内や寒い屋外での仕事をしている人は、腰まわりを冷やさないように気をつけてください。 保温性のある下着を着たり、携帯用カイロを使うなどして工夫しましょう。 膀胱炎の症状を感じたら水分を多めにとってみましょう。 どんどんおしっこを出すと、細菌が洗い流されて自然に治ることもよくみられます。 それでも治らないときは、早めに泌尿器科へ行きましょう。 自分の意思に反して尿がもれてしまうことを「尿もれ」、または「尿失禁」といいます。 尿もれは、産後一時的になったり、閉経以降の女性に多くみられます。 若い女性で尿もれがあるのは、膀胱炎にかかっている場合や、大きなストレスがかかり緊張のあまり、というようなケースが考えられます。 尿もれにはいくつかのタイプがありますが、いちばん多く見られるタイプは、腹圧性[ふくあつせい]尿失禁です。 せきやくしゃみをしたり、重いものを持ち上げるなど、おなかに力がかかったときに少し尿がもれてしまうのが特徴です。 次に多いのが、切迫性[せっぱくせい]尿失禁とよばれる尿もれで、尿意を感じてからトイレに行くまで間に合わず、もらしてしまうタイプです。

次の