激辛 翌日 腹痛。 唐辛子のような辛いもので下痢や腹痛が起こる原因と対処法は?

「辛いものを食べた翌日お尻がヒリヒリする」は実は危険!?

激辛 翌日 腹痛

「辛味中毒」「辛味依存症」ですか、、、それだけ苦しくてもまた懲りずに食べるのはかなりの中毒とお見受けします。 お話から察しますとどうも胃壁が胃炎か胃潰瘍(あるいは食道炎や十二指腸潰瘍)でやられているようですから、先ずそれを治す方から始めてください。 中毒には少々つらい事になりますがその間は「辛味厳禁」です。 とにかく体内部の事は診察、検査をしないと確定的な事は言えませんのでネット上での相談はこのあたりで止めて、後は病院に行かれる事をお奨めします。 【追記】 何か苦しみをけしかけるようで申し訳ありませんが、唐辛子(ペパー)で極度に辛いものを幾つか順不同で書いておきます。 いずれも南北アメリカで良く知られているものです。 「ムラト」「ハラペーニョ」「コビンチョ」「カイエンヌ」「セラノ」「ハバネロ」「ブート ホロキア」「チルテピン(テピン)」「ナガ モリッチ」と言ったところで、中でも「ブート ホロキア」は非常に危険です。 またこれらを使ったチリソースも色々発売されていますが、舐めると口がきけないほど強烈な辛さです。 胃の調子が治ってからお試しください。 【再追記】 面白い話を生理学者・病理学者から聞きましたので一言ご紹介。 この唐辛子の辛味成分カプサイシンは痛みと良く似ていて違うのは熱感覚と発汗作用だそうです。 そうしてこのカプサイシンの受容体に先に取り付く鎮痛剤がいくつかあるそうですが、人体への長期使用の副作用などが未だ判っていないので実際には試験的にしか使われていないそうです。 この受容体に鎮痛剤が先に取り付くと辛味を感じる事がなくなるそうですが、唐辛子の辛味を感じなくなるのでは「辛いものを食べてるぞ!」と言う充実感というか実行感が無くなるのであまりお奨めでないような気がします。 カプサイシンは冷水には殆ど溶けませんが、体温程度になると溶け始めます。 また油やアルコールには容易に溶けますのでラー油の状態やお酒、あるいはチリソースとして一緒に食べると粘膜の損傷が酷くなるそうです。 とにかく口から肛門まで消化管の全ての粘膜に「悪さ」をしますので食べる量にご注意ください。 私の友人で激辛物を食べると肛門がヒリヒリするといつも叫んでいたのがいました。 アメリカ大陸からヨーロッパに最初に紹介された時「毒物」だと考えたのは今になってみるとある程度正解だったかもしれません。 またメキシコ人のあの激辛志向は粘膜に影響無いのかいつも不思議に思って、色々調べましたが別に特段の手立てをしている訳では無いようです、要するに粘膜の鍛え方が違うようです(笑)。 【蛇足】 私も若い頃は猛烈辛味が大好きでしたが、歳とともに丸く甘味の方に寄って行きつつあります(笑)。 食料研の西丸さんがチリで食べた原種の唐辛子はちょっと噛むと1週間は口の中がひりひりするそうです。

次の

辛いものを食べた後の腹痛対策について

激辛 翌日 腹痛

カプサイシは、感覚神経にあるTRPV1(トリップブイワン)と呼ばれる受容体に結合し、焼け付くような痛みを引き起こします。 わたしたちは、この灼熱感を「辛味」と呼んでいます。 トウガラシを触った手で目をこすると、痛みを感じますよね。 このことからわかるように、TRPV1は舌だけでなく全身に分布しています。 この辛味を感じる受容体が特に多いと考えられているのが、肛門に近い直腸なんです。 このとき、うんちに残ってしまったカプサイシンが、肛門付近の受容体に反応し、焼けつくような痛みを感じるのです。 カライものを食べると病気になる? また、カライものが得意な人、そうでない人がいますよね。 これは、 人によってカプサイシンの感受性が異なるためです。 辛味が苦手な人は無理して食べないようにしましょう。 「カライものを食べると痔になる!」というウワサを聞いたことがあるかもしれません。 カライものを食べ過ぎると肛門の粘膜に負担をかけるため、このようなウワサがでてきたのだと思います。 しかし、カライものを頻繁に食べているからといって、 必ずしも痔になるわけではありません。 問題となるのは、カライものの過剰摂取です。 肛門がヒリヒリと痛むまで食べると、痔のリスクを高めるので注意しましょう。 激辛カレーを食べ続けたら意識がもうろうと…… ところで、わたしはインド料理屋さんでアルバイトをするくらい辛いカレーが大好きでした。 バイト終わりのまかないは毎回インドカレー。 カラさに強い私を面白がってか、シェフは日に日にカレーのカラさレベルをどんどん上げていきました。 そんなこんなで、わたしの胃腸はついに壊れることとなります。 いつも通り、激辛カレーを食べて帰路についたときのこと。 突然、胃酸が逆流しはじめ、恐ろしいほどの便意を感じ、意識がもうろうとし始めます。 まさに「上からも下からも出そう」な状態。 早歩きもできません。 残念ながらそこからの記憶がないのですが、翌日おしりに激痛が走ったことだけは覚えています。 このように、カプサイシンの過剰摂取はさまざまな症状が出る恐れがあるのです。 私のように、吐き気、食べたものが逆流してくる胃食道逆流症など。 そのほか、嘔吐や粘膜炎症、鼻水がたくさん出る鼻液漏、意図せず涙がこぼれでてくる流涙症、排尿障害などがあげられます。

次の

【激辛対策】激辛からお腹を守る方法を色々実践してみた

激辛 翌日 腹痛

「辛味中毒」「辛味依存症」ですか、、、それだけ苦しくてもまた懲りずに食べるのはかなりの中毒とお見受けします。 お話から察しますとどうも胃壁が胃炎か胃潰瘍(あるいは食道炎や十二指腸潰瘍)でやられているようですから、先ずそれを治す方から始めてください。 中毒には少々つらい事になりますがその間は「辛味厳禁」です。 とにかく体内部の事は診察、検査をしないと確定的な事は言えませんのでネット上での相談はこのあたりで止めて、後は病院に行かれる事をお奨めします。 【追記】 何か苦しみをけしかけるようで申し訳ありませんが、唐辛子(ペパー)で極度に辛いものを幾つか順不同で書いておきます。 いずれも南北アメリカで良く知られているものです。 「ムラト」「ハラペーニョ」「コビンチョ」「カイエンヌ」「セラノ」「ハバネロ」「ブート ホロキア」「チルテピン(テピン)」「ナガ モリッチ」と言ったところで、中でも「ブート ホロキア」は非常に危険です。 またこれらを使ったチリソースも色々発売されていますが、舐めると口がきけないほど強烈な辛さです。 胃の調子が治ってからお試しください。 【再追記】 面白い話を生理学者・病理学者から聞きましたので一言ご紹介。 この唐辛子の辛味成分カプサイシンは痛みと良く似ていて違うのは熱感覚と発汗作用だそうです。 そうしてこのカプサイシンの受容体に先に取り付く鎮痛剤がいくつかあるそうですが、人体への長期使用の副作用などが未だ判っていないので実際には試験的にしか使われていないそうです。 この受容体に鎮痛剤が先に取り付くと辛味を感じる事がなくなるそうですが、唐辛子の辛味を感じなくなるのでは「辛いものを食べてるぞ!」と言う充実感というか実行感が無くなるのであまりお奨めでないような気がします。 カプサイシンは冷水には殆ど溶けませんが、体温程度になると溶け始めます。 また油やアルコールには容易に溶けますのでラー油の状態やお酒、あるいはチリソースとして一緒に食べると粘膜の損傷が酷くなるそうです。 とにかく口から肛門まで消化管の全ての粘膜に「悪さ」をしますので食べる量にご注意ください。 私の友人で激辛物を食べると肛門がヒリヒリするといつも叫んでいたのがいました。 アメリカ大陸からヨーロッパに最初に紹介された時「毒物」だと考えたのは今になってみるとある程度正解だったかもしれません。 またメキシコ人のあの激辛志向は粘膜に影響無いのかいつも不思議に思って、色々調べましたが別に特段の手立てをしている訳では無いようです、要するに粘膜の鍛え方が違うようです(笑)。 【蛇足】 私も若い頃は猛烈辛味が大好きでしたが、歳とともに丸く甘味の方に寄って行きつつあります(笑)。 食料研の西丸さんがチリで食べた原種の唐辛子はちょっと噛むと1週間は口の中がひりひりするそうです。

次の